「…抱いてよ。一度だけでいいんだ。いい思い出にするから」

愛想尽かし

愛想尽かし
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×220
  • 萌23
  • 中立8
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
28
得点
322
評価数
84
平均
3.9 / 5
神率
39.3%
作画
山田ユギ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
英田サキ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス HertZ Series
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784813052876

あらすじ

ある雨の降る夜、椹木恭介は捨て猫と一緒にかつて自分が助けたことのある青年・春日柊也を拾った。その日から、ふたりと一匹の同居生活が始まった。他人を信じることができない柊也は、椹木とも寝ることで関係を築こうとするが、椹木は愛情や信頼のないセックスを拒絶する。ゆっくりと、少しずつだけれど、ふたりの関係に変化が表れ始めたある日、柊也が再び椹木の前から姿を消してしまい!?
(出版社より)

表題作愛想尽かし

椹木恭介(元ヤクザ)
春日柊也(24) 元ヤクザの愛人

その他の収録作品

  • ライバルは小学生

レビュー投稿数28

椹木兄貴にうっとり・・・やばいっ

【愛想尽かし】
「たかが恋だろ」から主役2人を差し置いて、兄貴一押しでした!
兄貴の自分を抑えて自分の好きな人の為に動く「見守り愛」に感動してきた訳で・・・。
なので、兄貴のお相手には小姑の眼で厳しくなるのですが、
若くて健気で色っぽい柊也にプラス痛ましい過去とくれば、
≪見守り愛の帝王≫の兄貴に、ピッタリ過ぎて苦言など出てきません!
この2人、とっても合っています!
“愛想尽かし”
情人の為に身を引かなければいけない時、嫌われるように仕向ける(愛想を尽かせる)ことを言うそうです。
柊也の兄貴の為のエピソードがタイトルだったんだね、良かった!スッキリした!

【ライバルは小学生】
甥っ子・誠は避難所的に椹木宅を使い、誠に対する椹木兄貴の優しい態度に、柊也は可愛い嫉妬を訴える。
それを兄貴は嬉しいと目を細めて~ラブラブばく進中な話。
誠・・・実は椹木兄貴に次ぐ男振りだとキャラ立てしています。
今はライバル?の柊也と誠の2人、近い将来恋愛話でもするんだろうな、と想像しております・・・

それにしても、ユギ先生の口をブーと尖らす絵、ホント和むよね♪

2

幸せに寄り添う

「たかが恋だろ」スピンオフ。
これでもかと言うくらい、私の好みド真ん中ドストライクに来てくれている(笑)椹木が主役です。

ひょんな事から、元ヤクザで前科持ちの椹木が、同じ刑務所で服役していた若い男・柊也と再会する、というところから始まります。

薬物密売で服役した椹木。服役する代わりに、ヤクザの世界から足を洗うという約束の下、何も言わずにただひたすら仮釈放される時を待っている。
その時、同室に居たうちの1人に、柊也がいた。
彼は若いのに全てをあきらめたような瞳をしていて、同じ部屋の別のヤクザに黙って抱かれている。
柊也は、寡黙な椹木に興味を持つけれど、椹木は決してなびかない。
ここを出たら、全てを洗い流して、そして義弟と甥を静かに見守る生活を送る。
それが、椹木の心の支えであり、守りたいものだから。

お互いの境遇が違っていても、寂しい気持ちがあるのには変わりなく。
それでも尚、前を向いて歩いていこうとしているのが椹木で。
どうでもいいよと投げやりで適当に生きているのが柊也で。
二人が寄り添い、椹木は係らないようにしようと思っていても、どうしても冷たく突き放す事は出来なくて。
一緒に居る時間が増えるにつれ、「ただそばにいる」という温もりが心地よくなっています。

……椹木が好みすぎて上手く言葉を綴れない…っ!(笑)
柊也のようなビッチは大好きです。ある意味好みな訳で。

椹木は、義弟を好きだと思っていたけれど、それは本当に恋心だったのだろうか。
そして、何故椹木は柊也を欲しいと思ったのか。好きだと思ったのか。
逆に柊也が椹木に惹かれていく過程が分かりやすく表現されていると思います。
でも椹木は?キッカケは?どうして?
そう考えながら読んでいて、読み終わった頃には、理由なんて要らなくて、本当に理屈抜きで、
「柊也だから惹かれたのでは」
と思うようになりました。

