片恋ロマンティック

katakoi romantic

片恋ロマンティック
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×220
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
7
得点
169
評価数
49
平均
3.6 / 5
神率
20.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784344833418

あらすじ

人気モデルの琥藍と体だけの関係を続けている椎名。愛を知らない琥藍に気持ちを伝えて、関係が壊れるのを恐れているが…。

表題作片恋ロマンティック

四條琥藍,幼馴染みでセフレ,トップモデル,26歳
椎名羽汐,アパレルメーカーのパタンナー,26歳

その他の収録作品

  • あとがき
  • その後のロマンティック

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

攻め母の思考回路にモヤモヤ

母親から愛されていないと思い込んで育ってしまったために「愛」がどういうものかわからずに育ってしまった攻めと、そんな攻めに片思いをしながらも高校生の頃から体の関係を続けている受けという二人を描いています。

恋愛感情が欠落している相手に片思いしつつセフレで我慢してる受けなんて、めっちゃ不毛なストーリーに感じますが、攻めは無自覚だけど受けを執着溺愛してるのが判るので読んでて恋愛描写で辛さはないです。


受けは、愛を知らず苦しむ攻めを黙って支える健気かつしっかりとした男前でしたし、攻めも愛についてはわからないと言いつつも受けがいない世界では生きていたくないなんて事を言ってしまうので、そこらへんはなかなか良いのですが、私は攻め母の存在が無理です。

読んでいる最中は、攻め母の事情や言い分にもなるほどなぁ、仕方ないのかもなぁ……と納得しかけるのだけど、いやいやいや!やっぱりそれは違うだろ!みたいに思ってしまってモヤモヤするんです。

たった一人の母に愛されずに育つ我が子の苦しみなんかをまるっきり無視して、愛する男に突然去られてしまった自分の哀しみにどっぷりと骨の髄まで浸りきってる様子に辟易します。

子供にとっての一番の不幸は「自分が親から愛されていない」と思ってしまうこと、そしてそういう育て方をする親は罪だなと思ってしまうんですよね。

その後、ようやく立ち直って(立ち直るまでに至る時間が通常の人の数倍はかかっている)我が子に対する仕打ちを反省して、陰ながらストーカーというか我が子のコレクターみたいになって愛している様子はあるけど、何を今更……遅いわ……と思ってしまう。

我が子とようやく再会できて、感情が高まりすぎて失神しちゃうような繊細なキャラ(失笑)なので、思考回路が極端すぎてついていけないというのが素直な感想。


二人はなかなか良かったんだけどなぁ……。


電子書籍なので、表紙しか絵がなく挿絵が皆無なのが悔しい……
だって攻めは東洋と西洋が絶妙に入り混じった独特の雰囲気を持つノーブルで完璧な美貌を持つ世界的なトップモデル。
受けも世界レベルではないけれど、充分な美人さんという組み合わせなのに、電子には挿絵がないなんて……!!

1

愛がわかるとき

●恋◯◯◯と銘打ったシリーズ(何と呼べばいいんでしょ?)一作目です。

まず、攻めの琥藍のビジュアルがとっても格好良い(≧∇≦)
美形揃いのこのシリーズ内でもNo.1かと。
受けの椎名も美人顔だから、なんとも見栄えの良いCPです。

高校生の頃からセフレとして付き合ってる2人ですが、2人とも両思いだという事が分かります。
ただ琥藍は親の愛情の欠如(本当は愛はあったんですけどね…)により『愛する』という事が分からないからもどかしくって。

すれ違って一旦離れてた琥藍が再び椎名な前に現れ、発した言葉は無自覚の凄い殺し文句でした。
あの発言後の、椎名の男っぷりも良かった〜。
そんな後、琥藍が長年わだかまりがあった母親と向き合えた後、はじめて「椎名を愛してる」と言葉にしたのはキュンときました。

切ないところがありつつも、本当は両思いというのが分かっているため安心して読めた作品でした。

1

無自覚に甘々

幼馴染で同い年な2人がセフレの関係。愛がわからない、愛せないという琥藍のために、椎名は恋人ではなくセックスもする友達としてずっと一緒に過ごしています。でも、琥藍は無自覚ながらも椎名が好きで好きで、らぶらぶなんですよね。それが読んでて初めからわかるので、「早く自覚しなよー」とツッコミを入れながらも、安心して読み進めることができました笑

