教師も色々あるわけで

kyoushi mo iroiro aruwakede

教師も色々あるわけで
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×212
  • 萌24
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
173
評価数
49
平均
3.6 / 5
神率
20.4%
著者
大和名瀬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
シリーズ
教師も色々あるわけで
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862634580

あらすじ

2年2組の子供たちに毎日毎日振り回されて、マジメだけがとりえの古森先生は凹み気味。隣の組の多岐川先生のスマートさに劣等感を抱いていたが、彼の悩みを偶然知ってしまい…。大人気の熱血センセイ連載がコミックス化! 予備校の先生のお話、「教師の告白」も収録v
出版社より

表題作教師も色々あるわけで

多岐川 イケメン・スマート・紳士な教師(25)
古森 熱血・純情・真っ直ぐな教師(25)

同時収録作品教師の告白

国原 予備校講師(30間近)
掛井亮太 予備校生徒(高2)

その他の収録作品

  • あとがき(4コマ漫画)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

自信を持ってオススメできます

一言で言いましょう。
ものすごく良いです、この作品。

コメディ漫画、ですね。
古森と生徒のやりとりがもう爆笑ですよ(笑)

教師と生徒という漫画が多い中で、教師同士は珍しいなぁ、と思い、
手に取ったこの作品でしたが、大当たりでした、この作品は。

古森の純情さが、生徒と同じ位に可愛いです。
多岐川は…スマートですね、確かに。でもこういうキャラ好きです。
それにしても、二人共生徒思いの良い先生ですね。
世界中の先生がこんな先生だったら良いですね~(オイ

まぁそれはさておきですね、恋愛面に触れますと…
やっぱり良いです。
何回も言いますが、古森が純情です。

後、古森が徐々に多岐川を好きになっていく、
多岐川は更に古森が好きになっていく、
その過程が良いです。

1

予想以上の萌えでした

大和名瀬さんの作品は絵がキレイでストーリー構成もよくて好きです。
しかし私の中でおしい点、それは過去作品の多くが受けの見た目が中性的な事でした。(ダメってこともないんですが)

大和さんの描かれる攻めの見た目が素敵すぎて、こんな雰囲気の男二人だったらもっと凄まじく萌えるんだろうなぁとずっと思っていました。

案の定…あとがきでも書かれていましたが名瀬さんとしては珍しく体格差があまりない二人なのです!

ゲイの教師と真面目だけど鈍い教師!ああもうたまりません。
話の盛り上げかたが上手いし、ノンケだからこその最初の拒絶反応。そこから恋していく過程がめちゃくちゃ面白い!

1

古森先生頑張って!

小学校の熱血先生が、恋に仕事に頑張るお話です。

『1時間目』
子供たちに舐められてる古森先生がおかしいです。確かに多岐川先生は、スマートに授業をこなしててカッコイイです。古森に好きになってもいいかと聞く、多岐川の紳士ぶりに萌えます。

『2時間目』
男同士のあれこれを予習している古森が可愛いです。遠足の時に、準備万端だったのに自分の弁当だけ忘れるのが、古森らしくて笑えます。

『3時間目』
お互いに、過去の相手に嫉妬するぐらい、愛情が育っています。フェラが上手い多岐川に、悔しがる古森の葛藤が、男同士の恋愛の醍醐味だと思います。

『4時間目』
古森のことを考えて、別れを切り出した多岐川が切ないです。でも、ショック療法(?)で多岐川への思いをはっきりと意識して、告白した古森が可愛かったです。

