期限切れの初恋(BBN)

kigengire no hatsukoi

期限切れの初恋(BBN)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神54
  • 萌×217
  • 萌16
  • 中立5
  • しゅみじゃない12

--

レビュー数
34
得点
391
評価数
104
平均
3.9 / 5
神率
51.9%
著者
木原音瀬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
糸井のぞ 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイノベルズ
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784799713389

あらすじ

宇野には忘れられない恋があった。
誰からも好かれていた大学時代の同級生・村上に卒業してからもずっと片思いしていた。
友人の結婚式を機に、この思いを終わらせようと決意するが、そこで会えるはずだった村上が、借金を重ねて行方不明になっていたことを知る。
何もかも失った村上はホームレスになっていた。
宇野は自分の恋を終わらせるために彼を拾ってきて、一緒に暮らし始めるが…。
その後の二人の書き下ろし、100P超収録!

表題作期限切れの初恋(BBN)

ホームレスになった大学時代の同級生 村上隆人
総合商社の社員 宇野裕貴

同時収録作品人でなしの恋

大学の同級生で特殊清掃会社勤務 村上隆弘
総合商社の会社員 宇野裕貴

その他の収録作品

  • ふたりではんぶんこ by糸井のぞ
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数34

これも愛なんだと村上くん分かろうよ。

村上は一旦堕落し、ズルイ男でもあったけど私は嫌いじゃない。
あの一連の境遇で目の前の享楽に逃げてしまい、
何もかも自ら無くしてしまうというのは十分有り得ることだなと思う。
宇野のお陰ではあるんだけど、
最後の1万円に手を付けず立ち直っていった村上は十分賞賛に値する人間だと私は思う。
恋愛に対しても本当は至極まっとうで、
昔の恋人のことを忘れられなくても、
その恋人が自分を欲してると知っても立ち止まれた村上はいい男なんだと思う。

自分を見捨てなかった大事な宇野。
だけど男を愛せるのか?と考えた、村上の人としてのリアルさと、
宇野のファンタジーさがものすごく際立っていました。

そして、それを何よりよく分かっていて自己完結してしまう宇野の方に、
「言いたいことは言わなくっちゃ!」という気持ちと、
先が見えてるからこそ綺麗にフェイドアウトしたいという気持ちも分かるし・・・
とずいぶん「あぁ!宇野くん!」
と同じ職場だったら飲みに行って存分に愚痴を聞いてあげたい気持ちになりました。

自分を責めなかった宇野が村上に手を握り
「君はとても強い人だ」
「君は優しくて、強くて、正しい人だ。もう何があっても道を誤ったりしない。君は誰よりも幸せになれる」
「幸せになってください」
と祈るように言うシーンで宇野を愛してるとは認めてはいないけれど、
ほとんど村上は落ちたんでしょうね。

そして240ページ後半からの宇野の今まで心の内に秘めた感情の発露を、
村上は愛しいと感じ、「愛せないかもしれない」と言いながらも自覚したんだと思う。

「とうとう言った!宇野くん頑張って!」
とゾクゾクしながら読みました。
でもって、「人でなし!」
すごい。
滅多に口にすることはない言葉だけに効き目あり。
「人でなし!(でも好きでしょうがないんだ)」
こんな愛の告白をされたら可愛くなっちゃうと思う。

これから先、
「これは愛なのか?」と悩んで同じことを繰り返すこともあるんでしょうが、
今は村上に「たぶんこれも愛ですよ」と教えてあげたいと思う。





11

さあ、未来の話をしようか。

穏やかなふたりだけの生活。

しかし、宇野は分かっていた。
心を取り戻した村上が、いつまでも自分のところに留まっているはずがない、と。
一年後の約束をするのも、なんとなく気が引けていた。

そして、仕事を始め、疎遠になっていた友人たちとも交流を取り戻す村上。
その中には、過去酷く傷つけた元恋人・雛乃もいた。
未だに雛乃と別れた事を後悔していた村上は、雛乃に再び惹かれていく。


