美形ヤンデレ×地味男子の表題作ほか、商業未発表作である緒川千世の原点をあつめた短編集。

世界は君で廻ってる

sekai wa kimi de maewatteiru

世界は君で廻ってる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神56
  • 萌×262
  • 萌41
  • 中立10
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
32
得点
661
評価数
179
平均
3.8 / 5
神率
31.3%
著者
緒川千世 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784796404365

あらすじ

「牧くんてさあ、すげーかわいいよね」
まごうことなき地味顔の俺に、イケメンのクラスメイト・深町はのたまった。以来、キスしてきたり肌に触れてきたり、深町は俺につきまとう。逃げても泣いても執拗に追われ、ついには淫らな行為まで――。
美形コンプレックスの平凡男子がイケメンに振り回される表題作ほか、幻の商業未発表作をあつめた短編集。描き下ろしも収録。

世界は君で廻ってる/世界は君の腕の中(描き下ろし)/エセ床屋漫画/おろかしくも うつくしく/ヤスイ タマシイ/アカルイミライ(描き下ろし)/極上デザート/あとがき

表題作世界は君で廻ってる

イケメンの同級生 深町
コンプレックスのある高校生 牧総一

同時収録作品極上デザート

加地(高校生)
夏目(高校生)

同時収録作品エセ床屋漫画

理髪店の息子 高田悠士・高校2年
忠近(高校2年生)

同時収録作品おろかしくも うつくしく

亮平(高校生)
晴海(高校生)

同時収録作品ヤスイ タマシイ

森洋介(高校2年生)
里見先輩(高校3年生)

その他の収録作品

  • 世界は君の腕の中
  • アカルイミライ(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数32

同人誌短編集

こういうのをちゃんと商業にまとめてくれるとありがたいですね。

男子高校生の短編集。

やたら地味な自分に構ってくるイケメン。

学校で床屋(仮)でバイトする(リアルにはだめだと思いますが)攻めくんと、そこにやってくるラフ髪のかわいい男子。髪をいじる&いじられるってちょっとエロティックかも。

インテリメガネくんにつっかかるちびっ子可愛いツンデレ、はカーストヘヴンの原型ですね。

100円で(床屋見習いも100円。)Hしちゃうという噂をネタに体を重ねる二人など、少しダークな面もありつつ、全体には爽やかな男子高校生ものでした。

0

恋人は極上デザート♡ 彼の可愛いところを知っているのは俺だけでいい。

全体に糖度高め。詩的モノローグ多めのロマンティック・ラブストーリー♡
折れそうなくらい華奢な恋人たちを、ただただ愛でる攻めたち。
表題作の牧くんだけは、地味で平凡だというその容姿にコンプレックスを抱いてもいるが、
あとは大体美人さん。
その細い躰に舌を這わせるさまが、なんと言ってもエロティック。
イケメンに執着されては、押し切られるのが世の常。
表題作の『世界が君で周り出した』瞬間は、「誤算で不幸な恋話」に編纂されていて。
キッカケは、きっと何でもいいんだけど。恋に落ちたら一目散‼︎ というのがね、たまらない。
愛して、甘やかす。ふわふわの夢見心地。執着された方はたまったもんじゃありません。
周りの全てに嫉妬され、理不尽に当たられ、戸惑っている間にキスをされ。触られる。
「かわいいところを見るのは、世界中で俺だけでいい。」
きっと、一度落ちたら逃げられない。
表題作の他も全て愛おしいですが、短か過ぎる「極上デザート」も好きです。
『甘いものが欲しい。優しくされたい。』とほろほろと泣く美しい夏目。
夏目がベッドでダラシなくスィーツを口にしている絵も好き。
加地は「俺は結構甘いぜ? 恋人限定でな。」と、指を舐めながらウィンクする。
嫌味なほどにキザで、オシャレなカット。イケメンしか言ってはならないことをヌケヌケと。
そして、サラリと。

甘くて、ワガママ。そこはかとなく漂うエッチくささ。恋に病んではいるんだろうけど、
緒川先生らしい、異常なヤンデレは鳴りを潜め、甘いエッセンスだけを抽出した短編集です。

0

攻めの執着に魅せられる

 5作品収録されていますが、どれもキャラ設定が素敵で印象に残る作品ばかりでした。緒川先生の短編だと病んでいるものも多く、身構える人もいらっしゃるかと思いますが、この作品に関しては無用な心配です。似たような雰囲気でいうと『誤算のハート』や『溺れる魚』みたいな感じでしょうか。コメディでも病んでもいない、爽やかな、でもどこか緒川先生らしさを感じさせる、そんな作品が5つ描かれています。