特別な存在というのは、いつどこで生まれるか分かりません。
好きに理由なんて要らないなら、きっと椹木の場合もそうだったんだじゃないかなと。

柊也は、きっとあったかい恋焦がれた気持ちを胸に持っていて。
椹木は、彼を包み込みたい愛を持っていて。
歳の差があるからかもしれないけれど、子どもな柊也と、大人(寧ろオヤジ…ハアハア)な椹木の、気持ちの重なる瞬間がいとおしく感じました。

でも何故だろう、ただ「良かった幸せになった」とすんなり思えない、燻る気持ちが残っているのも確かです。
早く、柊也の心が完全に溶けて、ただ目の前にある幸せだけを掴んでくれたらなぁと、思ってやみません。


でも、ちゃんと2人の気持ちが重なって本当に良かった。

1

王道な所が良かった。

ヤクザが出てくるけども、そんなに裏社会でどろどろした感じは無く、可愛い・セクシー系男の子が、カッコいい男前に拾われ、仲良くなる・・・という王道なストーリー。しかしそこが良かった。正確な数字は覚えてないけど、受けと攻めの年齢の幅がかなりあったような・・・その為、受けちゃんの、見た目というより、行動や思考などがちょっと子供っぽく見えたりしたけど、それはそれで可愛かった。攻めにお世話掛けてばっかの受けなのか、と思いきや、好きな人を守る為に、身を引こうとする受けは良かった。

1

包容力ある攻が良かった。

私にとって初めての英田サキさんであり、山田ユギさんでした。

渋く、暖く包み込むような包容力ある椹木さんのキャラが凄く良かった。人を信じることができない、愛も何もしらないで闇の中を這いつくばって生きてきた柊也を愛してあげられるのは、やっぱり喜びを悲しみもいっぱい経験してきた椹木さんだからこそだったのかな。

椹木との出会いにより愛を知り、信じることを知っていく…少しづつでも“変わりたい”と成長していく柊也の描写過程が素敵でした。

一緒に生きていくと決めた2人。どんなことがあっても2人には手をつないで寄り添って欲しいと強く思いました。

ストーリーの設定もキャラ達の性格や生い立ちとか全部全部私好みでした。文句なしの“神”です!!

まだ「たかが恋だろ」は未読状態なので、機会があれば手にとってみようと思います。

0

オヤジのカッコよさ!

漫画で「神」って、あまり付けない方なのですが、
本作品は文句なしです。

「たかが恋だろ」ですごいいい味を出しまくってた
椹木のスピンオフです。

「たかが恋だろ」で、刑務所に言った椹木ですが、
そこで、捨て鉢になったような生き方をする柊也と出会う。
刑期を終え、再び偶然再会をするのですが、
柊也の行き方/考え方は刑務所にいたころと変わっておらず、
不器用な生き方のまま。

