憧れの帝と瓜二つの弟皇子α×生真面目役人Ωの、中華宮廷オメガバース!

アルファ皇子の宮中秘恋

alpha ouji no kyuchu hiren

アルファ皇子の宮中秘恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

24

レビュー数
8
得点
102
評価数
26
平均
4 / 5
神率
50%
著者
小中大豆 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
二駒レイム 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784041095508

あらすじ

幼い頃に尊顔を拝して以来帝に憧れ続け、お役に立ちたいと猛勉強して、唯一のベータとして上級官吏に登用された瑞春。そんな彼にある日、帝からお召しがかかる。その用件とは、帝と顔は似ているが、放蕩者と噂の弟皇子・淑英の創設する研究機関の秘書役に抜擢するというものだった。始めは反感ばかりだったが、噂とは違い、淑英が有能で優しい人物で、帝を影で支えていたと知り、次第に心を開く瑞春。そんな折、ベータと思っていた自分の体がオメガの発情を始めてしまい…!?

表題作アルファ皇子の宮中秘恋

淑英,放蕩者と噂の弟皇子,アルファ
雪瑞春,22歳,上級管吏に登用されたエリートベータ?

その他の収録作品

  • アルファ皇子の閨のつぶやき
  • あとがき

レビュー投稿数8

明るく元気なお仕事オメガバース

宮中の悪を正す、痛快お仕事オメガバースです!
明るくテンポよくサクサク読めます。お仕事部分が強めなので、オメガバースの痛さとか暗さはありません。甘さも控えめかな?という印象です。
でもちゃんとラブもあります!

以前の皇宮オメガバースと、イラストレーターさんが一緒だったので、続編?と思って買いましたが、別のお話でした。


ベータの(と思って生きている)瑞春は、雪佳人と呼ばれるほどの美貌ながら、無表情で愛想なしのため石像と呼ばれています。そのうえ、アルファがほとんどの宮中役人の中でも、成績上位三名しか入らない秘書省に勤めてる秀才。そのため、ベータの癖に等色々やっかまれますが、倍返しでやりかえして負けません。そしてあるきっかけから陛下オタクというギャップ!
そんな瑞春が、憧れの陛下に直々に呼ばれ、ある計画の為の侍従長として任命されます。その直属の上司が陛下の弟でアルファの淑英。第一印象が悪かったものの、一緒に働くうちに良いところがたくさん見えてきて…。

カップリングは淑英×瑞春。2人とも良いキャラです。んん?と思うところがあっても仕掛けがあるのでぜひとも最後まで読んでほしい。周りの人も憎めない良い人達でした!

0

皇帝オタクの官吏の恋

今回は現皇帝の弟皇子とベータ初の状元となった管吏のお話です。

皇帝直轄研究機関設立により宮廷の暗部が明かされ、受様が憧れ続けた人
との恋を実らせるまでと後日談番外編を収録。

この世界の人には男女という性別の他にアルファ、ベータ、オメガという
第二の性が存在します。女性はベータ以外の性で生まれると早逝する割合
が高く、ほぼ10割ベータですが、男性は8割がベータ、1割程度がアルファ、
オメガは1割にも満たない希少種です。

アルファは他性に比べてあらゆる面で秀いでていますが、オメガは男であ
りながら妊娠可能な上に、発情時にアルファを誘因する香りを発する事で
忌避されながらも、アルファの子を孕む確率が高く、権力者たちは妻の他
にオメガの側室を娶る者も少なくありません。

官僚になれるのは科挙試験に合格した進士だけですが、20年前までは受験
者はアルファが優先で、ベータは1度に受験できる人数が決められていまし
た。女性とオメガには今もって門歯は開かれていません。

科挙試験に通った進士でも中央に配属されるのは成績優秀者のみで、そ
の中でも上位3人は「状元」「傍眼」「探花」と呼ばれる特別な存在で
学士院で2年学んだ後には秘書省に配属されるのが通例です。

受様は3年前の科挙試験でベータで初めて状元となった人物であり、学問
の得手不得手に性別は関係ないと思っています。というのも彼の務める
秘書省は皇帝の詔を起草する場所で、宮中の心臓部と言っても差し支えな
く、逸材中の逸材が配属されるのに、学問ができても仕事の出来ない者が
多すぎると感じていたのです。

