林檎堂書店・本店です。

ringodoushoten honten desu

林檎堂書店・本店です。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×28
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
63
評価数
20
平均
3.4 / 5
神率
10%
著者
たうみまゆ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥571(税抜)  
ISBN
9784403663321

あらすじ

林檎堂(りんごどう)書店の新入り店員・石渡(いしわた)は、 絵本担当の綾辺(あやべ)の優しげな風情に惹かれていた。 実際の綾辺は男前で潔いゲイ。 だがそれには目をつぶり綾辺ウォッチを続けていたある日、綾辺が元彼に暴力を受けていることを知る。 ヘタレなりに綾辺を気遣う石渡だが、きっぱり拒絶されてしまい!? 綾辺フェチの“変態”石渡(攻)と、実は肉食系ゲイの綾辺(受)。 そんな二人をなまぬるく見守る暗黒系オタ、体力バカ、ギャルら 個性豊かな面々とともにおおくりする、書店が舞台の、ゆるキュン!ラブストーリー!!

表題作林檎堂書店・本店です。

林檎堂書店店員 石渡
劇団員で児童書担当のバイト 綾辺

その他の収録作品

  • 中尾と大貫、新居です!
  • あとがき

レビュー投稿数6

めっちゃ楽しい林檎堂書店デス☆

たうみまゆさん、お久しぶりです!!
そんな作品は、自分達にもとっても身近な本屋さんが舞台。
書店の日常を舞台に色んな萌えがテンコ盛りで、とっても楽しいコメディ風味。
神をつけようか、萌え萌えにしようか、実は今でも迷っている程に、すごくすごく楽しくて面白い作品なんです♪
どこからどうやって書いていこうか悩むほどに、色々が満載で、でもネタバレも少しにしたいし、そこが悩みどころ~

文庫担当で林檎堂書店に採用になった石渡。
児童書の飾りつけに感心していると、その担当は読み聞かせもしているという男子店員の綾辺だったが、彼に惚れてしまう。
しかしこの綾辺、ちょっとM系の肉食バリネコ!?
ヘタレる石渡だけど、綾辺がDV元カレのせいで窮地に陥ったところに機転を利かせて救ったことで、何となくお付き合いが始まって、恋人になるんです。
この石渡が実に楽しいヘタレ(ちょい変態気味ww)
お礼に何でもするよという綾辺の言葉にしたリクエストは・・・エロ本の読み聞かせ!?
綾辺の性癖にオケツを心配してみたり、無意識に男色フェアをもよおしてみたり(爆)、楽しい書店員の皆々もわいわい盛り上がって、、、
書店に出没する幽霊にまでイライラされるヘタレぷりを披露しながら石渡と綾辺の恋の行方は?
という具合に、石渡キャラが抜群に冴えています♪

そして影に隠れてこっそり、いつの間にか、コミック担当の中尾と雑誌担当の大貫がデキていたのは驚愕!!
それは書下ろし「~新居です!」にて中継されます。
多分大貫が攻めかなwww

一見ほのぼのとした、楽しい書店生活(?)の流れの中だけど、ちゃんと恋愛進行も石渡と綾辺の恋人としての成長部分も描かれているので満足度が高いのです。

実際、書店仕事は自分もバイトしたことがあり、かなりキツイのは知っています。
でも、ここに登場する人達は本を愛して、仕事を一生懸命していて努力をしています。
そんな面もとても好ましいのです。
是非是非に、皆さんも林檎堂書店に・・・いらっしゃい~♪♪♪

1

みんなかわいいたうみワールド堪能できます

ここのところ読んでいたたうみ先生の新作にかわいさが足りない……と思っていたのですが、この漫画は登場人物どれもかわいくて大満足です。
1話1話が主人公達のラブストーリーだけじゃないところに帰結していき、テンポよく読めました。また、「本屋さんあるある」なエピソードも随所に見られて、登場人物が本当にどこかに生きてるような息遣いが感じられてとても楽しく読めました!

