全ての恋は病から

subete no koi wa yamai kara

全ての恋は病から
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神108
  • 萌×279
  • 萌48
  • 中立9
  • しゅみじゃない13

--

レビュー数
51
得点
1009
評価数
257
平均
4 / 5
神率
42%
著者
凪良ゆう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
車折まゆ 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫
発売日
ISBN
9784592876212

あらすじ

大学生の夏市は、いつも人肌に触れてないとダメな謎の持病の持ち主。その隣に越してきた先輩・椎名はクールでモテモテだが、ひどく汚れた部屋に住む片づけられない男。そんな2人が契約を結ぶことに…。
(出版社より)

表題作全ての恋は病から

佐藤夏市,20歳,モフモフ病の大学生
椎名一貴,21歳,汚部屋住人な大学生

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数51

楽しいラブコメ(≧▽≦)

もう10年以上前のお話なんですね。
月日がたつのは早いなぁ。

自分の欲求に正直な攻め様の変態ぶりに大笑いさせてもらいました。


受け様は、自称『片付けられない症候群』を患う大学生椎名。
女王様のようなクールビューティーかと思いきや、素直でおバカなかわいい一面も。

攻め様は、椎名の後輩であり、自称『24時間365日人肌に触りたい病』を患う夏市。
お兄ちゃん体質で、恋人には構い倒したいちょっとウザいともいえるタイプ。

片付けられない椎名と始終誰かをもふもふしていたい夏市は、お互いの病気を知り、その上で助け合うことに。
つまり、椎名の部屋の掃除を夏市がする代わりに、夏市は好きなだけ椎名をもふもふしてもいい。
恋愛感情抜きで、もふもふするだけの契約するの2人。


攻め様である夏市視点で進むお話。
初めこそ、小動物系のかわいい男が好みで、女王様然とした椎名はタイプではない、と思っていた夏市だけど。
椎名のかわいい一面を発見しては、胸を撃ち抜かれていく。
荒野のマンガンみたいな銃声が轟く夏市の胸中。
ここは胸キュンな場面なのか!?
笑いがもれるんですけど〜(^〇^)

トロトロにしちゃった椎名を前に心の中で言い争うのは、天使と悪魔ではなく、豚と狼かよ(^_^;)

しかーし、椎名とえっちをしたくせに、その翌日には後輩の男とキスとか恋人になるとか、夏市キサマァァッ。
気持ちは噛み合ってないのに、素晴らしく噛み合ってしまった会話の流れでの誤解だとわかっていても、受け様大事の私からしたら、グーパンものですよ(*`Д´)ノ!!!

椎名をもふもふできなくて、アメーバ化する夏市をせせらわらってやりましたv( ̄Д ̄)v


イラストは車折まゆ先生。
表紙で椎名が舐めてるエイタのアイスがかわいくて私も食べてみたくなりました。

難しいこと考えず、笑って素直に楽しめる一冊です(⌒‐⌒)




0

アホアホでハッピーなコメディ

凪良先生の本はいくつか読んでいるのですが、ダメダメだったりちょっと性格や性癖に難のあるキャラクターが好きなのかなという印象を持っています。こちらの作品も攻め・受け共にどこか残念系のキャラクターなのが可愛らしくて、「愛すべき馬鹿」ってこんな感じなのかもと思いながら楽しく読めました。

文体がとてもコミカルで現実に存在する映画のタイトルもたくさん出てくるので、小説の中ではかなりとっつきやすい方ではないでしょうか。例えるなら漫画のプロットがそのまま読みやすい文章になったような感じで、何が起こっているのかが分かりやすく、イメージ映像を想像しやすかったです。

受けのチョロさ、流されやすさはちょっとだけ心配になりましたが、ツッコみたいポイントで攻めのモノローグがツッコみを入れてくれるので、面白おかしくて何度も声を出して笑っちゃいました。禁断症状が出るレベルで愛したがりの攻めが、態度を極める受けの世話を嬉しそうに焼くのが可愛かったです。

1

テンポのいいラブコメ!