受様は現皇帝の即位を祝う祝賀祭典にて皇都中を練り歩いた帝の巡行にて、
皇帝陛下にお言葉を賜って以来、皇帝の熱心な信奉者でした。科挙試験に
望んだのもいい成績で突破すれば中央官僚になれ、あわよくばご尊顔を拝
せるかもとの想いもあったのです。

ただ実際にはベータでありながら十代で「状元」となった受様はやっかみ
の的であり、アルファの同僚達に仕事を押し付けられる毎日では一生下っ
端だろうと思われていました。それでも皇帝のために働き、同じ宮廷の
空気をを吸い、折々の式典で豆粒でもお姿を直に見られる事は十分に幸せ
な事だったのです。

そんな受様でしたが、皇帝が新設しし、弟皇子が長を務める事となった
皇帝直轄研究機関「香林書房」設立に際し、侍従長に任命される事となり
ます。受様の上司となる弟皇子こそが今回の攻様になります♪

攻様は皇帝と2つ違いの同母弟で2人は非常に仲が良く、攻様は兄の側近と
して仕事を補佐していると言われていますが、穏やかで質素な皇帝陛下に
似ず、たいそうな色好みでオメガの妻を複数娶っている人物なのです。

受様は今回の呼び出しで初めて攻様と対面しますが、なぜか攻様に13年前
に見た即位式の時の新皇帝の面影を見るのです。不可思議な懐かしさと供
に興奮が沸き起こります。

受様は皇帝とまみえた興奮からかその日から熱を出して3日も寝込んでしま
いますが、皇帝が新設した「香林書房」に集められた人材は一癖どころか、
二癖もみ癖もある人物ばかりで!?

敬愛する皇帝から新設される研究機関の侍従長係に抜擢された受様が、皇
位を巡る宮中策謀に巻きこまれながら攻様との恋を実らす中華風宮廷オメ
ガバースになります♪

香林書房でも専門馬鹿の多い香斎侍従達をまとめ上げ、攻様と皇帝陛下が
目指す宮廷改革を目指す中で、現皇帝の失墜を狙う宮廷内の権力抗争に
巻きこまれていく事になるのです。

香斎侍従達や攻様とのやりとりにもそんな受様の一本義で真面目な気丈さ
が現れているのですが、正攻法には強くても、食えない性格の攻様のちょ
っかいには微妙に斜め上な答えを返したりするのがすごく面白かったです。

攻様も父皇帝の逝去と兄皇帝の病の影に、宮廷の権力を狙う貴族達の影を
感じながらも、私財もなく信頼できる人材も少なく、皇帝を護りながら
皇帝の力を高めるべく、様々な改革に着手していたのです。

受様と攻様の仲が誤解とすれ違いが重なってなかなか進展しないのですが、
オメガバースとしてはかなり王道な展開なのでハラハラしつつも、安心し
てワクワク、萌え萌えさせて頂きました♪

アルファが尊重されるが故に貶められるオメガの価値、発情しないから
オメガじゃないという思い込みなど、"オメガとはこうあるべき"という
思い込みも巧みに利用されていて、とても楽しく読めました。

受様が憧れ続けた人の正体が判ってもなお、皇帝グッズ集めに熱心なのが
オタクの逞しさ極まれりな感じで良かったです (^_-)v

0

キャラが好き

先生買い。面白かった!王道なお話であまり残らなさそうですが、攻め受けともキャラが大好きだったので萌2にしました。ho○toさんでしたが電子限定おまけはなし、イラストありでした。「皇子と偽りの花嫁 ~皇宮オメガバース~」とは別の世界のお話でこの本単独で大丈夫です。妊娠出産は無しで、王道設定なオメガバースだと思います。

めでたく科挙に合格し、皇城の秘書省で働く瑞春(ずいしゅん)。幼い頃、陛下に命を助けてもらったので必死に勉強して一流官僚となり、任命式で陛下のお近くに行った際にはちょっと記憶が飛んでしまったぐらいの陛下オタク。半年に1度発売される陛下の「御手印」を蒐集しては「尊い・・」と崇めていましたが、ある日陛下から呼び出しを受け・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
陛下(攻め兄、穏やかな良い方♡)、思流(攻めの妃、オメガ)、伯雲、子浩、アダム、寧寧(受けの同僚たち)、道津(医者)ぐらいかな。

