• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作秘恋は咎に濡れ

四堂匡鷹,34歳,元新聞記者の野党議員
真船椋一,27歳,衆議院議員の政策秘書

同時収録作品秘恋は咎に濡れ

従兄弟の衆議院議員 藤末彰良 35歳
彰良の政策秘書 真船椋一 27歳

その他の収録作品

  • sign
  • あとがき

あらすじ

「お堅そうなくせに、ずいぶんと情の深い孔をしてる」
与党議員・藤末彰良の政策秘書を務める椋一。
彼にとって従兄の彰良は絶対的存在で、かつては性の道具にもなっていた。
その彰良の汚職ネタを政敵の野党議員・四堂匡鷹に握られる。
四堂の新聞記者時代の弱味を探り当てて交渉に赴いた椋一は、彼の逆鱗に触れ、身体を蹂躙されてしまう。
以来、たびたび四堂に抱かれることになるが、荒々しくも彼の愛撫は甘やかで、いつしか男の熱を心地よく感じるようになり――。

作品情報

作品名
秘恋は咎に濡れ
著者
沙野風結子 
イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
ISBN
9784796404525
4

(105)

(34)

萌々

(48)

(18)

中立

(1)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
18
得点
417
評価数
105
平均
4 / 5
神率
32.4%

レビュー投稿数18

痛いしエロいが、愛もたくさん詰まってます

作家買いです。作家買いなんですが、この方の本はリアル書店で買いづらいものが多いんですよねぇ…www
沙野さんと笠井さんはゴールデンコンビだなと思いつつ、でもこれもかなりキテます。

沙野さんらしい作品でした。ハイスペックな攻めに、暗い過去を持つ健気な受け。はい、大好物なんです。こういう設定。内容はすでに書いてくださっているので感想を。

四堂先生は文句なくカッコいいです。過去を反省し、真摯に議員としての使命を果たそうとする。ちょい悪な感じもまた良し。強引で、俺さまで、でも椋一を心底大切にしている。
けれど、そこまで椋一に固執する理由というか、恋心がどこで育っていったのがいまいち分かりづらかったのが残念といえば残念でした。

対する椋一。酷い仕打ちを受けながら、それでも彰良を慕い傾倒している姿は憐れなくらいでした。孤独な子ども時代を過ごしてきた彼にとって、彰良が唯一の太陽だったんですよね。
自分に対する仕打ちのみならず、議員としての姿勢や、妹の由芙子に対する態度に疑問を抱きつつ、それでも彼に縋るしかなかった彼の気持ちが哀しかった。
それでいてあのエロさにも圧倒されました。貞淑な顔して~ってとこがまた良い。

でも個人的に一番好きだったのは当て馬の彰良でした。
祖父や父親が築いてきた基盤を継ぐべく努力をしてきたであろう彼の、椋一への抑えきれない想い。議員として致命的でしょうね、椋一との恋は。
自分の気持ちを抑えつけ、それでも募る椋一への恋慕の気持ちに折り合いをつけようとしていた彼の恋心が何とも切なかった。
彼のスピンオフが出ると良いなあと思います。彼は既婚者ですが、どうか次こそ愛した人と結ばれて幸せになってほしいと願っています。

椋一の意に沿わない行為があったり、痛いシーンもあったりしますし、沙野さんらしくちょっと特殊なプレイ(万年筆プレイ最高です☆)もあり、エロエロしいのですが、どのキャラもお互いの愛情を欲していて切なさもあって非常に良かった。

そして笠井さんの挿絵がこれまた素晴らしい!
最後の1ページ「ラブラブな朝の1コマを描いてみました」
凄く良かった~☆
可愛い椋一に、椋一にメロメロな四堂先生。眼福なイラストでした。

8

もう、色々とアレですよ♪

07年ラピスを旧版の新装版だそうです。
前のイラストの砂河さんも悪くはないのですが、この笠井あゆみイラストについて最初に言及させてください!
この表紙v口絵カラーがないのがちょっと残念ですが、巻末にその後の甘いワンシーンイラスト付き。
そして、中のイラストも~!たまらないですぅ。
小説のイラストでも行為シーンは顔のクローズアップであったり全体であったりするのですが、その構図が見事に大胆で挑発的。
読者に向けてまるでAVアングルで見ているような際どいポーズで見せつけてくるのです。いやぁ~じつに眼福でありまして、実にこの物語にあっているのですよ!
以前も書いた覚えがありますが、このイラストで評価が本当に上がります。

