この恋、後悔したくない

こぼれる、

koboreru

こぼれる、
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神62
  • 萌×230
  • 萌17
  • 中立5
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
18
得点
486
評価数
120
平均
4.1 / 5
神率
51.7%
著者
森世 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
POEBACKS Baby comic
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865892147

あらすじ

みえっぱりで卑屈な少年がつづる
ピリ辛なラブストーリー

なじられてもバカにされても、好きだと言いたい


学校のヤンキーグループに属する良科(りょうか)はいつも
リーダー格・数志(かずし)の言うことに従ってばかり。
仲間の顔色をうかがい、群れの中で最下位の地位をなんとか保つ日々。
ある日、ロシアのクォーター・文(ふみ)が東京から転校してきた。 イケメンシティボーイが現れ大騒ぎする女子たち。
派手な見た目とは裏腹に内向的で気弱な文を利用し、グループ内の地位向上を目論む良科。
しかし、純粋で誠実な文にどんどん惹かれるようになってしまい…。

表題作の他、おバカ可愛いヤンキーに癒される『青少年流』シリーズも収録。

表題作こぼれる、

古川文,高校2年生,クォーターのイケメン転校生
亘理良科,ヤンキーグループに属する高校2年生

同時収録作品青少年流サマーホリデー / 青少年流スポーツフェス / 青少年流アナライズ

終平,高校生,恋人
鳩,高校生,ケンカ大好きなヤンキー

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数18

痛いけど読んでしまう

電子試し読みで読んで、「ああ、これ絶対痛いやつや」と思ったもののストーリーが気になって仕方がなかったので購入。

やっぱり痛かったですwww最初のほうは良科が完全文を利用している感じ。だけどそこからだんだん文の優しいところに惹かれていく...というストーリーなのですが、
途中の良科のエロ動画を無理やりとるシーンすっごい怖かったです。おびえて何もできない文。
これからどうなっていくんだろう。と期待したのですが、、、

すごく個人的な意見になるんですけど読み終わった後に「え?結局文は何もしてなくない?」と感じてしまいました。
最初に好きになったのは文の方だったとは思うのですが、その後は良科が変わっていくばかりで文は流されているだけに感じました。もっと良科を守ってほしかった。

あと良科の精神がいくらなんでも強すぎる。強いなら強いでなにか理由があるならいいんですけど特に何もない。良科の回想シーンが欲しかった。

でもストーリーとしては普通に良かったと思います。

あと数志の心情ももっとかいてほしかったかなー

0

生き辛い受けを救ってくれる攻め

◆こぼれる、(表題作)
 受けの良科が典型的なクズ男子なので、好みが分かれやすい作品かもしれません。私はこういう根っからのワルじゃないのに、カースト上位のグループにい続けるため必死にワルぶっている未熟な男子が好きなので、結構楽しんで読むことができました。良科と、彼の属している数志率いる不良グループとの関係性については、良科の気持ちに共感もできてとても読み応えがあると思います。一方で、良科とメインの攻めである文との関係性は、正直ツッコミ所も多いです。いくら文が良科を友達として好きでも、すんなり性的行為に至ってしまうのはさすがに流されやす過ぎないか?とも思ったり。でも、森世先生の繊細なタッチでエロや同情を誘う受けを楽しむには、十分な作品でした。

◆青少年流〜シリーズ
 ビジュアル面では攻めの終平も受けの鳩も、同じくらい可愛らしかったです。既に付き合っているので、濡れ場がメインになっています。終平が攻めているはずなのに、時々鳩に喰われているような感じになったり、力の強い鳩に押し付けられたりしてしまうところに萌えました。

0

良科と数志

レビューであんまり数志について書かれている方がいらっしゃらなかったので書きます。
まず、わたしは甘々よりも暴力が好きなのでかなり数志を贔屓目で見てしまってるかも知らないです…。気分を害したらごめんなさい。

作品のあらすじは他の方が書かれているので省きますが、全体的に学校特有の人間関係の息苦しさがよく描かれていると思います。良科が文を利用してのし上がろうとするところも、文が暴力を振るわれている良科を目撃しながらも去ってしまうところも、人間らしくて、自分にも思い当たる節があって辛い気持ちになってしまうほどでした。だからこそ、そんなふたりが成長して自分にとって大切なものがなんなのか、それを守るにはどうすればいいのか気づくシーンは本当に感動しました。
そして二人とも可愛いです。良科が文に初めてナニを弄られた時の良科は本当に最高に可愛いです。もーーほんと可愛い…。感じている良科を見つめる文の目も優しくて…。2人がくっついた後ラブラブエッチシーンはないんですが、あーこんな感じで初夜迎えるんだろうなーっていうのが容易に想像出来てしまうくらい甘々シーンです。最高でした。2人がくっついてくれてよかったです。

