恋するハネムーン♡

koisuru honey moon

恋するハネムーン♡
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
22
評価数
9
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
角川書店
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784041204320

あらすじ

添乗員の遠和は、ハネムーンツアーになぜか男ひとりで参加した首藤に「俺の嫁になれ」とせまられて…! ? 新米ツアコンとオレ様旅行者のスイート・ラブほか、旅する男子たちの極上ロマンス短編集!

(出版社より)

表題作恋するハネムーン♡

首藤貴範 ハネムーンツアーに何故か一人参加
逢月遠和 新人ツアーコンダクター

同時収録作品恋するゲレンデ♡

岸(一人旅のスキー客)
平野 ケン(大学生)

同時収録作品恋するラブツアー♡

アーサー リード(教授の友人)
綾野 智(22歳、建築デザイン会社勤務)

同時収録作品恋するラブトリップ♡

谷地(秘境ツアー専門添乗員)
片桐 貴哉(イケメン添乗員)

同時収録作品恋する夜♡

森田 小次郎(女にモテる幼馴染)
五月野 優(幼馴染に片想い拗らせ中)

その他の収録作品

  • Sweet Room 恋するラブツアーエピローグ
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

何で俺なの⁈ が、ちょっとだけミステリーな、謎解きな楽しさ。

それぞれが短か過ぎる、ショートストーリーなのですが、絵の可愛いらしさと共に、
『何で、俺のこと好きなの⁈』が、その短か過ぎる中にもちゃんと描かれていて。
もちろん、短か過ぎるので、もっと読みたい感はあるんですけど、これはこれで、簡潔に
完結された、いい短編集だと思います。何と言ってもカワイイ♡

■表題作「恋するハネムーン♡」
うははー。これは可愛い♡ 私は表題作が一番好きです。ハネムーン・ツアーなので、新婚カップルばかりが参加するツアーに、何故か男性お一人様で参加する、首藤様。背も高く、イケメンの彼が、何故お一人様なのか。嫁に直前に逃げられたのか。そもそもどうして、お一人様で参加出来たのか⁈
新人ツアーコンダクターの遠和は、首藤様から「俺の嫁になれ!」と、熱烈に迫られ、戸惑ってしまう。「何で、俺なの⁈」は、後半に分かるのですが、天然か⁈ と思われる、首藤様の攻めまくりにあわや流されてしまう、遠和。こんなイケメンに迫られたら、男同士とか、もぅどうでもよくなっちゃう。っていう。

■「恋するラブツアー❤︎」
初めての海外旅行で訪れた地で、2年前、大学の教授の知り合いだとかで、研究室に遊びに来ていたアーサーと再会した智。あの頃と同じ様に熱烈に迫られて、戸惑いを隠せない智。どうして今頃⁈ 黙って俺の前から姿を消したクセに‼︎ アーサーには実は…? という、お互いに本音を話す機会の無かった二人の、ああ、勘違いラブ!

■「恋するラブトリップ♡」
イケメン添乗員同士がツアーの下見にロケに出かけたら…。それぞれライバル同士の谷知と片桐。二人っきりのロケに、片桐は意識しまくり。叶わない恋だと諦めていたけれど…。この作品だけは、あまりにも短か過ぎて、ちょっと無理し過ぎか⁈(いや、全部そうなんだけどね。)

■「恋する夜❤︎」
幼馴染のヤリチンに想いを寄せて、早十数年。ついに想いを告げようと決意した、二人っきりの温泉旅行。待ち続けてばかりの優に告白なんて、出来る筈もなく。そして、鈍い小次郎は何も察してくれないのだが。自分の好物を当ててみろ、と戯れに言う優の前で、目を閉じた小次郎に、ソッと口づけようとして…、止める優。やっぱり、告白なんて、怖い。そして…。モダモダしている優にようやく気付く小次郎の、ちょっとだけ覗かせる腹黒さが、この後心配にもなりますが、ヤリチンの割に女とは直ぐに別れているので、大丈夫なのかも、と安心させてくれます。

