変愛

henai

奇怪的爱

変愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神250
  • 萌×285
  • 萌33
  • 中立14
  • しゅみじゃない16

--

レビュー数
56
得点
1703
評価数
398
平均
4.4 / 5
神率
62.8%
著者
はらだ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
シトロンコミックス
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784799714331

あらすじ

エッヂがキいたストーリーとエロスな表現で萌えと淫心をシゲキして“変愛"が恋愛に浄化するラブコメ&ハイパーエロ6作品+描き下ろしを収録。
胸キュンで時にせつなく泣かせる…エロファンタジスタはらだのオリジナル初コミックス!

イメクラプレイ好きな塾講師が元教え子とガッコに忍び込んで!?
クズ男が怪我をした天使を陵辱。それが治癒効果に…?
俺の同級生が敏感すぎてやばい! 童貞同士のキケンな遊び
伝説の舌を持つおしゃぶりのカリスマが廃業の危機!
ド鬼畜教師の愛が溢れた美し過ぎるSMプレイ!

表題作変愛

元生徒「君」(←としか作中呼ばれない)
元教育実習の「先生」

同時収録作品『止まり木』

クズ男/貴方(察するに20代~30代)
天使

同時収録作品メシアの厄日

ED患者
救世主(メシア)様(元タチ専)

同時収録作品俺の同級生が敏感過ぎてやばい

脱童貞を夢みる高校生
脱童貞を夢みる親友にほだされてしまう同級生

同時収録作品俺の同級生が加減を知らなくてつらい

フェラからキスの先にいきたい高校生
キスしてきた親友に戸惑う同級生

同時収録作品俺の同級生と休み時間の有効活用

晴れて恋人同士となれた高校生
晴れて親友と恋人同士となった同級生

同時収録作品教室の歪み

現代語の教師「先生」
出席番号25番の生徒

同時収録作品描き下し 放課後の歪み

現代語の教師「先生」
出席番号25番の生徒

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数56

暴力的なエロ、でも愛がある

ebookjapan
修正…白短冊
カバー下…なし
カバー折り返し…なし
あとがき…あり

0

とことんエロ

はらだ先生の『ポジ』を読んで変愛を知りました。
面白い!
ここまでとことんふざけて、エロを追求した作品があったとは!!
『ポジ』に収録されていた、メシアの話も読めます。メシアがネコになった経緯がわかります。
『止まり木』は、絵の感じが少し変えてあり、さらっとしていて、後からじんわりくる作品。攻がクズ。天使に手を出すなんて。。。普通考えないよ。クズだからしょうがない。ほめ言葉です。

『俺の同級生が』シリーズは、この本の中で一番好き。若さゆえの好奇心から、どっぷりつかってしまう感じがたまらないです!
受の子の可愛さも、際立ってます。

『教室の歪み』は、この本の中で唯一のダークですね。先生ひどすぎる。でも読む手を止められない。

どの作品も、人物の名前がない。
レビュー書いていて気づきました。こんなところも、はらだ先生の素晴らしさを感じます。

0

狂おしい偏愛。そして、愛おしいワンルームエンジェルの原点がここに。

最新作の「ワンルームエンジェル」を読んだら、当然、再読するよね。
再読してみて初めて気付いたんだけど、これがはらだ先生の初コミックスだったのですね。
こんな最初っから、もの凄い画力だったんだ‼︎ と、まず驚かされる。
修正の甘い、えげつないほどのエロシーンもしかり。
一人一人の表情の細やかさ、仕草、それはコミカルなシーンでも、これでもか⁈ な、丁寧さと
無駄の無い稜線で描かれる。

なんと言っても、まず「止まり木」の愛おしさが胸を打つ。
とても無残で惨虐な物語だとも思うのだけど、そこにある愛はとても美しい。
最新作の「ワンルームエンジェル」と符合する主人公は、チンピラに刺され、降臨する天使と出逢う。天使を連れ帰った 自称クズの男は、「負の感情しか持たない」と言い、唯一の「正の感情」とはセックスをしている時だけだと、天使を抱く。
翼が癒えた天使は天界に帰ろうとするが…。
この大きなテーマをそのままに、さらに壮大な物語に仕上げた「ワンルームエンジェル」。
後にそれぞれに名前が付けられていることすら愛おしい。
あり紗こと 主人公の母ちゃんは、この時、電話の声のみの出演だが、彼女の優しさにもじんわり。