雛乃に対して抱いている「愛情」と、宇野に対して抱いている「安らぎ」
ふたつの感情の中で揺れる村上。
そして、



 お前じゃ無理

二人の未来は、想像できない。
愛せない。雛乃のように好きにはなれない。

それが村上の答えだった。



 君は優しくて、強くて、正しい人だ。もう何があっても道を誤ったりしない。
 君は誰よりも幸せになれる。

 幸せになってください。


ふたりの未来は、交わることができるのか。

9

弱い心のスキマ

最後、本当にこれで良かったのかしら?別の道も幸せとは限らないが。
円満ハッピーエンド、もしかしたら有るかも!とちょこっと期待してたんだけど
やっぱりそうじゃなかったわね~。
ムカムカさせるのが木原マジック!わかっちゃいるがやめられない!それがファン。
まんまと罠に引っかかって最後まで読破しました~。
不安解消ストレス解消の為だけにエッチ。
捨てずに見守ってくれた男だからノンケでもエッチが出来たっていう…なんだかな…。
心のバランスが耐えられるかしら?それで心のスキマって埋めれるものなのかしら?
BLのラブの場面。ラストにうっすらと光が差し込む。
宇野(受)を好きって事にほんの少し気が付く村上(攻)を垣間見れただけでも良しとするべき物語なのかも。
だって所詮女性が好きなんだもん。
宇野(受)も寂しさを紛らわせる為に彼女作ってたし。ゲイじゃないから。
結局、どっちもどっちな似たもの同士だったのか!
幸福か不幸かは本人達にしかわからないからね…。読者はエライ振舞わされ…。
いやはやスッキリしない。そこがクセになるんだけどね。

読み終わっていろいろ考えてしまう話だったから【神】評価。
自分の思っている事を相手にうまく伝えられないもどかしさ、人間の嫌な部分を隠さず前面に出してある作品でした。

9

普通の恋愛でも木原度数高め

木原さんは「痛い」BLで有名だが、最近は普通の恋愛の話やファンタジー色の強いものが多かったので、油断していた。

雑誌「泣けるBL」に掲載された前半部分の最後では、体の関係ができて、なんとなく恋愛が成就されたところで終わる。
ところが後半は、宇野とは体の関係もあり付き合っている体なのに、動機は寂しいから・感謝しているから愛するようになりたいからだという。

そして理性とは裏腹に、感情の部分では以前付き合っていた女性を想ってしまう。

なんと救いのない話なのか。

そして、村上は本当にひどい。感情の部分は仕方のないと思いけれどひどい。

あとがきで木原さんが村上の地の部分がひどいから書き直しましょうと言われたとあったが、書きなおしてもあまりあるひどさ。

でも色んなものを通り越して憎めない人間のリアルがある。

最終的にはハッピーエンドに近い形で終わるのだが、最初に読んだ時は、モヤモヤして、誰かに話したくて仕方がなかった。

もう読みたくないというモヤモヤではなく、その生々しいひどいところがすぐにまた見たくなる。

9

片思いの初恋が実った m(;∇;)m スゴイコト!

初恋っていいなあ、大好きな響きなんですよね。でも大抵の初恋って実らないもの。青春時代の甘酸っぱくほろ苦い思い出は誰もが持っている感傷ではないでしょうか。それゆえに小説の中だけでも初恋が成就する感激の瞬間を味わってみたい。ということで、本書を手に取りました (*^_^*)

・期限切れの初恋(宇野(受)視点)
・人でなしの恋(村上(攻)視点)
・ふたりではんぶんこ by糸井のぞ(宇野(受)視点 コミカライズ)

あらすじ
大学時代、宇野(受)は同級生の人気者・村上(攻)に恋をしていました。村上(攻)には彼女がおり、1日で良いから女になって彼女と入れ替わりたいと願うほど好きでした。卒業後6年経っても宇野(受)の村上(攻)への想いが消えることはなく、友人の結婚式で再会したら「昔、好きだった」と告白し、想いを断ち切ろうと思っていました。ところが村上(攻)が式に現れることはなく、代わりに耳にするのは村上(攻)の悪い噂ばかり。借金、ギャンブル、行方不明…。宇野(受)は今の村上(攻)に会い、皆のように幻滅し、未練なく初恋を終わらせたいと思い探し始めます。が、とんと行方知れず。ある日会社の花見の席で、偶然出会った村上(攻)。髪はボサボサ、無精髭、まるでホームレスのよう…。

