今日も月が綺麗

kyoumo tsuki ga kirei

今日も月が綺麗
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×236
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
18
得点
250
評価数
66
平均
3.9 / 5
神率
22.7%
著者
木下けい子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784403663857

あらすじ

高校からの恋人・仁木先輩と同棲を始めた瑛太。
甘い生活を期待していたが、現実はぜんぜん甘くない。
そんな中、仁木先輩の合コン現場に遭遇してしまい!?
表題作のほか「明日も空は青い」、「瓢箪から駒が出る」を収録。

小さな幸せが心を満たすハートウォーミングラブ! (出版社より)

表題作今日も月が綺麗

仁木,高校の先輩で営業職
皆川瑛太,後輩のwebデザイナー

同時収録作品明日も空は青い 前・後編

溝口 部活の後輩で会社員 
小山内 元先輩で節操無しの会社員 

同時収録作品瓢箪から駒が出る

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数18

すべての鬱憤や疑問をすっきりさせてくれた神短編集

この短編集は神短編集です。
出版から5年も経っているので未読の方は少ないかと思いますが、もしいらっしゃったら絶対読むべきです。攻めの顔色を窺う受けにはうんざり、惚れた弱みに付け込むのは最低、友達同士でかきっこまでは100歩譲って分かってもキスする意味が分からないと思っている方には超絶おすすめです。
今までの溜まり溜まった鬱憤や疑問がすべてすっきりしました。

【今日も月が綺麗】神!!
これ!求めていたのはこういう攻めと受け!!痺れました。
付き合って6年、同棲1年目の高校の先輩後輩カップルの話です。
つい先ほど木下先生の「リアリストによるロマンティシズム」のレビューで「余裕の攻めを苦しめてやれる受けが見たいんだー!」と願望を垂れ流してきたところだったのでびっくりです。
自分から好きになって付き合った大好きな先輩。お互いが社会人になって、一緒に暮らすようになって、しあわせなことばかりじゃなくて不満も募ってくる。しなくていい衝突をしたり、言わなきゃいけないことを言わずに懐柔しようとしたり、ぎくしゃくごたごた。
この作品の何が良いかって、受けが攻めの懐柔を跳ねのけたり、捨て台詞を吐いたり、これ見よがしに家出できる子なのです。大体受けが攻めを好きで好きで、という場合、すぐ絆される。腹に溜め込みながらも抱きしめられたら簡単に許してしまう子多数ですよね。
優位に立って余裕ぶってる攻めを焦らせてくれる受けってほぼいない。「そこで許さないでー。調子にのるからー」と今まで何度紙に向かって叫んだことか。
だけど、この作品では受けがちゃんと怒る。許さない。そして攻めは深く反省するのです。受けもちゃんと自分に非があったことも気付ける。素晴らしいカップル。
大体6年も付き合って、惚れた方が負けなんてないんですよね。両方惚れてるんだから。
大学4年間なんて遊びたい盛りもお互いに捧げて、今は一緒に住んでいると言うのに「付き合ってもらっている」というレベルの話ではないのです。でも不安になる。だからもっとちゃんと伝えるよ、という流れ、最高でした。
終わりの方のモノローグはちょっと「え…、受けはまだ攻めを信じてないの?」と不安になる空気が少しあったのですが、ページをめくって安心しました。続きがありましたよ、とっておきの続きが。
台詞もモノローグも全部いちいち胸に響くので、是非読んでほしいです!

【明日も空は青い】神!!
こちらも最高でした。
どうしようもない女王様な先輩と何でも言うことを聞く下僕後輩。
寡黙で従順な下僕の下剋上ほど恐ろしいものはないですね。満足!