◎センセイの告白
塾の講師と女生徒たちのやり取りが笑えます。告白を待っていた生徒に自分が告白していた、という過程がおかしくてキュンとなります。

1

ひたむきな受が愛おしい作品

ドラマCDの方を先に聴いていて面白くて、漫画の方も購入してみました。

あとがきでも描いていらっしゃるんですが、大和名瀬先生の作品にしては受攻の体格差がほぼないんですよね。ホントに珍しいw

お話の舞台は私立の小学校です。生徒に大人気の多岐川先生と多岐川に劣等感を抱きながらもひたむきに頑張る古森先生が恋をしちゃいます。最初は多岐川が古森のことを想っていたのですが、古森も少しづつ多岐川の性癖について理解も持って行き、また生徒と接する上でのアドバイスを貰ったり優しさに触れることにより惹かれて行きます。

たまーに、キュンと切なくなるようなシーンもありかなり萌えましたw

この2人の関係だけではなく、古森と生徒たちのやり取りもすごく面白かったです。大和名瀬先生の生徒たちの描き方素敵だった♪

0

以外と好きになった

古森のおこちゃまぶりと
多岐川のしたたかぶりが、結構好きです。

掲載時は正直よみにくいなと思っていましたが
コミックになり読んでみると
読みやすかった。

なぜだろう。

話しとしては難しくもなく、さっとくっつく感じもありますが、一応悩み系もあります。

学校の先生どうしの設定がちょっと現実に引きもどって
考えてしまいがちになりましたが

しっかり漫画であると割り切って読めば大丈夫です。
髪のツヤなのか、黒の分量なのか
髪がカツラに見えて仕方ない。

0

古森のアホっ子具合には泣けてくる

「くちびるの行方」で大人同士のシリアスという新境地を目指した大和名瀬だったが、あの時は個人的に少し物足りなかったな、というのが本音であった。
そして今回も大人同士・・・ううむ大丈夫だろうか。

舞台はとある小学校。
スマートな立ち振る舞いで周囲から信頼の厚い男・多岐川と、真面目な熱血漢で少し初心な男・古森という取り合わせ。
ここに彼らのちびっこ生徒たちが絡み、ラブとギャグがうまくミックスされたバランスの良い作りになっていた。
とにかく古森と生徒たちのやり取りが面白い!
全く威厳のない古森に対して、常に生徒たちはタメ口で厳しいツッコミを入れまくる。
それがまた嫌味なくて、逆に古森と生徒たちのスキンシップにも見えて、非常に良好な関係を築いているんだなあと思わされる。
一方、多岐川の方はと言えば、生徒の心をこれまた上手に掴み、非のない教師っぷり。
しかし実はゲイであることに強い劣等感を持ちながら生きている、陰な部分もあったりする。

そんな多岐川が真っ直ぐな古森を好きになり、またそれを困ったと思いながらも誠実に対応する古森の様子がとても丁寧に描かれていて、読んでいても心地いい!
シリアスになり過ぎず、ギャグにも走り過ぎず、その辺りのバランス感覚は本当にさすが名瀬たん!と言いたい。
個人的に印象的だったシーンは、普段は紳士な多岐川が激昂するシーン。
多岐川がゲイだと知ってつい偏見の目で彼を見てしまった古森が、生徒たちを多岐川から引き離そうとする、という場面なのだが、思わず生徒たちにそのことを口走ろうとした古森に対して「あの子たちにショックを与えるような事言ったら 本気で犯してやるからな」「しばらく登校できなくなるくらい メチャクチャ後ろを掘ってやる」と。
アナタ一体どこの鬼畜攻め様ですか?(笑)

見た目の体格は同じでも、やはり攻めに翻弄される受けという名瀬たんパターンは変わらないので、読めば読むほど古森が愛おしくなること請け合い。
加えて常に生徒にバカにされつつも、実はとても愛されている教師である古森の成長っぷりも、目が離せないところだ。
この作品は続きが発表されることも決定しているので、そこで祝・貫通を拝めるのかしら。
楽しみ!

