神様も知らない

kamisama mo shiranai

神様も知らない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×220
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
10
得点
229
評価数
60
平均
3.9 / 5
神率
40%
著者
高遠琉加 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高階佑 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
神様も知らない
発売日
価格
¥533(税抜)  
ISBN
9784199006418

あらすじ

若い女性モデルが謎の転落死!? 捜査に明け暮れていた新人刑事の慧介(けいすけ)。忙しい彼が深夜、息抜きに通うのは花屋の青年・司(つかさ)の庭だ。自分を語りたがらず謎めいた雰囲気を纏う司。刑事の身分を隠し二人で過ごす時間は、慧介の密かな愉しみだった。けれどある日、事件と司の意外な接点が明らかに!! しかも「もう来ないで下さい」と告げられ!? 隠された罪を巡る男達の数奇な運命の物語が始まる!!

(出版社より)

表題作神様も知らない

時永佐季 社長・26才
音澤司 花屋・26才

同時収録作品神様も知らない

加納慧介、28才、刑事
音澤 司、慧介の祖母の庭を手掛ける

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数10

言葉がでないくらい心が震えた

電子書籍版を購入。
3巻まで読んだまとめての感想です。

「神」評価です。
神の中の神です。
私の中の最上級です。

思いっきり切ないものが読みたくなって、この作品を手に取りました。
もう、予想以上の切なさ。
いや、切ないとは、違う。

……なんでしょう?

不条理感?
もうね、言葉がでない。
それくらい、心が震えました。


某所で「白夜行」と言われていましたが、まさしくその通り。

緊迫感、
出口の見えない閉塞感、
愛情の一言では収まりきれない二人の関係。

主要な登場人物は、四人。
それぞれの思いが絡み合います。
話の運びに無駄がありません。

3巻まで手元に準備してから読みはじめることをおすすめします。
そうじゃないと、先が気になって仕方がなくなるでしょうから。
はい。もちろん、私も徹夜で一気読みしてしまいました。

しばらく戻ってこれないくらい心が震えたい方には、是非、この作品をおすすめします。

4

1巻はあくまで序章

自身が"答えて姐さん"でたてた「伏線の張り方、回収が上手い漫画・小説を教えて下さい」という質問で教えて頂きました。
以前にもこの小説は見かけていて、パッとあらすじを読んで「なんか難しそうだし、BLっぽくないなぁ」と敬遠していたのですが、今回勧めていただいて、よし!と気合を入れて読みました。

あらすじを読んで素通りしていた過去の自分を、助走つけて殴りたいほど強く心を動かされました…
というか、全3巻読み終えた後は、本当に助走つけて殴られたのではというほど衝撃を受けました。
内容を詳しく書くとネタバレになってしまうのが非常に口惜しいところ。
人によっては地雷要素があると思います。
いや、でもこの本に限っては、BLにおける誰が攻めで誰が間男でとかそういうの、全てぶっ飛ばして純粋に、作り込まれたストーリーを楽しんでほしいです。
登場人物のそれぞれの思いが複雑に絡まって、張り巡らされた伏線を綺麗に回収しながら、結末に向かって転がり落ちていくその文章の運びは鳥肌ものです。

自身は、BL小説だからこの本を読んだわけですが、こんなに心を揺さぶられたのに、BLというジャンルであるが故に滅多やたらに人に勧めることが出来ないということがジレンマです。
BLというジャンルに収まっていることが惜しくなる、そんな小説です。

4

高遠先生の白夜

全三冊のシリーズ、第一冊目です。レビューの題をどうしようと考えて最初、「bl版の白夜行」にしようかとも思いました。ストーリー構想が似ているということではなく、一つの罪を境に二度と日の光が差す場所では会えなくなった二人を描いていること、作中に漂う仄暗い遣る瀬無さが根底では通じていると感じたからです。
横浜を舞台に花屋(庭師的な花屋)をひっそりと営んでいる司と、新人刑事の慧介、元モデルでいてモデル事務所の社長、佐季節。それに先輩刑事の流。
一見して繋がりのない彼ら四人の運命が、杉本麻里というモデルの転落死から静かに、動き出していきます。
日差しが眩い庭で出会った慧介と司、夜中の暗い庭で佐季を待つ司、半アル中のような流は・・この巻ではまだアレですが、何やら強い思いを秘めている。
bl的な面では、慧介と司はまだほんのりとしたものです。
佐季と司は、セックスの場面もあり、特別な関係であることが分かります。
特別でいて、複雑な関係なのだと。
流(この人が、どんどんカッコ良くなります)が「蛇のしっぽをつかんだ」と言ったところでラスト、蛇のしっぽとは何のことでしょうね?
ところで、この巻を読んでいて夜の庭でコーヒーを飲むのもいいかもしれないと、思ってしまいました。
慧介や佐季のような男性が来てくれるなら、何杯だって出しちゃいますよ。ええ。

