あまのじゃくの恋

amanojaku no koi

あまのじゃくの恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌18
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
113
評価数
33
平均
3.5 / 5
神率
18.2%
著者
イシノアヤ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784344822467

あらすじ

隣室に住む大学生・村井からめいっぱい慕われている、ゲーム会社勤務の四ノ宮。村井の気持ちを知って悪い気はしないーーーどころか、自分のせいで浮き沈みするのを見たくて、つい意地悪してしまう。ある日、村井が村井なりにぐるぐる悩んで真面目にとった行動は、四ノ宮の想像のナナメ上をいくもので……?

ボタンをかけ違えたような恋の始まりを描く表題シリーズほか、それぞれの関係性にきざした恋とその後、描き下ろしショートを収録したファニーでキュートな作品集。

表題作あまのじゃくの恋

大学生 村井
アパートの隣人 四ノ宮、ゲーム会社勤務

同時収録作品ラブ・トリップ

?樋口、漫画家さん
?須見、広島出身

同時収録作品しんじる者たち

飯森 東京の専門学校生
牧田 地元の大学生

同時収録作品春の夜に/きみの願いは

谷倉、会社員
阿久津、大学生

その他の収録作品

  • ユメのあとさき
  • ラブ&ピース①
  • 愛の広島焼き
  • ラブ&ピース②
  • カバー下「マブダチくん」
  • マブダチくん創作メモ

レビュー投稿数11

一作目の超絶ヘタレワンコが良かった

全部で4カプ登場します。

私が好きなのは表題作関連【あまのじゃくの恋】【ユメのあとさき】【ラブ&ピース】
アパートのお隣さんどうしのお話。人の良い超絶ヘタレワンコの村井くんと、ツンデレ四ノ宮。四ノ宮はさておいて、ワンコ好きなのでヘタレワンコの村井君がとにかく可愛かったです。
キスを期待して待っている時のフルフル震えている様子とか可愛くて仕方ない。そこかしこで人の良いところが滲み出ている感じもツボでした。
タイトルは「あまのじゃくの恋」なので四ノ宮のツンデレ、素直になれない様子を楽しむ作品なのかもしれないけど、私にとってはこのうえないワンコ物語でした。

そして何かと四ノ宮の愚痴を聞かされている同僚の「お前のせいで村井日記書けちゃうよ 会ったこともねぇのによぉ!」というセリフに笑いました。

【ラブ・トリップ】
お付き合いしているカプのお話。漫画家なのかな?完成できずに二人で行くはずだった旅行が当日キャンセルに…。お詫び旅行もどうしても断れない仕事依頼が来ちゃっておじゃんに。
いつもキャンセルされる側はさすがにふざけんな!とブチギレてしまい…。この続きはたった二ページの【愛の広島焼き】で描かれているけど、まさに愛!

【しんじる者たち】
これは自分の中でうまく処理できない話でした。遠距離恋愛中のカプなんだけど、地元から東京にいる彼のところへやってきたら、女と浮気した証拠を発見し…という流れ。
浮気をした方は微塵も自分のことを信じられないから、相手の傷ついた顔を見たい、と思う。
浮気された側は、本当は一緒に東京にくるはずだったのに自分が東京の大学を落ちてしまって遠恋になってしまった…という負い目もあって浮気を怒らず許す。
多分、傷ついても許してくれるだろうという確信犯のうえでの試し行動みたいなもんだと思うんだけど、浮気の証拠が「置きナプキン」でして、一回の関係じゃなくて結構な期間に渡って女が家に入り浸っていたんだろうなぁというあたりがモヤモヤします。

【春の夜に】【きみの願いは】
付き合いの長い友人関係の二人。
下戸なのにビールがずらりと並んだ冷蔵庫にじーん…と思ったら元のタイトルは「冷蔵庫にビール」だったんですね。それでも良かった気がする。

2

表題作と最後の作品が超絶おすすめ

数ページ試し読みして堪らず即購入しました。
買ってよかった!
笑えて、きゅんとできる作品好きにはおすすめの短編集です。

【あまのじゃくの恋/ユメのあとさき/ラブ&ピース①②】神
隣に住むワンコ系大学生とあまのじゃくリーマンの話です。
素直になれないのは素直すぎるお前のせいだといわんばかりの四ノ宮が可愛い。空回りするワンコな村井も可愛い。ちょこちょこ笑えるのも楽しい。とにかくテンポが楽しいので、まずは一読を!

