愛だの恋だの

ai dano koi dano

愛だの恋だの
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
15
得点
60
評価数
20
平均
3.1 / 5
神率
5%
著者
大槻ミゥ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862524652

あらすじ

「愛だの恋だので泣くなんて、気がしれない──」
彼女にフラれ、傷心の樋乃を慰めるハメになった野波。 理解できないと思いながらも、なぜか樋乃の真っ直ぐな心に惹かれてゆき──。 切なくも甘い青春グラフィティ。

「お前ん中、入れてくれよ」
──そんな声、どっから出すの。
出版社より

表題作愛だの恋だの

樋乃,大学生
野波,大学生

同時収録作品千の夜

河々谷晃一 高2~会社員
見笠明良 高2~会社員

同時収録作品コイトキンギョ

蓮実 元同級生
暢 元同級生

その他の収録作品

  • 千の夜 番外編
  • カバー下:あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

愛だの恋だの

ミゥさん~良いわぁ~(*´Д`*)
どの話も面白かった!!
どれもきゅんだわ…
なんだろ、あたしこう、瞬間的な欲情に萌えるんだと思う。笑
ミゥさんのは基本甘いから大好きだ!!はぁはぁ
続き物が二本と、読み切りが一本。
全部好きだけど、最後の金魚の話が好きかな!
受けかと思いきや実は攻めがツンデレとか可愛すぎるww

1

少し距離のある友達

友達から恋人へ、のお話なのですが、親友でなく、よく遊ぶグループの中の一人という微妙な距離。でもそれがよかったと思います。
樋乃は恋愛体質で、彼女に振られ、たまたま家にいた野波に慰めてもらってそのまま大学を休んで野波の家に居着いてしまいます。

誰に対しても本気になったことのない野波は、愛や恋がわからず、失礼のショックで学校を休む樋乃も理解できない…といった感じ。
失恋の痛手で勢いでって感じなのに、せつないお話です。
愛とか恋とかってせつなくて苦しいものなんだと野波が理解する描かれ方が丁寧でとても素敵だと感じた作品でした。

「千の夜」
こちらの方が長いお話でした。
表題と変わって内容は重いです。好き嫌いがわかれそうだなあと思いました。
読んでいてどんどん重たくなっていく展開に、何でこうなるんだろうというもやもやが。

一つ間違えなければ全然違う未来があったのに、歯車が狂って堕ちていくような、そんな感じです。
それを2人ともわかっているのに抜け出せない・・・
ちょっと素直になれば一緒に居られる未来があるのにな~という。

晃一と明良はとても仲がよい幼なじみ。高校生の時に晃一が感極まってした告白を、明良が受け流してしまったことから関係は歪んでいきます。
照れてうけ流しただけなのに、二人の関係は悪化して、社会人になって、修正するチャンスは何度もあったのにまた間違えて悪化して…。
どんどん泥沼になっていきます。

このすれ違いの数々を幸せになるための布石ととれるか、単なる馬鹿な二人だととるかで感じ方の全く違うお話になるかもしれない。

私は半々でした。やっぱり晃一が明良にしたことはいきすぎていたし思いあってるのに誤解をとくチャンスを無駄にして時間を無駄にしたと悶々します。
でも晃一ばかりが悪いかというと、最初のすれ違いのきっかけを作ったのは明良なので、それも一概には言えないかも…。
ただ、なんだかんだで最後は可愛くハッピーエンドでしたのでよかったです。

初めて読む作家さんだったのですが、読んでよかったなあと思えました。

1

あまり好評価ないんですね

私は結構好きな作品です。

ただなんとなく告白されて、みんな周りは童貞卒業してるし・・・みたいな感じでなんとなく付き合ってえっちもしてって経験があるだけで、本気で人を好きになったことのない人が初めて本気で人を好きになるという話。
故に最初冷めてるけど次第にヒノが本気で恋していた様子に興味を持ち、同時に惹かれていくサマがなんかいいなぁと思いました。「よく人の為にこんなに泣けるな」と、思うだろうなぁと。自分も本気で失恋すると涙腺がコントロールできない人(しかも常に本気泣き)なので、ヒノの泣きっぷりはすごく共感できました。

千の夜も好きです。最初の感じがすごく家族ぐるみで仲が良くて意思疎通も出来ていたのにちょっとしたきっかけで全く正反対の関係になってしまうところが思春期にありがちなところだよなぁと納得。ちょっとした捉え方の違いなんですけど、それが恐らく拒絶に感じたんでしょうね。その後の晃一の嫌味な態度も気持ちわかります。もう愛憎なんですよね。愛してる故に明良が憎くて嫌な事言ったりやったりしてしまうんですよね。あんなに仲の良かったおじいちゃんもぼけて老人ホームへというところも切なくなりました。最後はハッピーエンドになって良かったです。
ただ途中の強姦シーンの描写がいきなりすぎるのとあそこが生々しすぎてちょっと萎えた 笑

