俺のこと、追いかけてください。

悪い子のためのわすれもの手帖

wauikonotame no wasuremonotechou

小恶魔的偷心手札

悪い子のためのわすれもの手帖
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
45
評価数
14
平均
3.3 / 5
神率
7.1%
著者
砧菜々 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784877241223

あらすじ

葦原先輩はノーマルで、後輩(♂)の僕なんかに興味持つわけないってあきらめてた。でも、会議中に偶然目が合って……つい、出来心で。あなたの目の前でワザと忘れものをするのは、あなたの気を惹きたいから。追いかけてきてもらいたいから。だって、ずっとあなたを見てたから。
描き下ろしおまけまんがも収録!
出版社より

表題作悪い子のためのわすれもの手帖

葦原(リーマン・先輩)
佐野(リーマン・後輩)

同時収録作品僕にください

(攻め受け未定)原田(新郎の元彼)
(攻め受け未定)会田(新郎の友人)

同時収録作品グリーングラスロード

遼(大学生・バイト)
逸朗(珈琲専門店、マスターの息子)

同時収録作品ブルードロップ

(攻め受け未定)タマさん(レコード店店主)
(攻め受け未定)ハル(ドイツの珈琲店の子息)

同時収録作品豚丼伝説

陸(丼屋)
羽根田翼(ボクサー)

その他の収録作品

  • 悪い子のためのおまけまんが。(描き下ろし)

レビュー投稿数11

面白い短編集!

絵が見やすくて可愛らしいです!
後輩の小悪魔な忘れ物の作戦が良いですね(*^^*)なかなかいじらしいww
最後におまけがあるのですが、ラブラブっぷりをわざと見せつけるとかそんなリーマンいたらかわええなー思いました!
あと、豚丼伝説という短編が面白かったです(^O^)/
丼屋さんの相手のために突き放してはみたものの会いたくなっちゃった所とか、ほっぺにちゅーとか可愛らしいです。 オチもいいです!

短編集なのに個人的に買って損はないと思います♡

0

表現力

借りて読みました。
表情がとてもいいなと思います。
恋してる顔とかあきれた顔とか、表現が上手。
一緒になってきゅんとしちゃいました。

絵もきれいでいいですね。
これで2009年…今年発売って言われてもわからないくらいです。

0

短編としてのクオリティが高い!!

どの話も面白くて、短編集としてはかなりのハイ・クオリティではないかと思います。
キャラはどれも素敵ですが、表題作の受けの佐野君がめちゃくちゃ可愛いんです…!!(*´д`*)
『待てとか言われたら一生帰りませんよ!』
なんて殺し文句をあんな可愛い顔で言われたらそりゃ落ちますってw
ワザと忘れ物をするぐらいじゃ全然黒さレベルは低いですが、書き下ろしの「悪い子のためのおまけまんが。」を読んで、思わず「黒いなぁー」と呟いてしまいました。
黒い、というか計算高い?
そこもかわいいんですけどねっ☆
『小悪魔リーマン』というキャッチに偽りなしです。

2

小アクマ後輩とノーマル先輩

 絵が綺麗です。男子がイケメンでかっこいい……!
 表題作はリーマン物で一応先輩×後輩。
 気をひこうとしてわざと忘れ物したりする後輩が、タイトルの「悪い子」という解釈で良いのでしょうか。もっとも「君は悪い子だねッ」っていう軽いノリの悪ではありますが。一般的な女子の小アクマ的な感じですかねぇ。
 ちなみに、書き下ろしでも小アクマっぷりを発揮してますので、そちらもお楽しみいただけると思います。
 Hなんかに関してはあっさりしているので、かわいい小アクマ後輩がどんな手を使って先輩を落とすのか、を楽しむ物語でした。

 ただ、駆け足感があったのは否めない。
 同収録の他の作品もそれなりに楽しめたのですが、やはり表題作が一番おもしろいと思ったわたしからしてみれば、好きだからこそ、何かが残念です。

1

僕のこと、追いかけてください

サッパリとした短編集。
読後爽やかヾ(*´∀`*)ノ゛
絵的にもカワユイです。
まぁ、贅沢を言えばインパクトには欠けたかな。

表題作『悪い子のためのわすれもの手帳』
お互いに意識してる2人。
気になる相手を誘うか誘わまいか。
ここは勇気をだして…と、心を奮起させるわけですが、なぜか心を読まれたようにあれよあれよと2人でデートすることになり…部屋で二人きり…!?

うまく計算された話かなと思いました。
ようは、受の手腕といいますかww
そのくせ、不安にかられて闘争したり、おどおどしてみたりという支離滅裂なところも可愛くてアリだと思いました。
まぁ…押すのか引くのかどっちやねん!!
と思わなくもない…

■グリーングラスロード
コーヒー専門店のマスターの息子さんとバイトくんのはなし。
天然というか鈍いというかな息子さんと、一途なわんこくんが好きです。
タマちゃんの好きな人がマスターって設定はこのうえなくツボ。
残念なのは結局片思いのまま終わってしまったことですかね。

■豚丼伝説
へにゃっとしてて、好きな相手のまえではこのうえなく可愛いのに(見た目含め)ボクサーっていう設定は面白いと思った。
受だし(´∀`)←重要
一途な子はときめき倍化
まぁ難といえば攻くんですかね。
自分がいるからダメなんだ。勝てない…と距離を置く話をしてそうそうに会いにきたりとか
我慢きかなかったりとか
会いにくるだけに飽きたらず結局ヤっちゃったり。
どうなのよ
泣けばすむ話じゃないのです……

とりあえず2人はラブラブではあるんですが…
豚丼100杯
これ…本気だったんですね( ̄○ ̄;)