そんな柊也を何だかんだで優しく、守る椹木。

はあ、オヤジスキーにはたまらない1冊であります。

0

ムショの中


なんか、萌えます。ムショの中って…危ない雰囲気が萌えます。
男のモノをしゃぶって、みんなが寝ている間に布団の中で突っ込まれて、そして隣で眠る椹木に恋をしている。

ムショの中で椹木にはフラれてますが、ムショの外に出てから偶然の再会。いやもう、必然ですよね。

柊也の椹木を慕ってる感じが純情な感じで可愛いです。
体は売っても恋だけは初めてな感じが可愛いです。
切ない感じがジーンときます。

雨の中、柊也に拾われた子猫。名前はチビとなりました。
ペットは飼い主に似る。チビが柊也に似てきてるようで寝方とか可愛いです。

山田ユギ先生の絵が好きです。

あ、これ、スピンオフなんだ。
ってあとがき読んで知りました。
「たかが恋だろ」も買わなくては。

3

このふたり、色っぽい

事前知識ゼロで購入。ワタシはバカだ。
なぜ「たかが恋だろ」のスピンオフと気付かなんだ…未読だし。「花片雪」の事も知らなかったし。ハア〜。絶対読まなきゃ!です。
前後の物語抜きでの、本作のみのレビューです。
刑務所の中での男同士のアレコレ。異常に色っぽい柊也。
16才の頃から男との色恋沙汰で流浪の生活の柊也に、出所後偶然会ってしまい、猫を拾うように自分の家に住まわせる椹木。
他人がいる時と椹木と二人きりの時の柊也の目の違い!ユギ先生の力量の凄さにひれ伏したい。
『本当に欲しいもの 自分で考えろ』という椹木に答えて真面目なバイトを頑張り、誠実に筋を通す椹木に相応しくなろうとする柊也。
それなのに刑務所での悪夢が追いかけてくる。ロクでもないヤクザ曽根に強引にイロにされてしまった柊也は、椹木を守るため曽根の言いなりになっている。この辺りの柊也の健気さ!
曽根のアジトに乗り込んで柊也を助け出す椹木は、正に王子様ですね。確かに可哀想な可愛い受けが自分を犠牲にしようとする一歩前に男前攻めが颯爽と、的なご都合物語に見えなくもないけど。しかもビッチ受けがまるで初恋のように攻めに恋してる様も、もしかしたら無理があるのかもしれない。
でもそれでも、自分も元ヤクザの前科者の椹木は、ひとの心の弱さ、強さ、汚さも何もかもを見てきて。
その上で柊也を選んだこと。柊也も自分と同じ、いやもっと酷い風景を見てその中で生きのびてきた剛い男だから。
(その柊也は椹木にとろけて何もかもを捧げ切る。そんな表情がたまらなく色っぽい)

「ライバルは小学生」
コレは笑った!こまっしゃくれたガキだぜ。柊也、頑張れ!
あ、あと猫ちゃん!カワイイ!カワイイ!

3

椹木さん堪能本

「たかが恋だろ」のスピンオフということですが、続けて読むと雰囲気のあまりの違いに今一つ萌えず。
時間をおいてこれだけを読むと、すごく良かったです!
「たかが~」での椹木は正直自分勝手でちょっとカッコ悪かった。で、こっちの椹木は滅茶苦茶渋かっこいい。それに、あんな風に思いつめるほど義弟のことを思っていたはずなのに、情の深そうな人だと思ってたのに、もう柊也!?という感覚もあったのかも。

これだけを単品として読むと、椹木のかっこよさ、柊也の健気さ、色っぽさがたまりません。しかも大好きな山田ユギさんのシリアスオヤジをがっつり堪能できて、幸せ♪
たぶん柊也が好きになれないのは、椹木さんがかっこよすぎて無意識にやきもち焼いてしまうからじゃないか、と考えてしまうほど、椹木かっこいいよ。
性格とかの設定ももちろんかっこいいんですが、一つ一つの表情とかもうね、絵が。すばらしい。原作と漫画との最強タッグの上、それが最高に輝くキャラと設定というまれに見る良作だと思います。

「たかが~」のことはいったん忘れて、椹木さん(ついさん付けしてしまうw)のかっこよさを存分に楽しむための一冊だと思います。
は~、椹木素敵だった。

2

オヤジスキーにはたまらない攻様です♡

「たかが恋だろ」のスピンオフ。
前作は脇役だった椹木が主役です。
椹木ファンとしては嬉しい限り‼

内容は、元ヤクザ、今はバー経営者•椹木 × 元ホストの柊也の年の差&再会もの

椹木と柊也の最初の出会いは刑務所。
椹木は刑期を真面目にまっとうするため、大人しく過ごし、柊也は同じ舎房だった ヤクザ幹部•曽根のイロをやっていました。
その頃から、柊也は椹木に興味をち誘うものの、椹木は柊也の事が気にはなっているものの関係を持つことはなかったんです。