面白かったです。というか毎度のことですが泣けました (ノ_-。) 私が小説を読むのは、この「泣き」のためと言っても過言じゃありません。泣くと脳内物質の一つであるエンドルフィンが増加するそうです。このエンドルフィン、ストレス解消やリラックスした状態を得られることで有名な物質。玉葱刻んで泣いても、このエンドルフィンは出ません。あと笑うことが免疫力アップにつながることはよく知られておりますが、感動して泣くことによっても同じ効果が得られるそうです。皆様、木原作品を読んで感動して是非大泣きしようではありませんか (^^)/

まず宇野(受)が素晴らしかったです。ここまで一人の人を想い、ずーっと好きでい続けることが出来るのが凄い。一度でも村上(攻)と交際や体の関係があったなら、良かった時を思い出し忘れられない、ということもあるかと思います。けれども報われることのない片思いをひたすら持ち続け、村上(攻)以上に好きになれる人が現れなかったからと、6年間誰とも交際してこなかったというのが、一途で素敵だと思いました。逆に誰とも交際しなかったことが、より初恋を神聖かつ偉大なものにしていったのかもしれませんね。

片や村上(攻)ですが、学生時代は皆の人気者、ノンケ(あるいはバイ?)なので女子の可愛い恋人もいて、性格も良く、明るく社交的で素晴らしい人柄だったのに、過酷な運命に翻弄されます。でもまさかあんなに光り輝いていた快活な人間がここまで落ちるとは。いったい何があったの?と、すごく興味津々で楽しく拝読致しました。とはいえ、臭いがキツくて参りました。実際には本を読んでいるだけの私が、その悪臭を嗅ぐことは当然ありません。それなのに、ホームレス時と特殊清掃のくだりは臭くて、臭くて、顔をしかめながら読みました。この感覚は、ちょうど「FRAGILE」を読んだ時のそれと似ていて、生々しくリアル。もうちょっとオブラートに包み、サラッと描いて欲しいという本音もありますが、逆にこの写実的な描写があるからこそ作品が生きるのかもしれません。

村上(攻)はパチンコ依存症に陥って身を持ち崩してしまいました。たぶん耐え難いほどの辛酸をなめ、もがき苦しんだため、精神が病んでしまったのでしょう。パチンコは怖い。この小説を読んで改めて思い知りました。大分前に松岡圭祐著の「催眠」を読んだことがあります。そこでもパチンコ依存症について詳しく書かれた記述があり、その時にパチンコは「麻薬」と同じなのだとの認識を得たことがあります。ギャンブルとは無縁の自分であり続けたいものです。

最後になりますが、小説ってやっぱりラストが命。宇野(受)が村上(攻)につぶやいたこんな一言が印象的で忘れられません。

「……今日の君は、まるで恋してるみたいに僕を見る」

めちゃくちゃ心を揺さぶられました。宇野(受)は感受性が鋭い。ゆえにずっと自分は愛されていないと知っていました。ところが、その宇野(受)がそう感じた(作者様がそう言わせた)と言うことは、きっと村上(攻)は「心底、宇野(受)に恋しているのだ」と信じることが出来ました。初恋が実った瞬間。一番好きなシーンです (●´▽`●)

7

これが木原音瀬!

掲載されていた「泣けるBL」は読んだのですが、個人的には、その時は泣けませんでした。
「人でなしの恋」で一気に受けに感情移入して涙が出ました。
木原さんだったらもしかしたらバッドエンドになってもおかしくない!
読んでいる途中でこれはもしかして決別エンドになるのか、そこらじゅうに散らばってている「自殺」というキーワードがフラグに見えて、もしかしたら死ネタになるのか??と途中でヒヤヒヤしました。
今までのひどい痛いと言われる作品の中ではまだマシ?!だと感じたのはマヒしてしまっているからでしょうか(笑)
付き合ってやっぱり無理になって別れて、本当に離れられたら寂しくて元サヤに戻っちゃう。
まさに木原さん的BL恋愛ループ現象!(勝手になにを言ってるのか(笑))
付き合うまでは受目線でお話が進んでいき、別れて元に戻るまでは攻目線でお話が進む。
これが、心情が見えないセリフだけの受けに感情移入して、切ない気持ちがどんどん増幅するのでしょうか。
木原さんの作品はこういう構成が多いに使われているように感じます。
私個人はそれが大好物なのです!

