mother

mother

mother
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神88
  • 萌×247
  • 萌33
  • 中立8
  • しゅみじゃない12

283

レビュー数
39
得点
735
評価数
188
平均
4 / 5
神率
46.8%
著者
丸木文華 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
門地かおり 
媒体
BL小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫black
発売日
価格
¥695(税抜)  ¥751(税込)
ISBN
9784592851004

あらすじ

「天使のような子」と言われ天真爛漫だった真治は、バイト帰りにレイプされて以来、人間不信に陥ってしまう。けれど親友の塚越だけは、いつもそばにいてくれる特別な存在だった。支えてくれた塚越のおかげに再び社会に馴染めるかと思った矢先、自宅に差出人不明の封筒が届く。そこには自分のレイプ写真が......。淫らに乱れた記憶がよみがえり、自分は汚らわしい存在だという思いにとらわれた真治は、再び自分の殻に閉じこもろうとする。けれど塚越は、そんな真治をも受けとめてくれた。優しすぎる塚越に、いつしか真治は依存するようになり......。

表題作mother

高校からの親友で大会社御曹司 塚越祐紀
レイプで人間不信になる大学1年生 佐藤真治

その他の収録作品

  • child
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数39

攻めの感じたまりません

執着ものやヤンデレものを読みたく探し見つけた作品でした。初作家さんでしたが門地さんって事とここのレビューを見て即買いしました。

ヤンデレ好きな私にはツボりました。

私は天然系受けが、は?っとイラつき苦手なのでそこだけ気になっていました。天使みたいな受けなら苦手なキャラかな~っと。

受けに嫌みが通じない場面もありましたが受けの心理描写がちゃんとあったのでイラつかず読めましたwこんなのは初めてでしたw

しかも天使というキーワードとmotherというキーワードはなるほど~っとなりました。

天使は受けの容姿説明や攻めが受けに汚れたって綺麗なのもお前ぐらいのセリフもあり綺麗な人って意味だなって。よくある例え的なやつだなってあまり気にせず読んでましたが、
後半の受けが自分がなぜ天使って呼ばれてたかを思い巡らしてる時にまた違った天使の意味があり、またmotherも攻めは母性愛に飢えてるな~って読んでいて思う場面がありそういう意味かなっと思ってましたが後半の受けのセリフにお前マジか!なるほど~となりました!

この受けに惚れましたw

攻めは用意周到で策略家で、でも赤ちゃんなんですw

それはもぉ~受けの彼女ともヤっちゃい挙げ句別れるようにしたり携帯勝手にいじったりたくさんたくさんヤンデレ的な描写がありました。



Hは攻めの気持ちも受けにまだ伝えられてない、レイプされた経験があるのに(レイプから快楽に目覚めてても)
自慰行為を見られた流れから友達と最後までいったのには最初うーんってなりました。ここは途中まででよくない?と私は思っちゃいました。

レイプ描写もあまりないので全体だと甘めでしょうか。

料理中やら風呂場でやら攻めは自分が使った玩具にさえ受けがそれでイってしまったので嫉妬してますw

内容もエロも読み応えありでとても良かったです。この作者の他の作品も読みたくなりました。

9

深いな

私としては、近年稀に見る深いBLだと思いました。

攻めの計画通りに受けが堕ちていくと見せかけて、実は最初から、絡め取られていたのは攻めのほうだったんですね。
受けの大きすぎる母性に知らず知らずのうちに、出会った時から、狂わされていたのは攻めのほうだったのだと思います。

私は松本ミーコハウス先生の恋のまんなかが大好きなのですが、それとかなり似たような衝撃を受けました。
こういうBL、大好きです。

9

羽を折られた天使

ものすごく面白かったです!
ただネタバレ無しの方が良い話だと思いますし(但し予想は簡単に付く)レビューを書いている自分が言うのも何ですが、レビューは先に読まない方が良いです。
ヤンデレ攻め好きには文句無くお勧めできる話です。
帯の文句で犯人の予想は付いて実際その通りだったのですが、自分の購入の決め手はその帯の文句だったりします。

以下ネタバレ含んだ感想につき注意


攻めの腹黒ヤンデレ具合が本当にやばいです。
特に攻めから受けの(元)彼女に対しての仕打ちが半端なかったです。
受けに対しては優しいですが、受け以外どうでもよく、受け以外の人間には本性がバレバレだったという…
同時収録の「child」は攻めの一人称の短編で、攻めの狂気がよく表されていたと思います。
攻めはヤンデレで明らかに異常ですが、受けもおかしい部分があるので、ある意味お似合いの二人だとは思います。

ラストはもっとバッドエンド寄りの物を想像していました(同作者の「三人遊び」みたいな)
作者さんはあとがきで「暗いけれどもバッドエンドではないと個人的には思っています」と書かれていましたが
バッドエンドではないどころか十分ハッピーエンドだと個人的は思います。

ヤンデレ(特に策士型)好きな方には本当にお勧めできます!
本当に購入して良かったです!

