性感エステ、俺にシてください。

出張ホスト NYU BOY

shucchou hosuto nyu boy

出張ホスト NYU BOY
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神72
  • 萌×235
  • 萌21
  • 中立7
  • しゅみじゃない15

67

レビュー数
16
得点
570
評価数
150
平均
3.9 / 5
神率
48%
著者
紫能了 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784829686065

あらすじ

「N」ノンケ
「Y」ヤリチン
「U」内気な
BOYが、あなたの心と体を満たします。

女性専門性感エステのホスト・圭の前に現れた客は、男子学生・成瀬だった。女性にするようにサービスしてほしいという彼に、圭は「原点回帰コース」を施し切り抜ける。騙した成瀬に“誠実な”サービスはできないから。しかし、成瀬の希望には想像以上に切実な想いがあって・・・。

ギャグとシリアス&エロが交錯する、大注目・紫能了のデビュー作!!

表題作出張ホスト NYU BOY

片桐圭、女性専門性感エステの出張ホスト、29歳
成瀬コウジ、大学生、19歳

その他の収録作品

  • 〜原点回帰コース〜
  • 〜メレンゲ生殖コース〜
  • 〜カウンセリングコース〜
  • 〜性感エステコース〜
  • 〜最終回〜
  • 描き下ろし〜その直後〜
  • あとがき
  • キャラクター設定

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数16

愛し愛されたら

ちるちるさんのインタビュー記事、作品紹介ページでの「“普通”に拘る病気」というセリフがとても気になって、読んでみました。

大学生の成瀬コウジ(受)は、ノンケの男に恋しては振られ、同性愛への偏見に傷ついてきました。コウジがノンケの男に拘るのはどうしてだろう。自分がゲイで普通(=大多数)からはじかれてしまったことが悲しかったからなのかな。ノンケの男は性癖を隠す必要がなくて、のびのびしているところが良かったのかな。コウジの気持ちは想像するしかないのだけれど、普通に拘ってしまうコウジがすごく切なくて。

そんなコウジの気持ちを受け止めたのが、女性専門性感エステの出張ホスト・片桐圭(攻)。自分が普通からはみ出していると感じるのは、それだけ感受性が豊かだからなんだよと、コウジの苦しみを肯定してくれるのです。すごく人間が大きいなあと感心したのですが、コウジの「愛されたい、受け入れられたい」という真っ直ぐな気持ちに触れて、圭の感情も揺さぶられていきます。圭がコウジをリードしていたはずなのに、いつの間にか互いに必死に相手を求めていて。エロシーンはかなり濃いめですが、二人の気持ちがどんどん近づいていくのが伝わってきて、とてもよかったです。

ホテルを出て、二人は駅のホームまで手をつないで走ります。そして、圭はコウジに「自分らしく生きることをあきらめないで」とエールを送り、姿を消してしまいます。なぜちゃんと好きだといわないの?と思いましたが、短い回想シーンと今までの圭のモノローグを読み返して、圭は仕事を懸命にしてきてずっと誰も好きにならなかったから、どうしていいか分からなくなってしまったのだろうと思いました。自分のことになると、途端に不器用になってしまうのが、じれったくて。

追いかけてきたコウジと圭を引き合わせて背中を押す社長さんが、粋でいい男です。余裕なく赤面しながら、コウジに「好きです」という圭が、可愛いです。二人が愛を誓う場面まで、最後は息つく暇なく読ませます。
愛し愛されたら、きっと“普通”なんてどうでもよくなってしまうのでしょうね。幸せそうな二人を見て、そう思いました。

重いテーマの話なのに、ギャグがテンポよく挟み込まれ、一気に読んでしまいました。コミカルなキャラの絵も可愛くて、ほっこりしました。カバー下の二人の設定も楽しい。ぜひ、続編を読んでみたいです。

10

盛大に泣いた。

突き抜けたギャグトーンで始まる本作、よもやこんなに泣かされるお話に展開していくとは。
新人作家様ならではの勢いと熱量に心揺さぶられる感覚と、ストーリーそのものに泣かされる感じが合わさって、3話目から思いっきりボロ泣きでした(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
笑って泣いて、読み終わる頃には心がカラッと晴れ渡るような感覚。
共感できるセリフ、いっぱいありました。