コイトキンギョの話も好きです。のん可愛いww蓮見もあんな態度だけどのんに最初からべたぼれなとこが良いです。

評価あんまり高くないのはキレイな絵なのにあそこだけが生々しく描いてあるからかな?
たしかにちょっと違和感はあるけど 笑

話の流れとしては私は全体的に好きでした。

0

不器用さが微笑ましい

「愛だの恋だの」(Act1、Act2)⇒樋乃(大学生)×野波(大学生)
「千の夜」(第1話、第2話、最終話)「千の夜 番外編」(描き下ろし) ≪幼馴染(同級生)~同僚 すれ違い≫
「コイトキンギョ」 ≪カップル≫

表題作「愛だの恋だの」シリーズは、失恋した樋乃が野波に泣きついたことがきっかけで二人の距離が徐々に縮まり……という話ですが、樋乃がボロボロと涙を流して泣いたり、感情を上手く表現できない自分にジレンマを感じてしまう野波の不器用な感じがほほえましくて良かったです。

「千の夜」シリーズはものすご~く青臭い話というか、ちょっとした行き違いのために随分と回り道をしてしまう二人の話でした。直情型な攻に対して“もっと大人になれよ~!”とイラッとさせられたりするのですが、その分かっているけどどうしようもないという不器用さが切なくもあり可愛くもありという感じでした。

「コイトキンギョ」は付き合って5年のカップルの話です。まぁなんだかんだでラブラブな話でした。結構お気に入りです。

4

ホロリとします

今までの大槻作品の中で一番良かったです。神評価にしようかなとも思ったのですが、もう一つ何か欲しかったかななので、萌で。

他人と深く付き合うのが苦手なので、冷たい雰囲気をまとっている野波。彼女に振られた樋乃が泣き場所を求めてたまたまやってきて、慰めたことから始まった優しい関係。

野波はじっくり付き合わないと良さがわからない人。樋乃はいつもは明るい鎧で繊細なココロを覆っている人。
二人の間で少しずつ育まれ、熱くなった思いと、通じ合う心。
恋人になったものの、過去の失敗を繰り返したくないばかりに張ってしまう予防線。
どう考えても上手くいかなくなる訳がない二人なのに、せつなくて可愛くて涙が出ました。

「千の夜」は、幼馴染の二人が大人になるまでの紆余曲折ラブですが、ほんの一つの誤解で和解するまでにこんなに長くかかっちゃうんですね。それまでシンクロしてきた思いが合わなくなっただけで大ショックなのはわかりますが、明良がちょっと大人だったわけですね。晃一はなんだかんだで行動が子どもっぽいですよね。

さて、描き下ろし小冊子の為に雑誌を買うか否か・・・

4

久江羽

>カヲル様
抱き合わせ販売するくらいなら、薄い本を普通に売ってくれないかと思います。
阿仁谷作品のため、drap2月号買っちゃいました。
雑誌は買いたくないんですが・・・

カヲル

小冊子、迷いますよね。私は阿仁谷さんの全サも気になってるんですが。

「簡単なことじゃんかぁ」

よく大槻ミゥ=エロい!との評判を見ていたので、
「どんなもんだろう」と思い気になって手にしました。
初めて大槻さんの作品を読みましたが、確かにエロい…。書き方が!
そういうシーンじゃなくても、なんか色っぽい。
キラキラした瞳とか睫毛とか、あと特に、唇。
厚ぼったくて、なんか湿ってて…色気があるんですよねえ。どうも唇ばっかり見ちゃいました(笑)

そんなこんなではっきり言って、絵ばかり見ていました。
どうしてでしょうか…なんだかストーリーが響いてこない?
多くの人が書かれていますが、「何かスパイスが足りない」のかなあ、と…
モノローグも、画面構成もよくて、漫画をぱら見した時はとっても期待度が高まったのに、読み進めていくと…なんだか……。
展開が急すぎて、登場人物の心情変化が急だからでしょうか。間がない感じ…?
しかし、決して、楽しくなかったわけではないです。
作者さんが「愛だの恋だの」でトーンワークを少し変えましたと書かれているんですが、
そのかわいいトーンとストーリーと絵柄があいまって、独特の雰囲気が出来上がっています。画面も見ていて楽しい!
「愛だの恋だの」2話目では、「元カノの別れ際のセリフが思い出せない」と、今の恋人が好きだからこそ思い出したいと思う野波と、
野波の元カノに嫉妬している樋乃はとても好きでした。
女の子の設定が生きている。こういうBLが個人的にすきです。
二人して終始「愛だの恋だの」に奔走している姿がとってもかわいかったのでした。青春…!!表題作のページ数、「千の夜」よりほしかったです。残念。
「千の夜」「コイトキンギョ」は、題名とキーワードの使い方が上手いです。
けど…やっぱり、あともう一味ほしいかなーと思ってしまいました。