すれ違いもあるんですが、それも自覚するためのもの。
思いが通じあった2人のらぶらぶ度合いが、甘くて甘くて!
間之先生のは、前読んだ1作があまり好みのものではなくて、
これも足踏みしてたんですが、読んでよかった!
大人同士の甘いお話で、大変癒されました。

0

安心してほっこり読める

この作家さんの本を読むのは2冊目です。
作者さん自ら、「甘い話が好き」と書かれているくらい、
ハッピーエンドで終わりますね。

琥藍は「愛がわからない」と言うけれど、
読者的には琥藍サイドの話も読んでいるので、
めっちゃ椎名のことすきじゃ~~ん
と、わかるので、
あとはどういう風にくっつくのか見守っている感じです。
なので、特にこちらがハラハラしたりはしなかったです。

安心して読めてほっこりしたい方にはおすすめ。
高星先生のイラストは美しくてよいです。

1

切なキュンキュンしたい時に…

これは愛を知らない琥藍(攻)が、愛を知る(自覚する)お話です。この物語、私にはピッタリと来ました。全て過不足なく、こんなに満足する小説は本当に稀で…。

本当はちゃんと親なりに愛情をかけて貰ったのに、それをうまくキャッチ出来ずに(親も上手に渡せなくて)、「愛ってなに。分からない。」「親にもロクに愛され無かった自分が他人に愛して貰える訳ない。」なんて一度でも考えたことがある人には是非読んで欲しい一冊です。

以外ネタバレです。
傷つかないように心を殺し続けてきた琥藍が切ないし、そんな「無」の琥藍を愛する椎名目線でも片想いの切なさで、キュンキュンです。両方を理解してしまうと矛盾なんですけどね、身動きとれずに平行線なんですけどね、、、、。

デザイナーとパタンナーという関係、ベストだと思いました。一対という感じがして。
いくら才能溢れるデザイナーでも構想を子細に理解してくれるパタンナーがいなければそのデザインが世に出ることは出来ないし(自分で1枚1枚パターンをひいてトワルを組む、というのは非効率的なのでおいといてw)、いくら腕の良いパタンナーでもデザインを書く人がいなければただの宝の持ち腐れ…。
どちらかが欠けたら成り立たない。そんな二人の作品は、これまでもこれからもずっと、二人の『愛の宝物』なんでしょう、うんうん。

琥藍があのタイミングで椎名の「裏切り」に遭うのも、ベストだと思った。それが無ければ、琥藍と織絵の和解はあり得なかった。自分の存在意義に関わるような重大なことについて意識を改めるって、余程の事がない限りは無理だと思う。やはり、同じ目に遭わないと理解出来ないものもあると思うし…。あの琥藍にはあれ以外は無かったと思う。

そして織絵の愛情の証拠も、あれがベストだったんだろうと思う。愛情は物で計るものじゃない。それでも、目に見えないものを、それ自体を信じていない人間に示すには、物は大きな材料だと思う。特に忙しい織絵が「ストーカー」レベルで息子の成長記録を丁寧に保管していたからこそ、嫌でもその愛情を理解することができた、せざるを得なかった、ということだと思うから。

というか何より何より、自分の首を絞めるにも等しい、そんな裏切り(愛情としか読めないw)を与えられる椎名の男前っぷりったら………ほんと、男前過ぎて、もう、もう、大好きな受けです。

出来れば想いが通じあった後のラブシーンをもっと見たかったのですが、琥藍、自覚が無いだけでセフレ関係でもあまあまメロメロのセックスをするので、まぁ、いっか(笑)

