交渉人は諦めない

koushounin wa akiramenai

交渉人は諦めない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神114
  • 萌×217
  • 萌13
  • 中立2
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
30
得点
679
評価数
155
平均
4.5 / 5
神率
73.5%
著者
榎田尤利 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
シリーズ
交渉人は黙らない
発売日
価格
¥860(税抜)  
ISBN
9784813012177

あらすじ

大人気の交渉人シリーズ第4弾登場!! 今回は2冊同時発売!!
交渉人は嵌められる→上巻
交渉人は諦めない→下巻

下町は両国に芽吹ネゴオフィスとして事務所を構える芽吹章は、嫁姑問題以外ならなんでもござれの交渉人だ。そんな芽吹の恋人は泣く子も黙ると評判のヤクザ兵頭寿悦だった、ほんの少し前までは……
いまや兵頭は芽吹の敵でもある天才詐欺師・環の恋人となり、痛めつけられる芽吹を見ても顔色ひとつ変えない。仕事も恋もうまくいかず、傷心の日々を送る芽吹だが、人を信じることをやめようとしない。そんな芽吹に、環は苛立ちを隠さず……!? 俺は俺を信じる。人を信じていこうとしてる、自分を信じる! すべてを懸けて、芽吹の反撃が始まる!?
(出版社より)

表題作交渉人は諦めない

兵頭寿悦、ヤクザの若頭
芽吹章、元検事&元弁護士の交渉人

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数30

シリーズの傑作です。

天才詐欺師の環と芽吹との頭脳戦は読み応え十分でハラハラドキドキ。芽吹ネゴオフィスのチームワークが天才詐欺師の環に負け通しから、9回裏2outからの逆転満塁ホームラン劇はさながらハリウッド映画の様な高揚感すら味わえました。芽吹の過去の心の痛手から事件は複雑に絡み合い芽吹、環、兵頭の三角関係へ。やめてくれ~ってなる辛い場面もあったけどもビー玉に象徴される信頼する事の強さで乗り越えた胸がギュッとなりました。一時的に敵を欺く為であろうとも兵頭が環と付き合い何度もHした事に異常に嫉妬し、言葉にした芽吹が愛おしくて萌えました。作品自体は凄く面白いのですが、奈良千春さんのイラストの画風が変わってしまわれたのがとても残念でなりません。他の作家さんのでもCDのジャケ買いみたいに表紙が奈良千春さんのイラストの時は購入してましたが、シャープな格好良さが成りを潜めて、兵頭だけでなく、芽吹さえも首が太いマッチョ風になっていてHの絡みはエロさがなくプロレスラーの肉弾戦みたいで何でなの?いやだ~って心で絶叫しました。以前の画風に戻って下さい、でないとイメージ壊れるので違う方に描いて欲しいです。

7

涙なみだ…

いやもう、色々書いてやろうかと思ったのですが、書きたいことがありすぎて追いつかないのでやめました。


是非、読んでみて下さい。

突っ込みどころは多々あれど、満足満足な一冊です。

まだ読んでいない方へ。同性愛が云々、という話ではありません。
『人を信じることとは何か』『人が人と共に生きることはどういうことなのか』という問いに、榎田先生が、いや、主人公である交渉人・芽吹が芽吹なりに答えを導き出す過程が、仲間に支えられながら時に厳しく、しかし優しく描かれています。


ちょっと細かいとこに突っ込みをいれると、話の展開はかなり先読み出来ますし、天才詐欺師なんてのが出てきますが全然天才に見えないし、『うーん小説だから仕様がないか~』なんてトコも多々で『犯罪心理小説』としてはどーなのよなんて考えちゃったりしましたが、細けぇこたぁいーんだよ細けぇこたぁ…。

細かいことはどうでも良いくらいに、キャラクター達が生き生きとしていて、そして愛しい。


そして読んだ方は恐らく、ゲームのトモコレがしたくなります(笑)わたしもメブキとヒョウドウ作りたい。



『現実』と『幻想』の狭間で、辛いけれども、それでも前向きに生きているあなたへ。

最後のページはティッシュ必携です。


余談。
奈良先生、絵柄が変わってしまったのはもうどーしようもない、それは、どーしようもない。
でも本文と挿し絵の温度差が酷い。本文では超シリアスシーンにも関わらず、挿し絵は何故かコミカルに描かれているという箇所がチラホラ。
なんで?としか言いようがありません。