個人的にはオタクの中尾くんがストーリーのはざまにちょいちょい見せる大貫くんとの仲の良さが気になっていたのですが、最後に大貫くんと中尾くんの話がどーんと待ち構えていて、嬉しかったです。漫画の中のキャラのはずなのに現実にいるちょっと気になる二人組って感じで、二人の物語がもっと読みたい…と思いました。

1

ほのぼの~

絵柄がかわいすぎるので内心どうかなーーと思ったけど、
個人的には大当たり!でした。

エロは少ないのでBL的に物足りないと感じるかもしれませんが
書店で働く5人のキャラがよく楽しく読めます。

0

BLみは薄いけど、書店員さんネタが面白い!

「ガイコツ書店員 本田さん」的な書店ネタも交えつつのストーリーで、読み物として面白い感じです。(たうみさん自身、実際に書店で働いてらした経験があるようです。)
本屋さんの裏側ってネタの宝庫??
店長さんが毒づきまくってる忘年会とかこれきっと実話でしょ?と思いながら読みました。笑
本体より付録の方がかさ取ってる女性誌は、あれはもう本じゃねーわな(同意)

たうみまゆさんってね、キャラが飄々としてるというか、一風変わってるキャラがたうみさんの普通というか、絵柄がクセのない可愛らしい系だから余計に意表を突かれるんですよね。
今作の主人公〔石渡〕も、メガネで無個性な真面目くんかと思いきやナチュラルに変人かつ変態ですので。
でもって周りの皆さんも全員がキャラ立ちまくりです。
受けの〔綾辺〕がなにげ一番の薄キャラかも。

児童書担当で絵本の読み聞かせが得意な綾辺に、恋人の特権(?)でエロ本の読み聞かせばっかりしてもらってる石渡よ・・・子供達の綾辺になんてことさせてるのw
石渡がこういう調子のキャラ(こじらせオタク?)なんでトントン拍子には付き合うものの、色っぽい展開で色っぽい展開にならず全体的に少女マンガっぽいノリ。
BLみはだいぶん薄いです。
・・・といいつつ、ちゃっかり主役カプ以外にもう1組デキてるミラクル!

本屋さんにもう全然行かなくなっちゃったけど、こういうの読むとたまには出向いて棚巡りなんかをしたくなりますね。

【電子】ebj版:修正-、カバー下なし、裏表紙なし

1

本屋さんBL

なんですけど、あくまでも主役は書店の日常で、
たまたまそこで働いてる人たちが男子同士でLOVEってたよ!
という印象で、
個人的にはそんなBL~萌え~ ってはならなかったです。
普通にまんがとして面白かった。
(これも年下攻だと思うんですけどねー)

業界の裏側ってこうなってるんだよ、
みたいなの大好きなので、本屋さんのお仕事ってこうなってるんだーといろいろ興味深くかつ楽しく読ませていただきました。
個人的には海外旅行のガイドブック買うときしか、もはやリアル書店さんにはお世話にならなくなってしまっているのですけど、
学生時代、本屋さんに日参してはいろいろ立ち読みさせてもらってたなあ…と懐かしく思い出しました。(いや、そのあと買ってたけどね!)

0

途中までとても良かった。

書店で働いていたことがある方にとってはよりリアリティがあるんだろうなぁと思いました。

書店で働く皆がそれぞれ
キャラがしっかりしていて
とても良いなぁと単純に感じました。

キモイと言われることが多い
石渡くんは、児童書担当の綾辺くんのことが気になって仕方ない。
子供達に絵本を読み聴かせてしていたり、コーナーを可愛くディスプレイしていたり・・

石渡くんじゃなくても、たいがいは綾辺くんを好きになるだろうなと思う。

中盤までめちゃ楽しかったのですが、途中から想像していない展開に・・・
霊的な・・・・

そこから一気に興味がさがりましたが、全体としてはとても
暖かい雰囲気な作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う