彼の焦燥と恋について(2)

kare no shousou to koi ni tsuite

彼の焦燥と恋について(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×224
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
8
得点
232
評価数
60
平均
4 / 5
神率
35%
著者
碧本さり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
発売日
価格
ISBN
9784864367769

あらすじ

明日 つかいものに
ならない
くらいがいい

年上の男性を好み、体の関係を持っていた矢嶋だが、ある夜に若い男・渡部と出会う。年下はタイプではなかったが予想外に熱くて忘れられない夜を過ごしてしまい、その後も彼とセックスに明け暮れる関係に。渡部もまた、矢嶋の危うい魅力に惹き込まれていき、紆余曲折を経て2人は恋人同士となるが…?

表題作彼の焦燥と恋について(2)

渡部和己,ライブハウスで働いてる恋人,28歳
矢嶋秀樹,弁護士事務所で働く法律事務職員,33歳

その他の収録作品

  • 彼の焦燥と恋について9.5(描き下ろし)
  • カバー下:登場人物まとめ・あとがき

レビュー投稿数8

糖度高めな甘エロな2巻♪

出来上がったCPの続き物って、
萌えにくいな~ってこともしばしばあるのですが、
これはお互いへの執着がふたりとも増してる様子が可愛くて、
とても楽しく読めました♡

今回の2巻は、1冊全部でふたりの甘エロぶりが堪能できます。

ふたりの関係を揺るがす波風が…といったような大きな展開はなく、
日常のこまこました不安や誤解や嬉しい事やエッチが繰り返される中で、
愛情が深まっていく様子が描かれて、とても微笑ましかったです。

この本での大きな出来事といえば、ふたりが同棲を始めることかな。

でもやっぱり、同棲自体より、
ありそう~って思える、こまこました出来事の方が萌えたなぁ♪

エッチをしない日が続いて、マンネリ化?セックスレス?と、
受けの矢嶋さんが、大人のおもちゃを何個も握りしめながら悩んだり、
デートの予定の日に雨が降って、家でエッチしまくって、
攻めが茶色ばっかりの夕食を用意してくれてベッドの上で食べたり、
(事後なのに、ソーセージを食べて受けが煽るのもよかった~!)
攻めのちょっとデリカシーに欠けた発言で、
ふたりの間の空気がギスギスしちゃったまま出張に行かなきゃだったり…

あーーでも、特に可愛くて萌えたのは、
1巻でも見られた、受けが攻めの服の匂いをくんくんと嗅ぐ姿と、
(今回は、その匂いのことで受けが不安になるのがまたよい♪)
ちょっと借りたーと攻めが受けのパンツ(下着)を履いてるのを見て、
俺もおまえの履くからな…っ!と、
真剣な顔で受けが攻めの使用済みのパンツを履こうとする姿とか!
(攻めに止められたので、実際には使用済みのは履いてませんw)
あ、そうそう、
相手の下着を履いてることで受けが会社でムラムラきて、
トイレでオナニーをしようとするけど我慢…な姿はすごくエロくて、
めちゃくちゃ萌えましたよーー

まだ続きがあるようで、
またふたりの甘エロ姿を見れるのかと思うと、今から楽しみです♪

6

ミイラとりがミイラ?( ´艸`)

1巻でツボだった共依存のような関係に甘ったるさが加味されて大満足でした!

受けの矢嶋さんは異常な執着をみせる愛し方で、攻めの和巳は理解して受け止めた上で「このまま俺なしで生きられなくなればいい」と、お互いの存在が精神安定剤のような関係の2人です。


矢嶋さんの不安定さを理解してるので、和巳はなるべく不安を取り除いてあげよう×2と言葉や態度で気持ちをいっぱい伝えて甘やかしまくってるのがメチャクチャ良いのですーーー!!(^///^)
そして不安にならないように前以てメール・電話・メール・電話して、矢嶋さんから返事がないと「もしかして一人で泣いてるんじゃ・・・」と逆に不安にかられ、気付けばベッタリ執着してるのは和巳のほうになっちゃってるトコに萌えた〜っ(//∀//)


あと忘れてならない大事アイテムの「パーカー」!
1巻で和巳の匂いがするパーカーを着てクンクンして喜んでた矢嶋さん。2巻では矢嶋さんの部屋着になってます。流石に和巳の匂いは消えたんじゃない?と思ってたら、

エッチする時に和巳が着てシテたー!(///Д///)
翌朝は矢嶋さん着てクンクン満足してるー!!(///Д///)

そうか・・・定期的に匂い付けしてあげてるのね・・・(激萌)
(カバー折り返しにあるパーカーネタの4コマも可愛い!)