以前は奈良先生の大ファンだったため此処まで辛口に書いたのですが、どうしちゃったのでしょうか…。作風を誰よりも理解してイラストに昇華する方だったのに。
表紙絵も最近けたたましいモノが多くて苦手です。小説内容に関わってこないのであまり此処には書きたくない気持ちはあるのですが、あまりにショックだったので書かせて頂きました…。

6

痛くて苦しくてツライ


【交渉人は嵌められる】と前後編になっているお話。
前作からレビューを書こうとしたのですが、平常心で書く自信がなかったもので(笑)
以下、感想中心になりますがご勘弁願います。

芽吹がどんな人間であろうと自分には関係ないし、決して手放さないと言っていた兵頭があっさりと彼を手放した。
一人の大切な人間と大事な組を天秤にかけた結果、組の方に傾いちゃったのでしょうか…心では理解しているのにそりゃあんまりだよ~!と思ってしまうのは、USBの中身を詳しく知らないからなのですが。
結局、警察に渡っても不利益ではない内容とは…?
それはさておき今までは兵頭から好き好きコールをしていただけの二人がようやくカップルらしくなったことに、安堵の気持ちが…もう…。
甘栗は伏線だったんですね…いつかのレビューで芽吹の“信じられる”は強迫観念のようにも思えると書いていたのですが、本当は芽吹の願望だったのかな。
自分はヒトを信じられないと分かっている。
だけど、信じたい。
大切なヒトを、信じていたい。
甘栗のくだりはもう、涙なしでは読めませんでした。

そして前作の導入部と本作の導入部、目次の横の挿し絵に鳥肌やら悪寒やら涙やらが一気に襲ってきて大変でした。
芽吹に信じてもらえなかったのが辛くて自殺をしたのか、芽吹に信じてほしくて自殺をしたのか…………

夢の中で若林が許してくれたとしても、芽吹の若林への罪悪感はいつまでもしこりとなって残ることでしょうから、あわよくば永遠に兵頭がそばにいて、不安定な足場を整えて芽吹を立たせてあげてほしいです。
本心でなくとも一度はそばを離れ、芽吹の傷だらけの心にガリリとさらに奥深い傷をつけたわけですから…嫉妬でいっぱいの芽吹サンをぎゅぅうううっと抱き締めてあげて~!

それから奈良千春先生の美麗なイラスト!
こんな時期に読んでいるわたしは現在の奈良先生の方がよく知っているので、違和感なく読むことができました(もともと現在の奈良先生の絵が好みなので…!)。
表紙の色づかいというのでしょうか、構図というのでしょうか、普段は挿し絵を気にしないのですが、この作品は挿し絵込みでも楽しめました。

…ううんなんとも感想主体なレビュー…
トータルではレビュータイトル通り痛くて苦しくてツライです。本当に。主に胸が。
だけど、この作品を読んでいく上ではきっと、一番大切なお話なのでしょうね。
すべての謎が解き明かされて、芽吹がようやっと前に進むことができたのですから。

評価は文句なしの“神”ですが、萌え要素はほぼなかったともいえます。
唯一萌える萌える!と思えたシーンは心臓がどっどっとうるさくて、文字を追うので精一杯でした。
しばらく読み返せないだろうなぁ…と思いながらもチラチラと後半だけを覗き込む、そんな習慣がつきそうです(笑)

6

絶望から這い上がる

上巻の、まさかのラストからの続きです。
兵頭に裏切られた芽吹は抜けがらのようになっています。
兵頭の新しい恋人となった天才詐欺師・環は、芽吹をさらに追い詰めようとあの手この手の嫌がらせをしてきます。
というか、嫌がらせという次元ではないですね。
環は人を傷つける天才です。
どん底まで落とされる芽吹ですが、そんな彼には仲間がいました。
本当の人の強さとは何か、芽吹が教えてくれた気がします。
今回のキモとなる、芽吹の過去のトラウマについても、芽吹・兵頭・環の三角関係についても、
最後の最後までハラハラさせられました。

しかし今回の事件を通し、芽吹と兵頭はさらに絆を深めたように思います。
なんせ、あの芽吹が嫉妬轟々でしたからね。
クライマックスでの、芽吹の兵頭に対する本心が痛くて切なかったけど、それを上回る萌えでいっぱいでした。
今までなんとな~くなし崩し的に恋人と呼べるかどうかも定かではない関係だった二人ですが
芽吹がここまで兵頭のことを思っていたなんて、期待はしていたけど、まさか原作でお目にかかれるとは思いませんでした。
芽吹さん…思ったよりも激情家www
エッチも芽吹が上に乗っかっちゃったりなんかして、なかなか情熱的でした…w
そしてエッチの時になると、兵頭の敬語攻がこれまたさらにエロくなるんですよね~
傲慢で俺様だけど、なんだかんだで芽吹に頭の上がらないカンジがたまらなく好きです!!
あぁやっぱりこの二人が大好き!!
これで二人は恋人らしくなれるのかな…?

