ただのメガネだと思っていた先生は、底抜けのお人好しで、なぜか俺のことが大好きだった――…。

フリーパンチ

free punch

フリーパンチ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×223
  • 萌38
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
29
得点
260
評価数
76
平均
3.5 / 5
神率
13.2%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403662553

あらすじ

父親とケンカして家出した山田は、担任の天野の部屋に居候することになる。ただの天然メガネだと思っていた天野の底抜けの人の好さと、無条件に自分を信頼する様子に恋を自覚した山田は……? 表題作ほか高専寮の二人部屋で始まる恋を描いた「絡陽館ワイドショウ」を収録。とまどいとトキメキたっぷりの青春学園シアター

表題作フリーパンチ

強面の高校生・山田
お人よし化学教師・天野

同時収録作品絡陽館ワイドショウ1~3/お勉強会の後

寮で同室の池田晴
性格最悪な桐野和馬

その他の収録作品

  • 思春期ブルース
  • ドラマCD「どうしようもないけれど」アフレコレポート
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数29

かわいい、たのしい。

たまたまた目に入って読み返したので。

いつもだいたい一緒じゃん! と思いながら、新刊が出たら読んでしまう夏目イサク作品。顔のパターンも数パターンだし…なんて言いつつ、いつ読んでも同じところでキュンとするんですよね。すごい名作!とも思わないけど、1度読んだら終わり、でもなく繰り返し読める。

このコミックスは、先生と生徒カップルの「フリーパンチ」と、寮で同室の学生カップルの「絡陽館ワイドショウ」の二本立てです。
元ヤン先生がかわいい「フリーパンチ」も良かったのですが、なかなか素直になれない意地っ張りくんが登場する「絡陽館ワイドショウ」がより面白かったです。

全体的にコメディタッチでサラッと読めるのがいいですよね。重い感じになりたくない時におすすめ。

1

寮で同室・・・というシチュエーションがたまらない

表題作の「フリーパンチ」(巻末描き下ろしあり)と、「絡陽館ワイドショウ」(第1話~第3話+巻末描き下ろしあり)の2作から成っています。
あと、「どうしようもないけれど」のドラマCDアフレコ現場レポ漫画も載っています。

私としては「フリーパンチ」よりも、「絡陽館ワイドショウ」のストーリーとカップルに断トツ萌えました!!!

先ず、シチュエーションが男子寮で同室!!!学校自体も女子の数が圧倒的に少ないらしく、ほぼ男子校状態。

そして、受け攻め共に純で、更には受け様がかなりツンツンだけど実際はとっても可愛くて、攻め様も格好良くて優しくて・・・

2人でこっそり部屋でいちゃつくところとか(でもなかなか最後までしなかったり)、ムラムラを攻め様がすっごく我慢するところとか(同室ならではのこの苦悩が第三者的には堪らない)、初Hの時の受け様の表情とか、一回しちゃったらもう抑えがきかない攻め様とか・・・

ひたすらこのお話は私の萌えツボにはまりまくりで、すごく良かったです。

0

もうさすが!


さすが夏目先生といったところでしょうか!
王道設定なのにサクサクっと楽しく読めてしまう夏目マジック!

しつこくないサラリとした読み応えで、ああなんだろ、
「ええ~?」とか思うところはないです。ないんですが、良い意味で物足りない(笑)
なんだろ、もっとその先が気になるんですけれど!と言ったところでしょうかね。

好きだ 好きだ スキだ すきだ
なんてことないセリフなのに4回繰り返すっていうのがね、
可愛いですよね(笑)

先生と桐野でロボットやってみてほしいです(笑)

1

王道設定で新鮮に萌える!!

フリ―度★5 パンチ度★5 ワイ度★小
王道:リアル:ギャグ:青春=3:3:3:3

 生徒×教師と、寮。現実離れしがちな王道設定なのに「リアルにありそう」な萌えを感じられる、王道とリアルが共存できちゃった神作品です。キャラクターがみんなしっかりしていて、台詞が自然。表情が多彩で、説明っぽくなくストーリーと感情の流れが伝わってくる読みやすさ。受けがちゃんと男らしい(重要)ところが唯一王道から外れているのかもしれません。

◆フリーパンチ
 家出生徒×面倒見の良い教師・元ヤン。軽そうで芯がしっかりしてる先生と「ヤベェ…」な展開がツボ。
◆絡陽館ワイドショウ
 高専3年。同級生。寮。同室。考える前に行動してしまう攻めと、慎重な受け。「好きだ」「勘違いだ」どちらの主張が勝つか。
萌えシーン↓
受「やめろって」攻「じゃあお前も…」受「やめていいのか」攻「イヤ」

0

メガネ好きじゃないけど白衣は好き

夏目さんの描く黒髪短髪がたいがでかい
口数少ないこのタイプが好きだと
やはり読むたびに実感

今回も同様でした

学校の先生と生徒の話です

親と喧嘩して家をでて学校で寝泊まりをしていたところを
先生に発見され、先生の家で生活するのですが
それは、ちょっと危なすぎるだろと
つっこみ満載ではありますが
先生が元ヤだった過去をしれば納得でした