相変わらずエッチになるとドS攻めを発揮し ドM受けはグズグズになってエロエロいし、矢嶋さんが丸くなっちゃってひたすら可愛いし、年下ワンコの溺愛攻めが美味しいし、2巻は糖分大摂取でした(^///^)〜3

3

とにかく甘々。

1巻で恋人になった渡部と矢嶋さん、2巻では一緒に住むことになりました。
矢嶋さんが痛がったのを気にして、エッチの回数減らして、カラダ以外にも矢嶋さんが満足してくれないかなと考える渡部、そうなるとセックスレスを心配した矢嶋さんがオモチャを持ち出してきたりと、軽くすれ違いっぽい展開もありましたが、矢嶋さんは渡部が引越してくる日をアプリでカウントダウンしたり、一緒に居てお互いの臭いが混じってきてるだけなのに渡部の臭いがしないと不安になったり…
年上なのに一途すぎる矢嶋さんと、それを優しく受け止めて甘やかす年下の渡部。

二人の関係を揺さぶるような山場はないです。くっついた後に山場を作らず話を続けるのって難しいと思うのだけど、イチャイチャのエピソードがいちいち微笑ましくてかわいくて、ずっと見ていたいと思える二人です。
矢嶋さんの執着じみた求めっぷりも相変わらずエロいです。

2

需要と供給のバランスの良さ

1巻と違って2巻はまるまる1冊、2人を楽しめます。
本当に大好きです、この2人。

知り合って、付き合って、付き合いが深まれば次に来るのは。
そう、同棲です。
この2人の場合、1巻の時点ですでにプロポーズまで進んでいますが、ついに同棲。

矢嶋がスーツのおじさんたちにうっとりすることはあるものの、当て馬不在、お互いに独占欲と執着強めの溺愛状態なので、終始しあわせな気持ちで読み進められます。
矢嶋が愛情表現=セックスというタイプで、和己(1巻ラストからすっかり下の名前呼びが定着してます)は好きな相手の要求に120%応えたい派なので、えろす率も高めですが、愛情たっぷりのえろすはストーリーの邪魔になるどころか、お互いが大事に思う気持ちがより強く伝わってくるものなんだなあと実感しました。

1巻でもありましたが、矢嶋が和己を「…クズ…」って言うのが好きで。
変にドMだし、執着の仕方もおかしいし、自分の方がよっぽど変態レベルが高いのに、和己が何の気無しにやることが矢嶋独自のクズアンテナに触れる度合いが、一般人には「え、そこ?」というレベルで笑えます。

この2人の何が良いって、需要と供給のバランスの良さだと思うんです。
矢嶋の愛し方は世間一般に見て相当、病的に重い。
おっさん弁護士先生が逃げ出したくなるのも分かるくらい束縛してくるし、自分も束縛されたいタイプ。
それを「嬉しい。可愛い」と思える和己の懐の深さ。
上にも書きましたが、この子は相手の求めることをしてあげたい子だから、矢嶋が束縛されたいなら束縛するし、束縛したいならされる。そうすることが苦ではなくて、幸せと思える子なんですよね。
えろすのときもMな矢嶋を満足させる潜在的Sで、まさに出会うべくして出会った2人。
どっちかが我慢したり、どっちかが疲れるような関係じゃないのがいいんです。

同棲スタートに向けて、和己の妹が登場します。
矢嶋の母親の話も出てきたり、少しずつ「2人だけ世界」から、「2人で生きていく世界」に広がりを見せつつある2巻。
ぜひこの多幸感を味わってください。

