トーキョートレイン(表題作 新宿ダーリン)

tokyo train

トーキョートレイン(表題作 新宿ダーリン)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×256
  • 萌15
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
17
得点
445
評価数
108
平均
4.1 / 5
神率
32.4%
著者
木下けい子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
ISBN
9784041035801

あらすじ

新宿でNO.2ホストの大吉は、大学受験当日に体調不良になり、人生に絶望していた自分を助けてくれた駅員の来生に再会する。まあまあしょぼくれたおっさんになっていた来月を今度は励まそうとするが…。

表題作トーキョートレイン(表題作 新宿ダーリン)

大吉良平,20歳の浪人生→NO.2のホスト
来生,攻を助けてあげた車掌さん

同時収録作品吉祥寺の戦士

(仮)陽平,大学生
(仮)黒澤,パン屋

同時収録作品練馬の王子様 / 用賀の騎士

(仮)岡田,輸入会社勤務のハイスペックなリーマン
(仮)普通の東条,同じビルで働くリーマン

同時収録作品秋葉原狂騒曲

佐藤,秋葉原で働くリーマン
八田歩,攻に助けられた女装が趣味のオタク

その他の収録作品

  • 東京レイルウェイ(描き下ろし)

レビュー投稿数17

東京の駅をテーマに、いろいろな萌♪

吉祥寺、練馬、用賀、秋葉原、新宿……
東京の各駅をテーマにした4カップルのオムニバス。

どれも木下さんらしい、キュンとして可愛くって、
でもその可愛さがあざとくなくて自然体のどこかにいそうな男子達。
ちょっとした表情とか、男っぽい仕草とか好きだなぁ。

吉祥寺:今時の大学生と修行中のパン職人、
練馬&用賀:練馬実家暮らしと秋田出身用賀暮らしの二人のリーマン。
秋葉原:秋葉原に勤めるリーマンと、アキバ系女子否男子。
新宿:駅員さんとホストさん。
東京レイルウエイ:一つの駅でニアミスしている4カップル、
         それぞれのその後がチラッと垣間見える。

ちょっとステレオタイプな東京の各駅のイメージが
うま〜く使われているんだけれど、
そして本作によるとアドバンテージがあるらしい(笑)東京人には
それがよく分かってなかなかおかしいんだけれど、
地方の方にはどうなのかな?

個人的には秋葉原の女装オタク男子・八田くんがおかし可愛くて転げた。
「ジブン八田歩であります。提督は何とお呼びすれば?」ビシッって
(笑)

どのカップルもその後の様子が見たいなぁ……という気分の短編集。
じっくり感激って感じじゃあないけれど、
軽やかに楽しく、いろんな萌がちょっとずつ入った作品でした。

13

オムニバス

東京の駅、っていうかその土地を舞台に物語が描かれています。場所によって雰囲気が違うのは、東京ならではですよね。(もちろん他府県でも都市によって特徴があるんでしょうが、東京ほどバラエティに富んだ県はなかなかないと思います) 私は上京してきたので、楽しく読みました。特に「練馬の王子」と「用賀の騎士」が。いまだに、関東周辺の生まれ育った場所へのコンプレックスはよくわかりませんが。(大阪出身なので、大阪が一番だと思ってる)この2作だけ、同じCPのお話です。

1冊に5話とおまけの1話(全員が出てくる)が入っています。上の二話以外は独立したお話で、一話目の「吉祥寺の戦士」はこれで終わり!!! とめちゃくちゃ物足りなかったですが、他は満足でした。久々にこの方の短編を読んだ気がします。

秋葉原のオタクの子も、新宿のホストも可愛かった! なかなかお得な一冊だと思います。

7

どのお話も夢があって良い!!