 特に好きだった作品が2つあって、まずは『エセ床屋漫画』。床屋を継ぐ予定の悠士は、同級生の忠近の纏まらない髪をいつも整えてあげています。無防備にすべてを任せる忠近に、実は執着を抱いている悠士の押しや嫉妬した時の様子にすごく萌えました。もう1つは『おろかしくもうつくしく』。美人なことを自覚して同級生の亮平をいいように利用している強気な晴海ですが、亮平を好きなことをずっと隠しています。その一途な気持ちに本当は気付いている亮平が最後は上手になり、晴海を懐柔するのがたまりませんでした。

0

攻めに注目してしまった

久しぶりに読み返しました。最近は緒川千世さんの本を読み返してます。

今作はたいてい攻めが受けに腹黒執着ですねえ。

みんな高校生のお話です。
攻めが受けを断れないような言い方迫り方したり、顔しか取り柄のない受けなど緒川さんらしいお話でした!

世界は君で廻ってるとエセ床屋漫画が攻めが受けの性格やコンプレックスをわかっていて優しく追い詰めて受けを手に入れるのが良かったです。

ヤスイタマシイが攻めはどうして受けを?好きだったの?でも10年後も100円エッチが続いてて貯金箱に貯まったお金で二人の家を買おうと言う攻めと泣く受けが良かったです。

絵がキレイですね。

0

すっごく久しぶりに読んでみたら…

新刊の「誤算で不幸な恋話 」を読んだら【世界は君で廻ってる】の攻めが受けに惚れたきっかけの短編が載ってました。
わぁ懐かしいなぁ〜とこちらのコミックスを2年ぶりに読んでみました。
すると…。
【世界は君で廻ってる】への萌え度が以前よりも確実に低くなってる自分に気づいてびっくり。
昔は、ハイスペックイケメン君が平凡地味顔に問答無用で惚れてるという構図がめちゃ萌えツボだったけど(今でもその構図は確かに好きですが)久しぶりに読んでみたら、攻めのヤンデレ臭がなんだか怖い…
おかしいなぁ…以前は萌えながら喜んで読んでたのに…。
多分、緒川さんのいわゆる黒緒川と呼ばれる作品を、得意ではないのに最近いくつか読んだのでそのダークさに食傷気味というか過敏になってるのかもしれないです…
また1、2年くらい経って読み返したら感想が変わるかもしれない。
でも年々ダークなのが読めなくなってきてる自分がいます…

【エセ床屋】
「誰に切らせた」と怒りを見せるところが好き。
普段は受けに対してそれほど執着心を見せないのに、とっさに見せた「受けは自分のモノ感」に萌えます。

【ヤスイタマシイ】
こちらは以前と変わらず萌えました。
好きな後輩に抱かれてみたくてあえてビッチな噂を自ら流した先輩と、100円あげるから抱かせてといってきた後輩。
あえてビッチを装ったり、好きなのに平然としたそぶりをする先輩と、その心の内とのギャップが萌え。
【アカルイミライ】
ヤスイタマシイの二人の10年後。1エッチにつき100円貯金をしてきた彼ら。
30万の貯金箱がそろそろいっぱいになりつつあって…。
短いけどこれが一番好きです。
10年で3000回ってことは1年で300回…すごいわーと思わず計算してしまいました。

2

寝る前に読む短編集

毎晩寝る前に本を読んでいます。
睡眠導入剤として良い意味であっさりとしたBLが欲しかったので、この短編集はぴったりでした。

特に好きな作品は『ヤスイ タマシイ』
軽い調子の年下攻め×黒髪クール受けは元々好きですが、なぜ好きなのか、どこが好きなのか、が解ったCPでした。
実は純粋な想いを秘めた受け、それを知っているのか優しい攻め、両方可愛いです。

10年後の『アカルイミライ』はじーんときました。
スーツ姿に成長した攻めが、冗談っぽく言った言葉、「ずっと一緒にいたい」とも受け取れる言葉で、受けを泣かせるなんて。
未だに恋人を「先輩」と呼んでるのもすごく良かったです。

他の短編作品も心から萌える設定やセリフが多く、詩集のようなBLコミックに出逢えて嬉しいです。

2

男前攻め×可愛い受け

短編作品がいくつか収録されたものです。
私は緒川千世先生の作品が本当に好きなので「またとんでもなく可愛い受けと、カッコイイ男前攻めたちが…ありがとうございます…」という感じになりました(笑)
受けは、無自覚な可愛さを持つ子や、執着だったりといろんな子がいますが、全部が全部可愛いです。
攻めは、基本的には男前です。カッコイイ。
また、千世先生の作品はたまにポロッとでるセリフがもう破壊力のある可愛さ、かっこよさなのですが、今回もまた炸裂していました。(ニヤり)
私のように「可愛い受けと、かっこいい男前攻めが好きだ!」という人に強くおすすめしたいです。