【瓢箪から駒が出る】神!!
友達同士でするのは自慰の延長とか入れてもオナ◯代わりやディ◯ド代わりというセフレ族に「一人でできる行為をただ2人でしてるだけで意味も感情もないって言うなら、どうして2人じゃないとできないキスまでするの!?」と苛立ちを覚えていた方に朗報です。
わたしたちの説(セフレと言ってもキスするからには気持ちがあるに違いない)を強力にサポートしてくれる作品はこちらです。

1

今日もさまざまなカップルが……

短編が3つ。

表題作は、高校時代からの付き合いの先輩後輩のカップル。
後輩のが社会人になったのを機会に同棲をしているカップルだが、
暮らし始めてみると、思っていたのとは違う現実の問題が出て来る……

倦怠期ってことなのかな?
お互い自分のがんばりしか見えなくなってしまって、些細なことにも腹が立って、
歯車が合わなくなる様子が上手く描かれている。
それを乗り越えて気持ちを確かめあっていく様は、ベタなんだけれどキュンとする。

すごくグッときたのは、同僚の女性の
「先輩っつたってね、アタシからみたら大学出たばかりのぺーぺーなの、
それも大企業の営業職だよ、ただの下僕だよ」というセリフ。
こういうちょっと情けない部分も含めたリアリティが、すごくいい。
そして「先輩のちんこにはもう飽きた!」問題も、またいい(笑)

2つ目も高校時代の先輩後輩の話『明日も空は青い』。
無表情に何でもいうことをきく後輩は、便利な下僕扱いだったが……
口絵はこの二人なのだが、パンツ干している図がいいな!

最後の短い話『瓢箪から駒が出る』。
同じ女に二股(実は六股だったらしいが!)かけられていた男二人、神田さんと広尾さん。
(名前がまたおかしいよ、残りの4人は四谷さんとか竹橋さんとかかしら?w)
雑誌の攻め×攻め特集に掲載された話とか。
男同士のアホくさくもおかしい見栄の張り合い、いやこの二人楽しいです♪

ファンタジックな表紙が、また素敵でした☆

7

ワンコ2種類と・・・!?

久々のオムニバス短編集ですが、全部働く男たちです。
表題は身につまされながら、世の中の夫婦ってこういう感じだよ、と変なところでリアル感。
ラストの短編は、大爆笑!
長さも程良く読みやすく、短編もいいな~と久方ぶりに思いました。

【今日も月が綺麗】
先輩が卒業の時に告白して、それからお付き合いを始めて、後輩が社会人になって同居を始めた恋人同士。
互いに別の会社で畑違いの仕事をして、働く者同士の同居生活のすれ違いと理解を描いたお話。
瑛太はデザイナーで職場にもカミングアウトして、同僚に色々先輩の事で相談している
一方先輩の仁木は、大手企業の営業で接待や付き合いがある。
一緒に暮らしていても食事や買い物は瑛太で、先輩は疲れた~って寝ちゃったり、相手の前で平気でおならをしたり・・・
彼等がいさかいを起こした時の瑛太の言葉、「俺のほうが仕事が楽だと思ってるんだろう」ズキッ!世の既婚者の奥さま方、例え共働きでもそういう旦那の態度ってあからさまにありますよね!
発端はそうした日常の積み重ねと、決定打は居酒屋で鉢合わせした時、そしてキャバ嬢からのメール。
瑛太は会社の先輩に諭されていましたが、仁木先輩も悪い!
言葉がたりないよ~。
同居生活、二人を理解する会話と話合いが必要だね、と同居し始めに訪れる一つのヤマなんでしょう。
ただ、仲直りした二人のエッチがーーー♪
瑛太が仁木に「先輩のチンコはもう飽きた!」なんて怒ってましたから、仁木はケツを差し出す覚悟を・・・
この絵づらだと?ひょっとして仁木先輩が受けですか?
リバップル誕生ですか!?ちょっとおいしかったりします☆

【今日も空は青い】
こちらは、超ダメダメの先輩が、後輩が自分を好きなのを利用して、そしてとうとう愛想をつかされて、初めて彼が大事かということがわかるという話ですが…
いや、ほんとうにわかったのか?
だらしなくて、彼女の家に居候しては追い出されて、そのたびに避難場所は後輩の家、
そしてその礼に抱かせてやってるって言う感じのダメ男。
後輩は寡黙だけど、先輩の面倒をかいがいしく見てる。
こんな先輩のどこがいいのだ~!?後輩よ!!!
でも、後輩がいないともっと駄目男な先輩だから、後輩が使われているようで、ひょっとしてがっちりと手綱を握られている関係なのかもしれない?