■「恋するゲレンデ♡」
少女漫画的定番ネタ。下手くそな初心者のケンを助けてくれる、カッコいい王子様、岸さん。岸さんは何か勘違いをしていて…。(というか、私も勘違いをしてました‼︎)ゲレンデは彼をカッコよく見せるから、一冬の恋で終わらなければ良いですが。…って、そんなの全部に言える事だけど。

描き下ろしは「恋するラブツアー❤︎」のエチ増量です。「恋するハネムーン♡」のその後が見たかったな。「旅先での恋は遊びに決まっている」なんて、他のツアー客に言われて、傷つく遠和。っていうシーンもあったりするんですが、それもよく聞く話。この旅を終えた恋人たちが、その後も甘い甘い日常を続けていることを願います。全部ショートトリップなので、駆け足感は言わずもがな。あとは脳内で補いましょう。

0

こういうのは毎日読みたい!

海外だったり国内だったり…旅行をテーマにした短編集でした。

表題作は旅行会社の添乗員とそのお客様のお話なのですが、なぜか一番最初から客である首藤が添乗員の遠和にめろめろ…。
それに次第にほだされていくストーリーですが、最初は一体なぜ?て思います。けれどそれほど無理なく楽しめました。
短いお話なのでわりと軽めかなあと思います。

短編なので、全部さらっと読めるスタンダードな、いかにもBLっぽい話ばかりなのですが、それが逆にとてもいい。
せつなくて感動するお話とか、もどかしくて内容の凝ったお話はたまに読みたいけど、こういう軽く萌えられるのは毎日読みたい!て思います。
砧さんの絵も大好きです。

最後に入っていた、友達に長い間片思いをしている温泉ものと、スキー旅行のお話が好きです。
ただの友達だったのが旅行で…というのも結構好きですが、旅先で出会って…というのもいいなあと思いました。
難を言えば、出会ったばかりで恋になるのが早いかな?と思わなくもないですが、逆を言うと普段とちがう旅先という非日常だから恋になるのかもしれませんね。

2

恋する男のコがたくさん出てきます

恋する男の子たちの可愛いお話が詰まった短編集です。『恋する~』という題名シリーズで、どのカップルも旅先で愛が育ってます。

表題作は、ツアーコンダクターと客のお話です。
グイグイ迫ってくるのは好きだけど、店先で一目惚れしたからって、ハネムーンに一人で参加するのはちょっと違和感がありました。
好きだったのは、幼馴染同士の『恋する夜』です。
苦しい片思いに決着するために嘘をついて、温泉旅行に連れて行ったけど勇気がなくて…と、ちょっと切ないお話です。結ばれるまでの過程とか、自然で感情移入できて良かったです。
他の短編は、エッチまでが早くて、唐突感や物足りなさを感じました。

2

あっという間

ふわふわした線のイラストになんどか、読み止めしそうになりましたが、最後まで読んでから
読み直すと、ふわふわしたイラストは優しさに感じました

読み進めるられるかどうか
というのはあります

幼馴染の2人ですが
音信不通となったまま時は過ぎて
数年来ぶりに顔をあわせた時には
片方には子供がいた
妻とは離婚している

この子供は実は自分とは血が全くつながっていないこと
結婚した妻とはつきあっていないこと
亡くなった両親のことなど
徐々にわかるのですが

結局この2人が何年あっていなかったのか、その間の葛藤は?みたいな部分はふれていないのですが

これからは、2人と子供、三人で生きていくという強い結末はありました

会えない間の葛藤がもっと描かれていれば感情移入できたのになと
思いました

0

旅先短編集!

砧菜々先生の短編集です(*^^*)
短編なのですぐにくっついてしまい、駆け引きやドキドキはないのですが、
さらっと読めて良いです☆絵も可愛くて背景も手を抜いていなくて綺麗です。
《恋するハネムーン》 ツアーのお客様さん×ツアーの添乗員
嫁という言葉の使い方がよく分からないのですが、実はもっと前から好きだったというのが良かったです。d(^_^o)
《恋するラブツアー》 外人×デザインを仕事としている日本人
外人がイケメンです キャラクターに動きがあって面白いです
《恋するラブトリップ》ツアーの体力派添乗員×ツアーのイケメン添乗員
片思いの話です。相手は好かれている事に気がつきません。ちょっと最後無理があるかなーと思いましたf^_^;)
その他2話も物語に深みは無いですがほんわかします^^

1

絵が綺麗!

