銀閣博士とモルモット

ginkakuhakase to marmot

銀閣博士とモルモット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×213
  • 萌24
  • 中立4
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
37
得点
273
評価数
78
平均
3.7 / 5
神率
37.2%
著者
池玲文 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784904468128

あらすじ

「茅ノ谷くん、早く裸になりたまえ」
2107年。
天才科学者・銀閣に憧れ、念願の助手を務めることになった茅ノ谷アキ。
銀閣とともに都市再生の研究を夢見ていたが、責め具の実験体としてカラダを弄られる毎日で…!?
超潔癖症の博士と愛すべき助手の究極の主従研究室ラブ!

表題作銀閣博士とモルモット

銀閣博士,潔癖症でペシミストな天才科学者
茅ノ谷アキ,助手

その他の収録作品

  • LABORATORY Ⅱ
  • LABORATORY Ⅲ
  • LABORATORY ⅳ
  • LABORATORY Ⅴ
  • LABORATORY final
  • あとがき
  • おまけ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数37

池玲文の美学、ここにあり。

 一番好きな池先生の作品です!私の「大好きなシチュ」と「興味がないシチュ」が化学反応をおこして、極上の「萌え」が合成されました。池先生はいつも新しい萌えを届けてくれます。

 「コメディなので笑ってもらえればいい」とあとがきに書かれていますが、ええ、そりゃあ笑わせてもらいましたよ。快楽マシーンを使って茅ノ谷で実験するたびに、間違えて(わざとだろw)エロが加速してしまったり、美麗なルックスでパジャマが星柄だったり、大胆且つソフトな右か、強引且つ紳士的な左かと拘ったり(変わらんだろw)
 エロマシーンとか、セクサロイドの犬ロボットとの獣姦もどきは「ばかばかしすぎる」嫌いなシチュなのに、なぜかまったく嫌悪感なし。むしろ楽しかったぐらいです。それもこれも博士がとても魅力的だからです。銀閣博士の話し方、ルックス、性格、すべてがいいのです。特に話し方!攻めの一人称が『僕』って、どうしてこんなに萌えるんだろう。たまらん (*´д`*)ハァハァ

 12年前の事件で心も顔も引き攣れて歪んでしまったという、天才で潔癖症で天然で気難しくて、そして孤独な銀閣博士。茅ノ谷に心を開いて行く博士に、コメディで獣姦もどきまであるのに、笑いながら涙が・・・不器用な博士が面白くて可愛いくて切なくて泣けちゃうんです!

 「身体を調べているだけ」「測定だから」と茅ノ谷に触るのを止められない博士。照れ隠しに解説付きで茅ノ谷を抱く博士。「茅ノ谷くん」「博士」と呼び合いながらのSEXは激萌えで、「かつてこんなに可愛い攻めがいただろうか!?」と端麗な容姿とのギャップに完全に虜になってしまいました。
 「君といると世の中を好きになってしまいそうで困る」という博士は、茅ノ谷が一緒なら、大嫌いだった自分自身のことも、きっと好きになれるんだろうな。それがとても嬉しい。
 茅ノ谷にだけデレてくれれば満足なので、潔癖症は克服しなくてもいいから、今の博士のままで茅ノ谷にだけ触れてほしい。

 エロくて笑えて切なくて、そしてストーリーも楽しめる作品。「ピアス」の中に見事に池玲文の美学がありました。博士と茅ノ谷のやりとりは萌の宝庫で、近未来のデザインも素晴らしいのです。是非本編で確認を!

7

みみみ。

迷宮のリコリスさん

こんにちは!
迷宮のリコリスさんの池作品レビューを拝読して、次はこの作品を読もう!って即決でした。
今改めて読み返してみたら、こちらで博士の「僕」呼びについて熱く書いてらっしゃる笑
攻めの「僕」、良いですよね〜♪( ´▽`)

研究室ってすばらしい

機械攻めっっ

潔癖で人間嫌いな銀閣博士×助手の茅ノ谷の話です。

とにかくすごいんですっ

犬型のペットロボに攻められたたりするとこが印象的でした。

機械だけでも、おぉ~って思っていたのに、
犬型ってっっ素敵過ぎますっ

犬型ですっすごいんですよっっ

大好きになりましたっ



潔癖だから、直接触ってくれない、触ってほしいのにみたいな設定をすごい活かしていて、潔癖可愛いっっと思いました。

帯の通り、エロい切ないおもりろいつていうフレーズが見事に
当てはまっている作品ですっっ

できれば、必ず読んでいただきたいっっと思うほどハマった作品です。

是非、犬型ロボに注目して読んでみてくださいっっっ





6

エロ切ない面白い

まさにこの通りっ!!