2

いつでも世界は

わりと病んでる感じが多い作品がおおいなか
学生☆青春☆な印象が強い作品が多かったかなと思います。
大人BLが増えてる昨今ではありますが
やっぱり若いっていいなーと思うのは私だけじゃないはずっ

◇世界は君で~
どうみてもそんな可愛くないだろ。
と、自分で思っているのだが、イケメンに「可愛い可愛い」を連呼されてしまう受が可愛らしい。
結局のところ「好きになる」の過程というか
身体の関係が先になってしまっている印象が強いのかなと思ってしまうのですが、その間にはそれぞれの気持ちの変化があって
距離が近づく瞬間があったのかなと想像するとちょっと楽しかった。
まんまと攻の手中にwな部分が多々ではありますがこの受なんにせよ見た目が好みでいかん。最後のエロコマが好き。

◇エセ床屋
「誰に切らせた」怒りをあらわにする攻のシーンが好き。
普段は穏やかでそんな感じでもないのに
好きな相手のことになるとマジになる。
萌えです。

◇おろかしくも~
キスがごほうびとか可愛いでござる。
嫌われたらしんじゃうとか。。。可愛いでござる。
おろかで可愛い受。愛しちゃうしかないじゃない。

◇ヤスイタマシイ
一回100円。
3000回はやりすぎではと思うが、まぁ
年数的に考えれば・・・ぐぬぅ
その耐久レースを見たいと思うのは私だけ?
とはいえ、経験もないくせに、興味半分で近づいた男に
たとえ好きな相手だっとはいえ。
なのだけど、設定的にはすごく好きでした。

◇極上デザート
甘いのはどっちじゃw
な感じですね。
流れるように始まりから終わりまで読ませていただきました。
二人の距離感が好きだ

3

変わった題材

良い短篇集でした。
緒川さんらしさが存分に堪能できて、楽しかったです。

中でも気になったのが
「エセ床屋漫画」。
表題作ではないのですけど、今どき「床屋」って響きは
なかなか聞かないので、読む前から結構気になりました。

高校生で学校の一室に変な床屋を営む悠士(攻め)。
そこのもとに通う、常に寝癖爆発している主人公の忠近(受け)。

いつも通っていた学校のエセ床屋だったのに、
悠士がいろいろと忠近にちょっかいをかけてくる。
キスだったり、肌を触ったりと、悠士なりの
いろいろなアピールなんでしょうが、鈍い忠近はそれを
「セクハラ」と呼んでいます。
可愛いですねー。
キスにまで主人公が流されてしまう、
このふたりの微妙な空気がいいです。

相変わらず、忠近に触れてくる悠士。
ある日忠近がキレてしまうんですが、悠士はぬけぬけと、

「ここまでやっといて、これ以上の言葉がいる?」

とか、言います。
うう、高校生のくせになんてエロい台詞を吐くんだ、こいつは。

私、誘い受けは苦手分野の一つなのですが、
普段拒絶してばかりの忠近が勇気を出して、
悠士の前にコンドームを出して、「いる?」と言うシーン。
あああ、忠近!
その誘い方はエロい!反則!
そして、「これ以上の言葉がいる?」と悠士の言葉マネ。
ううう、萌える!

床屋のシャンプー台?カット台?の上でのHってのは、
かなり新鮮です。
今までこれは見たことが無いです。斬新。

エロシーンも雰囲気でエロを醸し出していた感じで、
とにかく忠近が初々しくて、可愛かった><

ラストシーン近くのH後の忠近の台詞には笑いました。

「耐えがたき、このケツの痛さよ」

寝癖爆発した状態で、そんなセリフを言われると
爆笑してしまいます。

まあ、幸せそうで何よりでした。

3

美形と平凡率が高いです(*^^*)

緒川千世先生の作品ははじめて読みました!

【世界は君で廻ってる】
表題作です。美形ヤンデレ×地味男子。美形な人にあまり好感を持てない受けと、そんな受けが大好きな攻めのお話。美形×平凡が好きなのでおいしくいただけました。攻めがヤンデレといっても痛々しい表現が無かったところもよかったです。

【エセ床屋物語】
床屋の息子×クセ毛男子。これも美形×平凡でした。受けが前髪を切ってもらおうと目をつぶってる姿に欲情してキスしてしまう攻めが、高校生っぽくてよかったです。表題作よりこちらの作品の方が萌えました。

【おろかしくもうつくしく】
世話焼き×性悪美人。攻めのことが好きだけど素直になれない受けがかわいいです。教室で普通にキスって…(笑)結局は攻めも受けが好きなんですよね。萌えます。この本の中で1番好みでした。

他にも2つのお話がありましたが、特に面白かった3つのお話をレビューさせていただきました。総合的にオススメなので、神評価です!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