【瓢箪から駒】
彼女の家で鉢合わせた二股かけられ男・神田と広尾。
いや、二股どころか何股もかけられてるうちの一人同士!?
彼等が意気投合して、カキっこまでする仲がさらに発展する?な話。
これが、彼等二人とも似た同士というか張りあうんですよ。
いざとなった時、広尾はテク自慢だから入れる方とか言うと、神田は、広尾はでかいから俺の方が入れるほうで、と(爆)
描きおろしでは、広尾の2リットルペットボトル持ち上げ自慢が!?
この二人もリバの可能性大カプでした。
かきっこしているうちにキュンしたとか、こっちがキュンしましたw

5

アイラヴユー。

ここ最近の木下さんの作品でいちばん好き!
短編でも詰め込み感も物足りなさもナシです。

おとぎ話みたいな表紙とタイトルを見て、明治時代に夏目漱石が英語の授業で「I LOVE YOU」を「月が綺麗ですね。」と訳したという話を思い出しました。

【今日も月が綺麗】
高校からの恋人である先輩と同棲を始めた瑛太。

表題作はロマンスの欠片もなく始まりました…ファンタジックな表紙はどこへ!?

リアルなデジャヴに苦笑い。
夫婦ってこんなことがよくあります…。
日常と共に掠れてくる特別性。
好きで一緒に居たくて住んだのに生活を始めると遠く感じてしまう。

どっちの方が疲れてる、頑張ってる、は比べられないんですよね、等価ではない。

近すぎるだけに、ほんのちょっとの言葉の足りなさから発生する『わかりあえない』がほどよく軽く、可愛いらしく描かれています。

でも一緒になって初めて気づくことから想いを深めていけることもある。

モノローグとともに抱き合うふたりからじんわり暖かさが伝わります。

大好きとありがとうは惜しまず伝えましょう←自省を含めて。

合コン鉢合わせ現場での黒いアイコンタクトに笑いました。

【明日も空は青い】
クズ系キター!
女を渡り歩き、都合の良い時だけ後輩の溝口を頼る小山内。
どこがいいの…何に惹かれたの…溝口!

人間性の綻びたような小山内が自分には溝口しかいない!と抱きつく殊勝な場面も数ページ後には『ヤラせてやってる』テイストに戻ってるし(笑)

無口で表情の薄い溝口がそれまでの従順ではないの台詞を吐く表情が良いです。

小山内のどんな部分に惹かれて…みたいな説明をすると面白味が薄れちゃうかもしれないから、最初から好きでした、な設定でいいのかな。

【瓢箪から駒が出る】
穴兄弟(下品でスミマセン…)として出逢った広尾と神田。

このふたり妙に気になるー!
キュンときてギュン!ってなるー!!

攻め×攻め特集で描かれたふたりはウェットな部分はなくシンプルで風通しがいいです。

てらいのない誘い方といい恋人という甘さは感じないのにムズムズしてにやけてしまう~。
掛け合いが会話が面白くて楽しい!

木下さん、短編もいいなぁ、もっと読みたいなぁ、と思いました。

5

クリボウ

>snowblackさま

こんにちは~、コメントありがとうございます(`∇´ゞ

夏目漱石に「月が…」、二葉亭四迷には「わたし、死んでもいいわ」と訳された「I love you」。
日本語って深い~、と思い知らされたのはバラエティ番組でした(笑)

それ以来、月を見ると粋な文豪たちを思い出すようになりまして。

ケンカしてても、おならプーでも、それでも今夜も「I love you」なふたり、良いですよね(*´艸`)

ところで、件のバラエティではスカパラの谷中敦さんが「I love you」を「もうあとに戻れないな」と訳されていて萌え死に寸前でしたw

snowblack

クリボウ様、
いつもお世話になっております。
レビュー拝見して、あ!と声を上げて膝を打ってしまいました。

全然思いつかなかったんですが、漱石のエピソードからのタイトルだと考えるととても意味深いですね。
英語教師時代の漱石が、「I love you」を「我君ヲ愛ス」と訳した生徒に対して、
「月が綺麗ですね、とでも訳しておけ、日本人にはそれで伝わる」と言ったエピソード……
それが伝わらず齟齬を生じた二人が、その意味を二人で味わえるようになるまで。
そして、今日も二人はI love youという物語ですね!

ありがとうございました♪

わかる~。

お話3作品。

●今日も月が綺麗●
先輩の卒業と同時に告白。
月日は経ってとうとう同棲する事に。

甘い毎日が待ってると思っていたが、2人の時間があまりかみ合わずにすれ違い。
コミュニケーションも少なくなり、自分だけが頑張ってるみたいで
ちょっとした事でさえ相手に腹が立ってきます。
それを先輩がなだめるのですが、そのためにしたエッチなのかと余計にご立腹。
家を飛び出したはいいものを、酔っぱらって会社の先輩に愚痴ると
自分が思ってもみなかった意見が…
そこで初めて自分のことしか考えてなかったと気付くんですね瑛太。
そこが分かれば、相手のことも考えられるし
はい仲直りvv

●明日も空は青い●
女のところから追い出された小山内が、毎回行くところは決まってる。
高校の時の後輩・溝口のところだ。
何を言っても文句一つなく命令を聞く溝口。
だけど身体だけはゆるしてる。

都合のいいヤツと思っていたのだが、ある時ガラッと態度が変わり家を追い出される。
自分のことを好きだと知ったうえで、女と付き合えと…(そりゃ怒るわな)
そしてまた他の女のところから追い出されて、溝口に電話するけど耳元で切られてしまう。
(本当に嫌われたんだと泣いてるところに、結局は迎えに来てくれるんですけどね。)
そしてやっと小山内が気付く。
いつも自分が振り回してると思ってた後輩の手の上で踊らされてたと。
後輩・溝口の方が何倍も策士なのかな。

●瓢箪から駒が出る●
彼女のところに手土産持って向かったはいいが
なんとそこには別の男が!!
実は彼女に二股かけられてて?!(実際は六つ股だったらしいのですが)
その男同士が意気投合して、結局はくっついちゃう形のお話。
片方の彼、補足ですが、チ●コで2ℓのペットボトル持ち上げるらしいです…(笑)

3

キスをして 好きっていって 抱き合って

表紙のファンシー&ファンタジーな雰囲気が素敵!と思い購入しました。

『今日も月が綺麗』
うはー!!犬も食わないラブラブカップルの喧嘩に色んな意味でイラッと…いえいえ悶えました(笑)
攻めさんと受けさんの職業が異なるので、会社でのしきたりや服装などの違いからすれ違ってしまう二人。
攻めさんが仕事のお付き合いで二次会に行こうとするのとか、受けさんは嫌がります。
もうね、受けさんが普通に女子です(笑)
あたしと仕事、どっちが大事なの!?とか言いだしたらどうしようかと思うくらい女の子っぽい反応をするキャラでした。
ふっ、でもそんなの今だけよ←黒いオーラ
今のうちにラブラブしといたらいいんだからっ(笑)
…という今が旬のバカップルさんのお話でした。