交渉人シリーズ通してのテーマが「人を信じること」だと思うのですが、
今回はそれが最も強調される作品だったように思います。
自分が「人を信じられる」というのはある意味傲慢なことかもしれません。
芽吹自信も「人を信じたい」と必死に思っているだけだ、と言いましたが
それが立派なことなんだと思います。
ラストの1ページ、号泣してしまいました。
芽吹はちゃんとわかってるのかな、誰も芽吹のことを恨んでなんかないのに。
もうとっくに許されているのに。
もう自分のことを責めるばかりでいるのはやめてほしいですね。
芽吹の周りには、芽吹のことを思ってくれる人がたくさんいるんですから。
そしてお互いのことを信じて、ちゃんと自分の立場を守った芽吹と兵頭も偉いと思います。
本当は好きな相手と敵対するなんて絶対嫌なはずなのに…
辛かったと思うけど、それこそ相手のことを信じていたからなんでしょうね。
まぁでもこれで兵頭が芽吹への愛を優先して芽吹にUSBを譲ろうものなら、しょーもない!ってなってしまったと思うので
結局この選択をしてくれてよかったと思います。
相手のことは愛してるけど、譲れないものは譲れない!そんな二人は男として最高にカッコイイと思います。

次回作はキヨと智紀ですね!
この下巻ではなんだか二人にラブの香りが立ち込めているんですが…?!
キヨは智紀のことをすっごい溺愛しているのは周知の事実なんですが、
まさか智紀もあんな態度をとるなんて…!!!!!ゴロンゴロンゴロンゴロン

そしてもちろん芽吹と兵頭のお話も楽しみです。
なんだか大体の問題は片付いてしまったような気もするんですが…
次はどんな問題でくるんでしょう。
榎田先生インタビューによると、来年にもう1冊出るそうなんですが、まさかそれで最後なんでしょうか…?!
なんかそれはそれで寂しいですね……

5

5回読みましたっ

すでに5回。
こうも再読、再々読ができる作品って、BL以外をふくめてもそうはない…やはりすごい作家さんであり、作品だと思う次第です!!

ちなみに…1:最初に大筋をメインにざっと読んだ(せっかちなもので…)2:アホな為、お話がこんがらがってしまっので確認しつつ読んだ 3:伏線を確認しながら、キャラの心情にひたりながら 4:キャラ萌えしつつっ。 5:兵頭と芽吹さんの関係と、エロさを堪能v、でした。
数日で5回も読んだのです、5回分くらいな内容がつまっていて大変お得だ!と思います!!
特に1回目はザーっと読んだので、すっかり作者の術中にはまり、どんでん返しでおおいにおどろかされました。おもしろかったーーー!!

ただ~、これがもし犯罪小説(ミステリのいち分野として?)として提出されたなら、あちこちつっこみたいトコはあります…。
(それに、榎田センセイは気マジメに伏線を書きすぎな気が…誠実なのだとは思いますが。本格ミステリではないのだから、もう少し甘くても;)
でもこれはBLなわけで。
それにネタ的に2冊の内容だよなあ、3冊はしんどいだろう、ふやすわけにいかないとなると。
悪役にもっと魅力が欲しかったり、グレーの中の情報ってなんだったのさ、と気になったりと、あれこれいいたくなったりはしても。
ここまで詰め込んであったら十分じゃない?!!と、思う次第ですっ。ていうか、『トモコレ』ネタ(♪)を削ってグレーの情報を明かされても、読者として嬉しくないし~。

さて、わたしは出来事に受身な兵頭を情けなくかんじたのですが~
Hまで受身だったね!嫉妬に悶える芽吹に乗っかられて、その上、芽吹さんたら自分でジブンを…!
兵頭、生きながら極楽を見たね…。フフフ~、よかったねえ~~。
この芽吹の騎上位は、『エロアツい体位特集』(なにそれ?)があったらゼヒ投票したいです。実にリアルっぽく、エロく、うまいまあ…と堪能いたしましたv