特に私の中で印象的だったシーンのことを。

それは二つの“こぼれる”シーン。
一つはナルちゃん(受)の心のダムが決壊するシーン。
ナルちゃんは今にもこぼれそうなんだけど表面張力でギリギリこぼれずに保たれているグラスいっぱいの水の上に立っている。そこに圭(攻)の言葉が優しくヒビを入れてあげて、グラスは割れる。当然水は勢いよく流れる。
このシーンだけならよくある表現かもしれません。でも次に出てきたもう一つのこぼれるシーンでどうしようもないほどグッときてしまったんです。
それは圭がマッサージオイルの入ったビンを倒すシーン。
ハッキリとは描き示されてはいないけど、これは圭の心のダムの暗喩だと思うんです。
ナルちゃんとは違い、圭のダムはあのビンの中身のように倒しでもしない限りはこぼれないくらいに減っていたんだけど、それでも倒せばこぼれるし、こぼせるんです。
ここにすごいハッとしてしまった。
そこから圭が一気に心の内をぶちまけるシーン、ナルちゃんのシーン以上に涙無くしては読めなかったです。

この作品の良いところは、「普通じゃない」ことをセクシャルマイノリティに限定していないところだと思います。
ナルちゃんはノンケの同性を好きになってしまうから恋愛を諦めてるんだけど、圭の方はまた別の理由で恋愛を諦めてる。
そういう2人が出会った、ということが2人にとって意味があった。
そして、ナルちゃんのようにギリギリの状態で自分には無理なんだから諦めろと言い聞かせて諦めてる人もいれば、圭のようにすでにそんな葛藤すらも失くして諦め切ってる人もいる。
「普通の恋愛」は出来ないから、諦めざるを得ない。それは仕方がないことだと思っている。
諦めなきゃいけない人たちを生み出す「普通」って何なんだろうね。
ナルちゃんの「愛されるってこういう感じ…なのかな」ってセリフが突き刺さりました。
その後に描かれる、ナルちゃんがこれまで向けられてきた好奇の目を圭が身を以て知る場面が苦しいです。ああ、こういうことかと、本当の意味で圭は知ったのでしょうね。

欲を言うなら最終話の前にあともう1,2話欲しかったなぁ。3-4話の盛り上がりから一気に終わってしまったのがちょっともったいなく感じました。

とはいえ迷わず神付けたい面白さ!
ユニークな作風ながらも解りやすく共感しやすい叙情詩的なところが良いんだろうな。
またお一方、今後を追いかけたい作家様がデビューなさいました♪
引き出しが幅広そうなので、次はどんなものを読ませてもらえるのか楽しみです!


最後にちょっと電子版のこと。
これ電子はオススメできないかも。
繊細で綺麗なトーン仕上げの肌なので無粋な白抜きに腹が立つってのもあるんですが、それ以上に、本作は「擬似恋人セックス」という設定がお話上大事な意味合いを担っているので、白抜きだとエロシーンっぽさばかりが強調されて印象を変えてしまっていると感じました。(紙版だと黒棒線)
白抜きされることでかえって要らない卑猥さが足されてしまうこのジレンマ、ほんと悩ましいなぁ~_~; どうにか出来んもんかねぇ。。

6

"普通"を共有出来る人

女性専用デリヘルに偽って予約したナルちゃん(成瀬コウジ 受)が、仕事と分かっていながらもNo.1の圭(片桐圭 攻)と過ごした3時間をきっかけにして、2人で悩んで恋して答えを見つけるお話です!本当の自分が何者かわからない2人が、感情を互いにぶつける姿にすっごくグッときました(^^)一冊に濃縮された感動が涙腺を破壊し、非常に面白くて魅力的な作品でした!!超オススメです!

ノンケにばかり恋をするナルちゃんは、自分がゲイなのか分かりません。男性は好きだけど、女性のように扱って欲しいわけではなく、ただ好きになった人と恋愛がしたいだけ。片思いの経験がある方は分かるかもしれませんが、"何故自分じゃダメなんだろう"っていつも感じて、恋愛を諦めています。"普通"の、他の人が当たり前にしている"恋愛"がしたい。そんな事私自身感じたことがなかったので、ナルちゃんの話を読んでいて、共感ではありませんが切なくなり泣きそうになりました。自分の常識は他人の非常識、自分は他人の物差しでは測れない、まさにそんな感じです。溢れたナルちゃんの感情は純粋で美しくて、汚い欲深な自分が洗われるようでした。

そんな溢れたナルちゃんの感情が注がれた"大きな器"が圭のように感じました。自身を"病気"だと思っているナルちゃんに対して、"ここでは君は普通"だと優しく思いを受け入れてくれる圭。でも同時に、自分自身は空っぽで何もないということを自覚してしまいます。空っぽというか、仕事をする上で"自分の気持ちは邪魔"と思っていて、それの延長で、自分自身を大切にはしていなかった事に気がついたなと思いました。ナルちゃんと出会って満たされていく圭は、ナルちゃんが圭に救われたように、ナルちゃんに救われていたんですよね(^^)無い物ねだりじゃないですが、互いに無かったもの、心の隙間を愛で満たしてくれたんだなって感じました!

