小鉄子の新作は、お寺で豆腐屋で商店街!?恋になむさん! 美形お坊さんと豆腐屋の純情ラブ

お参りですよ

omairi desuyo

小僧来参访

お参りですよ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神45
  • 萌×250
  • 萌26
  • 中立7
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
34
得点
510
評価数
128
平均
4 / 5
神率
35.2%
著者
山本小鉄子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
シリーズ
お参りですよ
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784796403610

あらすじ

商店街の端にあるお寺のお坊さん、優慈。
可愛くきれいな顔立ちだけど、ちょっと天然ボケな商店街のアイドルです。
そんな優慈は、豆腐屋の三男坊でぶっきらぼうな三朗くんにずっと片想い中!
でもある夜、酔っぱらってうっかり告白してしまい…!?
美形だけど守銭奴キチクな兄・賢慈に片想いの男も現れ、お坊さん兄弟の恋は大波乱!?

収録作:お参りですよ/描き下ろし

(出版社より)

表題作お参りですよ

福智三朗,幼馴染の豆腐屋の息子,23歳
美座優慈,美形のお寺の次男坊,22歳

同時収録作品お参りですよ

木村善人・クリーニング屋の跡継ぎ※攻め受けなし
美座賢慈・美形なお寺の長男※攻め受けなし

その他の収録作品

  • 初恋は…。(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数34

可愛い~~

作家買いです。

美しいお坊さん、ってだけでご飯三杯はイケるワタクシですが、受けが本当に美しい。。。
コテツコさんの受けでこんなにパーフェクトな受けって他に居たでしょうか。可愛く、仏のように優しく、仕事の時にはきりっと美しい。そして22歳にして初キスとか…!もう悶えまくりです。

メインカプは豆腐屋さんの跡取り・三朗×お寺の次男坊・優慈
幼馴染の二人ですが、色々あってずっと離れ離れだったのが、三朗が後継ぎとして帰ってきたところから始まります。
優慈は子どものころから三朗が好きで、目も合わせられない。どんだけ純情くんなんでしょう。。。でもずっと気持ちを隠してきたのですが、商店街の集まりで酔って告白してしまいます。酔った優慈を誰が家まで送っていくかでもめた時に、優慈がきゅっと三朗のシャツをつかむところが!萌えまくりです。
そこから若干の気持ちのすれ違いはあるものの、トントンと恋人として関係が進んでいくのですが、アッチ方面は全然進まず…。でも常にラブい空気が漂っているのでもうすぐかな~。

サイドカプと言っていいのか、優慈の兄・賢慈とクリーニング店・善人。
優慈の兄、賢慈は見た目は美しいけれどもお金の亡者かつ俺様な性格。そんな賢慈に惚れちゃった善人くんは何をされても賢慈についてくわんこちゃんです。
「お金がすべて」と言い切るお兄ちゃんですが、なんかもう善人に落ちかけてるような気も…。こちらのカプもこれからどうなるのか気になります。

しかし、優慈はサブちゃんのどこにそんなに惚れているのか。まだサブちゃんの男気あふれるシーンが出てきてないので、これから波乱があると良いなあと期待してます。

5

美形お坊さん兄弟大好きです

再読。可愛い!!

すみません。まず、優慈くんの袈裟姿に萌えました。
こういう、神父や牧師だったりお坊さんだったりする職業の人達が
仕事中に見せる真面目な表情や、真剣な表情が大好きです。
優慈くんの場合、普段可愛いので尚更その差に魅力を感じるのでしょうか。
心を落ち着けるために読経する姿も、本当に萌えます。
そういうストイックで真面目な姿や、熱心な姿を見ているからこそ、
エロい雰囲気になったとき更にエロさを感じるわけで……。
お話もキャラクターも全体的にはほのぼのとしていて可愛い雰囲気なのに、
妙に色っぽく感じるのは何故でしょうか。