5

あの兵頭が、芽吹を捨てる日が来るなど、

誰一人(チーム芽吹のメンバーだけでなく兵頭の舎弟達も)想像もしてなかったでしょう。
芽吹の落ち込みようはかなりのもので、
すでに兵頭が側にいる事、兵頭の存在が人生の一部になっていた事に、改めて気付きます。

環にまんまと騙され、2つのUSBと兵頭までも奪われてしまいボロボロの芽吹、
オフイスで智紀達に叱咤激励されながらも、甘栗を剥きながらイジけてますが、
じつはこの時すでに「ミッション」は始まっていたのです。

それでも、実際に芽吹が傷つきボロボロになるのは事実で・・・

環と兵頭が抱き合う姿をただ見つめる芽吹が、本当に痛々しかった。
読んでいてもう胸がぎゅうぎゅう締め付けられるくらい・・・
拉致され、暴行を受け、犯されそうになった事より、
環を抱きしめ口づける兵頭の姿が、その後いつまでも芽吹を苦しめます。

この巻でも、芽吹は「人を信じる」事についてぐるぐる悩んでます。

何度も環に痛めつけられながら、何故こんなに「信じる」事に拘るのか?
  俺が殺してしまった若林の為に・・・
  いや、俺自身が罪の意識から少しでも逃げる為に?
悩み苦しみ続けながらも
「俺は俺を信じる。人を信じていこうとしている、自分を信じる。」と言う芽吹きは、
いったいどれほどに自分を呵責し続けてきたのでしょう。

結局、最後には「チーム芽吹」は環に勝利します。
しかし、環を裁くことには成功しても、
芽吹の罪は消えないし後悔も死ぬまで消える事はないのです。
若林の笑顔、それを失った芽吹の罪は・・・

どれだけ後悔しても起きてしまった過去を変える事はできません。
これからも芽吹は「信じる」為に必死で悩み頑張っていくのでしょう。
時には自分自身に言い聞かせながら。
そんな人間臭い、ドンくさく泥臭い芽吹が、私は本当に好きです!

全てが終わり、久しぶりに兵頭と向かい合う芽吹。
環を抱いた兵頭に対する痛いほどの嫉妬が切なかったです。
そして、兵頭の「俺は先輩だけの男です・・・なにがあろうと絶対に。・・・永遠に。」
に、悶えました(笑)

もう、私にとってはシリーズ通して「神」以外ありえません!

5

悔しさもチームで分配

前巻最後、グレーのUSBメモリを得るために、芽吹を捨てて環を選んだ兵頭。
芽吹の落ち込みようはかなりのものです。
でも本当は、兵頭は芽吹を選びたかったはず・・・
相手が大事だからこそ、切らなきゃいけない縁もあると言うさゆりさん。
きっと、兵頭も芽吹と同じくらい辛かったのではないでしょうか・・・

環に騙され、USBメモリだけではなく兵頭までも奪われたにも関わらず、
信じることをやめようとしない芽吹を、環は執拗にいたぶります。
自分と兵頭のセックスを見せつけて、その横で鵜沢に犯させようとしたり。
未遂に終わったものの、芽吹は心身ともにボロボロになります。

今回は、芽吹にとってかなり大きな試練だったと思います。
自らの無力感に苛まれ、自分が若林を殺してしまった事を何度も思い知らされる。
本当は誰も信じていない、自分で自分を騙していると糾弾さる・・・
それでも必死に「人を信じていこうとしている自分」を信じる芽吹を、
私は心から応援してしまいました!

そして何より素晴らしいのが、芽吹を助ける仲間「チーム芽吹」の存在。
芽吹のために、環からUSBを取り返したい・・・
皆にそう思わせる何かが、芽吹にはあると私も思います。

芽吹の兵頭に対する気持ちも、この事件ではっきりとしました。
兵頭の一挙一動に、深く傷つく芽吹。
夏祭りの兵頭と浴衣の回想シーンが、淋しくて可哀想で・・・
自分にとっての兵頭の存在の大きさに気づき、事あるごとに兵頭を思い出す芽吹が、
本当に痛々しかったです。

すべてが終わった後、若林の名前を呼びながら、一人号泣する芽吹。
ここはもう、涙、涙、涙・・・辛すぎます・・・
芽吹は、これからも一生自分を責め続けて行くのでしょう。
でも、その後の芽吹と兵頭の再会は、辛いながらも感動的で。
嫉妬を自覚して独占欲を出す芽吹と、永遠を誓う兵頭に、心打たれました・・・