さて、上で書いた通り2人がくっついてくれて本当に嬉しいし良科と数志にくっついて欲しかったとは思わないのですが、それでも言わせてください!数志と良科の関係性にめちゃくちゃ萌えました!作品中一番萌えました!
数志は多分良科に明確な恋心は抱いていないとは思うんです。でも、良科が自分以外を優先するようになってから良科をいじめたり男に売ったり暴力を振るったり……明らかに良科のせいで行動に変化があります。口では「ムカつくから」と言ってますし、それも本心なのでしょうが、ハブるという選択肢は彼の中にありません。多分彼にとって良科は所有物だったんでしょう。しかしただのものというわけではなく、「可愛くて構い倒したい俺の所有物」。大切にしたい、相手を尊重したいという思いはありませんが、確かに愛情の一つだと思います。
そしてわたしがめちゃくちゃ好きなシーンが、倉庫にて気絶している良科に文が話しかけ名前を呼ぶ見開き1ページのシーンです。(次のページで文が助けに来てしまうのですが…。)あのページがホントに好きで、美しくて、額縁に入れて飾っておきたいくらいです。森世先生は天才です…。それまでは、自分が優越感に浸るために良科に執着してるのかもなーとかちょっと思ってたのですが、あのシーンを見た瞬間思いました。あの時、数志が良科の名前をよんだ時、そこには愛しかなかったと。大切に包み込む愛ではないと思います。でも、暴力的で自己中ですが確かに愛情のようなものが感じられました。特に数志が良科に顔を近づけて名前を呼ぶシーンが最高です。多分あの後文が入ってこなくても、彼は良科にキスとかはしないと思います。そこがいいです。肉欲的なものではないし一般の愛情とはかけ離れてますが、良科が離れようとしたら思わず殴り倒してしまうような愛情…エロにはいかず拳だけで傷つけるのが最高でした!正直、あのまま文が現れなかったら良科と数志の薄暗い微妙な関係が続くのかと思うと興奮します…。

文と良科のカップルはほんと可愛いしいつまでも仲良くしてほしいと思うのですが、わたしとしては数志にも注目して頂きたい!例のシーンは本当に美しいので必見です! 作品としてもキャラたちの成長が丁寧に描かれてるしエロもあるし可愛いし最高なので暴力苦手でない方はぜひー!

(ところで少し気になってるのですが、良科と数志達が縁を切っても同じクラスで席が近いのは変わらないんですよね…なんか大変そうだなぁと読後思ってしまいました。)

11

最高の作品

森世先生の作品が大好きでこれも読んでみたのですが、設定もカップリングもストーリーも何もかもドストライクでした。

まずは受けの良科。最高です。ヤンキーグループに属しているのですが相当無理してメンバーの顔を伺っていないと付いていけない感じ。悪いことがしたいからそのグループにいるのではなくて、落ちこぼれたくないから、失敗したくないから合わせている感じです。そこがまたとても人間らしくて良い。

そして攻めの文。こちらはど天然のイケメンで、転校してきてすぐ女子の人気者に。ですが、そんな他者からの羨望の眼差しを彼は嫌がっています。目立ちたくない、特別扱いされたくないと文とは真逆のタイプです。それがまたドストライク!!イケメンでクオーターで性格もこんなに可愛い上に根暗とは何事!あと良科一筋な感じが良いです。彼にパシらされたりお金取られたり自慰まで強いられても「好き」という感情を持ち続けます。

そんな二人が出会うのだけれど、利用出来る存在としか見ていなかった文に良科が惹かれ始め、段々変わっていく描写がとても良いです。ヤンキーグループの中ではそれが原因となり逆に孤立状態に。無理矢理Hな動画を撮られたり金を搾り取られたりと散々です。そこもなんとなく萌えてしまった私。

最終的にリーダー的存在の数志にグループを抜けると決意を話す良科、良くやった!!脅されて、グループに居続ければ酷いことをしないでやる、俺が味方になってやると言う数志に、「文がいい」と言い切る良科。泣きました。大感動。だってあんなに必死にグループに溶け込もうとし、、浮かないように試行錯誤していた良科がタダでは済まないことを承知の上でそう言っちゃったんです!んんんーーワンダフル!!
文も文で一度は良科が嬲られていた現場を見てしまいながらも逃げてしまった時がありましが、今回は数志に怯えながらも勇気を振り絞って良科を助けに来ます。


色々あってやっと想いが通じた最後もまたとても感動的でした。そして、二人の出会いによってお互いが変わり、成長した様子がとても微笑ましい。

何から何まで最高でした。文句なし。暴力が苦手ではない方にはとてもオススメです。

2

とても好みの作品です。

とても私の好みが詰まっている作品でした。一つ、受け視点だったこと。私は受けが語り(受け視点)な作品が好きなので、最高でした。二つ。受けがすれててヤンキーっぽい。私はヤンキー受けの、ツンツンな感じの性格が好きなのでこれもポイント高めでした。ですが、こんなひどいことするやついるの?というキャラが受けの友達として出てくるので暴力表現が苦手な方は注意です。私は好きですが。

2

すごく好きです


受けの良科君がいつの間にか攻めの文君に本気になっていく感じがとても好きです。

文君の気絶した良科君を優しく包むシーンと、
良科君のバスを追いかける必死なシーンがとても可愛いです。

そしてとにかく数志君に従う良科君がとても可愛そうで痛々しい…。

「味方になってやる」
「文がいい」

ここにすごく萌えました…。

数志君はキャラ的にとても気になります。
数志君視点の物語も見てみたいです。


そして最後のコンビ二での掛け合いが幸せ。
最終的にハッピーエンドでよかったです!

