大正異能恋奇譚 ~塔ヶ崎家ご当主様の秘密~

taishou inou koikitan tougasakike gotoushusama no himitsu

大正異能恋奇譚 ~塔ヶ崎家ご当主様の秘密~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神49
  • 萌×224
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない5

37

レビュー数
12
得点
362
評価数
85
平均
4.3 / 5
神率
57.6%
著者
海野幸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
八千代ハル 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784576201788

あらすじ

……なぜ、お前なんだろう
当主のお世話係を命じられた新米使用人の圭太。常時手つなぎ、風呂から着替え、食事に至るまで完全介助のそのわけは…?

資産家の屋敷の使用人となった圭太。ところが当主の和臣は代替わり早々に精神を病んで土蔵に隔離され、夜な夜な奇声と共に菜園を荒らすという。ある日、ついに和臣と遭遇した圭太は、元来の実直さからそっと綿入れを差し入れたのだが、これが元で圭太は和臣のお世話係を命じらる。右も左もわからぬまま彼の手を引き、風呂の世話をし、食事を手ずから食べさせ…身なりが整えば俳優並の美形の主が新米使用人を重用する、その驚きの理由とは!?

表題作大正異能恋奇譚 ~塔ヶ崎家ご当主様の秘密~

塔ヶ崎和臣,25歳,塔ヶ崎家当主
神保圭太,19歳,和臣の世話係を命じられた使用人

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数12

延々とイチャラブ(にしか見えない)日常が読めるぞー!!

こちら、大正時代を舞台とした、甘酸っぱくて切なくて心あたたまる主従ものになります。

いや、これね、舞台設定や主役二人の立場だけ見るとまさに様式美の粋。
儚くも美しい雰囲気になってもよさそうなものですが、実際には、奇行の目立つ主人にちょいズレてる世話係と、いかにも海野先生らしい作品でして!
流石、オメガバースでEDのアルファを書いただけあるわ~。

とりあえず、主役二人の日常にひたすら萌えまくりました。
あまりの甘酸っぱさに、こっちがテレるわ!となりました。
スレ違いの切なさともどかしさには、悶えまくりました。
特に度肝を抜いたり驚愕の仕掛けで読ませてくれるってお話では無いんですけど、海野先生の黄金パターンと言える、優しくてあたたかい素敵なお話だと思います。


で、ザックリした内容です。
資産家の使用人となったばかりの主人公・圭太。
精神を病み、土蔵に隔離される当主・和臣の世話係に何故か任命されるんですね。
そこで、移動の際は和臣の手を引きと言った具合で、風呂から食事から全て世話をする事になりますがー・・・と言うものです。

こちら、個人的に一番萌えた部分ですが。
実は、主従二人の甘酸っぱくて可愛いすぎる日常になるんですよね。

そもそも、狂人と噂されていた当主・和臣ですが、圭太の手によって身なりが整えば俳優並みの美形だし、至って精神もマトモ。
ただ、家具だったりそれこそ箸やペンと言った周囲のモノ全てに触る事を極端に恐れ、実際に触れると苦痛の叫び声を上げてマトモに立ってさえ居られなくなる。
それが何故か圭太の手を経ると、普通に触れる。

一体、和臣のこの奇行の理由とは?
そして、何故圭太だけが特別なのか?

と、この謎解き部分が面白いんですけど、同時に彼の「奇行」自体が、萌えの重要なファクターとなりまして。
いやね、繰り返しになりますが、和臣は自分で周囲のモノに触れる事が出来ない為、主人公である圭太が全て面倒を見るんですよ。
寝る時以外は常にそばに控えて、歩く時は手を繋いで引いてゆく、お風呂では身体を洗ってヒゲを剃る、てな具合で。

これな、和臣がいい大人で、しかもわりと硬派と言いますか、堅苦しいキャラなんですよね。
そんな彼が真面目な顔で口を開けて、圭太が食事を食べさせてくれるのを待ってるんですよ~!
圭太じゃなくても可愛くて、母性本能がわくわ!