痛い作品を続けて読んだ後に楽しくて可愛い話が読みたい!と思い読了しました。
凪良先生もちょっと切ないお話を書きますが、この作品は完全ラブコメ!
人肌が大好きな24時間イチャイチャしたい病の攻め×掃除恐怖症の汚部屋の住人(見た目は王子様)の受け
ゲイ×ノンケでもあります。受けはノンケというか人間と付き合った事が無いしすきになった事もないと思うので初恋。ロマンがあります。

鼻血を出したり、お互いダメなところがあったり、隣人として接する内に本性を知り、互いの病的に変な部分を受け入れあい、絶対に好きにならないと思っていたのに徐々に惹かれていく。王道ストーリー。

付き合う前にえっちしてしまったり、その後もすれ違ったりもしますが、終始楽しく読めました!
テンポがよくあっという間に読めてしまいます。
処女厨なので何も知らない受けである椎名が可愛くてたまりませんでした。健気受けではなく、美人女王様受けって感じなのもたまりません!

0

ちょいちょい吹き出しながら読んだ

三つ子の弟達を面倒見まくる内に培われたお兄ちゃん気質の夏市が、先輩椎名のあまりの私生活の無能っぷりに放っておけず、ついつい汚部屋掃除をする事に…

「いつでもモフモフさせてくれる男が欲しい」と願う24時間365日人肌(男限定)に触れていたい病の夏市(攻め)
「タダで掃除してくれるお手伝いさんが欲しい」と願うゴミ屋敷王子様・椎名(受け)
というお互いの素がバレて、欲望と願望がうまいこと一致してwin-winの関係になる二人。

椎名の部屋を掃除する代わりにモフモフできる権利を得た夏市が、別に好きでもタイプでもない椎名を膝抱っこ&ア〜ンして至福を感じてる様子がいかにも重症。

そしてツンな外面王子がまさか未経験で、おまけに超敏感体質で、性事情に疎すぎるが故にアホの子と紙一重っぷりがこれまたエロかわいい。

ポンコツ同士というか、ナチュラルニコイチの二人はこのように出会い、すったもんだの末、ここにめでたく最強の破れ鍋に綴じ蓋カプとして完成したのであった(完)というのを存分に楽しませてもらいました。

家族にカミングアウトするシーンで声をあげて笑ったのは初めてかもしれない。

1

その時、父は男を見せた

人肌依存症×汚部屋王子。
他の方々のレビューにある通り、ライトなお話。勢いがあるので、最初から最後まで一気に読めました。

個人的に、かっけぇな!と思ったのは攻めのお父さん。
突然息子が夕飯の席で性癖をカミングアウトしてきて、しかも人肌依存症で気を抜くと同級生を襲って性犯罪を起こしそうだと言われたお父さん。瞳孔を全開にして、顔面蒼白で硬直したお父さん……。
しかし翌日、手触り最高の巨大なクマのぬいぐるみを買ってきて、「店員さんに聞いたら、これは男の子らしい」「アキラくんでもトモアキくんでも、好きな名前をつけて可愛がりなさい」と真剣に言うお父さんに、心を打たれました。
かなり変態的な病を患っている息子のことも逃げずに受け止めて、家族を守ろうとする父はかっこよかった。

こういう、面白おかしい(ある意味シュールな)場面でも、印象的なエピソードを書けるのが凪良先生のすごさだなと思いました。

3

実は最初に読んだ凪良作品

コミカルで最後まで飽きさせず、軽く読めた作品。凪良さんの書かれたものでは初めて読んだので、感動ヒューマン系のイメージから入る前に、コミカルテイストでうまい作家さんだなあと思っていました。

ボクトツ黒髪長身青年がくまのぬいぐるみ萌えっていうのが一番のポイントかな。正直、イケメンが実は残念で乙女っていうありがち設定は、逆をつくセオリー通りですが、文章のうまさで最後まで読ませたなあ、と思います。

お互い、恋には免疫がないので、なかなかくっつきませんが、その辺の焦らせ具合は他の作品にも通じるのではと思います。もういいじゃん、くっつけば、と思いますが、攻めの変態っぷりは最後まで楽しめるのでよしとしました。

2

ハマった作品。

『未完成』や『散る散る、満ちる』を読み、序盤はその語りの上手さに掴まれるんですが、どうも最後まで持続せず、相性がよろしくないのかなと思っていた作家さま。好きな作家の作品でも当たり外れはあるものなので、投げずに少しずつ読んでいました。ハマれたのは多分、このお話がわかりやすいコメディだったっていうのと、個人的にクマ好きだったから…かも。通勤中に読んだらあかんタイプのやつでした。。

美人でシュッとしてるのにお部屋がスゴいことになっている椎名と、長男で弟たちのお世話好きが高じ、誰かに触っていないと落ち着かない癖を持つ夏市の大学生ラブコメディ。コミックを読んでるみたいにコミカルな情景がところどころ目に浮かんできて、思わず笑っちゃいました。椎名の女王様気質なのに単純過ぎるというか素直なキャラが可愛くって。しかもエイタっていうクマのキャラクターのアイスが好きとか、ギャップがもう…。

架空のクマキャラに二人の男がお世話になっているところがツボで、夏市のエイタの扱い方とかに密かに悶えてました。夏市も椎名も、当人にとっちゃ深刻な悩みを抱えているのだけれど、それを解消するのがなぜかクマさんっていうのがいいの。カンペキに二人だけの秘密の世界においてだけエイタの存在が意味を成すんです。その密室イチャイチャっぷりを覗き見させてくれる感じがBLに相応しく、どど〜んと萌えスイッチが入りました。

物語の展開がハッキリしていて、キャラクターもそれぞれ際立っていて、脇キャラや家族もキッチリ描かれていて、んで、エロも大サービスですもの。モチロン存分に、ぱぁーっと楽しませていただきましたとも!

5

お気に入り

大学生の攻めは、いつも人肌に触れていたい病を患うゲイの男の子でした。気になるサークルの後輩を、先輩で王子ともてはやされる受けに邪魔されてモヤモヤしていました。その受けが攻めの隣に引っ越してきて、部屋をゴミ屋敷に変えてしまうような究極の片付けられない病の持ち主でした。モフモフ病の攻め×片付けられない病ツンデレ受け、まさに破れ鍋に綴じ蓋でした。コメディ、切なさ、エロさを十分に満足しました。続きがあれば絶対買います。

0

先輩可愛い(ハート


面白かったです!
テンポもいいし、カプの二人のやりとりも勢いがあってよかった!

高嶺の花と言われている椎名が、本当は全くの世間知らずで、夏市にイロイロな事を吹き込まれちゃってるところも可愛かったです!
夏市も、根っからのお兄ちゃん体質で、椎名に世話を焼いていて、微笑ましかったです。

椎名をモフモフする夏市、いい。
モフモフって、響きがいいですよね…。「モフモフさせてください」って、言葉が既におもしろい。
椎名も、最初は渋々モフモフさせていたのが、二人の心がつながったあとでは、自分から「俺をモフモフしろ」なんて言っちゃってましたしね。

夏市が椎名にフェラしたとき、椎名のアレを飲んで、驚く椎名にしれっと「これは飲むのが常識ですよ」言ってのけて。椎名も椎名で世間知らずだから、「そうだ。これは飲むものだ。ただちょっとびっくりしただけだ」って認めてしまってました笑
流される椎名が可愛かったです!

最初から最後まで楽しく読めたお話でした!
おすすめです!

2

攻が変態すぎる(笑)

人肌依存症の夏市(攻)と汚部屋王子の椎名(受)のラブコメディ。
とにかく夏市が変態です。人肌について熱く語ったり、興奮して鼻血吹きまくったり。ラストのポスターはちょっと意味分かんないレベルでした……。
好きだからという理由で全部受け入れる椎名は思った以上に懐が深いのかも。

ストーリー自体はわりとご都合主義が多めです。
夏市の家族は理解ありすぎですし、
当て馬の飯島もあっさり身を引いてしまう。彼はもっと引き下がってもいいと思いました。

また椎名の性に関する知識の無さも異常でした。
夏市にころっと騙されて色々致されてしまう椎名はたしかに可愛い。
しかし成人男性としてこれは大丈夫なのかという程なので、気になる人は気になるかも。

でもこの話はそういったこと全部取っ払って、頭のなか空っぽにして読むものなのだと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う