【ラブ・トリップ/愛の広島焼き】萌
リーマンらしき須見と漫画家の樋口の話。
休みを合わせて旅行に行きたいふたりのすれ違い。ドタキャン→逆ギレの樋口に須見が優しすぎて頭が下がります。自分だけが大変と思っている相手にあんな神対応、そうそうできるものではありません。それだけ断ち切りたくない、深い愛を感じました。見習わなければ。

【しんじる者たち】萌
遠距離恋愛のカップル。性欲の赴くまま浮気する男と、それでも信じて通い続ける男。
笑えるくらい最低です。一回や二回ではないとはっきり分かる浮気の証拠を残す最低野郎です。その原因も相手のせいにするくらいのキングオブ最低なのに、信じてしまうんだなあ。健気だなあ。だからどこまで許されるか調子に乗せてしまうんじゃないかというくらいに受けが健気。
ただ、攻めの決意は信用ならないと思うのはわたしだけでしょうか。

【春の夜に】萌2
さらりとしてるけど切ない。鈍感な男を好きになると苦労するね、という話です。
鈍感が鈍感なりにちょっとずつ気付いていく過程が描かれていました。健気な阿久津に幸多からんことを。

普段なら「地雷!」となりそうな自分勝手すぎるキャラも、イシノさんが描くとそこまで嫌わずに読めてしまう不思議。何ならばかで可愛いとまで思ってしまう。
何でしょうね、この魅力は。

1

なんか、好きだ。

イシノアヤさん。読みたくなったり、読めなくなったり。
いまだ、自分で模索中であります。

嫌いではない事は確かで、可愛いと思うポイントが
あります

この作品はまさに、天邪鬼さんな四ノ宮さんと
黒髪で大きいが可愛いお隣に住む村井とのラブです。

村井は大好き大好きと四ノ宮さんにまとわりつくのですが
口にも行動にも出さない。

好きなは全身から伝わってるのに(^O^)

四ノ宮さんは、ツンツンしながら、意識しまくりで
会社の同僚にぶちまけちゃう

この同僚との話方が好きです、

同僚のナイスアシストで二人は前進します。
ツンデレすぎるのは嫌ですが

この四ノ宮さんはバランスが良いので好きでした。

0

他作品に比べると結構普通ではあるんだけど

帯『ボタンをかけ違えたような恋の始まりとその後―』

イシノアヤさんは『椿びより』 『椿だより』 『君に沈む』
の3作を既読なのですが、その中では一番普通の漫画っぽいなって感じがしました。
確かにイシノさん特有の間や、空間はあるんですが、ストーリーの流れとかコマ割りとかが結構セオリー通りというか普通の漫画に近くなってます。
それを読みやすいと取るのか、イシノさんの個性がちと減ってしまったと取るのかが微妙なところ。

表題作は相手が自分を好きだと知っているのについ意地悪めいた事を言ってしまうアパートの隣人同士の話。
他にもカップル話の短編集。
どの話も可愛いし、スネ毛がちゃんとあるとこも何気に萌え。

2

やっぱりイシノアヤ

イシノアヤさんの作品は他誌のものみたいに、セリフが少なくても人物の表情とそのシーン展開だけで、彼等がどう思って何を考えているか充分わかるような気がするのだが、ルチルの作品はセリフが多い。
実はそれが面倒くさい作業になってしまい、絵から感じ取るという作業を疎外するのが実に惜しいと思ってしまう(涙)
確かに帯にあるように「ボタンをかけ違えたような恋のはじまりとその後」とあるように、言葉が足りなかったり、ツンデレだった為にとか、そんなすれ違いが、色んな様相を見せる。
それは甘さであったり、痛さであったりもするのだけど、
面白いのはそれが、始まりは甘さで、最中は苦さをかもすことかな?