次に好きなのは、「僕の同級生」シリーズ。
黒髪の子の綺麗さが際立つ、その子とするセックスが気持ちいいからエスカレートして行くんだけど、
そもそも性欲処理では無くて、相当、熱烈に、好き同士なんだというのが分かってて。
どちらも言葉にしていないんだけど、読んでるこちら側がくすぐったくなる程にそれが伝わって来る。
だいぶコミカルなので、この本の中で、良い緩和剤の役割をしている。

そして表題作「変愛」
かなりフェティッシュ。シチュエーションエッチが好きな先生に付き合わされている元生徒。
先生は、元生徒の本質を見抜いていると言うのだが。
彼は恋人らしい甘いセックスをしたいし、甘いピロートークもしたいのだ。
けれど、それでは満たされないことを先生は看破している。っていう。
彼が先生に調教されたと見るのが妥当だと思うが。彼等の続編はちゃんと「ポジ」に描かれる。

「メシアの厄日」
これも続編が「ポジ」に編纂されている。才能ある舌使いでお金を取っていたという事が悪いことだと思えないんだが。これまで、ずっとタチ専だったメシアが召し上がられてしまう。
何だろう、ザマァと見るべきなのか。ちょっと頂けない気もするんだな。

「教室の歪み」
これも偏執狂的な愛だと言える筈なんだけど。ちょっと痛そう過ぎて、私は無理。
あと、先生が怖過ぎる‼︎ 好きでヤラレているのは分かるんだけどね。

「ワンルームエンジェル」を読んだら、「止まり木」再読。そしてまた「ワンルームエンジェル」へと。ループ読みしてしまうね。これがはらだワールドの中毒性なんだなぁ。

2

変な愛

短編集です。
ひたすらやりまくってます。
私は止まり木と同級生のお話がいいです。

クズ男を救急車を呼んで救う天使。無表情で上目遣いがいいですね。羽を傷付け正の感情が治癒するために必要なのですがクズ男はそんなもの持ち合わせていません。罰当たりにも天使に欲情して。

でも天使が健気で愛しく思って羽が治ったら出ていくのがさびしくて。
愛情が天使に流れ込んであったかくします。
いつも無表情で辛口な天使がなんか可愛くてクズ男が愛情を持ったり良かったです。
もうしばらく一緒にいられるね!

同級生のお話はエロの探求からどんどんエスカレートして恋が芽生えて恋人に。
がっつく攻めが我慢しますが受けがしびれを切らしてまたまたエッチ。激し目です。高校生男子でちょい爽やかでした。

最後の先生と生徒のお話はキツかったです。先生が鬼畜だし生徒はなぜ先生を好きなのか?先生のビジュアルも嫌悪感を持ちました。さすがはらださんです。

2

読み応え充分な短編集

はらだ先生にすっかりハマってしまい、購入した一冊。
短編集ですが、読み応え充分。何度も読み返したくなります!
以下、ネタバレを含みますのでご注意下さい。


最後の『教室の歪み』と『放課後の歪み』はヤンデレ系ですが、その他のお話は笑ったり、ほっこりしたりして読めるお話です。個人的には、『恋愛』と『同級生』シリーズがお馬鹿エロって感じで面白く読めました。どのお話も短編なのですが、読んでて満足感の大きい作品ばかりです。

特に『恋愛』は、最初は攻めが受けに無理矢理かと思いきや、めちゃめちゃ攻めが振り回されてる様子がツボでした。もう、本当に不憫なくらい(笑)この二人好きです〜。この作品はシリーズになってて、『やじるし』、『ポジ』でも別のお話が読めます。この後に読むのなら、オススメは『やじるし』の方でしょうか。やらにゃいって言ってたのに。。。攻めの頑張りが見れます(笑)

3

守備範囲が広い

 表題作の『変愛』にはそこまで惹かれなかったのですが、『メシアの厄日』と『俺の同級生〜』シリーズが最高でした。メシアの方は後に『ポジ』に続編が収録されているので、良いと思った方は是非『ポジ』も読んでみてください。

 メシアは舌テクが凄過ぎてあらゆるED・不感症の男女の治療に成功してきたプライドの高いタチ専の青年です。本人は全く気付いてませんが、小柄で顔も綺麗なのでいつ掘られてもおかしくないようなネコとしての素質を十分に持っています。そんな彼がある日治療を頼まれたEDの冴えない男に、治した途端逆に襲われて後ろの快感を覚えさせられてしまいます。攻めは最初いかにもモテなさそうな雰囲気で近づくんですが、メシアを掘る瞬間から非常に手慣れている感じを出してきます。警戒心が薄いためにころっと騙されてしまうメシアがとっても可愛いです。