圭が勤めるデリヘルがなかなかナイスな演出をしてくれて2人は結ばれます。家庭の借金のために体を売る仕事を始めた圭、今までの人生も色々あったと思いますが、その色々な時間が彼の人柄を作り、信頼を得て、この素敵な演出が生まれたんじゃないかなって思うと、彼は自分の気持ちは邪魔とか自分は空っぽだなんて言ってましたが全然そんな風に感じませんでした。ラストまで泣かせる内容です!!

描き下ろしは圭がナルちゃんを自宅へ招き、ラブラブします(*´꒳`*)

すっごく素敵な作品なので、ぜひぜひ読んでいただきたいです(^^)!

5

絵のタッチが独特で気持ちがとても伝わってくる

他の方もレビューしているように笑って、泣けてほんとにいい作品でした!
帯から面白くて読んですぐ吹き出しました
( ^o^)<
でも物語が進んでいくにつれてシリアスな感じもしてきてほんとによかったです!
あと、絵が綺麗です!
途中で、ちょっと怖いシーンがあるんですけど、(←私にしたらですね笑)
圭さんが成瀬くんのことを引っ張って走るけど周りの目が気になってしまうというシーン。そこの絵のタッチがとても印象的で、成瀬くんの怯えるような表情や成瀬くんから見た周りの怖さ(?)だったりがとても伝わってきました。

デビューコミックスとは思えないほどで本当にこの漫画にも惹かれたし、漫画家さんにも惹かれてしまいましたヽ(*´∀`)ノ

5

笑った!

久々にこれは買ってよかったと思った!
もちろん作家買いの先生達の新刊は毎回買ってよかったと思うけど紫能先生はデビューコミックスで初めましてだったのでどうだろ〜と思いながらだったけど本当に笑った笑った!
笑えたし切ない。
あんなに笑ったBLは久しぶりすぎてみんなに見て欲しいと思ってしまった…
続編を希望したい。

4

自分の心の内側への原点回帰。誰もが誰か、愛し愛されて生きるのさ。

こんなタイトル(失礼、ごめんなさい。)の割に、いつまでもランキングにあるなぁ〜って気にはなっていて。電子の試し読みを読んでみたら、気楽に笑えて楽しそう♡ って、思ったので買ってみました。他の方も触れてらっしゃいますが、このタイトルは無いんじゃないか、と読み進めるうちに私も思ったのですが、読み終えてみれば、これはこの素晴らしい内容を微塵もネタバレしないが為のギミックだったのでは?と思えるのです。素晴らしい‼︎ 笑って、いつの間にか泣いてしまっています。ヤラレタ‼︎ としか言いようがありません。そして、温かいものが込み上げて来る…。
掴みは、ホントに笑わせてくれる。女性専用のデリへルにカップルコース(3P)で申し込んだ成瀬は、「今日は彼女は生理で来れなくなった」と言い、2人分の料金を払うから自分にサービスをしろと無茶を言う。イケメン・ホストの圭は、いや女性専用だから無理!と一旦は断るが、押し切られる形で付き合わされてしまい…。そこは大人の男、時間まで適当にあしらって(ここ、笑わせてくれます!)結局逃げてしまう。後日、クレームという形で店の方に連絡が入る。
そしてまた、偶然のイタズラで2人は会うことになる。成瀬はどうして、女性専用のデリへルに連絡をしたのか。圭はなぜ、この仕事をしているのか。2人は果たして恋をするのか。

ゲイであることへの偏見、(この物語の主人公としては、ゲイだと言い切れないところもあるのだが。)社会的な生き辛さ、特にラスト周辺での街行く人たちの白い目にゾッとさせられます。
世間がいくらそうだとしても、自分の心のままに生きていくこと。愛するということ。大切なこととは何か。を、見つけて行く物語。それが胸に迫って来ます。
読み終わった後には、私の頭の中には小沢健二の「〜いつだって可笑しいほど誰もが誰か、愛し愛されて生きるのさ♬」が、あっけらかんと鳴り響く。幸せな気持ちのエンディング。

これがデビュー作って、楽しみ過ぎます!絵は他の方も触れてらっしゃいますが、確かに安定してないかもですが、圭がちゃんとイケメン(人気ホストだが、結構オトナってのがわかる‼︎)なのが良き♡ 決めるとこではちゃんとイケメンなのが見て取れます。
ランキングイン、とっても納得します‼︎ ぜひ読んで確かめて欲しいです。
読めて良かった‼︎