++以下 好きだったところ

まず攻め!仕事が出来る!陛下に代わって実務周りをちゃっちゃと判断、実務をまわしていく記述があって、「おおーハイスペック仕事人!」と感じられてめちゃ好きでした。仕事出来ること、大事。オタク色満点な受けのことを「ヤバイ奴キタ」的塩対応を最初しているところも笑えて良かったです!笑えることも大事。

次に受け。陛下の御手印発売される日にはさくっと仕事を上がり列に並んで購入、神棚に収めてニマニマ・・・とめっちゃ親近感覚える方。美人さんらしいのですが、はんなり健気美人というのでは全くなく、仕事バリバリ人間で、これまた良し。攻めに言いたい放題言っているのも最高。

不得意なオメガバースですが、そんなにぐちょぐちょしていないように感じたのも良かったです。塩対応な受けが好きな方でしたら特に良いと思いました!

2

面白いのですが……

面白いんですよ。
「ここのところBL小説ではめっきりコメディが減った気がする……今こそ読みたい時代なのに」と思っている今日この頃、このお話では瑞春の『帝オタク』ぶりと『香斎待徒』のみなさんの変人ぶりにはかなり笑わせていただきまして、お話そのものには大変強く好感を抱いているんです。
絵に描いた様なスパダリと美人ではなく、ちょっとばかり毒舌だったり鉄面皮だったりする主人公らの造形も好みです。

二駒レイム画伯のイラストも素敵だと思いました。
『皇子と偽りの~』でも思ったのですが、中華風の題材と非常にマッチしていますよね。変にキラキラしくなくて、レトロっぽい描線に大変そそられました。

LOVEについても可愛らしくて何の不満もないのですけれども、別の部分で期待していたことがあったんです。作中で起きる事件の解決についてなんですけれども。
陰で糸を引いているのは大物らしいとか、かなり大きな問題で下手をすると帝や弟皇子の身にも関わってくる可能性があるとか、何度もほのめかされたものですから、この解決について「どうなるんだろう」と結構ワクワクして読み進めちゃったんですよ。想像していたのよりさらっと終わっちゃいまして……ここがですね、ちょっとばかり残念だったんです。
尺の関係なんでしょうか?
陰謀、もう少し読みたかったなー……

3

面白かった!

何が面白いかというと、まず受け・瑞春のキャラ。

瑞春は巷に知れ渡っている美貌の持ち主なんだけど、本人はそういうのに無頓着で。
無表情ゆえについたあだ名は「石像」。

だけど中身は熱烈な帝オタクってところがまず笑える。
せっせと集めた帝の御朱印を神棚に飾っては「はぁ〜尊い」と悶える姿は、オタクそのもの。

その優秀さゆえにイジメにあっても泣き寝入りするどころか、数倍返しする(しかも周囲に絶対にバレないように)という根性を買われて、帝からお召しがかかるんです。

あの!
憧れの!!
帝から!!!ということで、極度の興奮状態に陥る瑞春。
帝の前で真っ赤になってハァハァする瑞春を見て、「気持ち悪い」と変態扱いしたのは帝の弟の淑英(攻め)。

この二人の応酬ときたら、あぁ言えばこう言うって感じで、ラリーみたいなんです。
だけど淑英のほうが一枚上手で、瑞春が歯ぎしりしながら、今に見てろ!!とばかりに心の手帳に書き付けるところも笑える。

淑英が予想以上にいい男なんですよ。
尻上がり的にというか、知れば知るほどいい男というか。
最初は六人もオメガの妃がいるので、なんだもうそんなに奥さんいるの……とガッカリさせられたのだけど。(これにも訳がある)

ベータだと思ってた瑞春が発情してしまった際も、一線を超えないの!!
まだお互いに運命の番だと気づいていない二人。
早く気づいて〜!!とハラハラドキドキする読者を尻目に、瑞春を楽にしてあげるだけで己の欲望はぐっっと耐える淑英。
ここがめ〜ちゃくちゃ紳士にうつるんですね。

