交渉人は休めない 榎田尤利100冊記念特別版

交渉人は休めない 榎田尤利100冊記念特別版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神178
  • 萌×225
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
27
得点
1023
評価数
224
平均
4.6 / 5
神率
79.5%
著者
榎田尤利 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
シリーズ
交渉人は黙らない
発売日
ISBN
9784813012788

あらすじ

圧倒的人気交渉人シリーズ、芽吹と兵頭が帰ってきた!!
南の島で嫉妬して、喧嘩して、遭難して!? さらにラブラブ?

特別書き下ろし小説には、『魚住くんシリーズ』から魚住に久留米、
『犬ほど素敵な商売はない』から倖生に轡田、
『ラブ&トラストシリーズ』から核に沓澤、天と正文が登場!

見逃せない豪華執筆陣の特別寄稿あり!!
石原 理、円陣闇丸、小椋ムク、カトーナオ、金ひかる、木下けい子、草間さかえ、湖水きよ、紺野キタ、佐々木久美子、佐々成美、志水ゆき、高階 佑、高橋 悠、鳥人ヒロミ、中村明日美子、奈良千春、蓮川 愛、藤たまき、町屋はとこ、峰島なわこ、宮本佳野、雪舟 薫、ヨネダコウ、ライトグラフ

表題作交渉人は休めない 榎田尤利100冊記念特別版

兵頭寿悦33・芽吹の高校の後輩で周防組の若頭
芽吹章34・元検事で元弁護士の交渉人

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数27

紙本を買えば良かったなー

読了後に気づいたのですが、本作は榎田尤利先生の記念すべき100冊目に出されたものなのですね…最近電子で購入したので小冊子は付属しておらず、あとがきで作者様が述べられている裏表紙も無くて残念でした。
榎田尤利作品への入り口が夏の塩だったので、彼らのその後を読みたかったです。

作品は交渉人シリーズの後日譚ですが、今までの本編を少しライトにした感じかな?
交渉人シリーズは回を重ねる毎にヘビーな事件に関わってきていたのでそう感じました。
舞台をいつもの東京下町から沖縄の離島に移し、夏休み中にも仕事をしてしまう芽吹とそれを追いかけてきた兵頭の物語でした。

今回は交渉で問題を解決…というより、ちょっと探偵っぽかったかな?という気がしないでもない。
芽吹の交渉術、口達者な部分が少なかったのは物足りなかったかもです。

時折り芽吹の心に到来する、死への誘いが仄暗くて、楽しいストーリーだけじゃないのがこの作品の素敵な所です。
度々喧嘩を繰り返す芽吹と兵頭ですが、命尽きるその時まで2人は離れないんだろうなぁ、と確信できる物語でした。

2013年当時で100冊ですから、今はどれくらい発行されているのでしょうね。
現在は非BLを主に書かれてるみたいですが、またBLも書かれるそうなのでとても楽しみにしています!

0

裏表紙のイラストに泣く

前作で綺麗な終わりを迎えた本シリーズ。今作はちょっとしたおまけのようなお話?
バカンスのはずが仕事を請け負う芽吹。交渉人は休めないというか休まない。愉快な仲間たちと兵頭と舎弟たちも加わって、明るく賑やかだった。

今作の芽吹はまるで探偵のよう。いいところで颯爽と兵頭が現れるのはお約束。交渉シーンはあまりなく、屁理屈をしゃべりまくる芽吹が見られなかったのは残念。その代わりでもないだろうが、心理描写で自分に対し交渉術を駆使しているようなところがあって面白かった。

事件はまあ、さらっと。ツッコミを全放棄して、無人島イベントを楽しむ。芽吹と兵頭は、二人ともすぐカッとなるので喧嘩ばかりで面倒臭い。だがそれも、兵頭のただの嫉妬心のせいだけじゃなかったようで、七五三野に拘る理由が明かされてからは納得だった。ふいに見える兵頭の不安にきゅっとなる。

解決後の甘々シーンはたっぷり長め。海辺のシーンも良かった。ポエミーな語り口になり感傷に浸る芽吹は、また一歩兵頭を心の内側に入れたのかな。今彼として紹介するところは、本気で兵頭に良かったねえと言いたくなった。