絵のレベルにおいては他の追随を許さない名瀬さん。
どんなに短くてもストーリーが破たんすることなく、きっちり読ませてくれるという所からも、やはりこの人は漫画家として熟練したものを持っているんだなあ~と常に思わされる。
しかしその美麗な絵の中で、ひとつだけ緻密でないものがある。
そうあのつるりんとしたブツである(笑)
まあそこはファンタジーな存在としてボカしておいてもいいかもしれないけども、何故か私はいつもそこが気になって仕方がない(*ノω<*)

8

大和さんいいよ、良すぎるよ。

あの絵のキラメキさがたまらない。
今回も読みながら、笑える部分とジーンとくる部分とあって読みやすかった。
単純な教師と、できる教師。
一生懸命理解しようとする姿がまた可愛く映る恋する教師。
二人とも同じ年齢で隣クラスの担任同士。
古森先生のクラスの生徒がまた面白くて、結局最後まではしませんでしたが、
萌え萌えの一冊でした。
私的にツボだった一冊。雑誌で全て読んでいても、買いたくなる本でした。

GOLD4月号からこの続きが連載されてますねー。それも楽しみ!

4

小学校の教師が付き合うまでの話

表紙左の多岐川はできる先生、右の古森は不器っちょな先生。
多岐川は不器っちょ萌え(男限定)で、古森が超タイプ。

古森は人をイライラさせてしまうタイプで、私もけっこうイラつきました。
多岐川がゲイであることを知ったら、「あぶない教師なんだ」「子供たちに悪影響はないんだろうか」と思い込み、多岐川になつく児童を露骨に引き離そうとするような、偏見まみれのサイテー野郎です。でも多岐川はこんな男が好きで……

と書くと語弊がありますが、根っから生真面目な性格の古森は、多岐川のラヴアタックに押され、ゲイカルチャーを知ろうとネットで調べて勉強するのです。ゲイビデオのサンプルを見て尻込みするところが、かわいいです。勉強するためにゲイサイトをお気に入り登録していたり。

舞台は私立桃ヶ丘小学校のはずですが、表紙の古森がもつ出席簿に、桃園小学校とあるのは謎のままです。

カッチリして安定した絵柄です。さすが名瀬ちん!

4

真面目な先生の恋

小学校勤務。同僚の多岐川先生にゲイであることをカミングアウトされ、戸惑う古森先生。
大真面目なノンケ古森が多岐川を理解しようと奮闘する姿は笑えます!
笑えますが、古森の誠実さには胸を打たれるんですよ。生徒に慕われるのも納得。

自分の事を理解しようとしてくれる古森に、どんどん惹かれる多岐川。
多岐川の人間性に触れ、古森も多岐川に惹かれて行きます。
二人とも、教育に対して真面目で、良い先生というのもイイ。


古森がノンケというのを考慮し、多岐川が手順を踏んでゆっくり迫って行く為、二人の恋の進み具合はゆっくりです。
しかし精神的にはお互いにかなりラブラブ!
二人がちゃんと最後まで出来る日が楽しみです(笑)

あとショタがお得意な大和さん。子供(生徒)の描写が可愛すぎます。

3

子供かわええww

これほんとおもしろかったですw

生徒になめらてばかりの古森に比べて隣のクラスの担任・多岐川は保護者からの信頼も熱くまさに理想的な教師。
古森は多岐川にバカにされてると思っていましたが、そんなことはなく、ならばと思い相談に乗ってもらうことに。
そしてその帰り古森は多岐川に告白されてしまいます。

まず生徒が可愛すぎましたwほんと名瀬先生のかく子供大好きですw
可愛いけどすごく生意気なのもまたよかったww何度も笑ってしまいましたw
教師と生徒はよくありますが、教師同士というのも萌えますね。
初めは戸惑ってばかりいた古森ですが、だんだん多岐川を意識しはじめ、自然にやきもちを妬いていたのは可愛かったですw
古森と多岐川みたいなかっこいい教師(且つ、2人が付き合っている)がいたら、なにがなんでも毎日学校に行くのになあとバカなことを考えてしまいましたw

まだ続いてるようなので次巻にも期待です☆

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