作家買いしている作家さんの一人です。

今作はオムニバス作品集で、東京にある駅(吉祥寺・練馬・用賀・秋葉原・新宿)をテーマにしています。
駅は5駅ありますが、カップルとしては4組です。

どのお話も読後感も良くて、読みやすくて幸せになれるお話ばかりでした。
あと、一部の人を除き、基本ノンケっぽい人達がまさかの男性相手に恋に落ちちゃう・・・というような感じでした。夢があって、でもどれも自然な流れで、胸キュン展開で、なおかつ面白くて、読んでよかったな~と思えた作品でした。

吉祥寺の戦士:そつなく生きる今時の大学生が、始発で見かけた男性(実はパン屋さんで働いている。まだ見習いレベル。)に恋に落ちてしまい・・・でも、つれない彼に対して初めて本気で一生懸命になるお話。
お話としては短いながらも、大学生の心の動きや表情が絶妙でした。


練馬の王子様:同じビルに入っている別会社の社員と合コンで同席することになった練馬で実家暮らしの東条君と、世田谷在住というノーブル感の漂う岡田さん。
ところが岡田さんは地方出身のかなりガッツのある人で、以前から気になっていたという東条君を落とす宣言をしたところで物語が終わります。

用賀の騎士:上記「練馬の王子様」の続きです。
ガッツのある岡田さんですが、実際には色々ダメな子であることが発覚。(まさかここまでとは・・・という豹変ぶり笑)
いわゆる地方出身者のコンプレックスみたいのが描かれているのですが、そういった部分もコミカルに描かれていて面白かったです。
個人的には「彼氏ヅラじゃない 彼氏希望ヅラだよ」という台詞がとてもツボでした。
受け様である東条君が男前気質です。

秋葉原狂騒曲:オタクでコミュ障の受け様と、秋葉原にある老舗会社の社員(非オタク)との恋。
受け様の一途さにやられてしまい、恋に落ちてしまう攻め様です。
私としては、4カップルの中で、断トツ大好きな攻め様であり、カップルでもあります。
秋葉原で、コミュ障な受け様が、知り合いの非オタク男子2人にからかわれた時に、その男子2人に向かって「君たちはこの街だと浮いてるな きっとふさわしくないんだね」って言った攻め様。めちゃくちゃ格好良かったです!!!こちらまで気分すっきり!!!
そしてその後に、「ああいうのはほうっておけばいいんだ 自分が理解できない事をみとめたくないだけのバカなんだから」っていう言葉も素敵でした。
メガネ好きの私としては、攻め様が黒縁眼鏡であったというのもめっちゃツボでした。

新宿ダーリン:7年前、電車内で、浪人生なのに最後のチャンスの受験でインフルエンザにかかりもうだめだ・・・&具合悪い・・・となっていた主人公を励ましてくれた車掌さん。その車掌さんを心の中で「天使」とあがめたたえいつか、会いたい!!!と、その後(大学進学はあきらめた模様)夜の町新宿でNo.2ホストとなって頑張っている主人公が、ついにその時の車掌さんと再会し・・・というお話です。
肝臓が強いからホストに・・・という飛躍っぷりもさることながら、車掌さんを一途に思い続けた主人公のまっすぐなちょっとおバカな性格が面白いです。人生色々あった受け様は卑屈キャラです。

東京レイルウェイ:4組のカップルが新宿駅で交錯します。ショートながらも、4カップルの特徴も出ているし、その後みたいのが垣間見れます。

5

表紙と裏表紙で全員集合です。

5話、5駅、4カップル+全員登場の描きおろしです。
全てのお話が東京のそれぞれの駅がキーワードになっています。

日常的に利用する駅から出会い、再会し、アプローチして、
どのお話も特別大きな事件が起きるわけじゃなくて
本当にありそうなことばかり。
奇跡的に出会って恋に発展していく過程のお話を、それぞれの駅の特徴を上手く話の中や、キャラに盛り込んでいて本当に面白かったです。

実際には電車通学や電車通勤でこんな奇跡的な出会いはなかなか無いんでしょうが、あったら良いな〜あって欲しいな〜(妄想)
と、夢広がるお話ばかりでした。

短編オムニバス形式。すべてが、もっと続きが読みたくなるお話ばかりでした。


3

どこかで続編を描いてほしいです

最近、木下作品はツボに入るものと入らないもの、両極端に評価が分かれてしまっていたので買おうかどうしようか悩んだのですが、表紙の可愛さにつられ購入。内容はすでに書いてくださっているので感想を。

タイトル通り『東京』そして『電車』をテーマにした4つのCPのお話。
個人的に短編ってあまり好きじゃないんです。話に入り込む前に話が終わってしまったり、反対に萌える話だともっと続きを…!って思うので。
でもこの作品は短編の良さが出ていたと思います。