3

あとがきは軽いネタバレだった…

重苦しい事件モノ…なのに個人的に萌えが滾りそうな程詰まっていました。

一巻ではまだ想像に過ぎないけど、過去何かしらの十字架を背負った少年2人の現在進行形な共犯関係は、まるで白夜行か松本清張か?ってくらい哀しい背景がありそう。
このパターンって犯罪ダメゼッタイ!精神が揺らぐんだよ…それしか生きる術が無かったんだ、と思うと犯罪を重ねる犯人に同情してしまうの。

内容を纏められなかったので(汗)箇条書きで印象に残った所を。

佐季の美貌(美貌の犯罪者はヒキが強い)

コーヒーの黒い水面に映った満月を飲み干すと会いたい人に会える

佐季が月なら慧介は太陽
月と太陽の間で揺れる司
切迫した状況なんだけど羨ましい

夜の庭を舞台に少しずつ近づいていく司と慧介…イイ

慧介の誰にも話した事のない出生の秘密(私はご両親の子だと思う泣)

ジゴロ崩れな風貌の流(ながれ)の謎の魅力
慧介とのバディ関係もグッド(慧介が番犬&尻ぬぐい役)

繁華街での大捕物のシーン 臨場感あってカッコよかった 機動隊訓練で鍛えた慧介の機敏さヤバイ


司にハッピーなエンドが待ってるとは思えないのが読んでいてツライ。
慧介は確かに太陽みたいな男性かもしれないけど、司に対してそこまで特別なにかをしているわけではないのに、ちょっとした優しさや反応に一喜一憂してる司はどれだけ日陰で暮らしてきたんだろう、と切なくなってしまう。
佐季に関してはそこまで感情移入しなかったのですが司は…なんか幸せになって欲しいキャラ、出来れば慧介とうまく行って欲しい!と思いながら続き読みます。

*あとがき読まないほうが良かったと後悔。この作品に関してはまっさらな状態で続き読みたかったなあ。

0

サスペンスですよぉ~!!

ミステリアスな設定のサスペンスものです。
続き物ですが全編で事件性の片鱗を端々で垣間見える内容で
かなり惹かれる作りになっていました。              
主なキャラは花屋の青年と幼なじみらしいモデル事務所の社長佐季。
清廉な新人刑事に過去の事件でも追っていそうな問題刑事。
花屋の青年、受け様司ですが社長佐季の攻め様とは肉体関係ありで
今回女性が殺される事件以外にも過去に何かあるような。
その過去を調べていそうなのがくたびれた問題刑事流。
その単独行動をする刑事の相棒的なのが新人刑事の攻め慧介。
事件とは無関係で慧介と司は出会っているのですが
後に二人は恋愛関係になります。
司は常に暗い影があるような寂しい感じの人で慧介は
何故か気になって司に会いに行きますが、司に好きになるから
こないでと言われ自分が司を好きな事を自覚してしまう。
そして司と佐季の関係もかなり複雑なんですよね。
佐季がキーポイントだと思うのですがかなり謎めいた人。
次回の続編は刑事の流が主役を抑えて出張るそうなので
次第に糸が解けて行くような展開ではないかと心待ちです。

5

続くのね

確かに、裏表紙のあらすじには「--数奇な運命の物語が始まる。」って、ハッキリ書いてあるわね。
しかし、
ホントに、始まっただけで終わるとは、、、。
いったい何冊ぐらい続くのかなぁ、、、。
最初の事件の謎的には、もうからくりが明らかだけど、次は流刑事のターンらしいので、佐季と司の過去と、流刑事の関わりが絡んでくるのかな。