また、圭太がおおらかと言うか逞しいと言うか結構な大物でして!
彼はすごく聡くもあるので、特に理由を追及する事もなく、心を砕いて和臣の世話をしっかりするんですよね。
まぁそんなワケで、主従二人がひたすらずっと一緒に居て、しかも(端から見たら)イチャついてるとしか思えない言動の数々をナチュラルに繰り広げてくれちゃう。
しかも、延々と!

そう、この設定を思いついた海野先生、天才じゃないの!?とか思いつつ、二人の甘酸っぱいとしか言い様の無い日常をこれでもかと堪能できるのです!
もう、これがめちゃくちゃ可愛くて、萌えまくりなのです。
最高なのです!

またこれ、大前提として、二人の気持ちの変化がじっくり丁寧に書かれてるから萌えると思うんですよ。
ただ単にイチャイチャしてるだけなら、これほど萌えたりしないから!

ちなみに、こちら時代もの。
そんな日々を過ごすうちに、使用人の立場でありながら、主人である和臣を好きになってしまう圭太。
彼の恋の行方とはー?
と、時代設定が生きた、身分差故のスレ違いも見処だったりします。

これな~。
またここでも、和臣の「奇行」設定が巧みに生かされてるのがすごい。
えーと、圭太はその特殊な体質(?)故に和臣の世話係に任命され、彼は救われたのです。
が、今度はそれが和臣にとって逆に働いちゃう。
いや、めちゃくちゃ焦れるのに、同時に萌えまくるのがすごい。
そうだよ!
みんな、そうやって不安になりながら、それでも一生懸命恋をするんだよ!
って、こっちも熱く応援しちゃう感じでしょうかね?

とりあえず、オチが最高なので、ぜひご期待下さい。
いや~、私もポカンとしたよ。
その後に転げまわったけど。
この二人のスレ違いの顛末、なんて、なんて可愛い!!

いや、圭太は鈍いし、和臣はその点ではビギナーもビギナーだしね。
こんな初々しい恋模様を繰り広げる事になるのも、ある意味当然だわ。


最後になっちゃいましたが、丁寧に書かれた時代背景も素敵でした。
いや、全然詳しくないので全て「ほうほう」って感じだけど。
この時代、絨毯の掃除一つとっても大変だったんだなぁ。
掃除機のある時代に生まれてよかったよ。

15

求める攻め様の姿にきゅん暴走です。

 作家買いです。
今回はどんなきゅんを、と楽しみに読みました。

 受け様は、母1人子1人貧乏長屋住まいだった圭太。
母が亡くなり、資産家の屋敷で住み込みの使用人になる。

 攻め様は、圭太の主になる和臣。
なぜか土蔵で寝起きしていて、時には大声で唸り声をあげていて、恐ろしげらしい。

 差し入れた半纏がきっかけで、圭太は和臣の世話係に任命される。
圭太の手ずからお世話されている和臣に、不思議に思いつつも詮索するでもなく受け入れている圭太。
たくましくも素直な心根の圭太がとてもかわいい(*´ω`*)

 一方、圭太と手を繋いで歩き、口を開けて圭太に食べさせてもらっている和臣ですよ!
まさに鳥のヒナ状態。
圭太がいないと気づいたとたん、叫び声をあげて、慌てて駆け寄った圭太にがっちりしがみつく。
もちろん、それには和臣の体質の暴走、というちゃんとした理由があるのだけど、たまらく萌えました(*´∇`*)