先生の事をとくに意識もしてなかった
はじまりだったものの一緒に生活をしている中で
どんどん気になって行くのは
可愛かったです

隠すことなく、やりたくなったと口にするところも
かわいいです

落ちとしては、先生が過去憧れていた相手は
生徒の父親なのですが
さすがお父さん大好きです
お母さんが羨ましい。

全体的に疲れない本でした

先生のメガネのふちがふとすぎる感じはが
似合わなかったですが

後書きみたいな部分で
ドラマcdの話がのってました

私はドラマcdは興味がないので
読んでもわかりませんでしたが
現場に先生もいかれるんだなと
わかったりは楽しかったです


0

ありがちなのに許せる

高校生×教師ものです。ここ最近の私の射程範囲から完全に外れている設定なんですが、
何故か夏目先生の作品は楽しく読めてしまう!

しかも元ヤンでした系の先生とかもありがちだけど、
何故か夏目先生の作品は楽しく読めてしまう!

しかも先生が何故か男子高校生に大人気とかありがちだけど、
何故か夏目先生の以下略!

先生の師匠が実は・・・だったのも面白かったです!
コメディタッチで楽しく、萌えもあるさわやかな作品でした。

あと、生徒×先生のカップリングの場合、
先生のほうが受けだから許せるっていうのもあるかな。

どうも先生が攻めっていうのは倫理観的に駄目な事が多いです。
エロ重視内容なら先生が攻めでもそこまで気にならないですが。

もう一つの作品、「絡陽館でワイドショー」のほうは、私の大好きな寮もの。
目を閉じた無防備な桐野君に激萌え致しました(*´∀`*)
やだん、夏目先生の内容って的確に自分を突いてくるッ

2

高校生モノ

夏目さんの高校生モノです。
表題作は高校生x教師、同時収録作品は寮生活の高専の生徒同士のお話です。
各作品年代は近いんですが、作品のカラーは少し違って両方とも楽しめました。
ただ、表題作のほうがもう少し先の2人のお話も読みたかったかな~という感じです。
もうちょっと先生の気持ちがハッキリとするまで・・・というのは贅沢でしょうか?(笑)。

他の方のレビューでも同時収録作品の方が好きと仰る方が多いように思いますが、実は私もその口です^^;
やはりツンデレな受け様がよかった~!そして暴走する攻め様も!w
なんだか夏目さんのお得意のパターンという気がしなくもないのですが、ほんとに楽しく読ませてくださいます。上手いなぁ~と毎回思う(笑)。
そしてここでも関西弁が・・・一部ですが、そのノリとリズムはやはり面白い。
関西弁じゃない所ももちろん面白いです(何が面白いかはあえて言いません。読んで発見してください^^)。

爽やかでコミカルな良作です^^。

1

表題作よりも・・・

表題作よりも同時収録の「絡陽館ワイドショウ」のほうをおすすめします
表題作よりも長いですし・・・
だから表題作をもの足りないと感じてしまいました

さて絡陽館~は人間不信の気難しい秀才桐野君と寮で相部屋になった池田君の苦悩!?の話です
まるまる一冊でないのに綺麗にまとめあげられているところがさすがイサク先生・・・という感じです!!

桐野君は終始口が悪いですが恋を自覚してからはその口の悪さも大事な萌え要素
いやはや日本っていいですねwwww
ツンデレという言葉で片付けられますから!!!

1

いい意味で物足りない

もっと読みたかった!くっつくまで話を引っ張ってくれても良かったのにー!という、いい意味での物足りなさがありました。
とくに表題作は、気持ちがあるように見えなかった受けがあっさり落ちてエッチまでしちゃったので、ちょっと残念。
無駄にぐるぐるさせて無理やり話を引っ張る作品は好きじゃないんですが、夏目イサク作品の場合はまったく逆のことを思っちゃいますね。繰り返しになりますが、本当にいい意味で物足りなかったです。
でも『洛陽館ワイドショウ』のほうはいいさじ加減だったと思いました。
可愛いツンデレ受けと、ちょっとゴリラな攻め。
夏目イサクさんの描く攻めってゴリラ入ったデカい攻めが多い気がしますが、大好きです。とくに、スイッチが入って理性なくして突っ走る場面と、ハッと我に返って理性取り戻して後悔する場面までの流れは、どの作品を読んでも上手いと思わされます。ちょっとコミカルで可愛いんだよね。

『どうしようもないけれど』のドラマCDレポも面白かったです。
一度収録現場を影からこっそり見てみたいよー。

1

ひねくれものw

さすが夏目さん、という感じですw

でも表題作より「絡陽館ワイドショウ」の方が
私は面白かったかな。
分量の違いもあるかもしれませんがw

夏目さんの作品には、ちょっとヒネた受けが出てきて
ヒネてるんだけども、好きな人には案外素直・・・
というタイプが多い気がします。
そういうタイプが個人的に好きなので、
必然的に作品も良いな~と思ってしまうわけですがw

でも。
正直、この本よりも「どうしようもないけれど」の方が
断然面白かった!というのが読後感です。
このサイトでの総評ポイントはこっちの方が
多いみたいですけど。。。ね。。。?
“神”数はまた大きく違うみたいですが。

それでもやっぱり、面白い作品でした^^

1

おやじがいい(笑)

生徒X先生のお話。
先生の天然っぷりとか、おもしろかったです。
山田のお父さんがいい!渋いし、かっこいいし(>∀<)

でも、個人的には同時収録の『絡陽館ワイドショウ』のが好きです。
ツンデレ最高!!
桐野のツンとデレの差が良かったです!
顔を赤くしてるとことか、声とか我慢してるとことか・・・
萌えですね・・・(汗)

1

夏目先生の作品は好きですねぇ

[フリーパンチ]
表題作です。ぶっちゃけ言っちゃえば、ワン☆ースのゾ☆とサ☆ジを思い出しました(笑)まぁ夏目先生が描いていたというのもありますが・・・
(生徒)山田×(化学教師)天野です。
しかし、生徒×教師ってほんといいですよねぇー。もう年下攻め好きすぎます
しかも元ヤンと来た\(゚▽゚=))/
元ヤンとか893さんは受けだったら、私は全力で喜びます。というか喜びました(笑)
しかも山田父は先生の師匠というオマケ付きです。山田が、お父さんに嫉妬してるの可愛かったーww
[洛陽館ワイドショー]
池田晴×桐野和馬です。大学生モノです。私はこっちの話も好きでしたww
ツンデレ大好きです。桐野のツンデレ具合は非常によかったです。池田がグルグルしているのも可愛いですしね。ぶっちゃけ夏目先生のHシーンは、好きですね(爆)

1

おもしろかったぁ!

やっぱり夏目先生が描く受けはすんごく可愛いvv
今回の作品も天野先生がすごく可愛かったvv
なんだろうなぁ…あんな先生だったら確かに誰にでも好かれるよねvv
「お人好し~」って泣いてるとこなんか可愛くておもしろくてなんとも言えない感じだった。
山田も先生のことを意識したとこなんか、すごく可愛いしvv
夏目先生の作品はどうしてこんなに可愛いんだろう…vv
最後の先生の師匠もびっくりしたし!!
山田の父すごい若いよね!!
書き下ろしの天野先生のメガネがハートなのもおもしろかったvv

「絡陽館ワイドショウ」もすごくよかったvv
桐野の態度が少しずつ変わっていくのが可愛かったvv
「嬉しいよ」ってぶっきらぼうに言ってるとこなんかたまらなく可愛いよねvv
簡単に離れてくなら…って思うと素直になれないよね。
なんとなく桐野の気持ちわかるかな!!

やっぱり夏目先生の作品はイイ!!
この読ませてくれる、考えさせてくれる加減が私にはすごくヒットだな!!

1

おもしろかったです!

もう…何を言うかもわからないほど楽しんで読んでもらいました。
なんていうかな…
表題のフリーパンチより、やっぱ絡陽館ワイドショウのほうが面白い?という感じです。
私、やっぱり夏目先生のツンデレにしょうがないほど好きです。
でも、読んだあと、なんかまだ物足りないと思うのがなぜでしょうね。(ちょっと少ないのでしょうかね…)それで、私は「萌」を選んでしまった…
でもでも、夏目先生はやっぱり大好きです!本命の描いたもの><

1

ちょっと似てるかな?

フリーパンチより絡陽館ワイドショウのほうが私は好きです。
フリーパンチは学校で大人気の天野先生に恋してると
友達に言われて初めて気づくみたいな!!
恋愛より山田のお父さんがおもしろい(笑)

絡陽館ワイドショウは学校の寮で同室の二人のお話。
キャラはタイトロープに似ている気がするんですが
私こうゆうの好きです(*^_^*)
ツンデレ受けというのでしょうか?
性格も口もサイアクで人間不信、
そんな桐野が俺のものに・・・とか言うとキュンてなりますね(>_<)
それと桐野を大好きな池田。こうゆうカップルを読むのは楽しいです。




1

天然ツンデレ

面白かった!
表題「フリーパンチ」の学生くんの悶々っぷりも良いけど、
あとに載っている「絡陽館ワイドショウ 」が好き♪
学生寮で同室になった生徒×生徒のお話。
偏屈で人間不信な桐野がいいね。
他人を拒むくせに誰かを待ってるって、超ツボなんですけど!!
さらっと殺し文句を言っちゃうあたりとか・・・悶える!!
言った本人、言われた本人もビックリしただろうけど
読んでた私もびっくりしたよ!
殺し文句キタ―――――!!とそのページで硬直。
もう、困った天然ちゃんね!(笑)

そして桐野はツンデレちゃんなの。(モエツボ)
照れてるのを怒っていると思われて、お相手の池田が距離を置こうとするのに絶望したり。
誤解されていたと解ったら恥かしくなっちゃったり。カワイイ!
描き下ろし部分で勉強を見てあげようとしてビックリされたら
ちょっとヘソを曲げるそぶりをみせちゃったり。ああん!カワイイ!!
照れてる表情とか、もう0(≧▽≦)0←こんな顔になりながら読んでました。

ツンデレ桐野に振り回されるというか悶々している池田もかわいい。
「どんだけ我慢してると思ってんだ~」っていう描写とか微笑ましい。
しかしそれを上回る桐野の「まァ、いいけど」っていうデレっぷり。
あんたその前に「着替える時は気をつけよう」って言ってたやん!!
ビバ、ツンデレ!ツンデレ最高!!