表題は受けになる四ノ宮がやんちゃな設定からか、よくしゃべる、よくしゃべるw
イシノ作品最大にしゃべってないか(爆笑)
それがツンデレ隠しであったりもするのでとてもかわいいのだ。
あまりに純粋で素直でかわいい年下ワンコの隣人・村井に平気でちょっとした嘘をついて、それを真に受けてヘコンでしまう村井が四ノ宮の下カノに似ているタレントが着ていたワンピースを着て、、、なんてシーンに思わずキュンさせられる。
イシノさんの描くワンコ攻めもまた魅力ありますよね♪

『ラブ・トリップ』は仕事が違うために休みが合わない恋人が、せっかく休みに一緒に旅行しようというのに、急な仕事が入ってはキャンセルになってしまうというすれ違いを。
ひょっとして別れてしまうんじゃないか?ってヒヤヒヤを感じさせるんですが、しようがないな~って赦しちゃう片方と、申し訳ないと思う謝罪の気持ちが釣りあって、とりあえず均衡をたもっているのでしょうか?
でもやっぱり好きだから、、、働いている同士、そんなことはよくあることですよね。

『しんじる者たち』遠距離恋愛の恋人の姿。
ものすごい危うさを含んでいるんですが、切ない!

『春の夜に』『きみの願いは』谷倉と阿久津は友人なのかな?
阿久津は谷倉が好きで、いつも阿久津が谷倉の為にしてあげていることに気がついて恋人になる。
意見無関心を装いながら、その実ものすごい健気で、一途で。
谷倉は幸せ者だ~

表紙カバーをとった本体には、主役カプをとりもった縁の下の力持ち(?)が吼えてます(爆笑)

1

シンプル イズ ザ ベスト

今までは絵がちょっと苦手かな~と思って手を出しそびれてたんですが今回は表紙の装丁に惹かれて試しに購入してみました。
内容は4組のカップルが織りなす、ごくシンプルなラブストーリー集です。絵に関しては最初やっぱ少し読みづらいかなぁと思ってたものの、読み進めてくうち私はあまり違和感を感じなくなってきましたww
お話の方も思ってたより割と恋愛の感情を軸とした分かりやすい内容のモノばかりだったので、いい意味で予想を覆されちゃいました(笑
初読みなので失敗したらどうしようと少し心配だったのですが個人的には買って正解でした♪

*あまのじゃくの恋~ユメのあとさき
純朴ヘタレ大学生×ツンデレ会社員
もう、とにかく村井が可愛くて可愛くてホントどうしてくれようって感じでしたw
四ノ宮の事が大好きなのに彼がついた嘘を真に受けて勝手に1人でグルグルグルグル…一途を通り越して一体どんだけ乙女!?って位のヘタレ具合で!しかも四ノ宮は素直になれない天の邪鬼の代名詞みたいなツンデレなもんだから互いの行動が全く噛み合わず、一向に進展を見せない彼らにヤキモキさせられ放しwwでもそんな2人にツボをど突き回されました。可愛いすぎる~
あと何と言っても村井の女装ね!私、女装萌えはないんですがコレにはさすがにヤラれた!!違和感ないとこがまさに違和感(爆
ただ一つ残念だったのは、夢だけじゃなく現実ではどんな風に村井が攻めるのか見てみたかったカナ~

*ラブ・トリップ
コレ、どっちが受け攻めなのか分かりませんでした…ごめんなさいorz
個人的には広島焼きの子が受けならイイ…

*しんじる者たち
遠距離恋愛のカプのお話。
離れて暮らす事に自信を持てない自分勝手な攻めが、ひと回り器のデカい男前受けの愛に救われて心を入れ替える話?w
実は作品中一番苦手な地雷系の攻めだったんだけど、受けは一番好きなタイプだったのでお話自体は結構好みでした。

*春の夜に~きみの願いは
愛され下手な鈍感攻めと本気で人を愛せなかった受けがお互いの恋心を自覚するまでと、付き合ってからのお話。あまりのニブさのせいで受けの嫉妬や牽制が全く通用しない攻め。同僚に告白されてようやく受けのサインに気付くようなニブチンですが、最後の最後で必死に好きだと気持ちを伝えに行った行動力にはちょっと感動しました。ま、終わり良ければ全てよし!という事でw

派手さはないですが、とてもシンプルで良い作品でした♪

0

カバー下の二人が

いい味出してます。

収録作品は、表題作以外は割合古めの短編です。
なので、着実にうまくというか、読みやすくなっているのだなと、感じられます。
古い作品でも、画面の構成とか、お話の展開は無理なくこなれています。
ただ、表題作にくらべると、やはりどこかがもどかしい。
何かがちょっと説明不足なような、今一共感しきれない感じ。
表題作は、天の邪鬼で意地っ張りな主人公の四ノ宮の性格は全然好きになれないタイプなのに、作品全体は妙に腑に落ちるというか、すとんと納得がいく。
ほんとにちょっとした表情だったり、ポーズだったり、セリフの言い回しだったりが、全体に洗練されて説得力が増している感じ。
点目になっている表情とか、絵でのオチの付け方も好きです。