 そしてまた、今までの経験上、人の顔色を読む、気持ちを推し量る、というのがとても不得手な和臣が、なんとか圭太の気持ちを汲み取ろうとしている姿もまたきゅんでした。

 圭太は自分がお世話係に任命された理由を知って、そこに気に入られた的な要素があるわけではなかった事に落ち込む。
和臣は自分たちの主従関係というしばりに思い悩む。
この主従関係というスレ違い、いいですよね。
主からしたら雇い主の言うことには否と言えない、イヤでも従わざるを得ない使用人という立場がもどかしい、みたいな。
 そんなことないよ〜受け様はおそれ多いとしり込みしてるだけだよ〜もしくは主の立場を慮って涙をのんでいるんだよ〜と教えてあげたくなります。
まぁ、そこんとこの気持ちを読んで、じれじれでくーってなるのがいいんですけどね( ☆∀☆)

 ラストでのえちシーンで、圭太の本音にすがり、本当の気持ちを知りたがる和臣に私のきゅんが暴走でした(≧▽≦)
欲しがる攻め様、いいわ〜(#^.^#)
最後まで和臣は圭太の事を「お前」か名字呼びだったのを寂しく思っていたのですが、最後の最後で、ねだるように名を呼んだ、とあって一気にテンションあがりました。
なんだ〜そんな時はちゃんと名前で読んでるのね。
妄想のしがいがあるってものです( ☆∀☆)


 イラストは八千代ハル先生。
八千代先生がイラストと知って大正時代にした、と海野先生があとがきで書かれていましたけど正解ですね。
書生さんみたいな圭太がかわいかったし、若様然した和臣はかっこよかったです。
えちシーンの、和臣の余裕のない表情がまたとってもとってもよかったです(///∇///)




5

文句なしに面白かった!

今流行りの大正時代を描いた作品で、ミステリー要素ありのラブロマンスです。
めちゃくちゃ面白かった!
謎が多くて何?何?って感じで、初っ端から引き込まれました。


思念を読み取る異能を暴走させ、日常生活にも支障をきたすようになったお坊ちゃま・和臣。
人にも物にも触れられなくなってしまった和臣が、唯一思念を読み取れない相手──それが、使用人の圭太で……と、いうお話。

和臣は圭太に触れていないと何にも触れないため、二人はずっと手を繋ぎっぱなしというね。
序盤から最高の萌え要素が発動しているわけです。

和臣が子どものようでキュンキュンしました。
家中を圭太に手を引かれて移動し、着替えも食事も圭太がいないとできなくてと。
挙句、眠るまで手を繋いでいて……ですよ。
はわぁ〜♡

正直、圭太の異能については不明です。
個人的には、思念を読み取れないのは裏表がないからなんじゃないかなぁー、なんて思ってます。
圭太は、優しくて思慮深くて、相手の幸せを願える素敵な青年なんですよね。

和臣との噛み合わないやり取りも可愛くて、恋心に気付いてモヤモヤ悩むところも胸キュンものでした。

能力のせいで、人の言動や表情から気持ちを汲むことが不得意な和臣。
そんな和臣が圭斗の気持ちを知りたくて、一生懸命表情を読み取ろうと努力するところには萌えに萌えた♡

芽生え始めた二人の信頼関係や嫉妬といった、繊細な感情の変遷が丁寧に描かれているところが見どころです!
握った手の温かさや強さで感情が伝わるところも良かった。

ラブストーリーとしては、ラストに向かってアクセル全開で加速していきます。
尻上がりに萌えが高まっていくんですよ。
和臣が圭斗を選んだ経緯を語る場面は、めちゃめちゃグッときました!
すごく綺麗な表現で、圭斗のことを宝物みたいに思っているんだなぁーって、ホッコリさせられました。

とにかく面白かったのでネタバレなしで読んでみて欲しいです!
裸で目一杯触れ合うHも素敵でした♡
大正時代の和洋折衷感や、〝待合茶屋〟なんていう時代を感じるワードにもわくわくしました。

イラストも文句なしに素晴らしかったです!

4

エロシーンに神を捧ぐ

はしたないタイトルでごめんなさい。よもや読後感がコレに持っていかれるとは…。海野先生、どんだけ惚れさせてくれるんだ…!