お話のほうも、自分的に好きな「くるおしく君を~」みたいなのの政界を舞台にした路線の愛憎劇。
作者さんがあとがきで”よろめき”と称していますが、確かに昼ドラのような(自分的好き傾向の昼ドラw)展開ではありますが、キャラが好きというよりも展開が好きであります。
そこに配置される、マニアックなプレイも興味を引き、楽しませてもらいました。
ザ・エンタメです☆

親が亡くなり、母親の兄に引き取られた椋一兄妹。
周囲に苛められ、冷遇される中で唯一気に掛けて優しくしてくれた従兄弟である彰良に16歳の時犯されるが、彼を慕う気持ちが勝り彰良が結婚するまでその関係は続く。
本当は弁護士になりたかったが父親の地元基盤を引き継ぎ政界に出馬した彰良の望みもありそれを諦めて彼の政策秘書として働いている。
医師会と繋がることで力を保とうとする彰良の政敵とも言えるのが、野党の議員で医療過誤について厳しく追及した法案を通そうとしている四堂。
この四堂が闇献金リストを餌に自分の法案を通したい為の根回しを彰良に依頼してきたことから、それを何とかしたい彰良に、椋一は四堂の調査を依頼される。

椋一は彰良が好きなのです。
不遇だった時に彼に助けてもらったことから恩が愛情になったのではありましょうが、何だか丸めこまれて飼いならされて従順な手駒にされてしまった感もあるのですが、
彰良が椋一を犯す時に必ず顔を隠して行為に及ぶというのが、後に語られる彼の本当に恐れていた理由(本気で椋一におちてしまうこと)も予想はできるのですが、何せ酷い奴なので、いささか本当かどうかも怪しい気がします。
しかし、彰良は自分の利益が最優先の人でその為にも愛情は切り捨てられて、自分を好きなら自分の為に何でもできるはずと酷い仕打ちも平気という歪んだ愛情の持ち主だったのだろうと、結構残酷だけど複雑で奥が深い人だなという印象で、全く嫌いにはなれないキャラクターでした。(歪んだ人って興味をひかれるのですw)

一方四堂は、政治家としてまっとうな志も持ちながら手腕も持ち、卑怯な手も使ったりしますが、権力に固執していない分彰良よりは、いい男だと思います。
いや、案外諒一が接近してきたことで逆に彼を使えちゃったりもして、やはり頭はいい人のようなのか?

椋一、彼は不憫ですね~
彰良に騙されて、じじぃ議員に人身御供に出されてそれでも彰良への気持ちを再確認してみたり。
だけど、彼の役に立っていることが彼の傍にいることと大いなる間違いの刷り込みがなされているから、ちょっと悲しいです。

注目したエロは、その老人議員が入れ歯をはずしてフェラするシーン!
そして、書下ろしの【sign】の中での愛あるエッチで行われる万年筆での体内サイン♪
ほんとっ!沙野作品はこうしたウフフ~なプレイが飛び出すから好き☆です。

結構ベタなよくある昼メロ調なのですが、そこに描かれる複雑な人の気持ちと関係が魅了し、またエロシーンもまんべんなく、バランス良く入る楽しめる作りの作品という部分で、そして何よりこのイラスト効果というのもあり、今回は萌×2評価をしたいと思いました。

12

愛を刻むsign

07年の同タイトルに書き下ろしを加えた新装文庫版。
本編はとにかく椋一が可哀想だったので、書き下ろし『sign』で幸せそうなその後を読めて良かった。笠井さんのあとがきイラストのラブラブな朝の一コマも必見です!!!