大きな試練を超えた、芽吹と兵頭。
きっと、今後この二人はどんな事があっても離れることは無いと思います。

上下巻通して重い話でしたが、所々にちゃんと笑いもあって、さすが榎田尤利先生!
最後の兵頭と七五三野の「キャラメルとオマケ」の話は爆笑です(笑)

5

信じるとは・・・

2種類のUSBを巡って、芽吹ネゴオフィスチームと周防組、鵜沢組、詐欺師・環が入り乱れております。
特に、芽吹と環の頭脳戦はさらにヒートアップ。
しかし、一々環に一枚上を行かれる始末で・・・

弱いところ、痛いところ、辛いところをグサグサと突いて、相手をやり込めてくる環と、激昂せずやんわりと外堀から埋めていく芽吹。
人を信じ、自分を信じるということはどういうことなのか。
前巻「交渉人は嵌められる」のテーマが“騙す”だったら、今巻は“信じる”でしょう。

結局どちらが一枚上手なのか、最後の最後までハラハラさせてくれました。

で、今回も前巻から散りばめられていた伏線が、徹底的に拾われて、「うわー、こんなことまで伏線だったんだ」と感心した次第です。

二巻にわたって兵頭不足だった芽吹さん。
最後は思いもよらないほど積極的でエロいお姿を見せてくれます。
でも、とってもキュンとくるシーンでした。
だって、読者であるわたしだって、二人のラブ不足だったもの。

それから、「トモコレ」やりたくなっちゃった。

で、次に出版される予定のチワワとシベリアンハスキーのお話が、今から楽しみです。

4

腐女子は嵌められるw(長文注意)

天職交渉人VS天才詐欺師。
とうとうここまできた。怒涛の日々だった。1、2巻を読んだときの自分が懐かしい。最初は和気あいあいとしたワクワク感に浸かり、すっかり榎田先生の魔術にときめいて、心地良くうっとりしていた。よもやこんなにも血眼になり、えもいわれぬほど頭を使い、息をのみ瞬きも忘れるほどの勢いで、芽吹ネゴオフィス周辺にトリップするハメになるとは!まさに私が嵌められている!

下巻をもまた転がるように読み終えて、意を決して書く。
『交渉人は諦めない』なんて力強いタイトルだろう…。
たくさんの想いが頭を巡り溢れ、昨晩携帯で泣きながら作った文を晒す。レビューとはほど遠い主観、感情、ダダ漏れ羞恥プレイ。

毎度プロローグとエピローグの三人称で語られる構成には1巻から変わらず素晴らしかった!伏線の多さも宝探しレクリエーションのようで、小説を読むことで得られる娯楽性とは思えないほど。
ストーリーが骨太で、キャラクターは個性的。常に、躍動していて、キャラクターのナチュラルで滑らかな行動に感嘆した。
それゆえに、ラストの種明かしの詳細裏をもう少し詳しく知りたかった部分も結構ある…。それは全力の妄想力で補えという宿題なんだと思うことにする。

このシリーズは巻を追うごとに満腹以上のエンタメ量となっており、健康のために腹八分目とかは無理になってきた。あ、ちなみに満腹中枢までをも麻痺させられてしまうので、ただもっと欲しいと思わされる。そして満足感で文句なしとはいえ、唯一引っ掛かるのが、兵頭目線で語られないところだ。それはまさに兵頭に惹きつけられる芽吹とまったく同じ目線で、恋情をむける相手の動向が逐一気になってしまい、ドキドキと色めきと甘さを呼ぶ。あ。それも魔術なのか?
術中にはまり、今巻は兵頭が他の男と関係を持つことに、真実ではないにせよ芽吹に対する態度の冷たさに、相当苦しい思いをした(涙)特にその部分においては芽吹とのシンクロ率は相当高かったはず。
それでも、イチャイチャ傷を舐めあったり、弱さを晒すことはしない、二人のスタンスが自立した大人の男の匂いがしてすごく好きだ。
辛い過去を敢えて兵頭に明かさないというのも、女心とは真逆でリアルだと思う。

今回ベッドシーンで、自分から求める芽吹の求め方が、とても男らしくてよかった!恋心からくる激情を初めて露わにした芽吹の姿は、さらに切なさの大津波をつれてきて困った。そして何より兵頭に痛いところはないかと聞かれて、口には出さずに、「ないよ、あるとしたら心臓のあたりだ」と心で言う芽吹には、かなりやられてぼろぼろ泣いた!言葉にしないこその切なさ!!(号泣)
未来にしか関われないと言った兵頭だから、お互い過去を打ち明けなくても安心できるんだろうと思った。
甘栗に託したビー玉。あれこそ二人の信頼を象徴していて…。
芽吹と兵頭の絆はもうずっと前に生まれていたのだ。。。と改めて実感した。