0

無自覚でめろめろ

親からの愛情を受ける事なく育った、世界的人気モデル琥藍(攻)と、小学校入学の時からの付き合いのパタンナーの椎名(受)。
椎名は早くから琥藍に対しての気持ちを自覚していたが、琥藍は親からの愛情を受ける事なく育ってしまったため、何事に対しても感情が欠落している。それ故に、高校二年生の時に、琥藍が必要以上に学校に来ない事を寂しく思った椎名が学校に来るようにと誘ったとき、仕事現場で
「男同士でヤるとものすごく快いって話が出て試してみたい」
でも話を振ってきた相手はやだから
「ご褒美をくれる?椎名がほしい」
とか
今まで付き合ってきた相手は椎名に何気に似てる
とか
琥藍は世界的人気モデルでありながら椎名以外はずっと会えなくても他の人には興味がなかったりと、読んでいるこちらは、がっつり両思いとハッキリわかるのですが、そこはそれ琥藍は愛情がどういう形の物かと言う事がわかりませんというパターンです。

で、椎名は側にいられるならと、セフレ状態を受け入れています。

一ヶ月ぶりに帰ってくる琥藍の為にお風呂場で準備をしている椎名。
いかなりそのまさにの場面に帰って来ます(笑)
いろいろ甘い椎名はいろいろ許します(笑)

後はややお決まりの展開で、椎名が琥藍と母親との間を取り持とうとしますが、琥藍にとっては裏切りでしか無く、喧嘩別れしてしまいます。

椎名が居ないと、眠れないし食べられないし。無自覚さんです。
でも…
そんなに大きな事件や出来事はおこりません。
さいごは、琥藍は椎名を愛していると理解し、母親の心情も理解でき
いろいろな感情が溢れてきます。

椎名の健気な一途さとか、琥藍の心情とかはよく伝わってきたのですがパタンナーとデザイナーの関係性あたりがイマイチ取って付けた感がありました。

琥藍が無自覚ながら急展開の告白するシーンは、先が読めるようなパターンではあるのですが、グッときました。

キラキラしたロマンティックな世界に高星麻子さんの美しいイラストがマッチしていて楽しめました。

3

煌びやかでロマンティック

アパレルのパタンナー・椎名(受)と
幼馴染みでトップモデルの琥藍(くらん・攻)。
学生時代から身体関係にある二人だが
お互い恋人になろうとは切り出せず…。

琥藍は世界的デザイナーを母親にもつ
日本人離れした美貌のモデル、
椎名は目力の強い(気も強い)美人
という大変華やかなカップリング。
ファッション業界が舞台ということで
個性的な脇キャラも多く
非常にキラキラした世界観です。


受の椎名は、世話好きの優しい性格で
情事の最中、モデルの琥藍の身体に爪を立てないよう触れるのを我慢しているような健気さが良いです。

幼少から無愛想な琥藍に何度も話しかけたことや
琥藍と母親との仲を取り持とうと裏で動いていたことなど、本書の展開のほとんどが彼に端を発するものであることを考えると、とても行動力のある人物だと思います。

攻の琥藍は、海外在住の母親が育児を使用人に任せきりだったため、愛を知らず育ってしまった人。
ほとんど感情を表に出さない彼が
椎名にだけは執着していて
ラストには最高に甘い愛の告白を!!

とてもカッコいい攻ではあるのですが
最初から最後まで達観しているため
感情を追いにくいという難点も。
本書の大きなテーマは「琥藍と母親の和解&琥藍の成長」だと思うので、もう少し感情を出すなり自分から行動を起こすなりして欲しかったです。


また、読み終わってみれば
琥藍と母親との和解シーンに最もインパクトがあり
椎名との恋愛や、業界描写については
やや印象が弱い気がします。

椎名と琥藍が両片想いであることは
両視点あるためすぐ分かりますし
誤解が解けるシーンもあっさりめ。
二人の関係が、母親との和解というクライマックスの通過点のように見えてしまうのが少しだけ物足りなく感じます。
琥藍がデザインし、椎名がパターンをひくという仕事面での二人の絆ももっと詳しく見てみたかったかも。

しかしフランスでの母親との再会には
最高の舞台が用意されておりとても感動的です。
母親の乙女チックなキャラクターは
好みが別れそうですが
作品のロマンティックな雰囲気には
合っていたかなと思います。
全体の雰囲気は好みだったので萌評価で。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