それにしても、最後にちょっと出てきた日置検事が気になる。
本編そっちのけで、日置×流に興味津々。

4

萌えとはまた違う面白さ

確か、高遠さんの作品は初読みです。
こちらの作品は続き物だとは知っていましたが、とりあえず一巻であるこちらだけ入手してみました。
受けと攻めの両方の目線でお話は進みます。
攻め目線好きのわたしには、ありがたい作品でした。


攻めの慧介は神奈川県警、捜査一課の刑事で28歳。
県警のガンだと上層部から思われている先輩刑事・流の首につけられた鈴の役目を兼ねています。
今は元町の祖母の家に暮らしている。

受けの司は花屋兼ガーデナーの26歳。
慧介の祖母が庭を作り直すことにし、連れてきたのが司。
整った顔立ちに黒い瞳が印象的な青年。


序盤、事件は慧介の管轄内で起こったために捜査場面が多く、警察物という雰囲気を醸し出しています。
その操作上で慧介が訪れた先で、被害者の所属するモデルクラブ経営者・佐季と顔を合わせます。
佐季は流麗で誰もが見惚れてしまう男。
この佐季と受けの司は因縁があり、最初司は、佐季と体を重ねています。
攻め以外との描写が嫌いな方はご注意ください。
佐季と司は同じ傷を共有しあい、過去に何かしらがあったのは明白なんですが、今巻ではその辺りは語られていません。
序章で少し匂わされる場面が出ますけどね。

慧介は陽のあたる場所に、司は月光の降り注ぐ場所に、お互いがまったく正反対の場で生きています。
でも、だからこそ、惹かれあったのかもしれないと思いました。
彼らは今後、どうなるのか気になります。
佐季との歪な三角関係も。

横浜が舞台の作品でした。
横浜は馴染み深い土地なので、書かれている地理や距離感が自然に頭に描かれます。
その点も、作品に没頭できた一因であったかなと思います。
萌えというものとは自分的には違うのですが、読み物として素直に面白く嘘臭さがないです。
これは、主人公の一人である慧介の性格設定が絶妙なせいかもしれません。

4

ううっ、、早くー続きをぉぉ、、、

読み終わって一言。さすが高遠さん!!
ある事件を通して、一組の幼馴染と刑事のコンビを主軸にし
特に幼馴染組の人間ドラマや過去を深く見せながら、謎解きをしていく人間サスペンスドラマの構成は
「世界の果てで待っていて」で見せたその秀逸な手法をとり、ぐいぐいと引き込む魅力にあふれています!
この巻で何となくぼんやりと浮かび上がる事件のまだ見えない真相と、幼馴染みの関係。
更に、何と!この刑事コンビも?な予想にもうすでに次が待ち遠しくて仕方がありません。
どうぞ、どうぞ、早いうちに続編をーー!と願わずにいられません(涙)

マンションから若い女が転落した死亡事故は、薬物がでたことから殺人の疑いがかかり捜査が始まる。
アウトローな刑事・流のお目付け役のようにコンビを組まされているのは、若い慧介。
慧介の家の庭の造園に来ている司に癒しを見つけ、何となくその寂しそうな姿に惹かれて行く慧介。
司には、待っている幼馴染で恋人(?)の佐季という存在がいる。
被害者の所属していたモデルクラブへ聞き込みに行った時、その社長・佐季にただならぬ雰囲気を感じ取った流は独自に彼を調べ始める。

この佐季と司の関係が大きなカギになりそうです。
彼等が離れられない関係な元というのは一体何なんでしょう?
司は、佐季を愛しているのだとは思うのですが、ある種の呪縛のような感じもします。
司と罪を共有している、そんな関係にしか見えず、温かい愛情には見えない二人の関係でしたので、
司が、まっすぐで明るい太陽のような慧介に惹かれていくのは、それが佐季の命だったとしても、しごくまっとうな心の動きだと思います。
事件には、司も何となく関係しているような匂わせをしていますので、一体今後がどうなるのか、
司を好きになってしまった慧介の、慧介を好きになってしまった司の苦悩はどのように回収されていくのでしょうか?
そして、忘れてはならない主要キャラとして破天荒な刑事・流の存在があるのですが、彼が事件の解決、しいては佐季と司の過去に踏み込んでいくようなきがします!
事件面では彼は活躍すると思いますが、ラブ的に彼のスタンスはどんななんでしょう?
やっぱり、佐季・司・慧介の三角関係で、そこに流がはいってくるのでしょうか ?それとも、検事が?