イラスト重視、エロ重視な方には自信を持ってオススメできる作家さんです。

3

エロカワ

エロカワイイ。エロいだけじゃなくて心理描写とかストーリーの盛り上げ方も上手くて読んでてドキドキします。

「お前ん中、入れてくれよ」っていうセリフが凄い印象的でした。(帯にも書いてありますが)

2

恋を知ると泣くよね

女にフラれて泣きついてきた樋乃を自分の部屋に泊めてあげたものの、その時点では野波はまだ、なつかれちゃった的な気持ちしかなかった。
じゃあいつから樋乃のことが好きになったかというと、
「もっと早くお前と仲良くなってどんな奴か知ってたら俺お前に一番に電話してたよ」というセリフのときじゃないっすかね? 
あ、これは私のキュンポイントだったんですが(照)
愛だの恋だの理解できなかった野波が、自分より恋に手練な樋乃に恋することで少しずつ堅さがとれていくところがよかった。

「千の夜」は晃一と明良の成長物語というか、高校生から社会人までのくっついたり離れたりの話です。
個人的には高校生の淡い感じの方が好み。同じ会社に入るなんてありえねって思っちゃったからかな、自分の中に話が沁みてこなかった。最後の二人の笑顔はよかったけど。

2

今っぽさplus王道

表題作「愛だの恋だの」は大学生同士のお話でした。
攻めがフラれて、受けがなぐさめてそしてお互い恋に落ちる。
何も物語だけじゃなく、往々にしてリアルではよくあるパターンw
恋の相談や慰め合っているうちに・・・って。
でもノンケ男同士でそのパターンきちゃうのかしらッ!?

電車で二人が手をつなぐシーンも「ただしイケメンに限る」というコメントが頭の中を流れたような。
二人なら見た目が可愛いから許されるんじゃなかろーかと。
とりあえず大学生のあの浮遊感を思い出すような青春っぽさがありました。
あぁモラトリアムねぇ。ほほほ。

もう一つのお話、「千の夜」は、
受けが攻めの告白をかわしたことにより、大きな溝ができてしまうお話。
これは・・・攻めは怒り過ぎ。ガチ怒りカッコ悪い!
思春期って本当になんであんなに色々やらかしてしまうんでしょうねぇ。
でも格好悪くてもそれも青春という一言で流せるから不思議。

受けも何となく攻めの気持ち分かっておいてあのタイミングでかわすとか、
ガチ童貞決定です。
じゃなくて、普通に戸惑うっちゅーの!攻めさん、許してやれよ。
最後は仲直りで良かったーって感じでしたが、

ただ、途中のセクロスはなぜそういう展開になったし?と。
BLではお約束の展開ではありますが・・・攻めの晃一もやりながら「俺は・・・これは・・・楽しいのか?」って自問してるし。
BL脳の人には特に問題ないかもしれませんが、普通に考えるとハテナです。

2

そんな声、どっから出すの。

感情濃度が薄い大学生「受け」。これまでのミゥさんの受けとはちょっとちがったテイストで、これがいい味出している。
今までにはあまりいなかった、「受け」のタイプかもしれません。おそらく、涙もろい「攻め」がミゥさん的には「受け」の役割だったと思われます。
同級生の「攻め」になつかれて、最初は、仕方なく、というか、常識的な人間としてやさしく振舞おうとする「受け」。
でもこの「受け」は、かつて同級生の女性と付き合って振られるというトラウマを持っています。

別れ際最後に言われた言葉が思い出せない…

「攻め」と付き合いはじめ、しだいにその思い出せない言葉におびえる「受け」。
付き合いはじめのころ、うれしいあとに、不安になる心理をうまく描いています。
恋愛に対する感情が薄いことに気がついている「受け」は、
しだいに前と同じように、捨てられるのでは?という懐疑にとらわれて、「攻め」との関係がギクシャクしてくる。

どうなるか、予想のつかない展開で最後まで楽しめました。

心臓の「トクントクン」という音が、物語を繋ぐ、いい小道具になっていますね。
こういうメインとちょっと離れたところで技がうまく効くっていうのは、名作の証拠です。
前編後編で分かれていて、前編は朝チュン?だから、エロなしかと思いましたが、後編では淫ら過ぎる行為を描かれていました。
表題作のほか「千の夜」も佳作。こっちのほうがよいという人がいるかもしれませんが、
心の機微を丁寧に表現してきただけに、最後、食傷感が私は残りました。
ミゥさんの描く、「受け」は絶対にいじめられたいっていう目をしています。
本格SM作品を描いたら、(マガジン・マガジンとかで)かなりすごいんでしょうか。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