どのお話も短編ならではでストーリー展開が早い。
恋心を抱くまでの二人の距離感とか、くっつくまでのじりじり感、ゲイという葛藤を持ちつつ、でも、というお話が好きなこともあるのですが、あっさりくっついたりする話にはあまり萌えません。
でも、ちょっとしたきっかけや一目ぼれで始まる恋というのもあって、その点を上手に描いたお話ばかりでした。

個人的には一番初めに収録されていた『吉祥寺の戦士』がとても好き。
パン屋さんの彼に心打ちぬかれました。

どのCPもどこかでつづきを描いてほしいなあと思う、可愛らしいお話ばかりでした。

3

はしたなくて嫌いになっちゃった?

面白かった!
特に好きなお話は用賀と練馬のカップル。
木下さんて東京の人なのかな?練馬のイメージとか用賀のイメージとか住んでる人には申し訳ないけど、そんな感じです、私も。
で、用賀と言いつつ、実は北国出身と言うとこも、東京あるあるな気がします。
そして田舎出身者のガッツ!いいですねぇ!のんびり育った練馬の王子さまなんて食っちゃえ!と応援したくなりました。彼氏希望ヅラといい放つ用賀の騎士、その頑張ってる感が嫌いじゃないです。

もうひとつ、秋葉原のお話。
佐藤さんとついにベッドインとなった八田くんがネットで調べてからだの準備をしてきたと言ってバスローブの裾をちらっ。「はしたなくて嫌いになっちゃった?」と恐る恐る聞くところ、ズドーン!可愛いー!惚れてまうやろー!(⬅微妙に古い)

2

わくわくする読み応え

5編の短編集+書き下ろし。

テキトーに学生してる陽平が朝帰りの途中で出会ったパン職人の見習い。
自分とは違う、目標を持って仕事を頑張る姿に敗北感を覚え、気づけば恋になる「吉祥寺の戦士」
都会育ちの東条と田舎育ちの岡田。
田舎出身のガッツなめんなと、啖呵を切る姿にオシャレ男子になってもただの優男じゃない潔さにときめいてしまう「練馬の王子様」その続きとなる「用賀の騎士」
秋葉原を舞台に、オタク男子の偏ったコミュニケーションをかわいいと新しい世界に踏み込んでしまった佐藤の懐の深さに癒されてしまう「秋葉原狂想曲」
そして通りすがりの乗客にあれほどちゃんとした言葉をかけてもらったのに。
ホストになっていた残念な子。
けれど、その時から想いを寄せる純情はしっかりと伝わってきた「新宿ダーリン」

どれもこれも最初から最後まで短編の良いとこどり。
単純でテンポ良く、でもちょっぴり思い悩んでみたりして。
そしてすっぱりと思い切る男前さにこ気味良く。
それぞれのこれからを暗示するラストにほの甘くときめいてばかりでした。

2

すごくいいオムニバスでした

軽やかでポップで萌え満載、都民にお馴染みの駅が舞台のオムニバスです。
短編のなかに、きっちり見どころが詰まっているので、何度も繰り返し読みたくなります。

特に好きなのが、”練馬の王子様 / 用賀の騎士”でした。
ああ、そういうことなのね!?と、読んだらタイトルのイメージがしっくりくるのですが、ハイスペックリーマンにロックオンされる普通リーマン(でも可愛い)の攻防が面白かったです。地方出身のガッツなめんなよ~の用賀の騎士に、同じ地方出身者としては共感しつつ、、そこまでがつがつできなかったわ~と感心しながら、早く練馬の王子が落ちるといいねと応援したくなりました。そしてやはり木下先生の描く受が可愛くて好きなんです。

何回読んでもほっこりするラブストーリーズです。

1

4番目のお話が大好きです。

電子版で購入したら裏表紙がついてなくて残念…orz(←歩の真似)

全5話、計4組のカップルによるオムニバスです。
全カップルが登場する描き下ろしを含めて、全て東京にある駅が舞台となっています。

わたしは「秋葉原狂騒曲」がどツボでした!
大人で優しい攻め様と、子犬感のある可愛い受け様♡


▶︎吉祥寺の戦士
パン屋の黒澤と、大学生の陽平のお話。
(そうそう、吉祥寺って美味しいパン屋さんとかケーキ屋さんたくさんありますよね〜)