エロくて
切なくて感動して
所々おもしろい\(^^)/

池先生のピアスシリーズは
どうなるんだろうか…と
ずっと楽しみにしていましたが
個人的にはかなリ良かったですw

ただエロいだけじゃなくて
ストーリーがちゃんとあって
ちょっとうるっと来ちゃう所も
あったりとか…

お互い好きなのにウジウジしている
2人が結構可愛いですよ 笑

そしてたまに見せる
博士の変態顔がなんとも言えません 笑

ストーリーは
ちょっと難しい部分も
あるかもしれませんが
読んでるうちにつかめて来ると思います!!

という訳で
是非読んでほしいですw

あたしはかなリ気に入ったので
神評価にさせていただきましたw

6

カラーイラストと背景の絵が神です!

絵は文句なしに神です。凄い綺麗っていうか精密過ぎる…。でも惜しいなぁ(>_<)欲を言えばもう少し未来都市について詳しく説明が欲しかったです。
エロがメインだっていうのは分かってるんですけどね。あれだけ都市再生計画とか練り込んでるのでなんかもったいなかった。背景の建物とか凄いよ?めっちゃ緻密に描かれてるし。

都市再生計画よりなにより銀閣博士の変態性が強烈で、その生け贄(?)になってる茅ノ谷くんが気の毒でした。しかしあの機械たちは凄かった!芸術ですよあれは。

一番凄かったのはやっぱり犬のセクサロイドかな?こんなにあっさり獣姦をやってしまうとは…まぁ機械なんですけどね。犬に犯されてる茅ノ谷くんが可哀想…(T_T)

後は左右の乳首を違う感じで弄る機械とかかな。「大胆且つソフトな右」か「強引且つジェントルな左」かって…知るかそんなん!股間をロックされて苦しそうな茅ノ谷くんがホント可哀想だよう!(>д<)

まぁ変態色がかなり強い作品でしたが、博士が茅ノ谷くんにそっくりなロボットを作って寂しくないようにしようとしてる所はちょっと切なかったかなぁ。最後はハッピーエンドでよかったけど。

いや~しかし池玲文さんはエロに特化するとこういう作品になるんですね。素晴らしいです。よくこんな責め具が描けるなと感心しました。未来都市の背景も素晴らしかったし、表紙と中のカラーイラストも色使いが神でした。耽美だなぁ~。

5

博士の不器用さにキュンとなります

大好きな池玲文さん。池さんの描かれる身体の絵が、好きです。
中でも、この作品が一番好きです。

お話は、潔癖症で人間嫌いな博士が、助手の茅ノ谷くんと関わるうちに、恋を知って人間らしくなっていく内容です。

もう、ウットリするぐらい絵が綺麗です。
そして、エッチなシーンが色っぽくて、ため息ものです。
おまけに、博士の不器用で切ない心情にキュンキュンきます。

設定が近未来という世界観や、博士が人間嫌いになった理由などがしっかりと描かれているので、ストーリーとしても楽しめます。
今まで獣姦はよく読んだけど、ロボットの犬は、池さんが初めてでした(笑)

5

キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

待ってました!待ってましたとも。
誌上に連載されたのを見た衝撃はいまだ覚めやらず。
どうせコミックス買うんだから雑誌は卒業しようと思っていたのに、あの一こまに目を奪われ衝動的にレジに走ってしまったこの作品。
セクサロイドの犬との交尾シーンは何度見てもヨダレがとまりませryん・・(ハァハァ
こうして一冊にまとまって、ものすごくうれしいです。
また、誌上では短編的にしか読んでいなかったので、最初から最後までのストーリーを堪能できたこともうれしかった。
贅沢をいえば、もっとコアなプレイがたくさんみたかったかな~と

4

表紙綺麗〜!

表紙買いいたしました。とっても素敵な表紙です。いま見ても美しい...!

結構昔の作品ですが、今でも読み返すほど大好きな作品です。
もうね、銀閣博士、感情を出すのが不器用なんですよ!こういう、不器用な人ってもう大好きです。
人嫌いなのに、茅ノ谷のために少しづつ変わっていくのがかっこよかったです!