各話『恋する』とタイトルがつけられている短編集です。
ほんっとうに絵がお綺麗なので、うはうはしてしまいます!
…が、少々トキメキ加減が足りないかな、なんていう印象が否めません。(すみません)

全て、カプのどちらかが恋心をいだいていて、
ちょっとしたハプニングやアクシデントがあり、
それを機会に体を重ねて両想い…みたいなお話でした。

お互い惹かれる理由がもっと明確だったらなぁ…なんていうと生意気ですね;
ごめんなさい。

ただ、『恋する夜』が一番きゅんとしました!
幼馴染の小次郎は、女の子と付き合っても長続きせず、
「キスすると違うなってわかる」なんてヒドイやつ;
そんな男ををずっと好きだった優は、思いを伝える為に
二人きりの温泉旅行を計画・実行します。
が。
客室に置かれてあるまんじゅうにネットで購入した惚れ薬をかけても反応無しw
一緒に大浴場へ行っても、まさにじゃれて終わるだけ…。
御馳走にテンションが上がる小次郎と反対に、
どうすれば色っぽい展開に持ち込めるか悩みます。
好物を強奪され、お返しに好きな物を取る!といきまく優、
見ずに当ててやると目を閉じる小次郎。
一番欲しいものは小次郎…とキスしようとしますが
触れてしまったらもう戻れないと思い直し未遂に終わります。
しかし薄目を開けていたという小次郎にバレ、
キャンセルが出た貸切露天風呂に強引に連れていかれ…♪
つか、湯船の中は雑菌がうようよしてるらしいんですが!w
初めてなので、いくらなんでも
ローション使用で愛してあげて!とおせっかいな気分。
ま、そういうのは置いといて、
小次郎に想いがバレてエレベーター内で真っ赤な顔を手で隠し
「か …帰る…」と言った優に萌え!

デッサンの狂いも無いし、綺麗だし、なかなかラブリーなんですけど
さくさく結ばれる様子が物足りなく感じてしまい、それが残念…☆











1

全編甘い~~

胸やけするような甘い作品のオンパレードでした。
表題に続く収録タイトルが全て恋するなんて付いているので、同じカプの話だと
ばかり思っていたら、旅にまつわる恋バナのお話を1冊にまとめた作品でした。
ツアコンと旅行者の表題は、新人ツアコンが引率するハネムーン企画に男一人
参加してる攻め様がいて、ツアコンの受け様を初めから口説くお話です。
ふと立ち寄った旅行会社で受け様に出会い、一目ぼれしてツアーに参加し、
受け様を口説き落して恋人になるお話ですが、可もなく不可も無くってところかな。

恋するラブツアーは、あるお城のデッサンをする為に一人旅した受け様が
2年前に言い寄られていた攻め様と再会して、互いに誤解しあった事が解決して
ラブラブ恋人になる話。

恋するラブトリップ は、同じ会社の同僚ツアコン同士が、次の旅行企画の為に
二人で恋が実る花を探しに行く話で、片方が片思いしていた攻め様に告白して
恋人になる話で、その花の場所で実った恋にあやかって恋愛成就のツアーを
二人で案内する事になるような内容です。

恋する夜 は、これも片思いから恋人になるお話で幼なじみ同士が攻め様の失恋を
切っ掛けに受け様が状況打破の為に旅行に誘う内容です。
この思いは報われるのかという恋バナ。

恋するゲレンデ は、そうですね、スキーです、ロッジです、恋です。
なんかちょっとだけ設定が違うだけで同じ展開で(笑)
片思いから旅行を切っ掛けに恋人同士になるまでを描いているのですが、
どれも印象が同じ感じでしたね。イラストは綺麗ですよね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