政界モノですが、そう小難しい話ではなく、
恋により自我に目覚める椋一の心情や、椋一に執着する彰良と四堂という二人の男の対照的な描写を楽しむ感じです(+エロスも)。
まるで人形のように、身も心も彰良に捧げていた椋一が四堂と出会い、心身にじわじわと生を取り戻していく。
その過程がとても情熱的で色っぽくて好きな作品です。


主人公の椋一は、従兄弟にあたる議員・彰良の政策秘書。
幼い頃から、優しく聡明な彰良をひたすら崇め、恋心を抱いていた。
彰良の結婚前は、性欲のはけ口となることも受け入れ、
身体関係がなくなった今も、彰良のために尽くす。
四堂は、彰良に不利な政策を掲げる野党議員。
椋一は四堂の汚職ネタをつかみ、取引を持ちかけるが…


椋一は彰良を想うあまり、その捨て身すぎる生き方の異常さに気づかない。
自分の夢も、妹の恋も犠牲にしてしまいます。
しかし、彰良はそんな椋一を交渉の生贄に差し出す。
老議員に入れ歯ナシで口淫される椋一を助け出したのは四堂で、その後も敵対勢力に暴行をうけた椋一を介抱してくれる。
荒々しくも優しく触れてくる四堂により、生の感情や快楽を引き出され、彰良の人形だった日々から脱却する椋一。
彰良から救ってくれ、妹の離婚にも協力してくれる四堂は、アウトローな見かけによらず王子様のようでした。

彰良は、政界という特殊な世界に生きるうちに感情が麻痺してしまったのか。
若き日の優しい姿や、椋一を犯すとき、決して顔を見ようとしなかった真意。
もし状況が違えば有り得たかもしれない幸せの可能性を残して訣別するラストが少し切ないです。

四堂の汚職ネタは椋一の誤解で、実はある人物の死を今でも悔やむ情の深い人物。
一途な椋一とはかなり甘い関係になりそうという予想通り、
書き下ろし『sign』では、大変ラブい後日談を堪能できました。
相互のサインプレイはエロくてヤバい!!笑
彰良の呪縛の象徴のようだった万年筆が、最後に愛の証という意味合いに変化したというのは良いですね。個人的に一番の名場面です(歯なし老議員も別枠でインパクト大ですが笑)。

9

表紙から悩殺。(*´∀`*)

買いなおしてよかったー。よかったんだよぉう。

笠井先生有難うございます!!!!(ノД`)・゜・。ホロリ

四堂(攻)も椋一(受)も作品のイメージを具現化した素晴らしい色気ですっ
ついでに言うなら彰良もほどよく男前で嫌な野郎で当て馬として
立派に見えました。笑

笠井先生のイラストを拝見するためだけに購入してもおつりがくるぐらいの
美麗な挿絵の数々、いくつか笠井先生が挿絵の作品を拝見してますが
今回のアングル等群を抜いてエロエロしいんじゃないでしょうか。(*´д`*)ハァウ
いずれも甲乙つけがたく、もはや皆様に直接ガン見してほしいです。はい。
強いて言うならば、何故に口絵のカラーがないの!?とは思いますが。苦

もはや作品の内容については他の姐様方が余すことなく語ってくださって
おりますとおり、俺様な政治家が敵対する政治家の政策秘書を略奪する
昼メロ愛憎劇場です。笑
(まるで四堂が悪者みたいだ・・・違うけど。笑)

不幸体質の椋一を一層不幸に仕立て上げる彰良の手腕は凄いなぁと
地味に感心。
しかも不幸にしてやろう!って言うのではなく、自分のモノという
認識から出る行為だから始末が悪い。
ホント四堂に強引に略奪されなきゃ一生不幸の檻で囲われていたんだろうなぁと思うくらい、彰良は椋一に執着し、椋一もまた彰良に依存する関係。
あぁ、四堂に出会えてよかったね、椋一。•つД`)・゚・。


身体から繋がり、愛を受け入れるモノって実は初めて読んだかも。
四堂のねっとりと甘い愛撫と眼差しに椋一が懐柔されていくシーンは
結構ぐっときたデス。(*´∀`*)