この作品のいいところは、安直に「運命の番」だから〜♡で結びつかないところだと思うんです。
運命の番のフェロモンまともにくらって「不可抗力」な状態なのに、思い通じあってないからと一線を超えない淑英があっぱれというか、すげーよ、あんた……と。
あと、淑英がオメガ用の首輪を用意していた理由にロマンティックな性格が伺えてキュンとなりました。

宮廷を舞台にした汚職も絡んで、ドキドキハラハラの楽しい一冊でした。
オメガバースが苦手な人でも、オメガがさほど虐げられていないし(瑞春も泣き寝入りするようなひ弱なキャラじゃないので)読めると思います。

評価は迷いました。
汚職事件の黒幕は誰なんだろう、どんだけやばい相手なんだろう……とハラハラドキドキしていたのに、全てが明らかにならなかったところがちょっと肩透かしくらったので萌萌かなぁと思ったり。
だからこそ、瑞春がこれからも侍従長として働く!!というところに繋がるのはわかるし、妃におさまるよりも働きたい!という瑞春にますます好感持てたのも事実だし…。

なによりも両思いになってからの初エッチが、超〜萌えたのでおまけして神で!

5

中華風とか宮廷とか苦手なんですが…。

大好きな作家さんだし、『皇子と偽りの~』も面白かったし(今回の作品とは別の世界ですが)、苦手な中華風だけど読んでみようと手に取りました。

結果、読んで良かった!!面白かった~!!が全てでした。

最初は瑞春(受け)のオタクぶりやミーハーぶりに笑い、中盤はまさかの運命の相手勘違いにハラハラして、最後は想いの通じ合った2人の甘いイチャイチャにニヤニヤして。最初から最後まで、色々な気分を味わえて楽しめました。

特に、Ωがツライ目に遭うお話は苦手なんですが、そんな場面もなくΩの皆が幸せそうだったのが良かったし(淑英のおかげですが)、勘違いでのすれ違いが短かったのも安心して読めたのが好みでした。

そして何と言っても、2人が初めて結ばれるシーンに萌えまくりました。淑英の策士ぶりと溺愛ぶりが堪能できて、これがキュンキュンせずにいられますか!という感じで…。
おまけに、瑞春が結ばれた後も部下として淑英を支えたいと、お妃に収まらなかったのも新鮮で。瑞春の、陰湿なイジメ撃退もスカッとして気持ち良くて。

苦手な世界設定でしたが、作家さんを信じて(!?)チャレンジして、本当に良かったです♪

3

愛と笑いと感動の、世直しオメガバース!

オメガバース+中華風ファンタジーになります。
ちなみに、雰囲気は似てるけど「皇子と偽りの花嫁」とは全く関係ないお話になります。

で、こちら、小中先生お得意のラブコメになるんですけど。
いや、表紙や帯だと「狂おしく惹かれ合う運命の番」とかって、若干切ない雰囲気を醸し出してるんですよね。
でも、コメディ。
しかも、細かいギャグが随所にブッ込まれていてと、完全に笑わせに来てます。
もうね、何回も吹きましたよ。

とにかく、小難しい事なんかは考えなくて良くて、ただただ笑えて萌えてキュンキュンしてと、ひたすら読者を「笑顔にさせる」事を最優先に書かれたんじゃないかと思うんですよね。
こんな時期だからこそ。
先生の思いは伝わりましたよ!と、私も目一杯楽しみながら、読ませていただきました。
こうして一時、大変な事や不安な事を忘れさせてくれて、その世界に没頭させてくれる。
物語の持つ力って、凄いですよね。
てか、作家さんが凄いのか。

内容です。
ベータでありながら、唯一上級官吏として登用された瑞春。
そんなある日、憧れの存在である帝からお召しがかかるんですね。
なんと、放蕩者と噂の弟皇子・淑英が創設する研究機関の侍従長(秘書役)に抜擢されてー・・・と言うものです。

で、その研究機関(香林書房)ですが、身分や性別に関係なく優秀な者を集めて、腐敗した宮中の改革をしたり、新しい時代に対応出来る国策を行えるよう目指すと言うもの。
そう、言うなれば、淑英直属の先鋭部隊でしょうか。