大正時代を舞台にした主従ラブ。海野先生の主従が大好きです。今作も時代にあわせたセリフ回しや、カッチリとした文体に揺るぎのない信頼感が満たされました。でもどうしても笑いの気配が隠せないというか、一瞬でもフイっと顔を出しそうになってしまいそうな作風がむちゃくちゃ好きです。先生にその気はなかったとしてもですが笑

物語の半ば〜6割くらいまでは結構淡々と進みます。実をいうとクライマックスまでは少し退屈に感じて、我慢を強いられました。ですが、我慢して良かったと報われましたよ……最後にご褒美いただきましたァ〜!!

舞台背景の端々から垣間見える大正ロマンを堪能するもよし、八千代ハル先生による可憐なイラストを愛でるもよし。けれどわたしは和臣様と圭太の、不思議な主従関係からエロスへ転換していくあの濡れ場に激しく萌えました。全ては二人が結ばれるあのシーンを盛り上げ激しく燃え上がらせてくれる薪となってくれていたんじゃないかと思うくらい……

もちろん、和臣の持つ特殊な力がコミニュケーション上の例えとなっていて、それを恋愛感情に置き換えたらこれほどまでに切なさを増幅させてくれるなんて…としっかりBLならではのキューン♡を体感させていただきました。言葉にしか縋れない和臣と、表情や仕草で気持ちを読んで欲しいと願う圭太のやりとりには、恋愛に限らず他者への理解のありかたをあらためて気づかされたり…。

食への執着?は作者ならではなのでしょうか。『愛のカレー』を思い出して懐かしくなりました。

4

見事に予想を外しながら…

本を読んでる時って色々予想したり想像してるんだなぁ。って改めて思った。

凛一が美少年とか書いてるもんだから夜這いか?はたまた腹違いの不遇の弟か?とか思ったら、手拭いを触ったのが凛一だろうと思われる場面でもしや綾部に惚れてるのか?
などと思ってた。
見事に外しましたー。

綿入を和臣は袖を通したんだろうか?という疑問が解決しないかと思ってたら解決しました。

変に当て馬とか横恋慕という不自然さが無いので、2人のピュアな恋愛感情を暖かい気持ちで読めました。

綾部さんとの仲が元に戻ってたらいいなぁ。

2

あーん

海野先生ホイホイ、八千代先生ホイホイで購入。攻めが可愛いし「うんそうよね」と沁みる部分があったので萌2にしました。表紙で攻めが「うーん」って考え込む表情をしていますが、読み終わった後では理由が分かって、ニマニマが止まりません。本編260P弱+あとがき。好きだわ、イケメン最高、海野先生のお話も最高。甘える攻めがお好きな方でしたらおススメしたいです。

帝都で1,2を争う紡績会社を営む塔ヶ崎家に雇われた圭太。当主は体調を崩し、なぜか土蔵で一人引き籠っています。その当主にある時かばってもらったため、冷え込みが気になった日に手持ちの綿入れを土蔵の前に置いていたところ、使用人頭から呼び出され・・と続きます。

攻め受け以外に登場人物は
寺内(塔ヶ崎家使用人頭)、攻めの祖母、母、綾部・大場・古瀬(塔ヶ崎家で働く使用人たち)ぐらいかな。

**良かったところ

攻めが異能持ちで、その力が暴走してツラくて通常生活を営めずにいるのです。それをなぜか受け(帯電体質?機械を破壊しやすいらしいww)が手をつないだり、受けの触った後であれば、力による影響を感じず、普通にできるという設定。静電気防止グッズのような役割を、受けがしているってところでしょうか。

だから最初、攻めさんは何にも触れず、誰かが作ったご飯も食べられず、このまま放っておいたら痩せ衰えて・・って所だったんです。それが、受けがいれば大丈夫ってことで、風呂で体・髪を洗わせ、手を引いてもらって土蔵からお屋敷の方に戻り、椅子に座らせてもらって、フィンガーサイズのサンドイッチを口に入れてもらって。