近未来的な世界観で物語ものよく合ってると思います。
ロボットですが獣姦もあります笑

表紙裏の年表ももしかしたら、、、あるかも!?な出来事が満載で表紙裏まで読み応えありました。

4

攻めに死ぬほど萌えるんです

なんといっても、私は博士が愛おしくて仕方ないです。
極度の潔癖症・厭世観ばりばりで人間嫌いの攻めが、助手のアキと出会うことで少しずつ変化していく様子がとにかく見もの。

人には触れなかった博士が、アキの指をぎゅっと握りながら震える様子。
思わずキスしちゃった後の慌てぶり。
茅ノ谷くんの声を聞くと自分が何故動悸がするのか、なぜ息切れするのか真面目に悩んでる姿も愛おしい。

天才的な頭脳を持ってるくせに自分の気持ち、自分の変化には疎くて、ただの恋する一人の不器用な男となってる博士の様子はほんとに愛おしくて死ぬほど萌える。
言い訳しながらもアキの身体を触らずにはいられない様子や、おずおずと夜のお誘いをする様子もかわいいし、抱きながらアキの身体をあれこれ解説しちゃって、いい加減やめてください!とたしなめられた博士ときたら…!萌えすぎて、こりゃあかん…と両手で頭を抱えてしばし固まってしまったほど。

そして受けのアキも可愛いだけではなく、しっかりしたいい子だし、まっすぐでピュア。
そんなアキだからこそ「君といると世の中を好きになってしまいそうで困るな」と厭世主義だった博士の口からそんな言葉が出るまでになるんです。

あらすじだけだと、博士の作った快楽マシーンにいいようにされちゃう助手くんのエロ可愛さを楽しむエロコメディのように思いがちだけど、貧富の格差が極端に開いてしまったという近未来の日本を舞台にした世界観や、美意識に貫かれたコスチューム、小道具(ペットロボ含め・笑)、そして背景などなど池玲文さんらしさに満ちていて、エロだけではないところがさすがな一冊です。

4

エロとテーマ進行が見事にシンクロ

池先生は好きですし、ジュネも好きなスケベの癖に
この本つい最近まで持ってなかったんですよね…なんという盲点

人間には直接触れるだけでもダメなんていう超潔癖で人嫌いが主人公
というだけでジュネとしてやってけるのか?と思いましたが、
ちゃんと序盤からエロはエロでした。ここが残念だとジュネじゃねぇ。
華奢なアキが銀閣博士に変態的な道具で弄られるだけでも十分にエロイ。

それゆえに「アキだけは特別」という認識を徐々に知らされていき、
本来の自分がやっていたはずの「環境を取り戻す」という使命にも立ち返っていく。

最後にはちゃんとベッドの上での二人のエッチもあるのですが、
流石、個人的に「オトコネの美」Best3に上げたい作家さんです。
ローブを引き上げ、首をもたげる情景は見事。

エロの話ばっかりしましたが、やはりそこの背後に流れる階級社会の闇であったり、
環境に大きな差を生み出させるような住居格差など社会問題を織り込んで見せるあたり
「こやつ、ただの抜き漫画じゃねぇ!」
と思わせる所が凄いと思います。

脇のキャラクター、特にお前本当に博士か?と思いたくなるような
短髪ドレッド&半袖&ムキムキなワイルド碌音寺とか、とにかく手が抜いてないし。

---削除
んー、神なのかなぁ・・・って一寸思ったけど
この本、一度読むと「うん、よかった」って感じになってしまって
何度も読み直すような感じにはなってこないんですよね。惜しい。
---ここまで

小冊子を手に入れてから明らかに地味な中毒性が出始めているので神で(苦笑)

3

退廃的機械化都市と不器用すぎて切ない恋愛模様

人間の温かみとか絆とかが衰退して機械化が進んだ都市。
歴史的背景にも納得させられてしまう自分がいて、BL上級者向けではあるだろうけれど、紛れもなく人間心理の本質を突いた恋愛物語でした。私は、潔癖症で厭世主義の銀閣博士の成長からそう強く感じました。


道具系もさすが「ピアス」だけあって、ゴシック彫刻のようなローターから、超高性能のセクサロイド犬、さらには貞操帯のような仕組みのものも出てきます。
私的には、人間の手を模した機械に無性に萌えました。なんだか、銀閣博士(攻)の茅ノ谷(受)への愛が見えたような気がして。


P168の一コマ目に銀閣博士が膝立ちしてるシーンがあるのですが、ポージングに爆笑いたしました。初見では、「この表現もあるのか~!!かえってエロイな!!」と思ったのですが、何度も見るうちにこれは池先生なりの遊び心なのかなと思うようになりました。この発想はありませんでした。何がかえってエロイのかは、ぜひご自分で確認してみてください。


全体を通して、不器用な攻め、退廃的世界観、快楽主義への問題提起などなど先生の勉強家で真面目な作風が前面に出ている上質なシリアスだと思います。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