そして酔っぱらってうっかり告白してしまうくだりも可愛くて好きです。
キラキラ美しい美人さんなお顔も、天然で可愛い一面も堪能出来るなんて
もうほんと素晴らしいの一言です。
三郎くんも、豆腐屋の息子という素朴さが素敵ですね。

三郎くんが優慈くんのことを意外にあっさり受け入れてしまったあたりは
お話的に少し物足りなさを感じますが、掲載誌(雑誌)の都合というか、
最初は二話分の予定しかなかったのかもしれませんし、そうすると
そのページ数で納めるにはこんな風に綺麗に纏めるしかなかったと思うので、
許容範囲内です。

優慈の兄、賢慈の袈裟姿もいいですね。
こちらは一筋縄じゃ行かない感じですが、ゆっくりでいいので
よっちゃんとうまくくっつけばいいなぁと期待しています。

本当に良かった!とっても好みなお話でした。

5

文句ナシにかわいいっ♡

ようやく手にしたこちら『お参りですよ』。
いきなりカバー下のお話で申し訳ないのですが、これ、ちょこちょこ続いていくようなんですね!
(確かに最後まで致してないからそうか…そうなのか…)

鶯坂のビューティホープリースト・優慈(ゆうじ)は22歳の美坊主。
見た目でも読経する声でも、老若男女関係なく全ての人を魅了する天然男子。
そんな優慈は一生結婚しないと決めている。それは、商店街の豆腐屋の跡取り息子・三朗に恋をしているからで――と進んでいきます。

もーーーーー!!!可愛いっっっ!!(※当方読後直後で大変興奮しております)
優慈の可愛さたるやっ…
今まで天然でほわほわしてるイケメンキャラってたくさん見て来たとは思うのですが、この優慈の破壊力が凄い。
それはきっと、袈裟姿が魅力を倍増させているから!

どうしようかと思う位、全てがツボなんですよ。
商店街の青年会の飲み会に行った時はさすがに私服ですが、この私服姿がまた可愛い。
ちょっと本当、久々に物凄いツボな子に出会った気分っ♪

そしてお豆腐屋の跡取り・三朗も中々のイケメン具合。
こういう少し懐かしさがあるようなテイストって大好きなんで目の保養が半端ないです。
表紙の二人の姿にもメロッと来ちゃいます♡

優慈は兄の代わりに出た青年会の飲み会で、お酒が弱いのに無理して飲んでしまって(というか周りがテンション上がってお酌し放題・笑)、その時の酔った勢いで三朗に告白してしまいます。
絶対一生言うまいと思って居た気持ちがこの時じゃなくちゃ出得なかっただろうという流れも有りがちながらスムーズだったし、呂律回っていない告白が可愛かった。
その後、三朗に「気持ち悪かったらあきらめてくれ」なんて言われますが、まんまと優慈の魅力に捕らわれていく三朗!
照れに照れてしまう優慈を見ていると、こちらまでニヤニヤしちゃう始末♪

この1冊では最後まで致していない二人ですが、時折出て来る三朗の迫り具合にタジタジになる姿が愛おしくなります。
しかも、袈裟姿で致したい三朗…いや、もうその気持ち痛い程分かりますけどね…(笑)
スキあらばシュルリと袈裟のヒモを解くと、中に来ている襦袢が出て来て…いや!もっとして下さい三朗さん!(大興奮)

後半では、優慈の兄で心が鬼の賢慈(けんじ)も出てひと悶着。
彼も彼で美坊主なのですが、クリーニング屋の木村さんのゴリ押し加減がいい!気持ちいい!
そりゃ折角助けた筈なのに全否定されたら、鬼の賢慈にも「空気読んで」って言っちゃうよねよっちゃん(笑)
優慈と賢慈は対極に居るような性格をしていますが、美なお坊さんには変わらない♪
美形すぎるでしょう…鶯坂に移り住みたい…♪