『明日も空は青い』
「今日も月が綺麗」と対照的なラブラブではないカップルのお話でした。
高校の部活の先輩(受け)と後輩(攻め)という関係で、受けさんは後輩がなんでも言うことを聞いてくれるのでパシリに使ったり、攻めさんの都合を考えずに家に泊まり込んだり、挙げ句の果てには性処理にまで使ってしまう始末。
そして調子に乗りすぎて、攻めさんが受けさんのことを好きだと分かっているのに、攻めさんに女の子を紹介してしまいます。
そこで攻めさんはついにキレて、今日から彼女がいるんだからもう先輩のものではない、というような言葉を投げつけて、出て行けと言います。
その後、雨の中泣いている受けさんを攻めさんが迎えに行って丸く収まります。
受けさんが攻めさんに心も体も許しているのは本当は攻めさんのことを好きだから、というお話でした。

『瓢箪から駒が出る』
攻め×攻め特集に掲載された作品だそうです。
女の子に二股(実は六股)されていた男同士のお話でした。
どっちが攻め受けか分かりませんが、メガネのほうが攻めっぽかったですね。
メガネさんは2リットルペットボトルを持ち上げることが出来るナニをお持ちのようですから、
せっかくなのでメガネさんが攻めで見てみたいです(笑)

2

かわいい顔して

サラリーマン3カップルのオムニバス。
「今日も~」と「明日も~」は続き物ではありませんが、対になっているということで、「明日も~」編に、「今日も~」カプが、マンションの廊下ですれ違うシーンで登場してます。

この作品は特にだけど、木下作品って、甘い描線のかわいいふんわり系の絵とは裏腹に、登場するキャラががさつだったり、ヘタレだったりと、実はあんまりかっこよくない。
身体のラインなんかも、あんまり締まり無いし、そもそも裸で絡んでいるシーンがあっても、TVドラマのセックスシーン並のボカシ不要な描写。
でも、この、絵柄が甘くて押しつけがましさがないからこそ、ストーリーのおもしろさが効いてくるって感じ。
3作品とも、なかなか笑えて、とってもおもしろかった。

後は、コミックスにする時も、雑誌掲載時のカラーページはそのままカラーで載せて欲しいなぁ。
それでも一応扉絵は、カラーで後カバーや口絵に使ってくれるだけマシけど、ほんとは、そうやって切り離さないで、雑誌掲載時と同じようにカラーにして欲しいなぁ。
木下先生のカラー絵は、水彩の淡い微妙な色遣いが特徴なだけに、特にそう思う。

2

テンションの違う3つのお話し

ほんわかした瑛太の恋心をがっちり掴んで放さない仁木との同居生活。
それでも不満は散り積もるわけで、些細な言葉のあやで爆発してしまう。

たったひとつ年上なだけで、ホントは自分と何も変わらない男だと気づくまでの好き過ぎて対等になれなかった恋心。
そして実はちょっと口下手で不器用な仁木の、こちらも憧れの眼差しを向けられて幻滅されたくない男心。
互いに少し背伸びした結果の亀裂が可愛く修復され補強されるお話でした。

「明日も空は青い」
ろくでなしでヒモ生活まっしぐらな小山内と無口で従順な溝口。
ほんわかした作風に真逆な性質が優しいオブラートに包まれて読者が嫌いにならない程度のダメさ感。
溝口のどうしようもない人だけど好きという感情が良く伝わってきます。
盲目的な恋ではなく理性的なのに全部を受け止めて突き放せない。だからタマにお仕置きする。
つかず離れずで何度も同じことを繰り返しながら、帰る場所はひとつだけになる日を虎視眈々と待っていそうな溝口の作戦勝ちな気がします。

「瓢箪から駒が出る」
男同士の下品さが爽やかに味わえます。
そして広尾のナニ自慢。
下世話な話しで盛り上がる男子の図に、こんなテンションも嫌いじゃないけどね。
恋愛に発展するなら長期戦で。
いくつかのステップを踏んで欲しいなと思いました。