主人公である瑞春ですが、敬愛する帝の役に立つべく彼等のまとめ役を引き受けるものの、研究者(香斎侍従)逹は奇人・変人の集まりで、何かと振り回される羽目に。
更に、上司である淑英とは馬が合わず、彼の態度に怒り心頭で・・・。

と言うのが大筋でして、ここから如何に主役二人が心を通わせて行くか。
また、自身がベータだと信じて疑ってない瑞春。
彼の本当の性別とは?
そして、淑英が探し続けている運命の番の正体とは?
と言うのが見処になります。

こちら、大筋だけ見ると、主人公が如何にもマトモに思えるんですよね。
が、彼もまた、なかなかの変わり者でして。
そう、この作品の魅力の一つですが、主人公のキャラにあるのです。

いや、瑞春ですけど、すっごい努力家で頭の回転も早く、更に「雪佳人」と周囲の噂になるほどの美貌と、もうこれだけ見るとパーフェクト。
ただ、その中身はかなりの帝ファンで追っかけに命をかけ(る勢い)、しかもやたら強気で図太かったりするのに、妙にズレてる所もあって、その上結構チョロい。
そして、国を良くするために身を粉にする覚悟と、熱い男でもある。
そう、周囲に負けず劣らずの変人と面白いキャラでありながら、同時にやたら肩入れしたくなる、魅力的な受けなんですよね。

また、そんな彼の上司になる淑英。
彼はですね、噂だと放蕩者なんですけど、実は有能で思いやりもあり、身体の弱い帝を陰で支えていたー。
そう、彼もまた、とても好人物なんですよ。

この二人での会話って、嫌味の応酬って感じでゲラゲラ笑えちゃうけど。
えーと、瑞春?
一応、淑英は上司じゃね?と。
まぁ、淑英の方が一枚上手で、いちいちやり込められて「くそぅ!」と、瑞春がジタバタする所までセットで笑えちゃうけど。
ついでに、愉快な仲間逹(香斎侍従)に瑞春が振り回されるエピソードなんかがコミカルに綴られていて、こちらもいちいち吹いちゃうけど。

あと、こちらですね、ストーリーとしても大変面白いんですよ。
こう、世直し要素がワクワクさせてくれるなら、突然発情してオメガである事が判明した瑞春。
その発情を促した、運命の番とは誰なのか?てな感じで。
いや、敬愛する帝に、何だかいい雰囲気になってきた上司の淑英、そして香斎侍従の伯雲。
一体誰なのよ!?と。
いや、伯雲は論外の単純バカだけど。

これね、オチとしては完全に予想がつくんですよ。
予想がつくんだけど、それが逆に面白さを盛り上げてると言いますか。
えーと、読者の期待を煽りに煽る形で進むんですよね。
で、目一杯盛り上がった所で、劇的に明かされる事実。
もう、「キャーーーーっ!!」しか出てこないんですよね。
そうだと思ってたのよ!と、興奮マックス状態なんですよ。
面白い!
面白すぎる!!

ちなみに、主役二人は運命の番になります。
幼い頃の出逢いに、運命のイタズラと言った感じで、これも誤解やちょっとした勘違いでのスレ違いにジレさせてくれる。
が、一番萌えたのは、実はこの後なんですよね。
いや、個人的に運命の番って大好きなんですけど、私にとっての一番の見処って「例え、運命の番じゃなくても惹かれた」でして。

えーとね、今作での「運命の番」のオチですが、逆説的なものになるんですよ。
こう来たか!って感じの。
でも、それにめちゃくちゃ萌えちゃって。
こう、淑英の出した結論にですね、ひたすらうっとりしてしまう。
そう、どうでもいいんだよ。
運命とか性別なんて!

まぁそんな感じの、とにかく笑えて萌えてキュンキュンしまくりの、素晴らしい作品でした。
痛さゼロに切なさ1ミリ程度なので、ただただ笑えて元気を貰える作品をよこしなさいよ!って姐さんにも、オススメじゃないでしょうか。

最後になっちゃったんですけど、二人の初エッチ時のやりとりが最高でして。(瑞春が発情した時のは除きます)
えーと、情熱を抑えきれずに、性急にエッチに進もうとする淑英に、展開についていけずポカンとする瑞春。
で、「やっぱり嫌なのか・・・」としょんぼりする淑英。
その様を見て、慌てて「嫌なんかじゃないです。でも初めてで・・・」と恥ずかしいセリフを言った挙げ句、男に二言は無い!と、エッチする事を承諾してしまう瑞春。
これは確かに、チョロすぎて心配になるわー。
淑英の「お前、可愛いな。だがチョロすぎて、今後が心配だ」に笑いと萌えが止まりませんでしたよ。

10

お仕事BLでもある、中華風オメガバース!