0

一方的に好かれている気持ちよさは、とてもよく分かるのですが。

表題作の気弱なヘタレ攻くんがたまらないです。
実際、こういう子にツン攻撃してもこうなるでしょう。ある程度アプローチしないと、絶対歩み寄れないです。
奇跡的にまとまって、よかった、よかった。
贅沢云うと、妄想じゃなくて現実の絡みが見かかったです。

しかしよく考えると、好かれている事に優越感を感じつつも自分から動かないでイライラしている受ってずるいですよね。
一方的に好かれている気持ちよさは、とてもよく分かるのですが。

他の話も、「ああ、イシノさんだなあ」という感じで好きです。

ただ、本当にただの好き嫌いなんですけど、もみあげが長く残ってるのが駄目で。よく描かれるので「ほわー」と思います。外国人ならいいんですけど、胸毛、腕毛もっさりと同じくらい何か落ち着かない。
あ、臑毛は好きです。

0

普通なんだけどやっぱりイシノさん

イシノさんの作品を読むのはこれが3作品目です。
今まで読んできた2冊がとてもピュアでほのぼのな作品だったので、こういうはっきりBLと分かる作品も読めて良かったです。

全部で4組のカップルのお話が収録されていて、主人公達が既に付き合っているカップルもいれば、まだ付き合ってない状態のカップルもいます。
でもどのカップルも紆余曲折を経て…という内容でした。
一番楽しめたのは表題作です。
主人公2人の性格付けが好きでした。人がよくて健気でワンコな大学生とツンデレでちょっとS気があるアパートの隣人とのお話です。
年下で大学生の村井君のヘタレさにイラつく四ノ宮君なのですが、村井君の行動がいちいち可愛くて。
コミカルな部分もあって思わずクスッと笑ってしまう作品でした。

他の作品はすれ違いやそのカップルの問題点が描かれています。
言葉や行動で充分表せないのが切ない部分ではあるのですが、やっぱり相手が大事で取る行動が心温まるのがイシノさんの作品らしいなと思いました。

0

甘かったり苦味があったり

タイトル通り、あまのじゃくな、意地っ張りな、足踏みするような、簡単じゃない恋物語でいっぱいの短編集。

「あまのじゃくの恋」
「ユメのあとさき」
「ラブ&ピース①」
アパートの隣人で大学生の村井に懐かれている社会人の四ノ宮。
悪い気はしないという上から目線、好かれているという優越感、同時に気恥ずかしさから、村井に冷たく当たっています。
でもそこからどんどん四ノ宮の心境は逆転していって…
村井は元々ノンケ?で、自分が四ノ宮にどうアプローチしていけばいいのか全然わかってなくて、乱暴な表の顔の裏で実は熱くなっている四ノ宮とのズレが面白いんだけど、お酒の力を借りる四ノ宮も十分可愛い。

「ラブ・トリップ」
「愛の広島焼き」
恋人は漫画家さん(多分)。だからいつも忙しく、旅行を計画してもドタキャンになってしまう。
そして今回も…
いつも怒らせてしまう。悪いのは自分だけど。でもあいつだってすぐ怒るし。
こういうCPいるだろうね〜。仕事によってはいつもどっちかが怒って、どっちかが謝って。
でもこの作品の2人はとりあえず大丈夫みたい。

「しんじる者たち」
遠距離恋愛になってしまった大学生同士。せっかく会えてもなんかケンカっぽくなって。
でも、不安になってるのは自分の方。だから浮気なんかしてしまう。それをバレるようにしてしまう。どこまで許してくれるんだろうって試すように。
一応この2人も大丈夫。懐深い彼氏に感謝だな。

「春の夜に」
「きみの願いは」
長年の友人から恋人になった社会人x学生。
学生くんは恋人になった途端隠していた独占欲があふれ出してくるけど、社会人くんは鈍感で…
でもこの2人はケンカ未満で「好き」ってちゃんと言えました。


どのお話もエロはほぼ無し。心の揺らぎを描くのが上手くて、本作はハッピーエンドばかりだけど、不明エンドやダークで不穏な空気感を醸し出すのも上手い作家さんだと思う。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う