ここ!雛鳥みたく、ぱかって口を開けるように、ご飯食べさせてもらってるここ!大好きなんですよね、フィーディング・・しかも受けが ではなく、イケメン攻めがあーん♡なんて、ああああ萌え転がる。

攻めさんは当主らしい貫禄迫力はある方なのですが、日常生活は全面的に受けに依存するという、ある種ギャップ萌えなんですかね。堪りませんでした。

それに加えて、受けが単なる健気ちゃんじゃなくってですね、はらぺこ小僧みたいなやんちゃなところもある純粋善人さんなんですよー。朝からご飯(握り飯)食べられるなんて幸せーと言ってる苦労人さんなんですが、本当に心地の良い子で、色事シーンではユデダコになってて可愛くって!!

後、お話的に好きだったのが、攻めさんの異能に関するところ。触ったら考えてることが分かるというタイプのものなのですが、それに依存しちゃったが故に、人の顔、表情を見ない、人の気持ちを類推するのが不得意な方になっちゃったんですね。それを「顔を見てください。信じて」と諭す受けの言葉に、そうよねえ・・といたく沁みた次第です。

あー二人とも可愛かったし、お話良かった。個人的萌えポイントを書き散らかしてすいませんでした。私みたいにフィーディング好き!という方でしたら、是非ご検討を。

9

大正で異能で恋奇譚で

時は大正、屋敷の主と使用人の恋物語。
設定のみでも萌えました。笑
あとがきに書かれていたのですが、大正時代を舞台にしたのは、イラストが八千代ハルさんに決まったからとのこと。
納得〜。表紙がカラフルでとても素敵(*´꒳`*)挿絵も可愛かったです。

作品タイトルでストーリーの大筋が見えてくると思うのですが、屋敷の主である和臣が自身の持つ異能により苦しんでいるというちょっとファンタジー要素もあるお話。
ただの使用人だった圭太が、ちょっとした事をきっかけに和臣のお世話係になった事でストーリーが動いていくのですが、そのお世話の内容が少し異質(*´◒`*)
和臣が朝起きてから寝付くまで、ずーっと圭太が寄り添い、歩く時は手を繋ぎ、食事の際は圭太が手ずから食べさせる。
それもこれも和臣の異能故そうせざるを得ない事だったのですが、和臣には申し訳無いがこちらは感謝。お世話シーン、可愛くてニヤニヤしましたので。笑

和臣は凛々しくも優しい紳士で、圭太は素直で健気で可愛かったです。
お話も穏やかに進み、万人受けするストーリーだと思います。
私個人としては、海野先生の作品で近代もの!という期待値の分、もう少し刺激が欲しかったのが正直なところです。

なんだかんだ書いてしまいましたが、優しく穏やかなキャラクターに、一冊まるまる飽きずに読ませてくれ、後半にギュッと詰め込まれた甘さ♡
語りたい萌えシーンも色々あるのですが、和臣の異能に関わってくるし…発売日前だし…と思って我慢(>人<;)(関係ない話ですが、たまに発売日前に作品が届く時があるの何故なんでしょうね)
楽しませていただきました♪

8

やっぱり海野さんは巧みですね!

なかなか読むのに何日もかかりました。

海野さんの作品なので、これは仕掛けか?フラグか?と身構えたり、あまりに恋愛面に進展がないと先にイラストを見たり。

お互いに全く気持ちがわからず通じずな二人でしたね。
相手は自分に全く関心がないと思い込んで。
圭太が和臣に恋慕を自覚した時は切なかったです。
ずっと圭太視点なので和臣は少しは圭太の言葉に影響を受けてはいたようですが。何を考えてるかさっぱりで。
当主と新米使用人ですからね。身分差もあるし当主は特殊な人物ですし。

最後の方でやっと和臣の気持ちがわかります。
そんなに必死で圭太の表情を読もうとしてくれてたんですね!
そして和臣が圭太にどんな事を考えていたか。
何もかも良い方に進んで良かったね!
和臣も圭太のおかげで人間味を増して。