2

お尻を差し出す先輩の漢気

三つの作品が収録されていて、私は表題作が好きです。

【今日も月が綺麗】
高校時代にずーっと好きだった先輩に告白して、恋人同士になれて、現在同棲中の二人。
思っていたよりも甘い生活でもなくモヤモヤしていたら、先輩の合コン現場でバッタリ…おまけに二次会まで行ってしまう先輩……。

受けの会社の先輩女性が良い事言うんです。
「俺は必死で頑張ってる!!」という受けに対して
「付き合ってて、二人で住んでんでしょ?
先輩だって頑張ってるって何で思わんの?」って。

思わずドキリ…。
夫婦もまさにこれだなって。

そして
「先輩っつたってね、アタシからみたら大学出たばかりのぺーぺーなの、
それも大企業の営業職だよ、ただの下僕だよ」
って諭すんだけど、ほんとそれだなと思います。

先輩といってもたった学年が一つ上なだけで、おばちゃんから見れば、23も24も20代前半という一括りですよ。年齢差の違いなんて無いに等しい。

だけど、かっこいい先輩であり続けたいから、キャバや合コンも仕事のうちなんて言いたくなかった……というあたりが、先輩かわいいなって思います。

そして受けが勢いで「先輩のちんこはもう飽きた!」と心にもない事を言い放った言葉を真に受けて、お前がそういうならケツを差し出すしかないだろうと、お尻を差し向ける先輩の姿見たら、ギャフーーーー!!ですよ。
なんなのこの人ーーー!!!

かっこいいーーー!!!
大好き!!!って思うしかないよねぇ。

【明日も空は青い】
高校時代の後輩が自分に好意を寄せてくれるのをいいことに「365日24時間営業のコンビニ」扱いするクズい先輩。
「お前は俺のために存在してるようなもんだ」とか面と向かって言えちゃうんです。

合コンで出会った女の子と付き合え!と命令したことから、後輩の逆襲が……!
まぁ逆襲といっても、彼女と付き合うなら、もう先輩の言う事には一切従いませんよ、という決別宣言なんですけどね。

便利なコンビニだと思ってた後輩からピシャリとシャッター降ろされちゃって、先輩はどんどん転落……
ざまぁ。

そこで救いを手を差し伸べる後輩なんだけど、全部計算っぽい策士ぶりに、先輩が敵う相手ではないなと思います。
でも、あんな男のどこがいいんだろ?というのが最大の謎。

【瓢箪から駒が出る】
女の子に六股されていて、女の子宅でばったり出くわしまさかの穴兄弟になってしまった二人が…。

2リットルのペットボトルを持ち上げられるナニとテクが自慢の広尾さん。
そんなの挿れられたらたまったもんじゃないから俺が抱くと主張する神田さん。

攻め×攻め特集が初出だそうで、ずいぶんおバカな主張をしあってるなぁと笑える攻め攻め攻防です。

2

木下先生の描くスポーツ刈りに萌え。

表題作を含めて三組のリーマンカップルのエピソードを堪能できます。

一組め(仁木×瑛太)は先輩後輩だったけど、今はそれぞれ違う会社に勤めていて、同棲中。
男女間でもよくありそうな日常生活のすれ違いを、ほんわか描いてます。

二組め(溝口×小山内)は、後輩先輩カップル。
溝口は小山内の命令に一切逆らわない寡黙な男。
それをいいことに我がまま放題の小山内だったけど、ついに溝口から突き放されて…
結局は甘甘なオチですが、溝口の大人っぷりとなんだかんだいって小山内にメロメロに甘いのが良。

三組め(広尾×神田)は、同じ女性に二股かけられてたことがきっかけで友だちになったという変わりダネ。
ひょんなことからコキ合いして、意識しあうようになって…とあらすじだけだと雄臭い話のようですが、この作者さんなので品良くあっさりです。

普通キャラ&品の良い作風が好みの方にオススメです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