この美坊主兄弟の素敵加減を表現しているのは、表紙を捲ってすぐのカラー画!
サラサラ髪でクールビューティーな賢慈。紫色の数珠が映えます…♡
一方、隔世遺伝の天パで可愛らしい優慈には、爽やかな水色の数珠がお似合いっ♡
ま、まさか自分が美坊主で悶える日が来ようとは…(*ノωノ)

きっと天然きゃわわな優慈に振り回されていくであろう三朗ですが、これはもう是非続きを大希望!!
鬼の賢慈&よっちゃんの展開も気になるところ♪
もしかしたら私、一気に小鉄子さん熱に火が点いてしまったかもしれません♡

5

あったかくてキュン

お坊さん兄弟の2カップルのおはなし。
表紙の2人はキス止まりで、そのお兄ちゃんカップルはキスすらしてない。
なのにものすごくときめきました。
登場人物みんなかわいい!
商店街の仲間にはいりたい!!
にしても三郎のお母さん、雰囲気いいところでいつも配達お願いするのに和みました(笑)

すごく読みやすい絵柄と展開だと思うのでBL初心者でも問題なし。

個人的にお兄ちゃんがビジュアルから属性まで何もかも好みな受けだったので早く進展してほしいなー。

5

美坊主で結構です。

確かに小鉄子さんの可愛い受けが好きなのですが、
でも単にかわいいだけでは、流石にあきます。

今回の主人公の優慈は名前の通り、本当に優しい性格で近所でも噂の
「ビューティホープリースト」
なわけですが、それだけでない仕事する男の顔をちょこちょこ見せてくれます。
ほにゃほにゃしたアイドル面で無くむしろ経を読んでいるときのキリッとしたまなざしに惹かれました。
比較的真面目でいい子(ふしだらに見えても根は誠実とか)が多い小鉄子さんの世界ですが、特に優慈は芯が強い。だからうっかり酔って告白する所が可愛いのですが。
その後振られたと思ってグジュグジュに泣いてしまうのが可愛いのですが!

そしてもう一人の主人公は
「クールビューテホープリースト」
の兄、賢慈。もっともクールビューティだと思ってるのは木村さんだけのようですが。
本質的にはクールというよりセレブしか相手しねえとか言い張る女王様です。
そもそもクールな人は大口開けて下品にぎゃはははとか笑わない。
もっとも、何を言われようが賢慈が好きというM要素も含めた一途さはいつか通じるであろうことは容易に想像つきます。

でも二人に「お付き合いしてみたらどうだ」と言っていたお父さん。
二人して男と付き合っていることは、かまわないんだろうか・・・?

実子がいる時点で宗派的にも限定されてるだろうし(結婚が×の宗派も多い)
そういう宗派は大抵戒律緩いし、別にかまわないのかな。
おぼーさんな仕事の顔と普通の若者な要素との対比がやっぱり好みです。

4

続きが気になる気になる本!!

美人住職兄弟のお話~。

淡い想いが呼び覚ました!!
お豆腐やの三男坊 サブローと美人住職で有名な優慈。
もともとゲイな優慈は学生時代サブローのことがすきで
実家に帰ってきてお豆腐やを継ぐことになったことで再会!!

昔好きだった人に会えて淡い恋心を思い出し浮かれる優慈は
青年会で酔って記憶がないうちにサブローに告白してしまっていて!!
サブローが試しにキスさせてというのでしちゃいます。
その後サブローから避けられふられたと思う優慈だったけど
なんと「お前でヌイちゃって」と気まずくて顔がみれなかっただけ。
と、無事カップルに~。
優慈目立つし人気者なためHになかなか進めないお話です。(笑)

きゃー安心してみていられるカップルです。
美人だけど男にしか興味がないため「結婚しません」宣言をしていた優慈にとって
サブローは癒し。
優慈のお兄ちゃん賢慈もなにやらあやしい雰囲気で2巻が楽しみーー。

3

可愛くて面白い

お坊さん、お寺・・・迷いが出るとお経を唱える。
ちょっと天然で、素直で優しい商店街のアイドル優慈。
優慈はその商店街の豆腐屋三男坊三郎に昔から恋しています。
酔った勢いで告白してしまい、両想いに。

ストーリー全体がほんわかしていて、暖かい雰囲気が漂っています。
それはそのまま、主人公優慈の雰囲気なのかな。

お兄さんは、その真逆です。
そのお兄さんを好きだというクリーニング屋のよっちゃん。
お兄さんの洗濯物の臭いをかぐなんて・・・やるね!