とにかく、読み応えあり!
ドキドキワクワクというよりウズウズといった感じの期待感です。
おやじ好きとしては流が好きなんですが、若者組も気になるし、、
がっつり、本格的に読める好きな流れの作品です。
早急の続編・・・願う(汗)

2

夜の庭に沈む恋たち

ずっとずっと大事に寝かせていた作品。決して積んでいたわけではありません!
完結巻「ラブレター」の佐季と目が合ったの…遂に読む日が来た…

物語のカテゴリーとしては、サスペンスもの。
刑事が犯罪を調べ、完全だと思われていた事件の綻びから犯人を追い詰めていく。
そこに犯人の哀しみと愛が綴られます。
冒頭13才の少年2人の会話が配されて、2人が何か大きな秘密を共有していることが最初から明かされています。
そして時間軸は現在に移り、1人の女性が殺された事件へ。担当の2人の刑事、そして被害者が所属していたモデル事務所の社長が登場します。
元モデルの社長・時永佐季の美貌。
彼になぜか注目し嗅ぎ回る先輩刑事の流(ながれ)。
流に従いている後輩刑事の慧介。

そして、慧介が住んでいる祖母の家の庭に入っている若い庭師(花屋)・司。
司の寂しくひんやりした心象風景。そして彼の心を占めているのが佐季なのです。
夜の庭でしか会えない佐季と司の、秘密の関係。
そんな司の心に分け入っていくのが慧介なのですが、明るい太陽のような慧介にも人には明かせない秘められた部分がありました…
流の鋭い嗅覚で暴かれていく佐季の奇妙さ、司の抱える暗さ、事件の展開が、思わせぶりな伏線として絡み合い、推理物としても非常に面白い作品になっています。
BL的には、佐季と司の関係性と、互いに惹かれあっていく慧介と司の描写です。
本作の終盤に、慧介が彼らしくまっすぐに司に向き合います。佐季と過去に囚われている司は、怯えながらも今だけ、今だけ…と慧介に抱かれる、このラブシーンは何も気付かずただ優しくしようとしている慧介に対して、怖い、動けない、絶望、罰せられる、許されない…そんな司の対比が何とも切ない。
そして流は何を掴んだのか⁉︎
…というところでこの1巻目は終わり。

全3巻読んだ後の感想としては、やはり発端の杉本麻里事件が弱い。
司の人物造形は素晴らしいと思う。佐季の底知れなさ、秘密の感じもいい。
流の執念深さがいい。
慧介は…彼の過去にこういう哀しみを配さなくてもよかったかもしれない。ドラマが過剰になった気がする。
全体にバッドな結末を思わせる空気が流れている。必ず佐季の何かが暴かれ、司が絶望に沈む…そうなりそうな風景。
推理物としての面白さも抜群の1巻目。

1

続き物だったのかーーーー

 私の読書時間は、ほぼ移動中です。徒歩通勤の歩道とか(危険だけど中学生の頃からやめられない)、出かける時の電車の中とか。
 今回電車だったんですが、読み進めても読み進めても終わる気配がない!

 あれ? あれ? なんで?

 で、最後まで読んで「続くのかー」と心の中で叫びました。

 最初っからそう書いててくればよかったのに……。1巻とかさ。
 やけにじっくりと読ませる物語なんだなって思ったし、重要な登場人物が普通のBLよりも多く、まずカップリングを考えてしまう私は、混乱しました。
 えっ、誰が攻? あれ? この人も脇役ってわけじゃなさそうだし、どういうこと? って。

 だからまず、このお話は続き物で、カップリングうんぬんを重要視せずに、ラブは今後に期待して、お話を楽しむことに重点を置いて、読み始めるといいと思います。
 そう考えると、面白いお話でした! ミステリーがお好きな人には特にオススメです。
 そして、今後かなり泣ける展開になるのではと期待しております。彼らの過去とか~~。

 しかし……次で終わる気がしないんですが。「愛と混乱のレストラン」シリーズは、完結してから読んだので一気読みできたけど、今回は待つ楽しみを味わいたいと思います。早く読みたーい。


 それにしても、庭付きの家に住みたくなる小説でした!!!!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う