はぁ〜、めっちゃ面白かった!
既刊の『皇子と偽りの花嫁〜皇宮オメガバース〜』とは別世界の華流オメガバースですが、皇子と〜がお好きな方は買いだと思います。未読の方でも問題ありません。
暗い展開もないので読みやすいですし、Ωバース特有の妊娠・出産もないので、そちらが苦手な方にもお薦めです。
今回は、几(Ω)・之(α)という独特な表現もありません。

中華風帝国を舞台に、βの瑞春が性の引目を感じさせず、知力や頭の回転を活かして宮中で出世していくお仕事BLでもあります。
誰もが振り向く美貌を持ち、逆境を跳ね返す強さ、相手を叩きのめす陰湿さを兼ね備えた瑞春が物凄く魅力的なんです!!

幼少期に尊顔して以来帝に憧れ続けたβの瑞春は、猛勉強の末、上級官吏に登用されます。
ある時、帝の弟・淑英が創設する研究機関「香林書房」の待従長に任命され、そこで才を発揮しながら仕事に励む瑞春の体に突然変化が起こりーー…というお話。

あらすじでネタバレしてるっていうね。
このモヤりをどうしてくれよう……って感じです^^;
あらすじ通り瑞春は無自覚Ωで、〝運命の番〟の前でだけ発情する稀有な存在なのです。
で、この運命の相手は誰か?というのがラブストーリーの肝になっています。(明らかなんですけどね)

帝に対し、アイドルの追っかけ並みの行動力を発揮する瑞春。
帝の巡行でぴょんぴょん飛び跳ねて輿を引く馬の前に転がったり、「御朱印」と呼ばれる帝グッズを初めて手にした時は興奮してそこら中で踊り回り鼻血を吹いて倒れたり、帝に自分の吐いた息を吸わせる事が出来ず息止めして倒れたり……と、とにかく変人で変態です(笑)
美人なのに、変態で早食いで毒舌家でっていうギャップがとっても面白くて可愛くて、瑞春大好きです♡

その瑞春は、兄である皇帝陛下に忠誠を誓い、優秀で処世術に長けた正義漢である淑英に惹かれていきます。
淑英は妃を6人持ちながらも、小さい頃に出会った〝運命の番〟を探し続ける一途な男でもあります。
一途なのに妃?という疑問は、本編を読んで解消して下さい!

淑英って、男も惚れる「男の中の男」なんですよ。
仕事ができて、自分の行動で状況を変えようと努力するかっこいい男なんです!しかもイケメン♡
そういう姿を見て瑞春が感化されていくし、淑英に言い負かされて「くっそー」と思っているのも対等な男同士って感じで良いんですよね。

汚職、仲間の裏切りなど、宮廷ドラマ的な要素もふんだんに盛り込まれていて面白いです。
そして、裏切りの代償が切なくて……
そうした物語を支える脇キャラたちが個性的で、一癖も二癖もあってこちらも面白い!
瑞春をライバル視する伯雲、良き理解者・子浩、βの医師・道津老子、モフモフ解禁を要求するアダム、淑英の妃・思流……と、どの人物も物語上必要で、しっかり活躍してくれます。

ラブストーリーとしては、じれじれの胸キュン展開♡
結局、運命なの?と思ったのですが、関係なく惹かれ合う二人が尊い。
きっかけは見た目や運命だけど、愛しさを感じるのは相手の内面に対してという所に非常に萌えました。
運命にも婚姻にも拘らず、支え合い、肩を並べる男同士の関係が最高にかっこよかったです。
やっとか〜、という初Hは感極まりました♡
イチャラブは少ないけど、それでも満足できます。

とにかく面白かった!
小中大豆先生のオメガバースは間違いない!!
二駒レイム先生のイラストも、瑞春が美しすぎて眼福でした〜♡

12

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う