イサクさんの好きなところがいっぱい読めて満足、な本でした♪

2

ライトで充分萌えるラブコメ

「フリーパンチ」
生徒×先生設定にしては、とってもライトなラブコメとして描かれています。それも、科学マニアで天然お人好しな天野先生がお相手なお陰なのでしょう。同居設定でもありますが、先生自ら他の生徒の前であっぴろげに話してしまう位なおとぼけキャラなので、何だかほのぼのしています。
垢抜けない眼鏡を掛けて受け持つ生徒を全力で愛そうとするこの先生、夏目先生の作品の受けにしては色気が無いなぁと当初思っていたのですが、ふと瞬間に見せる表情が色っぽくて。無防備で隙だらけの先生です。クールでぶっきらぼうな生徒・山田に若干押され気味なのも仕方ないかな、と。
明るいテンションが維持されていて、2人のやり取りににこにこしながら読める作品です。

「絡陽館ワイドショウ」
表題作よりもこちらの方が好みでした。
こちらも同居設定。頭は良くないけれど慕われるキャラ・池田と、秀才だけど性格の悪くて一匹狼な桐野のお話です。
生意気で意地っ張りな受けキャラがどんどん可愛くなっていく夏目先生節全開。ツン→デレという見事なギャップに萌えないわけがありません。またデレのターン時のキャラの色っぽさといったら…。これは堪らないよね、と池田とシンクロしてしまう位でした。

ツレない受けに悶々としている攻めをたくさん見ることが出来ます。夏目先生は本当にこの描写が上手いです。
カバー下の3コマ漫画にも是非萌えてください。

2

ツンデレ最高~(≧∇≦)

やっぱり面白かったです~^^
イサクさんの描かれる漫画は本当ハズレがないですねっ!!
コミックス派の私としては嬉しい限りです。
勿論今回も思う存分楽しませてもらいました^^v

□フリーパンチ□
てんてんって天然に見せかけて実はある意味魔性だと思います(笑
ナチュラルに可愛いフェロモン(?)振りまいてるけど、本人はいたって無自覚!!(o^∀^o)
そんなフェロモンだだ漏れの罠にまんまとハマっちゃった男…山田。
強面なのに意外と純情でヤキモチ焼きな所が微笑ましかったです^^てんてんも可愛い顔して喧嘩上等な所がツボでめちゃ萌えました!ビバ☆ギャップ萌!!
「てんてんを守り隊」や思わぬ?ライバル出現で山田の受難はこれからも続きそうですが、それはそれで楽しそうだ(笑
頑張れ、山田!!


□絡陽館ワイドショウ□
このお話、凄くいいです!!大変萌えます!!読んだ後、ツンデレって最高~(b≧∇≦と思わず叫びたくなること間違いなしです(笑

これはイサクさんの描くツンデレに共通して言えることだと思うんですが、大抵にして皆ツンの時の性格が容赦ないと言うか小憎らしくて本っ当に可愛げがないんですよね^^それは今回の桐野も例外ではなく、底意地の悪さや帝王ばりの態度のデカさはまさに歴代の中でも群を抜いてたと思います(笑
でも!!だからこそなのか?!…デレた時の桐野の可愛さといったらもう!!半端なく凶悪で、めちゃめちゃ萌えました(≧∇≦)
これぞツンデレ!!て感じですか?(笑
理性の抑えが効かなくなっちゃったハルの気持ちがすっごいよく分かりました^^だって眉をしかめながら感じるのを我慢してる桐野って犯罪級にエロ可愛いんだもん!!

3話(+書き下ろし)で終了してしまったのがとっても残念です…このお話の続編、描く予定ってないのかな~?

1

もう、「好き」しか出てこないんですけどー。

イサクさんやっぱり好きだ。
やっぱ表情とか魅せ方がうまいよなと思う。

『フリーパンチ』
今回の受は今まで読んだのとはちょっと違う感じでしたね。
いや、強いのは一緒なのかな?
いつもの受よりコミカルな面が多いといかお茶目というか。
こんな先生いたら楽しいかもー。

というか、むしろ、パパが気になるんですけどもー。


『絡陽館ワイドショウ』
今回はこちらの受がもろ好みでした。
超好きなタイプー。

何事にも動じないというかクールな感じの桐野が少しずつ池田に感化されてってる感じがなんともステキ。
それでも、なかなか素直になれないというかそんなところも好き。
池田の前でだけと言ってもいいような表情とか…ああ、かわいいなぁ~。

一番のお気に入りシーンは、拗ねたように聞こえる
「お前、おれのもんにはなんねぇだろ」
もう十分な殺し文句だと思う。
…というか、殺された、私が。
いや、池田も十分やられてるとは思うんだけどね。
何の気負い?もなくああいうこと言うのは反則だわ。
そういうところがまた好き。

1

清々しい萌え!