イイ雰囲気でキスまではするけど、その先に進まない優慈と三郎。
2巻3巻と引っ張りそうな、小鉄子先生・・・
(マッドシンデレラ的な感じ・・・?)
優慈と三郎も気になりますが、お兄さんとよっちゃんがどんな展開になるのやら。


2

癒されます

いいっ!
優慈くんがアイドルで好きっ!
こーんな可愛くて優しいお坊さんなら確かにアイドルだし、ノンけも堕ちるわ。
タイトルしか見てないと坊主=ハゲかと、萎えてしまうところですが、表紙で安心でした。
そして、豆腐やの三朗くんがまた普通の男の子で爽やか。
特に切ない感じもなく、ハラハラさせられることもなく、安定の萌え萌えで、楽しく読めました。
こういうのが好きだなぁ。

2

美形の坊さん兄弟

前評判が良かったので、購入してみたのですが・・・うん、これは良かった。
お坊さんの恋のお話で、それも一途でピュアで可愛い恋心。
モテるのに、仏に仕える身なれば生涯独身なんて言ってるのに、実は密かに中学生の頃から
一途にお豆腐屋さんの三男坊で幼なじみの攻め様の絶賛片思い中。
大学進学と共にいなくなってしまった攻め様を忘れる事が出来ずにいたが、
攻め様が家業を継ぐと突然帰って来たことから受け様は攻め様に会う度に焦がれ、
商店街の飲み会に参加した時に酔ってしまい、攻め様に送られながら勢いで告白しちゃう。

片思いのはずが、何やら両想いになってドキドキしちゃうような展開でした。
それに受け様の女王様のような兄上がまたいいキャラなんですよね。
クリーニング店の息子との今後が気になる感じもします。
Mとツンデレって感じで良かったです。

5

ほっぺたの質感まで…

大好きな山本小鉄子さんの作品♪
待ってましたよぉ!

あらすじについてはすでに皆さんの
素敵レビューで書かれていますので
私は自己満感想文で行きます。

美坊主と袈裟のエロス!
優慈がかんわいい~です。

ほっぺたの質感まで伝わって来そうな
赤ちゃんのような可愛らしさがあり
頬を染めるシーンなどは
あまりの微笑ましさに垂涎モノ(笑)

小鉄子さんの描くキャラクターは
ややぽっちゃり気味な体型で
いかにも性格が良さそうです。
これが美坊主の優慈のイメージと
自分的にピッタリ重なって、
読みながら、何度も前の頁に戻って
表情を堪能してしまいました。
かわいいなぁぁ~♪

そして地元。商店街。幼馴染。
お互い気になりながら…からの。
お酒の席で三朗におんぶされた優慈の
「すきなんれす…」という
ろれつの回っていない可愛い台詞。
ここ、自分の中で山場でした!
うぁぁぁ!という感じ。(←語彙なさすぎ)
一発でメロメロになってしまいました。

兄・賢慈に想いを寄せる
クリーニング屋の善人も名前の通りの
まさに善人(ぜんにん)で、
これは応援したくならないはずがない!
この二人の恋路も気になります。

皆さん書かれているように、
このお話の誰もがまだ結ばれていません。
ということは、続編やスピンオフや
番外編など、色々な可能性があるってことで
今後が楽しみな作品だと思います。

優慈をはじめ、三朗に善人と
みんな名前が良いなって思いました。
カッコイイ名前が合うBL作品もありますが、
こういうお話にはこういう名前がいいんだよって
作者さんがちゃんと分かっていて、
あえてのこだわりで描いている感じが
とても好感が持てました。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