圭太の素直さ嘘の下手さ健気さ全てが好ましかったです。
途中で新人使用人が色々絡んで来たときは引っ掻き回されるのかな?と一旦読むのを止めてしまったのですが、まさかの正体で。なまじ和風美人なだけに余計な臆測をしてしまいました。

エッチも急展開で。
でも和臣が圭太の本心を知りたいと圭太に選択させたり尊重したり。
和臣が手慣れた感じがちょっと引っかかるものの立場や年齢からは仕方ないかな?

内縁の妻というのも当時では最良の立場なのでしょうか。

和臣の異能や圭太の献身や恋心などとても読み応えがありましたが、和臣の恋愛面が超低空飛行からの急上昇?最高値?みたいな展開でちょっと、もっとちょうだい!だったので。 
いや、急にキスしてきたりあったんですけど、もしかしてそうなんだろうなあと言う所はあったんですけど、海野さんの巧みさで圭太視点なので、今回もすっかり圭太と同じ気持ちでいたので…。

6

あらすじ&帯がドツボなら是非…!

評価は神寄り。とても面白かったです(∩´///`∩)

お世話BLがお好きな方は必見。
あらすじがドツボなら是非に…!!
というぐらい、あらすじどおりの萌えが楽しめました♡

萌え要素だけじゃなく物語のまとまりがとても良かった。
謎だらけの視点で進みドキドキワクワク読む手が止まらず、
秘密をキッカケに惹かれ合うのも非常にシックリする流れなんですね。

現代のお話なら惹かれ合ってハッピーエンド♡だけど、
これの時代背景は大正。主従がハッキリ別れていた時代。
なかなかすんなりいかない身分差がもどかしくて悶えちゃいます(;////;)

で、サブタイトルにもある"当主の秘密"など、
ファンタジーなのに「実際ありそうな気がする…」と思えてくるのは時代設定ゆえか…?
不思議な話も明治大正ならさもありなんと思えてくるんですよねぇ(。_。)
(って思うのは私だけか?^^;)

<大正×主従×謎>の合わせ技が絶妙な作品でした!
謎の部分もキーなのでネタバレなしがおすすめです♪


(以下ゆるネタバレ含む感想です。)


受け:圭太は塔ヶ崎家に雇われたばかりの新人使用人。
天真爛漫で真面目で芯が通った男の子です。
言うべき場面はハッキリ意見も言えるかっこよさがあり、
ナヨッとしていないところが好感持てます♪

攻め:和臣は塔ヶ崎家当主。
しかしながら土蔵の中に引きこもり、夜中は菜園をふらつき、日中は奇声をあげる。
使用人からは精神の病だと怯えられています。
本来の人柄は上に立つ者のオーラと真面目さが魅力的で人を惹きつけるタイプかな。

和臣の奇行の理由はゆくゆく明らかになりますが、
このお話は圭太視点。何が何やら理解出来ないまま展開します。

わかるのは圭太だけが和臣に触れられるということ。
和臣は圭太を介さないとお箸一つ持てず、食事すら取れません。

で、あらすじにある『お世話』が発動するんですね。
本来ならありえない構図(体格小と体格大のあべこべ。使用人が主人の手を引いて歩いたり、お口にあーんしたり、ベッドから降りることすらままならないので手をひいてあげたり)がごく自然の成り行きで繰り広げられるので、つきあってないCPのスキンシップに激しく萌える質の人間にはこれがも~~~~~~~最高としか言えないぐらい萌えるんですよ!!!(←早口で読んで)

この時点の和臣は何をするにも恐る恐る…といった感じで
万年筆持つだけでもビクビクと触れる。
圭太が傍にいないだけでパニック状態。
まるで子供が保護を求めているようでキュンキュンキューーン♡
圭太も子供と接している気分になってて激しく納得ですw

