明日の約束

ashita no yakusoku

明日の約束
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
幸。〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
24ページ
版型
B5

あらすじ

康介は恋愛が重そうで面倒だからと身体だけの付き合いを希望し、複数の男とつき合っている。でもバイト先で知り合った古河は、そんな康介が自分以外の男と手を切るのを待っていると言っているのだが…。

表題作明日の約束

古河
康介

評価・レビューする

レビュー投稿数1

アイテムはおでん

エロなしです。
作者様のあとがきによりますと、表紙にR18表示を忘れたため、ネームを切り直したそうです。ボツにされたネタが、どこで使われるのか楽しみです!

それと、「古河」を「古賀」と誤字されているのが複数ありますが、作中は名前が4名(康介・古河・成宮・木崎)しか出ないので、なんとなく分かります。

表紙と裏表紙は、背中合わせの二人でつながっているイラストです。表紙をめくると、雨音かと思わせる擬音語で始まります。

主人公・康介は、恋愛が面倒臭くて、複数の相手と身体だけの関係をしています。そんな中でも成宮とは一番長い付き合いで1年ちょい続きましたが、彼女ができたのをきっかけに、最後にエッチをしてあっさり別れます。それから、約束していた古河の家に行くと、おでんが出ていたので一緒に食事をします。「他のヤツとも切れたらいいのに」と言う古河に、「ムリ」と康介はにべもなくて…。

康介は、激しい感情で人を想ったことがなく、「共有でいいじゃん」と言うのですが、それにはんぺんとちくわぶで説明をする古河が面白いです。
康介もそれなりに考えるのですが、古河の気持ちがどうにも理解でき続きないのがちょっと寂しくもありました。しかし、翌朝に起きた出来事で康介の気持ちが緩やかながら変化したのが微笑ましかったです。

もうちょっと長く読んでみたい気もしますが、ショートならではの余韻も感じる作品でした。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