0

ツボだった

受け攻めが今ひとつはっきりしてないんだけど、それでもいい感じに読めるのでおもしろかったです。
タイトル作が一番好きです。
豚丼伝説は、おそらく受け攻めが逆だったら神でした。
残念。

0

玉石混淆

短編集です。
面白い作品とつまんない作品が半分半分で、中立にしようか萌えにしようか迷ったんですが、表題作がキリッとまとまったいい作品たったので萌え評価にしました。
「忘れものをするのは計算でした」って冒頭からの流れとラストの絞め方、この繋がりのあるオチ、非常にまとまりがいいんですよね。
『』の、「自信満々キャラの弱さの見せ方」も上手かったです。
俺様キャラやツンデレキャラが崩れる瞬間って、ただ崩れただけじゃつまんないんですよね。きちんと前段階で説得力のあるエピソードを描いておいてくれないと。そういう意味でこの作家さんは上手いなと思いました。

苦手だったのは、リーマンなのに他人の視線に無頓着すぎるところとかかな。キスシーンを会社の人に見られるとか、趣味じゃないんですよね。相手によったら取りかえしつかないしさ。リーマンはもうちょい慎重なほうが萌える。

0

店員さんが受けだったら!!!

絵は今風で素晴らしく綺麗です。
表題作とメガネくんのカフェの話と最後の結婚式の話は好きです。
おまけ漫画で、表題作の二人は普通に纏まったんですね、良かった、良かった。
後輩は小悪魔よりは必死な方が好みだったかもしれません。
いや、必死は必死なんですが。

カフェの話もほんわかで可愛い。
タマさんはそこまで好みじゃないので、その続編は何となくはいれなかったです。

豚丼はどんぶり屋さんが受けのが好みかなあ。

こればっかりは仕方ない。惜しい!!

0

ほんわか可愛い短編集

短編集ですが、全体的によかったと思います。
さらっと読めるポジティブなお話が多かった。

「悪い子のためのわすれもの手帖」
表題作は会社の後輩と先輩で、後輩が可愛いのにちゃっかり腹黒な感じでした。佐野は葦原に気があり、わざと忘れ物をしては届けてもらう、など手の込みようが細かくて女の子が使いそうな手かも、て思いました。
そのままくっつく流れが、実際こんな事あるの?て感じなのになんだか短い映画のようでよかったです。

「豚丼伝説」
変わったタイトルだけど可愛いお話でした。ボクサーの翼は恋人の陸と同じくらい、陸が作る豚丼も好き。だけど、試合まではどっちもおあずけ、というお話。
この子が意思が弱くて、陸や豚丼に気を取られて全然集中しないのがどうなんだと思ったのですが、馬鹿な子ほど可愛い、みたいなお話でした。
コメディなんですが癒されます。

「僕にください」
これが一番お気に入りです。短く終わって恋にいたるまででない話なのに、失恋したものどうし、もしくは恋の辛さがわかるものどうしが出会って…という作品が好きです。
結婚してしまう好きだった人を笑って送り出すというのが辛い。
ほんとはどっちが好きだったのかな、という今となっては仕方ないというせつないテーマがよかったです。

0

あざと可愛い小悪魔リーマン♡

表題作が、とっても短いんだけど、とっても可愛い♡
あざとくも可愛い♡ 小悪魔、佐野。顔も可愛けりゃ、先輩の気を惹くそのあざとさも可愛くて♡
知らず知らずにその可愛い罠にハマってしまう先輩。
途中で、『こいつ、わざと⁈』と、先輩も気付くのだが、その時には、もう可愛いくて仕方なくなっている。
佐野の、いっぱいいっぱいになってる癖に、ノンケの先輩を「一度くらい血迷わせてみたいなぁって。出来心です。」なんて、強がって。嘯く佐野が切なくて。可愛くて。
けれど、多分最初から。先輩は佐野の熱視線には当てられていた筈。
もちろんハッピーになります♡

表題作の可愛いさに比べたら、わたし的にはトーンダウンしてしまうのだけど、
長さで言ったら、その次の「グリーングラスロード」と「ブルードロップ」という二つの作品が続きになっている中編なので、こちらを表題作にしても良かったのかも。というボリューム感。
コーヒー専門店を舞台にした恋物語。
カフェのマスターの息子と幼馴染のバイトくんの恋をメインに始まるのですが、
実は父親であるマスターに報われない恋を募らせて来た、お店の常連、タマさんの切なくもほろ苦い失恋の物語でもあって。タマさんの想いになんて全く気付いてもいない、ノンケのマスターは女の人と結婚している。自分の心の為に、思い切って告白をして、その想いにケリを付けるタマさんだったが、全くもって、意味が分からず、きょとんとしているマスター。とてもとても切ないです。
後半は、このタマさんに新しい恋人が出来るという救済措置になっているけれど。
マスターが、今で言う「イケオジ」でもあるので、そういう意味でも何だか切ない。

「豚丼伝説」については、他のレビュアーさんに同意します。受け攻め逆ですと読みやすいです。
陸が、ボクサーである翼の体を気遣うのは分かるのですが、ならば‼︎ その躰を攻めないで欲しい。
受けろ‼︎って、思ってしまう。そして元気いっぱい、ボクサーの翼には、格闘家本能とそのワンコ気質から、やはりワンコ攻めでお願いしたい。

「僕にください」もほろ苦いショートストーリー。短いけれど、ノンケにひっそりと恋をして、終わらせる切なさ。

砧先生の可愛い可愛い絵柄と共に、意外に切なさを併せ持つ、読み応えありの短編集です。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う