8

どっちもおかしい

ヤンデレが読みたくて購入しました。
買って大満足です。
おもしろかった。

皆様の言うとおり、攻はなかなかのヤンデレ具合。
天使のような受を手に入れるためあれこれ手を尽くしています。
でもこの受もなかなかの変わり者。
どうしてここまで人を受け入れることができるの?というくらい優しい。
自分を敵視してる人にすら純粋に優しいです。
誰も彼もに好かれる受に攻は母親を重ねてしまいます。

ただ攻は受を完全に手に入れるためにあれこれ画策しますが、結局は受の優しさに取り込まれてしまいます。
帯には「天使の羽を折ることにした」と書いてありますが、実際は「折ろうとしたけどできなかった」という感じです。
こんなにひどい目に遭わせても自分を許し受け入れてしまう受に、攻はこれからもずっと歓喜と恐怖に駆られて生きていくんだろうなあ。
自分を捨てないでくれと何度も懇願する攻が、何だかかわいそうな気がしてしまいます。
それ以上にたくさんひどい事をしているんですが。
最終的に受は偶像化していた攻の母親をも超えてしまったみたいで、母親の形見である指輪すら捨てる決心をしてしまう。
閉塞的で狂気めいた、でも幸せなラストになっていて面白かったです。

8

母を求めて泣き叫ぶ子ども

なるほど“母を求めて泣き叫ぶ子ども”というのは、一心不乱に泣いて、母親の関心を自分のものにしようと、全身でその愛情を獲得しようと必死になるものだな、と。
母親に愛されなくては死んでしまうから、一人では生きていけないから、泣き声でしか母親を呼べないから、火のついたように泣き叫ぶ、それが“母を求めて泣く子ども”か……と、しみじみ思わされた一作でした。

主人公の受けは、「天使」なんて呼ばれているほどの博愛精神の持ち主。人の悪意に鈍感で、深く物事を捉えない。
そんな受けの博愛精神と慈愛に母性と神聖性を感じた攻めは受けを溺愛し、執着するようになる。
そしてレイプされて初めて人の悪意に怯えるようになった受けを囲い込んで依存させていくというストーリーでした。

本作の攻めは、受けに対してはいつも爽やかな好青年なのに、裏では女を侍らして情報操作して、気に入らなかったり裏切ったりした奴は暴力制裁するというとても黒いキャラ。
そんな攻めが、本性がバレてからも受けにだけは優しくて愛情を注ぐというのが個人的にはかなり好みでした。

そんな攻めに溺愛された受けが依存度を深め、快楽地獄に二人して堕ちていく中で攻めが言った言葉がとても印象的で。

「花は咲いちまったら蕾には戻れないんだ。俺は蕾のお前に恋してた。花のお前には溺れてる。女だったら実らせて自分のもんにできるのに、お前は結実しない。お前はこんなに綺麗に咲いて男誘う香り垂れ流してるのに、実らない。他の誰にも散らされないように、大事に囲って、毎日世話して、愛して、それでも足りない。不安なんだ」

蕾を無理矢理こじ開けて咲かせた癖によく言う、と思うのですが、そんな身勝手さと愛情深さと執着と不安を共存させている本作の攻めを見事に象徴するセリフだなと感じました。
そして『mother』というタイトルのセンス。
神としか言いようのない作品だと思います。

8

静かに動く…

一寸変則的に読んでみました。
表題作を少し読み進めたその後で併録作を読み、
そして再び表題作へ。
…見事ですね。微塵のぶれもがっかりも無い。
道具立てに些かの余分も無く、すっきりと収まっている。
主題が主題でも読めてしまうのは、その力量あれば
こそでしょう。
門地さんの装丁で程好い加減に中和されていたのも
良かったのかも知れません。
そう言う部分も含めて考えると見事さ故にこう言う
評価になるのかな、と。

テンプレート展開の様に見せかけて、かなり細かい
仕掛けがしてある物語だろうと評者は受け止めました。
ネタバレと言われた装丁の一部にも、実は底意が
潜ませてあるかと勘繰ってしまう程に。

7

超執着攻

読み初めてすぐに受をレイプしたのは攻だろうなって薄々気付いていたけれど、まさかこんなに計画していたのは予想外でした。
今まで読んだ中でベスト3にはいるくらいな執着攻でした。私的には受だけを甘やかす攻は好きなのでドストライクでした。
ただアナルを肛門って書かれていたので、そこが少し残念でした。

7

ネタバレ見なくてよかったーε-(´∀`*)

私は本を買うとき、こちらのサイトでレビューを
見て、ネタバレ結構読んだ後買うんですが、
この作品のレビューで[ネタバレを見ない方がいい]
と書かれていて…。
いやー、ネタバレ読まなくて本当によかったです!!!
オチが本当に衝撃的でした!!!
確かにレイプ犯にしては山崎影薄いなーとは
思ってて、つい数日前に読んだ小説で、
レイプ犯が実はレイプ犯を探してくれていた
1番近しい人だった、というオチだったので
もしかしては…とは思っていたものの衝撃的でした!!!