出所後、椹木はヤクザから足を洗い、バーの経営者となり静かな生活を過ごし、偶然にも柊也と再会します。
そして、行きがかり上、柊也と一匹を自宅に住まわず事に‼

柊也も働き始め、椹木の元で真面目に変わっていけるのかと思っていたら、再び、薬の売人をしている曽根と再会…と2人の未来はどうなるかみたいなお話です。

凄くお互い孤独なんですよね。
一緒に暮らすうちに、
柊也自身は気づいてないんだけど、本当は真実の愛を求めているんだろうなあと、椹木は気がついていて…
柊也は、椹木が大事に守ろうとしているものが何か気付いていくんです。
そして、椹木を守るためにいなくなる柊也。
本当は一緒にいたいのに、わざと心にもない言葉を吐き捨てる柊也。
その『愛想を尽かし』ぶりがせつなく健気で泣けました。

刑務所時代から、再会、同居、別離、そして一緒に生きていこうと決断するまでの2人の心情が、漫画では難しいだろうなあと思える所まで、丁寧に表されているのが良かったんです。
この2人のじんわりとした、静かな…けれども心の奥底からの熱いお互いの想いが本当に良かった。

柊也の悪態ばかりついて素直じゃない所が、逆に可愛らしくて憎めませんでした。
どうやって生きていけばいい分からず、教えてくれる人さえいなかった、だから身を一つ…自分の身体を使って生きていく事しか考えられなかった人生。
歪んでいる考え方なんですけど、実際の柊也は純粋で初心で、凄く心は綺麗だからこそ、憎めないし、守っていこうと思わさせられます。

そして、椹木は前作よりいい男ぶりで萌でした。
カタギになったことで、前作のような鋭い雰囲気は薄くなっているんですけど、その分、大人の渋さが二割増し位になっていて、より一層の男前っぷりでした。
オヤジスキーに堪らない、お色気な格好良さになっていたのが美味しかったです。
色々な人生経験を積んでいるからこそ、柊也に対する、椹木の優しさや、誠実さ、真っ当さが心に響きます。
惚れちゃいますよね♡

前作とは違った雰囲気に仕上がっていて、ストーリーは、普通に王道展開なんですけど、こちらの作品の方が好きでした。
そして、椹木と柊也のHは、エロさもあるんですけど、お互いの、本当の幸せそうな表情がなんとも言えなくて、読んでいる方も幸せいっぱいな気持ちになりました。
ユギ先生の画力の素晴らしさに感動です。
ユギ作品特有のギャグタッチさは薄かったものの、色っぽい絵柄と、英田先生らしいヤクザ風な展開やセリフは楽しめました。

今回も、誠がいい味を出してくれていて笑えました。
誠と愛のお話をユギ先生の絵柄で描いたら、1番しっくりきそうな気がします…密かに書いてくれたら嬉しいかも(笑)

奥の深い愛が見れた作品でした。
孤独な2人だったからこそ、お互いに手を取り、人生を共に生きていこうと決心した後の、幸せな笑顔に、心から良かったなあと…ほのぼの癒され優しい気持ちにもなります。
オススメの作品なので読んでみてくださいね。

1

「飼う」から「共に生きる」へ

 椹木の渋さ、落ち着いた性格が私はすごく好きだな、と改めて感じました。彼は元々しっかりヤクザをやっていたけれど、根本までその特殊で厳しい親子関係に染まりきっていたわけではないんですよね。常に自分と周囲を客観視できる性格はとても魅力的。柊也を色っぽいとは感じつつも、想いが通じるまでは性的な関係を積極的に持とうともしませんでしたし、柊也が心の底から安心して傍にいられる人、隣で眠るのが心地好いと思える人なんです。柊也が彼のような人に出会えて、本当に幸福だったなと思います。

 柊也のような境遇は、BLをたくさん読んでいるとどうしても見慣れてしまって新鮮味は薄れてくると思いますが、そのありがちな受けをどう魅力的に表現するか、というところが各作品の良さに繋がっていくのではないかと考えています。山田先生が描く彼の喜怒哀楽が分かりやすい表情ももちろん魅力の1つでしたし、性的なことに慣れている様子を見せつつも、案外子供っぽいというか、直情的な言動をとることが多いのも年相応の可愛らしさがあって、彼に思わず情が湧きました。最後は椹木の方から、年齢差や元ヤクザという経歴などを一切取り払った上での本心を、とても温かい言葉を尽くして柊也に歩み寄ってくれたところも嬉しかったですね。高津戸と泉巳に負けない、熱いカップルになって欲しいです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う