なんだかんだ言いながら、今後も離れることなく一緒にいそうな二人が見れて良かった。

裏表紙のイラストを細かくじっと見ると、いろんなことに気が付く。これめちゃくちゃすごい。読後に見ると泣けてきて大変だった。
※ケースじゃ×。バーコードのない小説本体カバーの裏表紙イラスト。

0

休暇中でも事件に巻き込まれる不幸体質芽吹

相変わらずの兵頭と芽吹。喧嘩も多くて、せっかく沖縄なのにそんなことくらいで喧嘩しなくても、と思ってしまう。
あと旅行中なのに仕事しなくても、と。
一見簡単そうな依頼でも大変になっちゃうのは芽吹が引き寄せちゃうのかな?
芽吹はもう少し素直になって兵頭に甘えたり甘えさせたりしてくれてもいいんだよー。
今回は七五三野が所々で笑わせてくれて楽しかったです。

0

バカンス編

今回は、みんなで沖縄旅行でした。
そして、推理ものによくあるパターン、どこにいっても事件にでくわす芽吹です。

前作でちょっとした収入が合った芽吹事務所。七五三野の手配で事務所総出の沖縄旅行に繰り出します。しかし、女性の水着姿で鼻の下を長くするであろう芽吹を追いかけて、兵頭事務所のご一考も同じ沖縄へ。。

その地に住み着いた元カノの依頼で、リゾートホテルと小さいコンドミニアムの不仲を取り持つことになった芽吹。色々な災難に見舞われるますが、その中で兵頭と二人無人島に置き去りにされる下りが。。甘くはなく、ケンカしつつも、死ぬなら一緒とまで思うシーンでした。

最後は、リゾートホテルのスイートにあたる離れで甘々の二人でした。

ここまでくると大体なんかやりつくした感があって、完結とはなっていないものの、もう続巻は出ないのかなーと思います。

0

豪華!

100冊刊行記念本。
一応前巻でシリーズとしてはひと段落しているので、こちらはその後の日常(といってもスペシャルなので舞台は沖縄!)な感じです。
ハードなだけでなくこういうゆるっとしたのが読めるって嬉しいです。

でも、芽吹、流石です。
慰安旅行先の沖縄でもちゃ~んと事件に巻き込まれてますw
無人島での二人のやり取りもおかしかった~。
 
ネゴオフィスの関係者は勿論、愉快な舎弟達も一緒にみんなでわちゃわちゃな兵頭と芽吹らしい感じでした~。
キヨ&トモは引続きラブラブ♪とってもいい感じです!

みんなの楽し気な様子を垣間見せて頂いて100冊記念に相応しい日常だったな~と。

でも、後書きを読んで気づいたのですが、カバー裏のイラストには涙。
そして、別冊子の「夏のリング」魚住君と久留米に出逢えて感無量です。

1

発売されて5年たっていた

タイトル通りです。そのことに驚きました。
私は黙らないの1巻~愛されるの最終巻まではもうすでに発売されて何年か経っていたので一気に購入し、読みました。そして何年か経って、こちらが発売されると知り、とてもワクワクしていたのを覚えてます。私は今まですべてシリーズものをは最後まで出てから購入していたので(連載が終わってから面白いときき、興味をもって購入することが多いです)、連載が終わったのに新作がでる喜び、それが味わえたことが嬉しかったです。しかも、何年か経っているのに面白いまま。とても素晴らしいシリーズです。すべて神評価がつくくらい、大好きです。
そして、新作がでて5年という月日が経ちました。多分、シリーズとしては本当に最後だと思いますが、そろそろまた、スピンオフとして出ないかなと期待してます。