あと、すみません。私ヤンデレなめてました笑
ヤンデレは、[失楽園のトリニティ]いう作品
の感じのものしか知らず、「これがヤンデレか!!!」と
痛感しました( ̄▽ ̄)

絵についてですが、さすが門地さんです!!!
[honey]で門地さんの絵いいなーと
思ってたんですが、
今回の作品でもやっぱり素晴らしかったです♡
私は本を買うとき、挿絵が好みな絵柄では
なかったら買うのを躊躇するんですが、
[mother]の表紙を見て、すぐに門地さんって
わかって即買いしました笑

私は強姦とかの類の話が好きなので、
この作品のあらすじ見た瞬間に
欲しいと思ったんですが、もう少しレイプ
されている時の場面が長くてもよかったかな、
と思いました。

最後の最後に“mother"の意味がわかり、
塚越が真治のことを天使と呼んでいた
意味もわかり、謎は解決したのですが、
この2人結局どうなっちゃうんですかね(-_-)
最後に真治死ぬフラグたってるけど…。

私は今まで[honey]や[八月七日を探して]
のように、ストレートにハッピーエンドの作品しか
見たことがなくて、この作品のようにバッドエンド風のハッピーエンドは初めて見ました。
だから、読んだ後の衝撃が本当に想像以上でした。
この作品、本当読んだ方がいいです(><)!!!
そして、ネタバレは絶対に
見ないことをオススメします!!!
こんな最後に言っても意味ないかもしれませんが笑
話も挿絵も素晴らしいので、損なしです!!!

6

究極に一途で献身的で盲目的で・・・病んでるけど憎めない

攻めの病みっぷりが最高でした。
リーダー的存在で、たくさんの友人に囲まれて、頼りにされ、勉強スポーツなんでも出来て完璧な人・・・
と、思いきや、実はクラスメートからは恐れられていて嫌われていて、家族の愛情にも恵まれず、孤独な人で。
攻めの幼少期の話を読むと、そうなっても仕方ないかも・・・と思ってしまうほど可哀想。
でも他人には一切弱い自分を見せず、傲慢で俺様で強く完璧な部分しか見せない。
なのに受の真治には本当に子供みたいに甘える時があったり。
もうまさに、すがるように。
むしろ健気で、ある意味純真なのは、攻めの方だと思ってしまった。
めちゃくちゃなのに、なんか憎めない。
自分的には、とっても魅力的な攻めでした。

そして攻めの祐紀に尽くされ、甘やかされ、包まれて依存している真治のようでいて、実は大きく包み込んで、裕紀のすべてを許し、守っているのは真治の方・・・という展開も好きです。

ところで私はこの作品、電子で購入したんですが、買ったときはイラストがありませんでした。
不安だったので買ってすぐに確認したので間違いありません。
すっごくショックだったのも覚えてます。
で、他のまだ読んでない作品がたくさんあったので、この作品を読むのは後回しにしてて、さぁ、いよいよ読むか・・・と、今回やっと読みました。
そしたらイラストがある!!!(驚)
購入サイトを見てみると、以前はタイトルだけだったのが、現在はタイトルの後に(イラストあり)の文言が加わっていました。
私が購入直後、確認したのはPCからで、今回読んだのはタブレット。
新たにダウンロードして読んだということです。
買ったときはイラストなしでも、後でイラストが追加されれば、ダウンロードしなおせばイラスト付きで読めるということみたいですね。
電子ってそういうことがあるんだ~。
全電子書籍サイトがそうなのか分かりませんが、私が購入したのはhontoです。
門地さんの絵は好きなので、思いがけないプレゼントをもらえたようで、すっごく嬉しかったです!

6

ラー

初めまして。通りすがりですが とても貴重なお話でしたのでお礼のコメントを。(^^
電子書籍って後から追加というかバージョンップみたいなことがあるのですね~。
(hontoさんだけ、の事例なのかわかりませんが....。)
後からイラストが追加でダウンロードできたというお話は初めてお聞きしたので
とても参考になりました。ありがとうございました。m(_ _)m

攻めが救われたとしたらやっぱり天使なんですかね。

母性というより攻めはほんとに天使って感じ。理解の範疇を超える愛情で攻めを愛します。門地さんの挿絵が美しく、とても合っています。
レイプ設定は通常なら地雷ですが、レイプをした人が罪を感じているのとストーリー上必要なので受け入れられました。

攻めの指輪の設定が好きです。
攻めがはめている指輪は、母親の形見で大きくなる毎に指を変えて、今は小指にはめている…指輪の逸話が、攻めのキャラ設定に深見を出していると思いました。Hシーンが多いのは攻めの執着が強くなり不安もつよくなっていることの表れだなと思って読みましたが、濃厚な分、苦手な方もいるかもしれません。

その後、指輪は捨てられたのでしょうか。childを読んだあと、私はこの話の先にトラウマから抜け出した2人を想像しました。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