3

誰だって人を好きになって良い、愛される資格を持っていると教えてくれる1

前半はギャグ要素が盛り沢山です。
ディルド尽くしで思わず吹き出してしまいました……

後半はひたすら胸が苦しいです。
2人が手を繋ぎ雨の中、新宿の夜の街を駆け抜けるシーンは、涙なしでは読むことができません。

――「普通」って何だろう??
私達が普段何気なく使用する「普通」という言葉。
この作品は、「普通」という言葉の持つ凶器のような部分を、見つめ、考え直させてくれます。

誰だって人を好きになって良い、愛される資格を持っていると教えてくれる1冊です。

3

表紙やタイトルのイメージを捨てて読んで欲しい

 まずは表紙から想像できない画力の高さに驚きました。表紙も十分綺麗なのですが、イメージしていたタッチの方向性と全然違うというか、洋画っぽさを感じさせるような大人なタッチなんです。特に攻めの片桐の顔がドンピシャでタイプでした(笑)。そして、タイトルでイメージできる範囲からもストーリーがかけ離れていて、ある意味衝撃を受けました。ついついエロに重点を置いた、スパダリ系攻めと絆され系受けの快楽漬けの物語だろうなぁなんて想像していたのですが、180度異なっていました。

 端的に言えば、ずっと女性用風俗で働いてきて自分の感情を出せなかった攻めと、ノンケの男性に女性相手のように愛されたいと願い続けてきた受けというまともに恋愛できなかった者同士が、初めてお互いに本心から愛を通わす物語といったところでしょうか。表紙の片桐がどうにもドSなスパダリ系男性に見えてしまいますが、むしろ優男で彼もずっと自分の仕事に満足できないまま生きてきました。ノンケ相手に恋してしまう成瀬を救うことで、片桐もまた成瀬の真っ直ぐさに救われるんですね。思わず噴き出すような笑えるシーンも多いんですが、それと同じくらいぐっと読者を引き込むシリアスな演出も多くてとても印象的でした。特に片桐が成瀬を引っ張って、2人で手を繋ぎながら街を走り抜けるシーンが大好きです。最後に成瀬の働く風俗店の社長と従業員が皆、2人をお祝いしてくれるシーンはちょっと都合が良過ぎるようにも感じましたが、それを差し引いても十分に読み応えのある作品でした。さらに濡れ場も、片桐の表情が色気たっぷりで満足感がありました。

3

ぜひ読んでください。

NYUの意味がそうだったのか!なるほど。

人気作なので期待して読みました。
絵が時々激しくて少年マンガみたいでした。

成瀬が痛々しくて。自分がゲイかどうかはわからないけど、普通にカップルみたいにしたい。女の子みたいに扱ってほしい。切ないです。
お約束のイジメとか。

もっと大人になったり相談できる人がいたらと願わずにいられません。
圭の言った普通に拘る病気、いいこと言いますね!

圭と成瀬がお互いの葛藤と孤独に浸って。心が惹かれ合って体がお互いを求めて。

圭にもこの仕事につく事情があり、ある意味投げやりになって満たされず苦行でもあったのですね。圭も優しい人です。成瀬の心の内を理解してくれ向き合ってくれて。
前回だって突っぱねて終わりじゃなかったし。

そして成瀬にとって至福の時間でしたね。愛してくれてありがとうって。いい子じゃ!

圭が駅まで俺の事だけ見てって手を繋いで走るのもとっても良かったです。
街の人達の反応がキツかった。
でも圭が成瀬に病気なんて嘘だったね、生き生きしてるよって。うう、もうダメ。泣かせるわ。

成瀬が圭の職場にこれまでの経緯を話してしまいどうなるかと思ったら店長さん、粋なことしますね!

初めて部屋に好きな子を入れる圭。これからずっとそばにいて愛し合ってちょうだい!

初めは絵がちょっとと思いましたし、成瀬が慟哭する所は激しかったですが、それ以上に二人のふれあいや心が結ばれる様子にギュンギュンしました。
タイトルから軽めのお話かな?と思ったらいい意味で裏切られました。

ぜひ読んでください。

2

笑いあり、涙あり。

はじめは「くすっ」と、笑って読めたんだけど、話が進むにつれて内容に引き込まれていきました。コウジ君のトラウマに胸が苦しくなりました。ですが、少年漫画ちっくな絵にちょっと戸惑ってしまって、違和感が…
最後は、ハッピーエンドでよかった。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