一番泣けた所は宇野の「幸せになってください」のあたりです。
絶対だった受けからの好意が離れた途端にほしくなる。
好きな感情がないから離れたい、ノンケという設定なので好きだった女性の存在が受と離れたい気持ちにさせる。
とても人間臭い感情のような気がします。

6

いろんな意味で幸せであれ

ページ数が残りわずかになっても村上が元カノを…だったので、これはBLなのかなんなのかわからず終わるパターンかー!と思いました。笑
たぶん他の作家さんだったらラブが足りなーい!てなったかもしれないけど、木原さん作品は作風でそういうのを承知で読んでるので、この作品も心を揺さぶるお話で個人的「神」です。

あとがきで村上は鬼畜とありましたが、最後の宇野を引き留めるやり方以外は恋愛に対しても生き方に対しても真面目で許容範囲でした。
(引き留め方も強引萌えなのでBLとしてはイイ!)
途中まで「自分も宇野と同じ熱さで愛することが出来れば」そう本気で考えてたし、でもそれは出来なかった。
五人で会うシーンで、隣に座る宇野の存在そのものを忘れてたとか、痛い!てなったけど、本人に声に出して言ったわけではないので一応セーフ…。
宇野も一貫して嘘はつかず(つけず)、彼女も作り新しい一歩を踏み出そうとしてる中でも「ずっと君のことは好きだと思う」って言っちゃう所が可愛くて可愛くて、とにかく幸せになってくれと応援したくなる受けだった。
それによって村上が調子に乗るのが目に見えてたけど、そういう所が後々本気で宇野を愛するキッカケになるんじゃないかなと。
あれだけ盲目的に愛されてる自覚があると、万が一宇野に別に好きな人が出来たら執着攻めになる素質充分ですね。笑

村上の境遇が壮絶で…宇野の片思いも痛いし両方に同情しながら人間ドラマとして読んでる意識もあったので、例えくっつかなくても二人がそれぞれ前向きに生きていければそれでいいと、それで許せる「BL小説」はたぶん木原さんだけかな(いい意味で)

6

初恋は残酷だ。


感想まじりのレビューなので、いきなりネタバレしています。
お気をつけください。

…………………………………………………………………



年をとった夫婦がこんな状態になっているのをよく見る。
数十年ぶりの同級生との再会の場面にも。

同級生の場合
たった数年の歴史が一生の中で貴い思い出になったりもする。
自分の気持ちの中の恋の相手は歳をとらない。
年収も地位も関係ないところで生きている。
だから、初恋を終わらせたくない人はその相手を追わないはずだ。

主人公が恋した相手はそんなにいい男じゃない。
学生時代は目立った奴が転落していくのは珍しくなく。村上という男はもともと詰めが甘く、上司のことがなくてもいつか出しぬかれるか陥れられていたかもしれない。そんなことも想像させる人物だ。
主人公の宇野は対照的で用心深く客観的で冷静だ。無邪気と雑を履き違えたような男に惹かれるとは思えない。どうして村上なんかに恋したのか。うかつなところが初恋らしい。
こんな二人が出会ったら、もともとフワフワした男を主人公が放っておけるわけもなく。
あっという間に、男に堕ちる。
恋は残酷だ。
期限切れだった初恋が情とか愛とかに変えられてしまった。
自分の気持ちをどうにかできたらいいのに。
ろくでもない男の本当なのかどうなのかもわからない言葉に一喜一憂させられる。
それでも宇野が幸せそうなのは初恋の期限が切れてないからなんだろうと思う。

「美しいこと」で相手がどんな風に変わっても受け入れるというくだりがあったが、この話もそうなんだろう。
人は変わるのが普通で、変わらないほうが難しい。
現実は限りなくグレーな惰性だ。
だから、宇野の変わらない気持ちに安堵と癒しを覚えるのかもしれない。

5

思ったより痛くない。感動!