もう何でしょう、読んで元気が出るBLなんて久しぶりです!(読書傾向が暗めのせいもある)
爽やかとかぴちぴちといった言葉が浮かび、ちょいちょいクスクスと笑わせて頂きました。かーわーいーぅい~。
まず表題作は、天野先生の熱血&天真爛漫な可愛さにくらくらでした。山田くんの人相の悪さとそれに反する純情さも可愛すぎです。なんだこいつら!
真面目な話をしますと、展開・描写に無駄が無く、サブキャラもいい味を出していて漫画が「達者」だと思いました。60ページ以下(一般的な漫画雑誌で新連載の第一話程度)の分量で山も谷もオチも意味もある。注目される作家さんなだけはあるのだな、と思いました。
余談ですが、先生の眼鏡はちょっぴりゴーグルに見えます。

絡陽館ワイドショウについて。
ツ ン デ レ か!と。
すぐに手が出る情に篤い熱血君×冷静で辛辣な他人を信用しない優等生君て、私がこの世で最も好きな組合せの一つでありまして。少なくとも同級生カプだったらこれ以上はないですね。もう本当に可愛すぎました。癒された~。

ペーパーがついてきたのですが、「バチコーン☆」と言いそうな先生のウィンクと、さもありなん、といった4コマにこちらも笑わせて頂きました。
あー楽しかった。

1

ツンデレ受け萌え

表題作は生徒×教師。
こちらは可愛い話だったのですが、ぶっちゃけ表題作より同時収録の方が萌えたのでそちらの感想をw

『絡陽館ワイドショウ』
高校生同士。寮もの。
池田は寮に入ることになったのですが、同室になったのは頭が良くてかなり口が悪いと評判の桐野。
イライラしつつもいつも一人でいる桐野がだんだん気になっていく池田。
そしてついに勢いで池田は桐野にキスしてしまう。

桐野、彼はいいツンデレ受け。イサクさんの描くツンデレ受け大好きです!
桐野は口悪いしいろんな人の弱み握ってるしまるで悪代官wでも本当は誰かそばにいてほしいって思ってるんですね~
ていうかエロにすごい萌えました…!ツンツンしてるけど顔真っ赤にして感じまくってるとことか、最後池田をぎゅーっと抱きしめるとことか(*´д`*)もういっぱいいっぱいな感じが良かった(*´д`*)
池田の桐野が自慰してる妄想もおもしろかったですしねw池田自重ww
ほんとにこの二人は萌えましたw

0

もぅ少し色気があれば・・・・

これは可愛いヤ━━━(*」´ェ`)」━━━ン
前作「タイトロープ」は未読積みなんですが、ちゃっきちゃき読みたくなりました。
表題作『フリーパンチ』。生徒×センセイ。
ちょっと家出のつもりで学校に居たら、担任で化学教師の天野につかまった。
その日から、天野先生の家にやっかいになる山田君なわけだが、底抜けのお人よしで、ちょっとアホ。
皆が恐れる山田に「お前のこと好きだよ」とサラリといわれてしまい、そのうち意識するようになったらもう止まらない!!!
ということで、こぉ、受がアホはアホでも爽やかにアホなのが良い味だしてますね。こういう子好きです。自分を犠牲にして他人まもっちゃうような。
もともとヤンキーというのも可愛い。ヤンキーが掘られてるだけで胸が思わず高鳴ってしまうwwww
ただ、この話、かなり朝チュン・・・・・・orz
朝チュンするくらいならヤらないでほしかった(´つω・`)ベソ。。。
はっ!!!
山田のオヤジかっこよかったですね!渋くていい。いっそのこと親子どんぶr・・・・

『洛陽館ワイドショウ』
学生寮。口は悪くてとっつきにくい。勉強もできて、かなりの情報通。
みんなの弱みを握られているとうわさの男と同室になってしまった。
過去同じ部屋にいて、ちょっかいを出したことが原因で退学になった生徒も・・・!?
ということですが、これがなかなかに可愛かったです。
独りぼっちの後姿。気持ちはわかります!!
がふww
『俺のものに・・・』そんな場面が好きでした。
なんか、ちょっと墓穴ほってしまう姿は萌。エロ顔もやたら可愛かったです。
お初感謝!
やっぱり夏目先生面白い!これはおすすめw

2

先生かわいカッコイイ

進路のことで親と喧嘩して家出した山田くんと、彼をムリヤリ居候させた担任の天野先生のお話。
強面で寡黙だから、周囲から誤解を受けやすい山田と、彼(に限らないけれど)の表面だけを見ず、本当のところを理解してくれる天野。
子供の様に浮かれて、天然で、可愛い存在に見える天野先生ですが、垣間見せる大人な部分。
私が惹かれたのはそんな彼のニヒルな顔です。
いつもは山田より小さくて可愛い存在なのに、突然カッコイイ大人になる。
ギャップってヤツですか?