2

逸品絶品究極品

最初に、
私はBLが好きです。
専門的な職業に就く男性(直訳:スーツとか大好きです)が好きです。
そして、何よりも、「活字」が大好きです。

交渉人シリーズは、その全ての欲を満たしてくれた作品でした。
芽吹が交渉で罠を仕掛ける度に、そのきっかけとなるトリックを探し求めて最初から読み直しをするのが本当に楽しかったです。
芽吹の一人称で、読み手も騙された時は鳥肌ものでしたね。
このシリーズは、言葉の使い方が秀逸で、そして構成も文句なしで、鼻息荒くして「もう満足です!」
言葉の秀逸さと構成は、基本的にはまったく違うんですが、朝刊の一面の下にあるコラム、あれを読んだ時と似たような気分を味わう事ができました。

キャラや設定に関しては、このシリーズの裏には「死」があるように思えました。
芽吹、兵頭もその「死」の過去を持っています。
~愛される、を読んだ後に、この二人は「独りでは死なない」んだな、と思えて、それが凄く幸せな事に思えました。
それって、究極の愛ですよね。
「死」を乗り越えていくのではなく、「死」を受け入れながらも厳しい「生」の道を進んでいく二人は、本当にかっこいい男性だと思いました。

~休めない、の序盤で「~愛される、の最後の協会でのキスは何だったんだ!?」と女の尻と乳にでれでれする芽吹さんに「ああ、いつものおじさんだ」と思わせられてしまいましたww
シリーズ通しては「交渉」という「言葉の武器」を操る芽吹の姿が描かれていましたが、~休めないでは名探偵してましたね。名探偵してましたね。名探偵してましたね。大事な事なので三回言いました。
言葉の武器を持ち、身体はオッサン頭脳もオッサン(だけど探偵役になる)という100冊目記念は、見所が本当に満載で、本当に楽しかったです!
兵頭も、南の島で「脱スーツ」だからか、ちょっと「インテリボケ」をあえて言ってるシーンも多くて面白かったです。
嫉妬に関しては、これも「安定」ですね!
そして最後に、読み終わった後に表紙裏のイラストをみて、少し泣きそうになりました。

交渉人シリーズはこれで一旦終了なのでしょうか。
……まだ、まだ読みたいです……!
内容で満足しているのに、「まだ読みたい」という妙な不満足感(?)もあります!
……いつかまた続編が出る事を楽しみにしております……!
シイタケとヤモリを克服できる日を待っております(誰とはあえては言わな略)

3

神!

神!すっごく面白くって1から一気に読み終えてしまいました!若頭×交渉人です。主人公の彰は容姿はとても綺麗なのに、中身はすっごく男前!自分では弱いと思っているようだけど、兵頭より男前なのでは…?極道より極道です!キャラが立っていてまるで生きているかのよう。登場人物達が物語を作っているのだなぁ感じられる作品。

1

喧嘩するほど仲が良い

電子にて。
シリーズラスト(番外編?)。
記念すべき100冊めにこのシリーズが選ばれて復活した経緯があったんですね。
愛されてるんだなぁと嬉しくなりました。

相変わらずチーム兵頭はコント集団で面白い!
そして兵頭と芽吹が、喧嘩しつつも甘い雰囲気を醸し出していてにんまり。
喧嘩するほど仲が良いって言うし(* ̄ー ̄)
元カノに兵頭の事を今彼だと正直に伝えた紹介ところもすき。
兵頭、良かったね…。

シリーズを通して芽吹の心の闇を見てきましたが、彼はそれを乗り越えるんじゃなく受け入れ、つまづきながらも兵頭と生きていこうとしている姿がかっこ良いと思いました。

またいつか、この二人に会えたら良いな。

2

やっぱり好きです

芽吹オフィスの慰安旅行に、兵頭一軍が・・・。
みんな相変わらずで大好きです。
そしてまたもや事件に巻き込まれる芽吹。
本当に運がないというか(苦笑)

思ったより兵頭と芽吹の絡みが少なくて残念でしたが
キヨとトモのラブラブっぷりも健在だったし、
兵頭舎弟達の天然っぷりも可愛かったし、
盛りだくさんで楽しませてもらいました。

芽吹が沖縄の海を眺めながら、若林に話しかけるシーンは胸がキュンとしました。
そして、喧嘩して部屋から出てこない兵頭の部屋の前でうろうろする芽吹が微笑ましかったです。

「素直じゃねーなー」と兵頭の声が聞こえてきそうでした(笑)

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う