ずっと気になっていた木原さんの痛い系。
勇気を出して読んでみました。
まずコミックを、そして本編を。
痛くなかったです。COLDシリーズや、『美しいこと』の方が私には痛かった。
攻め目線の『人でなしの恋』
攻めの村上を人でなしとは思えませんでした。
男女でも、同様の感情はある。ただ、男女には付き合った先に、結婚や子供ができたり、既成事実に流されやすいだけ。
最後まで読めば村上が宇野を愛していると思えるし、ハッピーエンド以外の何ものでもないと思います。
痛いのはちょっと、と躊躇しているなら読んだ方がいい。
正直すぎるふたりの両思い~ラブラブに至る感動作が読めるはず。

3

恋は不思議

表題作の「期限切れの初恋」は、地味で内向的な宇野が、落ちぶれた片思いの相手・村上を偶然見つけて自宅に住まわせる話で、宇野の視点で書かれています。
タイトルが謎かけのように思えました。「初恋」だから、大学時代に宇野が村上に抱いた初恋のことなのでしょうけど、それは社会人になり会わずに何年たっても、全く終わっていないのです。
大学で村上が作ったキャンプサークルに誘われ活動を共にするうち、村上を好きになってしまった宇野。村上は自分と違い、華やかで人気者。同性同士だし、特別に親しくなれる見込みもない。辛い片思いに区切りをつけたくて、卒業式の日に、村上に告白しようとするも結局できず…。宇野の初恋は手放す期限を過ぎてしまった。タイトルの「期限切れ」は、そういう意味なのかもしれないと思いました。

宇野が村上への思いに捕らわれ続ける姿が、あまりに卑屈で痛々しいです。
自分からは思いきれないからと、村上がもっと悪い男になって失望させてくれないだろうか、などと考える。毎日自分の金を盗んでパチンコに興じる村上を最低と心で罵りながら、一緒にいることが嬉しくて、追い出すことができない。
村上が立ち直り始めると、以前のように軽く扱われて傷つくことを恐れ、村上を追い出す。立ち直らず汚いままの村上ならずっとそばにいられたのにと考え、自己嫌悪で涙する。ちっとも前向きじゃない。挙句、怒りにかられた村上に好意に付け込まれるように抱かれてしまう。
どんなに相手がひどくても、見込みがなくても、捨てられない恋とは、いったい何なのだろう。
でも、周りの誰もが納得するような恋ばかりじゃない。こういう恋もあるのかもしれない。恋なんて、病気みたいなものだと思うのです。半端に放置すれば、治らなくなってしまうこともあるでしょう。

それにしても、村上が酷い。
自分を見捨てなかった宇野に感謝しつつも、愛情でつながれば二度とマンションを追い出されずに済むだろうという思惑がはたらいていたことが、村上視点の「人でなしの恋」で明かされています。
村上は特殊清掃の仕事に自信を持ち始め、大学時代の友人に借金を返し関係が修復されると、宇野との同居を一方的に解消します。そして、「気に掛けてもらえていると思うだけで落ち着く」とか、「会いたくなれば、自分が動けばいいだけだ」などと、勝手に二人の距離を決めてしまう。きちんと宇野と話し合うこともせずに。結局、村上は昔と変わっていない、自己中心的な人間なのだと思いました。
だから、村上と昔の恋人はやり直してもきっとうまくいかなかったでしょう。失った恋をやり直すのにも期限がある。友人の「もう遅いのよ」という言葉がなければ、諦められなかった村上は本当に弱い男です。

むしろ、一見地味で弱弱しい宇野のほうが実は強いことが、「人でなしの恋」を読んで分かりました。最初から、村上が寂しくて宇野に寄りかかっていたこと、距離を取りたくて宇野の元を離れていったことを知りながら、自分勝手な村上を責めなかったのですから。寂しくて会いに来た村上に、「幸せになってください」と背中を押してやる寛大さ。静かな強さに胸を打たれました。
これで二人が別々に歩んでいけば、少しつまらないけれど、納得のいく終わり方だったかもしれません。

自分が会社を首になるきっかけを作った元上司の自殺現場の清掃に入った村上は、やっと気づきます。自分には宇野がいたから立ち直れたのだと。呆れるほど遅い。でも、村上の宇野への気持ちに変化が起きたとすれば、この瞬間なのだろうと思います。見返りを求めない宇野の愛情に心からひれ伏して、愛しく思えたのは。
宇野を無理やり抱いて、恋人と別れてと言い、「愛せないかも…しれないけれど、傍にいて」という村上は本当にひどいけれど、自分の弱さを自覚して正直なところに好感が持てます。宇野も「人でなし!」と怒ったり泣いたりしたけれど、幸せそうだから、この結末でよかったです。これからは言いたいことを言い合って、意外と上手くいくような気がします。

すっきりと納得はできないけれど、恋って不思議で面白い、と思う作品でした。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