この二人のお話がまたどこかで見れたら嬉しいな…!

4

BL的にはちんこネタナイス


可愛ーいヤンキ受け!巨根×短小、けど短小>巨根な上下?関係もよかったです。最高です。
ごちそうさまです。……使う時が拝めなかったことだけは非っ常に残念ですが……(笑) 受けちゃん終始可愛かったぁ〜。 表紙的にもっと暴力表現あるのかと思いきや、それほど暴力の核である第三者のことを解決する流れ・運びでもなく…(1冊でなければ解決した方が○だったかと)。そのおかげか受けちゃんも淡々として見えたので、ほっ。笑

受けの、話ですね。
攻めの、天然なところだったり巨根なところだったり笑、受けちゃんがエッ!!?ってなっているところが面白く愛があり読み応えがありました。差をね、実感しているところが可愛かったよね。

あとはこいつには自分だけって思っていたら、自分と同じことかそれ以上のことをしてあげられる誰かがそのこいつにいたって解ったときのギュッ…。
表題作の他に収録されているお話もありますが、そこは折角キャラがたっているのに最後までちょっとブレている感じが否めず。無念…時間が経ったら忘れてしまいます。

巨根短小ネタであと10本はおかわりしたいです。
宜しくお願い致します…。

2

キレイすぎないストーリー

森世先生の作品好きです。キレイすぎないストーリーというか人間の本性とか欲望を上手に描かれる方だなぁと思いました。だから人間の汚い部分とか暴力的な表現が多いのかなという印象はありますが。でも、ただ本性や欲望の汚い部分をリアルに描くだけじゃなくて、キレイな心情もちゃんとあって、その汚い部分とキレイな部分を言い回しや表現もによって巧みに描かれているので読んでいて引き込まれる作品でした。
すばらしい作品だと思います。

3

ヤンキーくんたちのお話

森世先生は、作品が出ると話やレビューを見ずに表紙買いしてしまいます...もちろん、お話も大好きなので万々歳なのですが(笑)森世先生の受けの、トロンとした顔が本当に可愛いくて大好きなのです..!そして、今回も例に漏れず表紙買いでした。ヤンキー受けが可哀想な目に遭うお話かな?と思って読み始めましたが、面白かったですね。

・こぼれる、
受けの良科くんは、可愛げがあるところを隠しきれてない、私の好きなタイプのヤンキーくんだなあ〜と思っていましたが、まさかのアソコにそんなコンプレックスを抱えていたとは...!さらに可愛い!!(笑)美味しいので、もっとその設定活かして欲しかったです...!

可哀想に乱暴されちゃうシーンもありますが、今回の数志くんのように、ゾッとするほど腹黒で容赦ないゲスキャラが出てくるのも、森世先生らしいなあ〜と思ったりします。最終的には、ちゃんと文くんと結ばれてて良かったですが、もうちょっと今後の2人も見たかったなあと思ったので、別の機会にでも見れたらいいなあと思いました。

・青少年流
パンツからタマが出ちゃった時の効果音が「もろり」っていうのがツボで(笑)

体育祭の実況と2人のエッチがシンクロしちゃうのも面白かったですね。鳩くんが欲情しちゃって我慢出来なくて、出る予定だったリレーをすっぽかしてヤッちゃってるなんて、ほんとに出なくていいのかよ!?って思っちゃいましたが...可愛かったので満足です(笑)

1

もっと読みたかった…!

いじめっこグループの下っ端で短小チビがコンプレックスの良科と転校生で天然で高身長イケメンの文。文が良科に対してすきすきー!って感じでかわいかったです。
ただ少し残念なのが、良科は数志たちにレイプまがいのことまでやられているのに、文と良科はセッ○○してないよね。惜しいとこまでいってるけど、挿入には至ってないよね!最後にふたりの甘々なとこが見たかったです。

あと、とても気になっているのが数志の良科に対する執着。数志は良科にとてもひどいことをしているのだけど、なんだかんだグループにとどめようとしてるとことか、気にかけているのがもしや…!?と思ってしまいます。そして森世さんは相変わらずゲスを描くのが上手いなと思いました。数志の立ち回りの上手さとか、良科に逃げ道を与えずにひどいことをさせてしまうところとか。最高です!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