1

惚れちゃう一方で困る程みたいなー?と笑顔でいう和巳が愛しくて♡

お互いに仕事があるし、いつもいつも一緒に居られない。寂しがりで、甘えたの矢嶋さんの着信はエグいそうなんだけど、ある夜、仕事仲間との飲み会に出かけた和巳は、一度も着信が無いことに逆に心配になってしまう。執着されたい、甘えられたい、と願っているのは、和巳の方なのだ。
矢嶋さんは矢嶋さんで、和巳に飽きられたらどうしよう?などと鬱々と悩んだり、いらぬ取り越し苦労で斜め上に張り切ってしまったりする。
私ももぅ、慣れてもいい筈なんだけど、何かあるんじゃないかとハラハラしてしまう。
けど、そんな心配は無用。「惚れちゃう一方で困る程みたいなー?」と、和巳が笑ってくれるから。
大丈夫なのだ。
和巳はしっかり胃袋も掴まれちゃったので、矢嶋さん家に入り浸っていましたが、とうとう同棲することに。和巳が兄妹にはカムアウトしてるというので、矢嶋さんをちゃんと妹に恋人だと紹介しているのがいい。
「だって、可愛いから仕方ない!」と、グズグズに甘やかしているのもいい!
ところで、受けの子あるあるだけど、矢嶋さんが、上だけ着て、下何もはいて無くて、脚丸出しのことが多いんだけど、とってもエロいです。
「愛が恐れているのは、愛の変化。」この二人が変化する時、それはもっともっとただ、溺れていくというだけな気がします。

0

安心して読める甘々シリーズ

付き合う2人の甘々らぶらぶエッチをただひたすら見守るばかりなので、前巻読んでなくても大丈夫かもしれない。付き合うきっかけも今となってはさほど重要ではないですし。

職場で「マンネリ セックスレス」をググる矢嶋(法律事務 受け)は面白かった。そういうキャラじゃないだろうに!でもマンネリに対して「それだけ一緒に過ごせてる」って前向きな感想は良い。矢嶋は年上なのに寂しがり屋で可愛いんですよ。かつ、年下の渡部よりエッチに積極的という。
同棲、彼氏パンツ、ベッド買い替えと、当て馬が出てくるわけでもなくひたすら甘いです。

0

シーソーゲームありつつ、エロいちゃこらいい

いい!
2巻も甘々いちゃいちゃでいい!

お互いどんどん好きで、独占欲強くて、引っ張り合いっこしているみたいだけど、それがいい感じにうまくいっていて。

いちゃいちゃいい感じが続くとつい、当て馬がいつ出てくるのか!?とか、トラブルとか不穏な出来事そろそろくる?!とかBL読み職業病みたいにいらん心配をしてしまうけれどw

そういう見飽きたパターンを今のところ踏襲することなく、2人のやりとりだけで、ぐいぐい引き込まれるのすばらしい!

いちゃいちゃはもちろん、エロも健在で。
矢嶋は相変わらずエロいし、渡部も脇目もふらず矢嶋にゾッコン(死語)だし、いい。

重い矢嶋に対して、十分対抗できる、というか、独占欲強くてどんどんハマる渡部、お似合いですやん。

それこそ、ずっと一緒に生きる、と矢嶋がすっと言ったのが意外だったけど、それくらい思い合っているのがいい。

あの矢嶋に笑顔が増えたもんね。

渡部を自分のタイプに育てようとしている矢嶋もおもしろい。

渡部のにおいをくんくん何度も確認する矢嶋が動物ぽくてそれも意外でかわいい。

意外といえば、お互いのツンパを履いちゃうくだり、矢嶋が潔癖そうで嫌がるのかなと思ったら、そこはエロの方が勝ったのか?逆に?対抗して
「おまえが履くなら 俺もおまえの履くからな…っ!」
て言ったの笑ったw

結果、やはりエロにつながっていったのがまたおもしろかった。

この調子で、3巻もいい関係が続く2人が見られるのか楽しみです!

0

矢嶋の素直さを愛でたくなる

 タイトルの印象に反して何の不安もなく読めるところがいいですね。1巻で既に結構甘い雰囲気だったので、2巻では何か大きな波乱が起きるのでは?と想像していましたが、杞憂でした。お互いちょっとした不安などを覚えても、各章の中ですんなり解決されるので、テンポの良い甘エロを存分に楽しめると思います。濡れ場も1巻と比べてすごく過激になったというわけではないものの、1つひとつの行為のいやらしさ、汁気が増したように感じ、大満足でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う