 同級生シリーズは、やんちゃそうな少年がフェラへの興味が高まり過ぎて、同級生の真面目そうな友達に「俺も舐めるから舐めて」と頼むところから始まる話です。男子校とかならこういうノリで実際にありそうな気がします。フェラだけの関係だったのが、ついに本番まで致してしまい、段々友達が可愛く見えてきてむしろ好きになってる気もする、というように徐々に恋になっていく感じがたまりません。友達の方も割としっかりはしているんですが、いざという時に流されてしまう隙があって可愛らしいです。

 上記の2つには及びませんが、歪みシリーズもこの中では一番ダークで雰囲気ががらっと変わって良かったです。友達のいない男子生徒に居場所を与えて依存させていく先生が何を考えているのか分からなくてぞっとします。倒錯した性癖を持っているようですが、生徒への愛があったらいいなと願わずにはいられません。

2

初コミックスと思えないクオリティ

はらだ先生の初コミックスとなる短編集です。
が、クオリティが高すぎる!さすが!
ギャグあり、涙あり、SMムラムラありのとんでもない短編集。

一番最初に入っている「変愛」というお話は、まさかまさかのどんでん返しで、もうこの頃から既にはらだ節は健在だったのだなあと思うくらいストーリーが面白い!のにしっかりエロい!w

わたしは普段、BLのファンタジー系は全く興味ないのですが、
この中の「止まり木」にはつい涙してしまいました。。。



これがつい3年前の本だなんて、、、はらだ先生の進化スピードが速すぎる!

5

最高な一冊

はらだ先生 「変愛」読了
全体的にはあまあまでエロエロな一冊でした。どれもはらだ先生の世界観が表していて、素敵な短編集です。
個人的には一番好きなのは「止り木」で、読んでいたときは盛大に泣いてしまいました。天使は聖母のイメージとはまっ逆で、その人間らしさと無愛想さもまたすごく愛おしい。めったに笑わないしいつも敬語だし、能面のような顔しているのに羽根が弱いとか反則すぎる…時々首を傾げクズ攻め(名前がないので勝手に名を付けた)を上目遣いで覗くのも可愛くてしんどい(涙)
一番涙腺を刺激したのは外で歩いたら羽根が折られてクズ攻めがモブたちぼこぼこしたあと、天使が無表情に発した最初の言葉「甘口カレーがいいです」。ありがとうの言葉より、攻めに頼って甘えている仕草がどうしようもないほど切なくて…
(正直読んでいる途中では「これってもしかしてまたクズ攻めの仕掛けなのかな…」と思っていたけど、さすがに同じネタは二回も使わないよな笑)
やっとこれは恋だと気づく攻め…この2ページは素晴らしい!どのコマもすごく凝っていてじっくり味わえます(泣)。はいこれでおしまいと思ったらまた予想外の展開ではらだ先生に脱帽です。こんなおもしろい短編読んだことない!ほんとうに、先生の思考回路は我々一般人ではかなわない…(もちろん良い意味で)
本当に、素敵な一冊ありがとうございました!

5

甘M甘

変愛です。すみません

「『変愛』最高!」としか言いようがないです。

〈変愛〉
「愛ある変態」この言葉がピッタリな作品です。
学校の保健室にこっそり忍び込んでsex!?
ちょっとバカな感じの2人にほっこりします。
(sexは過激なのに!!)
変愛の続編(?)は『やじるし』『ポジ』にも収録されているので、そちらもオススメです!!

〈教室の歪み〉 〈放課後の歪み〉
「こちらもオススメ!」ですが……苦手な人は本当に苦手だと思います

4

またマニアックな方を見つけてしまった

雑誌で表題作を読んだ時に気になっていた作家さんだったんですが、その作品が収録されているという事で、単行本としては初めて読みました。
短編集で全部で5組のカップルが登場するのですが、どのカップルも濃かったです…個性もHも!(笑)
Hは激しいので、そういうのがOKな方じゃないとちょっと辛いかもしれませんが、私は大丈夫でした。
どの作品も甲乙つけがたいくらい好きだったんですが、印象的だったのは表題作と「止まり木」かなぁ。
ちょっと変わった性癖を持つ恋人に付き合っている攻め様と、攻め様を挑発する受け様がとってもエロかったです。
一見、プレイを楽しんでいるだけの様に見えるのですが、実はそれはちゃんとした愛情に裏付けされていて、そういうのが萌えポイントでした。
「止まり木」はファンタジックなお話で、ろくでもない人生を歩んできた攻め様が愛しむことを知るお話で、ちょっとジンときました。
この作家さんのお名前を覚えるには十分すぎるほどの内容だったと思います。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