腹を割って話すとか、聞く耳を持っているとか、正義感が強いとか、意外と武闘派だとか、あさはかな子供が大人に求める理想像が天野先生だと思います。
だから、親衛隊ができちゃうのも頷ける。
ただ、“○○に憧れて、ヤンキーだったけど更生した”はよくある話すぎだと思います。
山田パパに憧れるのはいいとして、元ヤンじゃない設定はできなかったのでしょうか?せっかくいい設定だったのに、よくある話に逃げてしまった感じがして、ちょっと残念でした。

で、このお話に無くてはならないのが「純粋なてんてんを守り隊」の3人。
この子達がいたからこそ、盛り上がったと思います。

同時収録の【絡陽館ワイドショウ】は高専の寮という特殊な環境でのお話。
高校生でも大学生でもない設定って新鮮でした。
寮の問題児、天才・桐野と同室になることになった池田。
桐野は頭脳明晰なためか上から目線の嫌な奴で、同室生活も居心地が悪い日が続いていたある日、彼の裏事情を知ることになり、気になる存在に変わっていくのでした・・・
桐野の俺様というか女王様というか、傍若無人ぶりは結構な期間続くのですが、それを守ろうとする父性愛のような池田の恋心。
で、少しずつ歩み寄って・・・上手くいきそうだと思ったら拒絶されて・・・池田くん頑張れってな感じです。
こちらも、“関西弁”泉くんが重要なポジションにいて、面白い方向に引っ張ってくれました。

それぞれの描き下ろしと、「どうしようもないけれど」CDアフレコレポートも入って、満足な一冊でした。

2

学園上等!

夏目先生の最近の作品は本人の意欲作なのか編集部の意向なのか、よく知らない業界を勢いで描いちゃったなんちゃって系が多かったのが気になってました。
でも好きだからこそその辺残念に思ってたんで、学園になってほっとした! もういいじゃん、学園の人でいいじゃん!なんちゃって系より安心できるフィールドで夏目ワールドだけを堪能したいんだ!と心の底から思いましたね。
てなわけで、とても満足して読みました、今回。

表題作、父親とのけんかで飛び出した生徒を見つけた担任が自宅に呼びよせるというところから始まるお話。
先生が大層可愛くて仕方なかった!
色々先生としては「ねーよ!」な所の多い人ではありましたが、可愛いので無問題。ストーリーの展開がおかしい?いいんだよ萌えるんだから!って感じですね。

もう一本の同級生男子寮もの。
人気のある男と、偏屈で人の寄りつかない男。それぞれの思いがとても解りやすくてスキっとしててすんなり入ってきました。
夏目先生のこういうストーリー展開、本当に好きなんですよ。少し単純なつくりではあるんだけど、絵柄にとてもよく合ってるし、そこに流れる感情が心地よいので、普通のストーリでもなんだか随分違って見える気がするんですよね。

両作に共通な事は「ベロチューの感じが非常によい」「エッチの最中のお互いの気持ちがとてもわかりやすい」ですね。
正直レベルからいうとライトなエロシーンなんだけど、毎回それらで満足してしまう。ホント、いろんな作家さんのマジックありますけどこの辺り私の中では夏目マジックになっております。
今回は本当にいい萌えありがとうございます!!って言いたくなるほど萌えでした。
多分に作家びいきがあることは認めます!

2

ギャップ萌え☆

天野先生かーわーいーいー(>ε<)
生徒を守るためなら、教頭の服の中にお手製のスライム入れちゃうなんてお茶目だ[iLQj(笑)

純粋な天野先生を守り隊がいるのも頷けます。そんな天野先生を好きになっちゃった山田くん。ガンバ☆

可愛らしいと思っていた天野先生でしたが…センセイ強っ!元ヤンっすか!?そのギャップに参りました。天野先生サイコー☆

描き下ろしも楽しかったです!天野先生が昔憧れていた師匠は、なんと山田くんのお父さんでした。というお話。お父さんに負けないようがんばれ山田くん!


エロ度はもう一つの「絡陽館ワイドショウ」の方が高かったかもです。描き下ろしの、テスト勉強そっちのけでHしちゃうバカップルにバンザイ☆

11月には「タイトロープ」のドラマCDも出るので楽しみです!

1

ぶっきらぼう強面生徒×天然?振り回し系?めがね先生

「フリーパンチ」
ぶっきらぼうな強面男子高校生(山田)が、つかみ所のない天然めがね先生(天野)に振り回されている様が、なんとも萌える!というか、天野先生無防備すぎるよ!え?わざと?これは、わざとなの??山田、陥落。
そんな、可愛い天野先生が、実は昔、……だったなんて!ギャップ萌え?w
なにより、山田父!渋いっす!