そんな和臣は最初は「圭太自身」を見るのではなく
「触れられる人間」だから傍に置くという感じでした。

次第に"圭太"を"圭太"として見るようになっていくのにニヤニヤしちゃいます♡
和臣が圭太に惹かれるのは『謎』の部分が上手く作用して、自然な流れで引き込まれました。

が、奇しくもそれとすれ違うように圭太は誤解するんですね。
和臣は"圭太だから"という理由で傍に置いているわけじゃないと…。

この時に自分の勘違いだと恥じる圭太が切なくて涙腺が緩みます。
主を慕うことは許されない、と心に鍵を掛けて。
恋心に耐える圭太の健気さにキュンキュン(;///;)

和臣も圭太も相手を気遣うがゆえのすれ違い。
彼等は主従関係で胸の内を素直に…とはいかない。
もどかしくて切なくてグッときました…!!!!

BLとは関係ない部分だと
圭太の使用人仲間(先輩)が男前でカッコよきでした。
良い意味でお節介な気遣いが古き良き日本って感じ。
執事のような立ち位置の寺内と和臣の信頼関係も魅力的でした。

時代背景・主従・不思議な力。
これらが合わさって優しく甘いお話ながらも切なくて物語に引き込まれる作品です。
とても面白かったーッ!ヾ(*´∀`*)ノ

4

ひねりのある主従もの

やっぱり海野先生の書かれるお話って面白い。
大正時代の主従ものというだけでも惹かれてしまうものがあるのですが、そこにこの特殊な設定をするっと入り込ませてしまう発想がすごい。
海野先生って、変化球なひねりのある設定を毎回面白く読ませてくれる素敵な作家様だなあだと思います。

おはようからおやすみまで、暮らしを見つめる。
圭太が和臣をお世話する様子にそんな印象を受けて、これは介護BLなのか?なんて一瞬思ってしまったのですけれど。
というのも、圭太視点で進んでいくので読み始めからしばらく、和臣の抱えているものがよく分からないままなんですよね。
でもですね、そこから少しずつ和臣の事情が判明するにつれて、圭太と一緒に和臣のことがなんだか放って置けない可愛い人に見えてくる不思議。
よちよち歩きの大きな赤ちゃんのようでもあり、雛鳥のようでもあり、かと思えば終始いちゃいちゃしているようにも見えるのだからこれまた不思議。
"大きい"が"小さくて可愛い"に手を引かれて、後ろをついて歩く図ってなんでこんなに可愛いのかな。

受けの圭太が非常に好ましい性格の持ち主で好き。
出来ないことは言わないけれど、1度出来ると言ったことはきちんとやる。裏表のない良い子でした。
母を亡くし天涯孤独…と、境遇的には辛いものがありますし、もっと悲壮感を出すことだって出来たと思うのですけれど、そうはならずに小さなことにもありがたみを感じたり、腐らず真っ直ぐ明るく真面目に生きる姿が気持ちが良いです。
なんか、本当に良い受けだったな…

中盤辺りまでは、どちらかというと設定とお話の面白さに夢中になっていたので、これは萌えなのかというとどうかなあなんてぼんやり考えていたのです。
が!ですよ!!終盤辺りにグググっとBL的な萌えもしっかりとあって、なおかつ和臣の設定を非常に上手く生かしているのだからまいっちゃうな。
恋愛におけるどころか、人間関係における初歩中の初歩を手探りで確かめるような2人の姿にものすごく萌えたんですよね…
私も包装紙を綺麗にはがすのが好きなタチなのですが、後半の2人が織りなすじれったくももどかしい可愛らしい萌えの嵐に、三越の包みをあける時よりも大変そわそわといたしました。

なぜお前なのか?から変化する初々しい関係を、まるで母鳥のような目線で微笑ましく見守る楽しさがありますね。
八千代ハル先生のイラストがぴったりな可愛らしい雰囲気のお話でした。カバーイラストがとっても好き。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う