主軸内容芽吹の過去は…やはり涙なしでは無理だった。
どん底からの見事な快進撃に一連の事件の終息。やはり芽吹は芽吹だった。よかった。ほんとに。雨はきっと止んだだろう。反して、読者の私は大洪水だった。

「人を信じていこうとしてる、自分を信じる」と七五三野に言い切った芽吹にたまらなく感動した。それでこそ芽吹という男。どこまでも揺るぎないまっすぐな。
相手が誰であれ好きだから信じる…。作中に登場するそのフレーズはズキュンと心に刺さった。
それまで芽吹の心に立ち込めていた暗雲が風に流されていくかのようだった。雲の合間から光が洩れだす景色が浮かぶ。

上巻のプロローグのホームセンターのシーンを受けて、下巻ラストのやはり夢でのホームセンターのシーン。涙のダムは見事に決壊し、あたたかいもので胸が溢れた。

彼は、今まで何度夢に見たんだろう…。
もう、夢の中でホームセンターに行かなくていいのだ。
芽吹の罪の念は消えることはなくとも、彼の心は凪ぐことができた。人は過去に影響され生きる。時に過去を変えたすぎて足掻く。
けれど過去そのものは、どうやっても変えることができないものだ。
たった一つ、今の自分の位置からの過去の眺め方を変えてやることだけが、唯一過去を変えられる方法だと思う。

詐欺師に勝っても、事件が解決しても親友は戻らない。でも芽吹は過去の眺め方を変えることができたんだと、嬉しかった。やっぱり芽吹は笑顔で元気にツッコミを入れていてほしい。

弱さを弱さと認められるのは強さであり、人は弱さを知ってこそ強くなれるのだ。
だからこそ芽吹の強さは本物だと思う。
芽吹が人を救えるのは、完璧じゃないからだ。
そして、正義の味方じゃない。
ただの頭のいい理屈屋で、天職が交渉人!たまのお茶目なポカはご愛嬌、で、仕事とチームと甘栗をこよなく愛する、ちょっと色男の後輩(ヤクザの若頭だけどw)にほだされて本気になっちゃった33のオッサンwおまけに女子(読者)に絶大なる人気!(腐が付くけどwww)

それで十分だ。そこがイイ。
そして芽吹は私にとってとても身近な憧れであり、誇りであり、希望だ!!!


芽吹は明日も誰かのために、全力でもって奔走するんだろう。
何故なら我らの交渉人は諦めという言葉を知らないのだ。

4

甘栗たべますか?

心臓が痛い(*ノД`*)・゚・。
続きが気になって、翌日仕事だというのに夜中2時過ぎても読んでました。
スイマセン。
お話は前回に引き続き、芽吹の過去の確執然り~なお話ですね。
兵頭とは対立したまま。けれど友人との~もろもろ~な事件からの引っ張り
最終的結末としては、あんがいアッサリ?な感じがしてならないのですが
個人的にはあんまり懲りすぎてこ難しくなってしまうと
読むのが疲れてしまうのでちょうどいい厚さだった気がします。
脳みそが簡単に出来ているから仕方ない。

実際問題、そんなことよりも、私が惹かれたのは
やっぱり気持ちの部分。
自らの目の前で、他の男を犯す兵頭。
そのそばで自分は他の男に犯される。
シチュエーション的な陵辱としては普段萌えなのですが
気持ちが乗っかっている分切なさも倍増してしまいました゚(゚´Д`゚)゚
芽吹の苦しさ、もどかしさ、やるせなさ。
そしてラストへ向けて、そしてラストでのなわけです。
「お前は俺のものだろう」
結果的に、こうだったとしても、な芽吹の葛藤と悔しさ
それが全部相まってのラストに泣いてしまいました。
苦しくてかなわん。

とはいえ、合間合間の、シミュレーションゲームのネタ
これが可愛くてまたツボでした。
なんなのあの子達ww
「先輩、甘栗たべますか?」の口癖は永久保存w
好物のししゃもを~のくだりもまたかわいかっ・・(ノ∀`*)
心が落ち着いたらもういちど読み返したいと素直に思える本でした。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う