「絡陽館ワイドショウ」
成績優秀だけど、人間不信気味の桐野と寮の人気者、池田。
同室の二人だが、池田はいちいち嫌みな桐野にいらいらする毎日。
ある日、2人がかりで殴られている桐野を見かけ、助ける池田。
人を拒み、何かをあきらめた顔、池田は、そんな表情を見せる桐野が気になり始める。
頑なな桐野が、池田に少しずつ心を開いていく様子が萌える!
冷たくあしらわれても、積極的に関わっていこうとする池田。
中盤以降は、池田の好き好き攻撃。ナイスガッツ、池田!
こうして、桐野の氷の心を溶かしていくのでした。
エチーも、触り合いから徐々に(途中、池田暴走、妄想)、そしてとうとう…!って感じが、ぐっときました。

受けのふと見せる可愛い台詞やしぐさ、表情に、もう辛抱たまらん(笑)って暴走する攻め。っていう夏目イサク作品の定番シチュエーションが大好きです。

1

買っちゃえ!読んじゃえ!と声を大に宣伝したいです

萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
見た目恐しクールめ生徒・山田×天然熱血ネアカ教師・天野の、ラブコント。違…笑
あれ?こんなに禁断臭のない生徒×教師ラブははじめて。笑
切なさとか甘酸っぱさ要素は皆無なんですが、その分可笑しさと可愛さが大増量で、わたしはもう夏目さんにメロメロです。

父親と喧嘩して学校で寝泊まりしていた山田は「じゃうちくるか」と担任天野に連行され(笑)初っ端から同居という始まりです。
見た目のせいで誤解されがち「教師なんぞ」と思っていた山田が、同居を切っ掛けに天野先生のペースに巻き込まれていく様子がすごく微笑ましい。
描き下ろしなんてクールのクの字もありゃしねえぞ山田、ダイジョブか。笑

もともとラブコメを描かれる著者さんですが、天野先生のあけっぴろげで天然入ったキャラのおかげで更にコメディ色が強く、読んでてすごくすごく楽しいお話でした。
表紙を見事獲得しただけあって、たった2話しかないとは思えない満足度。でもおかわり!
そして天野先生は魔性だ…ファイト山田!笑

「絡陽館ワイドショウ」
大らかで友達多い池田×頭ヨシだけど性格悪しの桐野、の同室ラブです。
仲が悪いマイナスからのスタートで始まる二人の関係。
ふとした事が切っ掛けで相手の意外な面を知り、徐々に二人の(心と体の 笑)距離が近付いていく過程に、心をめいいっぱいくすぐられました。まいりました!

夏目さんの描くカップルはみな、二人一緒にいることがお互いにとってプラスになっているという絶対的な安心感があるところがとても好きです。
この桐野も、池田の人の良さに引きずられていい方向に変わっていきます。
それが押し付けがましくなく描かれていて、読み手をじわっと優しい気持ちにさせてくれるというか…夏目さんは太陽の匂いがします!(?)
そしていつもよりも少しエロかったのでびっくり。
夏目マンガで結合部見ちゃった!!……なんかちょっとショック。笑

デビューから絵柄内容共に本当に安定感があって、まさにハズレのない作家さんだとつくづく再確認です。
これからもずーっと作家買い!を、ここで宣誓しておきます。
そしていつもカバーをめくるのが楽しみで楽しみで仕方ない。
かわいいぃぃ…

2

真っ当で、可愛い。

夏目さんの描く受けは、どうして皆こんなに可愛いんだろう~~~!(心の叫び)

表題作「フリーパンチ」は、生徒×教師という設定で、年下攻めはイマイチ萌えない私には苦手パターンだったのですが、でもこの先生が美人受じゃないのが良かった!天真爛漫系って言うんでしょうか。見ていると和むんですねぇ。そりゃ「純粋なてんてん(←天野先生だから)を守り隊」が出来るの頷けるわ。
また、攻めの山田君は無愛想で一匹狼的な男子ですが、わりと素直で悪い子じゃないんですね。基本的に、夏目さんの描く世界は良い意味で漫画っぽい善良さに溢れていて、それが読んでいてとても気持ちが良いです。

さて、同時掲載「洛陽館ワイドショウ」。こっちのが「フリーパンチ」よりページ数多いんですが、表題作じゃないんですね~
こちらは、高専の同級生で寮が同室の2人のお話です。成績優秀だけど性格も口も悪くて人間不信な桐野(受)と、両親の転勤で突然寮に入ることになった池田(攻)のお話。私的には、こっちのお話がとってもツボでした(><)!
この受けの桐野君というのが、結構取りつく島も無いくらいのツンぶりなのですが、ちょこちょこ無防備さを見せるんですね~!そして、池田君はそれに翻弄されまくりなのです。
最初は桐野にムカついていた池田ですが、彼は正義感が強くいい人なので桐野が絡まれているところを見過ごせず、思わず助けに入ります。その後、怪我をした桐野の手当てをしているうちに、意外な桐野の姿にちょっとドキドキしてしまって、そこから桐野を目で追うようになるのです。
明るくて人気者で頼りになる池田は、気持ちいいくらい「いい奴」。受けの桐野も、普段は素っ気ないのですが池田に心を許してからはどんどん可愛くなって行って、なんと言いますか、好感度高いカップルだなぁ~と思いました。
本来ひねくれキャラ好きな私も、こんな正統派カップルに萌えずにいられません!2人とも可愛い過ぎ!!定番といえば定番な話なのに、夏目さんの描くお話はどうしてこんなに可愛いんだろう!