『 おまえを丸ごと、俺のものにしたい 』

ホントは愛されたくて愛されたくてたまらないのに、見てもらえない
椋一の悲しさや柵ををすべて受け入れて、丸ごともらってやるだなんて
どんだけ男前なんだよ、と。
まぁ、自分を全く顧みないからイラっとして強奪したんだけどね。笑


いやぁ、椋一の貞淑妻淫乱受けっぷりは秀逸でございますヨ。
心は嫌がっていたときでさえ、あの悶えっぷりは誰でも欲情しちゃうって。笑
カエルじぃさんに凌辱されているシーンは決して萌えるようなシーンではないはずなのですが、そこは笠井先生の素晴らしい挿絵により、椋一の葛藤とせつない表情に萌えってなりました。笑
イラストの威力はんぱねぇ。

更に。なんでこう、料亭とかに用意されてる寝具はえろっちぃ紅殻色なんですかねぇ。行燈の花模様とか。
古風ないかがわしさが倍増するアイテムですよね。
そこも見事に表紙で描かれているのでそちらも必見ですよ。( ´艸`)ムフフ


やっぱり王道だけど、俺様攻めが危機的状況な受けをどんな時でも助けに
駆けつけるっていいよなぁ。(*´エ`*)ウットリ
しかも、日々、偉そうで一方的な決め詰めの発言しかしないくせに、
常に受けを気遣っててホントは受けが欲しい言葉と行動を示してるなんて。

『 おまえは、俺以外は必要ない 』

俺様。俺様以外のなんでもないセリフが甘ったるいっヾ(≧∇≦*)〃キャー
あー。ほんとホイップクリームのように甘々だ。
甘々といえば。
最後にラブラブな朝の一コマが描かれていますが、もう、本当にあっまあまっです!
ベットの上で四堂の胸に顔を埋めている椋一が「四堂先生」と呼びかけても
返事をしないのに「匡鷹」と呼ばれると「ん?」って反応して。笑

『 煙草はほどほどになさって下さいね… 』
『 …あー 』
『 お体が心配です 』
『 じゃあ口寂しくなったらキスさせろよ? 』

おぉぉぉぉぉぉぉ。
口寂しくなくてもするくせにーーーーーっ (≧∀≦)ムキャ
(当然ですが、ベットの上で二人は全裸ですよ、と。笑)

凌辱とか無理やりなシーンが割とありますが、最終は溺愛甘々で終わるので
安心して読み進めてほしいです。
俺様攻めが受けにベタ甘にエラそうに甘やかすのがお好きならぜひぜひ♪

8

ドロドロで痛いけど愛なのよ

痛い系で受けである椋一がドロドロ状態に身も心もボロボロになる可哀想だけど
歪んだ愛も執着も、過去の優しい時間があるから、それを心の拠り所にしている
健気で切ない未来の見えない恋に縛られている椋一のお話でした。

痛い系で苦手な部類ではあるのですが、この作品は読んだ後味が悪くないし
読んでいる時も代議士ジジイの入れ歯にはちょっと引いてしまいましたが(笑)
椋一の一途な忠誠心と言うか愛を一方的に受け取っている従兄弟で若手議員の
悪者役に分類される彰良の自身でもどうしようもない執着と歪んでしまった愛が
見えるからかも知れないです。
そうは言っても酷い人には違いが無くて、彰良に洗脳状態で傾倒している椋一は
憐れな愚か者なのです。

それが彰良と敵対する野党の若手議員との出会いから次第に凝り固まった感情が
揺らいで、それでも相手に求められても子供時分からの刷り込みに近い思いで
彰良の側から離れる事が出来ない。
既に彰良と肉体的な関係が何年も無いし、愛情をその関係で得た事もないのに
子供の頃に優しくされ気にかけてもらったことが逆に忘れられない。
まるで見返りを何も求めないワンコなのかも知れないです。

それでも、人格を無視されるような扱いを受け、彰良の為に妹の幸せまで奪い
次第に脳裏に浮かぶのが自分を強引な手口で奪いながらも愛情を感じさせる四堂の姿。
過去の呪縛から解き放たれ、やっと新しい道へ、愛する者と進むことになるお話。
彰良だって立場が違っていたら・・・そんな風にも感じてしまう内容でしたね。

6

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP