イイ関係で困ってる

iikankei de komatteru

イイ関係で困ってる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×225
  • 萌18
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
21
得点
206
評価数
55
平均
3.8 / 5
神率
18.2%
著者
町屋はとこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784799713792

あらすじ

「ベッド行くのめんどくせー、ここでしろ」
同じ会社の忙しい男同士。彼女作るヒマもないし、ヤリたい波も仕事の波も一緒。
クールな鳥羽とワイルドなおっさん(?)小野坂は、そんなエロくて楽なイイ関係……って、この関係、何だ?続くの? ――続けたいの、俺?
他、図書館司書と学生の年の差恋愛を10年以上追いかけた感動作等、男の芯の強さを描いた恋物語集。

表題作イイ関係で困ってる

環境広告会社のスタッフで社長の右腕 鳥羽
同じ会社のスタッフ 小野坂十悟

同時収録作品冬の下/星の下

家庭がワケアリの同級生 加月ヒサシ
ヒサシに片想いしている同級生 岡

同時収録作品キラキラどうでしょう

税理士 橋本
新入スタッフ 平井

同時収録作品誘う図書館/恋う図書館

高校の図書館司書 崎谷千尋
高校2年生の生徒  戸田正歩

その他の収録作品

  • 面影
  • 花火
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数21

イイお話で困ってる!!

いやいや相変わらず雰囲気のあるストーリーで大満足な1冊でした。
口絵からして雰囲気にのみこまれる感じで、まったくいやらしく感じない!!

ガツガツとする恋愛もいいのだけれど
この何とも言えないゆっくりとした流れみたいなものに惹かれます。
若い恋から大人の恋までとても入り込める内容でした。

特に最後のストーリーは大人になっていく受けの成長がいいです。
途中離れる時期もあったみたいですが
大人になってからの再会とこれから始まる2人の関係がいいなぁvv
これはたぶんリバになると思っていいのかな??
雰囲気的にそんな感じが漂ってました。

4

スローフードならぬスローセックスがエロい!

町屋先生の新刊『ちょっと待ってよ、花屋さん』のちるちるランキングがアップしていくのを嬉しく思いながら、トップページを眺めてます。
この本から3年半、新刊が出るまでの町屋先生の奮闘が報われてますね。

「イイ関係で困ってる」
カラダの関係を続ける同僚の鳥羽と小野坂。
セフレというにはカラダだけじゃない心地良さがあって、恋人というほど依存してるわけじゃない、まさにちょうどイイ関係。
たぶん鳥羽の方が年上で、小野坂の好物・リンゴの天ぷら(アップルパイみたいで美味しいらしい)を作ってあげたり、大事にしてるのは伝わってくるけど、小野坂がいまの関係を心地良いと感じてるのがわかってるから、あえて”恋人”って言葉で縛ろうとしないのが、”大人”って感じでまたイイんです!

小野坂のちょっぴりの嫉妬と裏切り(勘違い)から軽くすれ違ってしまうけど、それがお互いの大事さを自覚して、気持ちを伝え合う良いキッカケに。
キャラの真面目さや相手に対する優しさ、やっぱり町屋作品は心に沁みてきます!

エロも素晴らしいと評判高い町屋作品。
でも攻めがガンガン突いて受けが達してしまうスピーディな表現はあまりないんです。
相手に触れて、反応をみながら、ひとつひとつのステップを大事にしながら次に進んでいく、スローフードならぬスローセックス。
気持ちがあるからカラダも愛おしく感じて激しく求めてしまう、それももちろんイイです!
でもカラダ自体も愛してる”男の欲望”みたいなのが、ゆっくりした慈しみ合いから透けて見えるのがたまらなくエロく感じてしまうんです!

「冬の下」「星の下」
大人な表題作から一転、中学生の話です。
訳ありで家族ごと浮いてる孤独なヒサシと、普通の家で育った優しい岡。
岡はヒサシが大好きで、ずっと一緒にいたい、こわばった背中を抱きしめてあげたいって思ってるのに、ヒサシは働く自分と高校に行く岡とでは生活が変わるから「もう会わない」と言う…
ヒサシの本音「ひとりでも平気だったのに、おまえのせいで弱くなった。ひとりが怖くなった」が痛すぎて、ヒサシに一生懸命気持ちを伝える岡が健気で、自然と涙がこぼれてきます。

「キラキラどうでしょう」
税理士・橋本と、天真爛漫な見習いスタッフ・平井君。
平井君のほんわかした明るさに癒されてるのは橋本のほうなのに、「橋本さんはぼくのキラキラなんです」と臆面もなく言っちゃう平井君は眩しすぎる!
平井君が大人のギラギラを身に付けた後日譚も見たかったな。

「誘う図書館」「恋う図書館」
学校図書館司書・千尋と優等生・戸田。
千尋は「生徒には手を出さない」と恰好つけてるけど、戸田のまっすぐな視線に捕まってしまう。図書館での逢瀬は情緒がありますね~。
政治家になる戸田にとって、自分との関係はマイナスになると千尋が心配すると、「マイナスにするような生き方はしない。人生をかけて証明するよ」って高校生とは思えない大人発言!
その答え合せは、後日譚の「面影」と「花火」に描かれてます。

町屋作品は本当にイイ!
『イイ関係で困ってる』、イイ本すぎで萌えすぎて困ってます。
個人的に新刊の鉛筆スケッチ風な画風より、この頃のシャープな線のほうが好きです。

3

ぬるくて居心地がいい関係も素敵

恋愛で惚れた腫れたの展開では無くて職場のスタッフ同士で彼女を作る暇もない時期に
社長の片腕でもあるゲイの鳥羽に誘われ関係を持った小野坂。
二人の恋人でもセフレでもない一緒にいてとても楽な関係を描いた作品。

もともとゲイの鳥羽が小野坂にちょっかいをかけた事から始まった関係ですが
これが小野坂にとってはクセになるほど心地よい関係でいつの間にかヅルヅルです。
恋愛的な気持ちが先にないからなのか、束縛しあわないあっさりした関係なのに、
二人が醸し出すぬるくて暖かい雰囲気が妙に素敵で大人の関係ですね。

それでも、やはり嫌いな相手とは成立しない関係なので、知らないうちに独占欲風な
気持ちも少しは生まれる訳なんです。
社長と鳥羽の仕事で結びついた絆に敵わないと胸にモヤモヤ感で、
仕事上で付き合いのあるデザイナーにちょっと飲んで愚痴相手になってもらうが、
酔って目覚めれば、デザイナーと一夜を共にしたみたいだと焦る小野坂。

恋人同士でもないから貞操観念云々や罪悪感を持つのも変だと思いながらも
その日鳥羽にいつもと変わらぬ調子で誘われたのに、動揺して思ってもいないことを
口走りすれ違ってしまう。
イイ関係には、やっぱりどこかで心が通じ合うものだと感じる素敵な作品でした。

5

居心地が良すぎて本当にやみつきになります

比較的古めの06、07年の作品で構成されている1冊。
番外など現在の筆による描き下ろしが大量にはいって、絵の変化を感じます。
しかし、はとこさんの漫画は本当に雰囲気と居心地がたまらなくいいですね!
どれもこれもキャラクターにも展開にも滅茶キュンキュンしちゃいました♪


表題は、同じデザイン事務所で働くゲイの鳥羽と、仕事が忙しく女を作る暇もなく、流れで関係をもち、その居心地の良さに恋人?とも呼べないようなセフレ?のような関係を続けている小野坂とのお話

このキャラクターと関係が実にいい。
重すぎずさらっと実に大人の関係。
鳥羽はエロオヤジと小野坂に呼ばれているけれどスーパーでスタンプカードを出してエコバッグを使う律儀さを見せ、料理は上手くエッチも上手く小野坂との相性もよい。
小野坂はちょっぴりヤンチャ風味を見せながら、実は鳥羽に甘やかされているよな?
この二人のエッチのやり取りが実にいいのです!
して欲しい事、したい事を口に出し堪能し絡むシーンは、二人がその快感を愉しんでいる、まさにボディランゲージで互いの相性の良さをみせているのですよv
これが心憎いですね~♪
彼に甘えていた事に気付いて必死で鳥羽を追いかける小野坂もまた美味しい。
ゆる~く、ぬる~く、無理しない二人の関係は、とても素晴らしい自然な姿でした。
脇の社長も小野坂の相談相手も何気にゆるくて、とても居心地のよい作品なのです☆

【冬の下】
今のはとこさんの絵を思うと、主人公が子供~中学生という設定もあって、目が大きくてとてもキラキラしたお話の気がします。
これがまた!すっごくキュンキュンしちゃうの♪
家に事情があって周囲を拒絶するヒサシが気になって、ずっと側にいてもう彼の事を見ている大智。
ヒサシが星を好きなのだと感じとり、おじさんの勤めるプラネタリウムへ誘う大智。
手をつないでもいいかな?って一人でふわふわ夢見ごこちになりながら寝てしまう大智の手にそっとその手を重ねるヒサシの柔らかく頬を染めた顔。
いつもツンツンと突っ張って意地張ってる彼の本当の優しさや想いがにじみ出て思わずキュンv
どうしても大智に素直になれないヒサシにはその後の不安があるのです。
彼等に待ち受ける進路。
大智もヒサシも健気で更にキュン。
描き下ろしで高校生になった大智と、働いているヒサシのその後の姿が見られて、二人を思わず応援したくなる、素敵なお話でした。

【キラキラどうでしょう】
税理士事務所に入った新人の平井はアホっぽいけど明るくてちょっぴり天然?
そんな平井をセンセイの橋本はとても気に入っているというお話。
キラキラして真っ直ぐに好意の目を向ける平井君を大人のファンタジーワールド(爆)に連れて行くのは気が引けると、「大人のギラギラも身につけないとね」といなすセンセイ・・・調教するのか!?(笑)
こちらの関係もまたゆるく、のんびりと、そしてクスっと笑えて居心地がいい。

【誘う図書館】
こちらは司書に恋する図書委員の生徒と司書の関係を描いた作品ですが、その後の描き下ろしが大量にあり、しかもその将来は何気にリバ!?を思わせる♪
ああーーー!リバ、リバ!欲しかったのになぁ~~~
黒髪の生徒が一見ストイックそうながら、「受け!」だった驚きと、それが醸す色気にキュンキュン♪
その後、議員となって地元に戻ってきた生徒と、また司書として学校に復活した先生の再会が。
きっと高校を出てから別れがあったのね、と思わせるのだけど、それはきっと子供が大人に追いついて肩を並べる為のブランクだったのね、と前向きの別れを想像します。
はとこさんの描く、しっかりした身体の男性に浴衣は実にしっくりきます。
先生、素敵です☆

どの作品一つとってもどれも選べないくらいに素敵で居心地がよい話ばかりです。
穏やかで優しい、なのにキュン。

5

確かにこれは困る!

四つのお話が盛り込まれた、とっても楽しい一冊です。
表題作の同僚リーマンもの、中学生もの、上司と部下もの、高校生と司書もの。
いやぁどれも面白かった!
読んだのは少し前ですが、訳あってレビューをとっておきました。


『イイ関係で困ってる』
会社内でなんとなく関係を持つようになった二人の話です。
なれそめとかはありません。
先生の後書きにもありますが、エロはしっかりあり。
そして恋人でもないのにラブラブ感半端ない!
社内だし微妙な関係の二人というのが、実際にありそうでドキドキしちゃいます。
この関係は確かに良すぎて困るなぁ~。

そして、このお話は69シーンがしっかり描かれておりまして。
このシーンの二人がカワイイんす♪
昨日は69の日だったので、このレビューを書くつもりでしたが…。
気がついたら寝てましたw
ほのぼのエロがほんわかする楽しい作品です。

『冬の下』
無愛想で変わり者のヒサシと、ピュアな大智。
小学校から大智はヒサシに何度も話かけて、中学では友達に。
そして、もうすぐ受験の中3の冬のお話。
人は他の人との関係で、良くも悪くも変わるのだなぁと思います。
この二人の関係は、プラスにはたらく関係。
優しくて、ホッとするお話でした。

『キラキラどうでしょう』
冬の下、のピュアな少年が、そのまま大人になったようなお話。
人懐こくて前向きで明るい平井くん。
そんな彼を便利に使っていて、お礼にと自宅に招いた橋本さん。
平井ワールドへ持っていかれるかと思いきや、橋本ワールドはもっと大人で…♪
二作続けて、ピュアっピュアなお話でした!
平井くんみたいな人が近くにいたら、構いがいがあるなぁ~。

『誘う図書館』他
視線をおくる高校生、視線に困る図書館司書のお話。
視線って、不思議ですね。
喋った事もないのに、視線で恋におちる。
しかも、ちゃんと種類があって、使い分けたりする。
視線には、いったい何の力が備わってるんでしょうか?
人類の不思議だ~。
このお話、エロがしっかりあり。
後日談含めて四つお話があります。
この二人がとにかくエロい!
表題作がコメディタッチなら、こちらはシリアス気味でした。
どちらもオススメです!

5

イイ感じ♪

過去の短編を集めた作品集とのこと。

町屋さんは、榎田尤利先生とのコラボ作品で初読みだったが、
結構露骨なH描写もあるのに、全体の雰囲気が優しくて
気持ちのいい作風だと思っている。

描かれた時期によって絵に変化は見られるが、
この作品集でもその作風は健在。

表題作は、一緒に仕事をするセフレのような関係の二人が
実はかけがえのない存在だと気がつくまで話。
脇役もいいし、エロい大人だけれどピュアな感じがなかなか良かった。
人たらしの魅力的な社長さん、スピンオフでの登場を待ってます!


「冬の下」は、2005年頃の作だそうで、絵が大分ザックリしている。
中学生二人の切なく優しい関係が、プラネタリウムや星空をバックに描かれていて
全くエロはなしですが、じんわりしてこれもいい。
中学卒業後の二人も描かれているが、一緒に幸せに大人になっていくことを
祈りたい気持ちになる。


図書館の司書と、彼に片思いしていた高校生の話は、
性的な関係も持って……
その後がどうなったのかは語られないまま、
大分時間が経って高校生が大人になっての再会に繋がる。
一緒に花火も見て、またここから新しい関係が始まるのかな。
これは、予想と攻め受け逆だったんですよね……
再開後はリバありでしょうか?


と、どれもとてもイイ感じで読了。
ただしひねくれ者なので、好みとしてはもうひと味何かが欲しいところ。


4

幸せオーラたっぷりの恋物語短編集!

表題作含め4話収録された短編集!
2005年〜2007年に描かれている作品なので、多少の絵のバラツキや、初コミックに入っていてもおかしくない作品も混じっているそうなのですが⁉︎古さは全く感じさせられませんでした。

町屋先生の描く、恋に奮闘する様々な男達の真の強さや、それぞれの幸せオーラが満載!
リーマンカプに、年の差10年越し再会愛!
持ち味でもある絵の綺麗さ、大人の男達の男気、エロス、ドキドキ、キュンキュンといった心情面を追う丁寧さも堪能!
そして新鮮だったのが、今回はキラキラ要素も含まれているという美味しさ♡
町屋作品と言えば、私の中では大人カプのイメージだったのですが⁉︎
なんと、とっても淡く切ない中にも、ピュアな優しい幸せを感じさせてくれた少年カプ愛も登場してます。
キラッキラッしてて好きでした。
町屋先生と言えば、ドキドキさせられる位、綺麗で結構生々しいエロ描写の濃厚さも見所だと思うんですけど⁉︎
改めて、それだけじゃない作家さんだなあ〜とファンとして嬉しかったです。
キャラ設定はもちろん、ストーリー展開の見せ方の旨さ!
どの作品も心を温めてくれる素敵なお話ばかりでした。

中でもオススメは、表題作の『イイ関係〜』と『誘う図書館』です。
リーマン&再会もの好きの私のこころを擽ってくれました(笑)

『イイ関係〜』は、ちょっぴりオヤジ風な攻男性が出てくるのもオヤジキラーとしてはニマリ♡
読み始めから、いきなり無精ヒゲのオヤジ風なイケメンさん登場に、ガシッと心掴まれてしまいテンションあげあげ、ルンルンでした(笑)
受様も一生懸命で可愛らしく、好感!
『りんごの天ぷら』が登場してますけど…揚げるとアップルパイみたいになって、食べ出すと止まらなくなる位、私も大好きなんですけど!
まさしくこの2人の関係も、りんごの天ぷらのように、ヤミツキないい関係で、ほわんほわんとしていて癒されました。
あと、気になるのは2人の会社の社長さん!
天然そうで、結構腹黒魔性タイプの予感にスピンで読んで見たいかも⁉︎と思わされました(笑)

『誘う図書館』は、生徒と司書という年の差カプもの!
2人の微妙な距離に引き込まれました。
再会後の「えっ!逆転」予感に2人の今後の展開が気になるところ。
この2人のリバなら読んでみたいかも⁉︎と思いました。

最近は、榎田尤利先生との原作漫画が続いていたので、久々の町屋先生のオリジナル作品が読めて幸せいっぱいでした‼︎

とても楽しめる読み応えある一冊なのでオススメしたいと思います。

4

表紙から進まなくて困ってる

表紙だけでもうすごく好きだっ。
このデニムや綿シャツの質感!色!柔らかそうな髪の毛、素晴らしいですよ~。
町屋さんはデビュー作が大好きで、当時の雰囲気のする表題作に、わ、昔に戻ってる♥って思ったら実際昔の作品なんですねこれ。
あとから描き下ろしの作品を見ると、絵がやっぱり違ってて、さらにお上手になってることがはっきりわかるので、そんな意味でもこの作品は楽しめました。
図書館の二人のお話は、一冊で長く読ませてほしかったなあ。

3

町屋先生のしっとり系はいい!

短編集です。
なのにどの作品も短編とは思えない読み応え。

「イイ関係で困ってる」
肉体関係になろうなんて思ってもみなかったのに、いつの間にかかけがえのない相手。ちゃんと言葉にする2人が収まるところに収まる話。エロシーンのエロさが妙な生々しさがあるのです。

「冬の下」「星の下」
ちょっと変わった家の子、ヒサシ。ぶっきらぼうだけど大好きで…。高校に入ったらもう会わないというヒサシに大智は必死になって告白してしまう。
その後、進学した大智と働いているヒサシは秘密の恋人。2人できちんと大人になるために努力を誓うのです。

「キラキラどうでしょう」
税理士事務所の新人君は、まっすぐに懐いてくる。言うことをよく聞く素直ワンコだから、仕事で鍛えて後でご褒美、という話。ひねりはないけど可愛らしい話です。

「誘う図書館」「恋う図書館」
この図書館の連作は実に素晴らしい!
高校の図書室の司書・崎谷と、文武両道の高校生・戸田の恋愛。
あまりにもまっすぐで凛々しい戸田に思いっきりグラつき、崎谷は誓いを破り生徒の戸田と関係を結ぶ。
政治家の家に生まれてその道を進むことを期待されている戸田は、同性愛がマイナスにならないのか、と問う崎谷に『マイナスになるような生き方はしない』と告げる。かっこよすぎる〜

「面影」「花火」
図書館、のその後。
戸田は議員になっている。母校の入学式に招かれたらしい戸田は、懐かしい図書室で崎谷と再会する。(どうやら途中別れがあったようです)
そして今度は大人同士の恋が始まる。(戸田は独身。だから倫理的にOK!)
「花火」における崎谷の醒めたような、いつでも終わっていいと思っているような、ただ今を生きているというような、そんな佇まいの余韻の凄み。

2

イイ関係

初期作品に続きの描き下ろしを加えた作品集。
絵の変化にほとんど違和感がないので、後書きを読むまで「キラキラ~」だけが古い作品なんだと思ってた。

で、どのお話も、実に「イイ関係」で、、
イイお話で、
この、イイお話っていうのが、一番感想が書きにくいという、、、

表題作は、単に居心地の良い「イイ関係」と思いながら同僚と付き合っていたけど、
実は、お互いに口に出していなかっただけで、ちゃんと愛を育んでいたんだなぁ、、、
と、しみじみしたイイ話。
「冬の下」「星の下」初恋をしっかり育むイイ話。
「キラキラ~」は素直なイイ子の話で、
「誘う図書室」以降は高校の図書館司書の青年と高校生君が、絆に導かれて大人同士として愛し合うようになるイイ話。

どれも、みんな文句なくイイ話なので、イイお話で、心洗われるとイイと思う。

1

雀影

セルフつっこみ

これもドナドナ箱から発掘。
レビューの本体にも書いたけど、こういうイイ話が、一番感想書きにくい。
なので、レビューを後回しにして、ドナドナ箱に眠っていたのでした。

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