お色気シーンについては、夏目作品比で言えば、増えている気がしますよ!!ただ、エロさや淫靡さとは無縁!でも、ドキドキします♪ ツンとしていた受けが頬を染めて「あっ」とか言っているのに、むしょーに萌えます!

関係ないのですが、私は夏目さんの描く受キャラの髪型(正確に言うと斜め後ろ辺りから見た髪型)が、超好みなのです!!そして、書き文字の美しさ!好みの文字なのです!!そういうピンポイントな萌えを自覚させてくれる夏目作品。やはり大好きだ~~~!

2

萌えがハンパねぇ

やっぱり夏目イサクは面白い!!
いつも通り、自由奔放豪快な攻×美人さん受、なんですが。
同じようなパターンなんだけどやっぱり萌えちゃう。
中村春菊さんと同じ法則であります。
教師生徒モノ『フリーパンチ』と寮の同質者同士の『絡陽館ワイドショウ』とそれぞれの続編描き下ろし。
ドキドキきゅんきゅんさせてくれました!

『フリーパンチ』
強面高校生・山田。不器用な男。良く言えば、多くは語らず男は背中で語れ、なタイプ。
その顔のせいで“裏番”と言われたり、やってもないことで疑われたり。
そして、そんな山田のことを気にかけ、いつもかばってくれるお人好し教師・天野。
生徒のことを誰よりも思い、生徒からも慕われる可愛いメガネ先生。
物語は山田が進路のことで親と喧嘩して飛び出したところを、天野が家に来いと誘ってくれるところから始まります。
その日から始まった同居生活の中で二人の恋は始まるわけですが…

顔に似合わず実は初恋だという山田が可愛い!
先生のちょっとした仕草にドキっとしたり、先生のことが気になって目で追い続けたり、ピュアなところと外見のギャップが最高。
一方天野も山田のために走ったり怒ったり、必死で可愛いのなんの!
真っ赤な顔したり、涙目になったり、そりゃぁ山田も堕ちます。
結局はお互いがメロメロなわけで…
イサクさんの描かれるカプはみんなラブラブで可愛いなーあぁ萌え…!
描き下ろしも最高です。山田・父もかーなーり男前であります!

『絡陽館ワイドショウ』
桐野はツンデレ…というよりは、懐かないネコが徐々に懐いていく…というような…。
学校一の天才で孤高の存在・桐野とその同室者で人気者の池田。
池田が桐野の秘密を知ったその日から二人の距離は縮んでいって…
誰も寄せ付けない桐野が池田には徐々に心を開いていく様子が絶品。
いつもは澄ましているくせに、池田にだけ見せる真っ赤な焦った顔とか、うっとりした顔とか、もう最っ高♪
近づいて、すれ違って、また近づいて、王道なんだけど、やっぱりこの展開は萌える!!
「だってお前おれのもんにはなんねぇだろ」「おれをお前のもんにしたいのか?」
この作品で一番の胸キュンシーンでした!
最っ高の殺し文句でした。無意識でさらっと言っちゃうところが、もう、もう!!!

腐女子の中でイサクさんが好きじゃない人はいないと思う!と感じたくらい面白かったしキューンとしたし
何より萌えた!!
8月で一番の良作でした!
「とまどいとトキメキたっぷり」という文字に間違いはありません!

3

クマハチ

そうだったんですか?e-honの発売日しか見てなかったデス↓
BLコーナーいっぱいなんてすごい羨ましいです(m^〇^m)私の近くの本屋なんて本当にビックリするくらい少ないですよ↓↓

『ダッシュ!』サイコーですよね★
書き下ろしの斉藤さんにはかなり萌えました!

イサクさんの本って読みながら「はぅ~」とか「ムフフ」とか言いながら見ちゃうんですよね(笑)読み終わったあともずっと胸きゅんだし!!
次の新刊はいつかな~!? 楽しみです☆

ミドリ

クマハチさん、こんにちは!イサクさんはイサクさんにしかないような魅力をたくさん持ってますよね!
私も先日やっと『ダッシュ!』をゲットできましたwwやっと全部そろった~

イサクさんのHPにも29日発売って書いてましたよー?
だから私がゲットしたのは発売日だったんじゃないでしょうか。
ディアプラとか花音はだいたい29か30発売じゃなかったでしたっけ?
私はいつも職場の近くのコミック専門店で買ってます。
とっても腐女子には優しい店で、めちゃくちゃBL本多いんですよ!
みなさんにオススメしたくらいBLコーナーが充実してますww

クマハチ

あたしも初めてノーカラーを読んだときからイサクさん大好きです!!

今回発売日を知った日からず~っと楽しみにしてて・・・
家の近くにでかい本屋さんがないのでネットで予約しといたんですが、到着がなんと9/1なんです(>Δ<)
発売日にどうしても読みたいのに~!!
ミドリさんは一体どこでそんなに早く買えたんですか?

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