朝方まで飲んで、授業中に居眠りをする。
そんなテキトーな大学生活を送っている陽平は、始発の電車で出会ったパン屋の黒澤になんだか惹かれ…
その後パン屋で再会するふたり。
でも黒澤は、ヘラっとした態度の陽平を冷たくあしらうのでした。

自分にとって“これ”というものがまだない時に、やりたい事を目指してひたむきに努力している人って眩しく見えるものですよね。
スカした奴かと思ったら、泥臭くアタックする陽平が可愛かったです。

このお話はまだまだこれからっていうところで終わりなので想像するしかないですが、きっと塩対応な黒澤さんもじきに絆されちゃうんだろうなあ。


▶︎練馬の王子様
秋田出身の岡田と、東京育ちの東条のお話。
会社は別だけど、同じビルで働くサラリーマンのふたりです。

東条は全く気づいてないけど、岡田のほうはけっこう前から東条に片思いしていたご様子。
ハイスペな岡田に対して平凡な東条ですが、岡田は彼の言うことなすこといちいち可愛くてしょうがないって感じ。

「変って字さ 恋に似てんだよね」
……はい?(笑)
このへんから岡田の印象が面白くなってきました。

電車に乗ろうとする東条を強引に引きとめ、駅のホームで岡田が告白するところでTo be continue.


▶︎用賀の騎士
練馬の王子様の続きです。
落とす宣言をしただけあってぐいぐい来る岡田。

だけど東条が見たいのは、かっこつけたスマートな姿ではなくて、もっと本音を晒したかわいいトコなのです。
居酒屋さんでのあの台詞、あのやり取り好き〜^^

岡田がどんどんかっこ悪くなるのに反比例して、東条は男前度が上がっていくのが面白かったです。
スパダリ×平凡と見せかけて、実際はヘタレ×男前のギャップカップルでした。


▶︎秋葉原狂騒曲
秋葉原で働く会社員の佐藤と、女装コスプレが趣味の歩のお話。

駅のエスカレーターで、佐藤が歩を盗撮犯から助けたところから始まります。
歩はセーラー服を「似合ってる」と言ってくれた佐藤を好きになってしまい…

一生懸命アタックする歩が可愛くて仕方ない!
ほんと子犬みたい。
「男の子は嫌いですか?(上目遣い)」
とか、
「は…はしたなくて嫌いになっちゃった?」
とか。
かわいい以外にあるか?
うんうん、可愛い以外にないよね佐藤さん。

佐藤さんは男前でした♡
歩が街で知り合いに絡まれた時の台詞がすごくいい。
考え方がイケメン。
Hの時に眼鏡外すのも本気モードっぽくてキュンとしました…///


▶新宿ダーリン
ホストの大吉と、車掌の来生のお話。

時は遡り7年前。
大学受験当日に具合が悪くなり、人生に絶望していた大吉を助けてくれたのは車掌の来生でした。

久しぶりに再会した来生はバツいちのしょぼくれた中年男になっていたわけですが、幻滅するどころか「俺が元気にしてあげます」と張り切る大吉。

さすがNo.2.ホストです。
底抜けに明るくてトーク上手だし、ちょっとした仕草や口説き文句がキザなんですよね(笑)
でも最後はとても一途な告白で…♡

誰かを元気づける時、自分も元気をもらえるんだなぁと。
いや、そんなしっとりした雰囲気のお話じゃないんですけど、やっぱり人と人の繋がりって温かいんだなぁと思えるラストでした。

1

彼氏希望ヅラ(笑)

◆吉祥寺の戦士
 人はどこで一目惚れするか分からない。そんなにモテなさそうな見た目の人でも、ふとした視線や仕草、醸し出す雰囲気に突然魅了されるかもしれない。そんな導入の作品でした。一目惚れしたパン屋で修行中の黒澤の元に、何度あしらわれてもめげずに通い続ける陽平。スペック高そうなのに、そうやってなりふり構わず夢中になれる性格が素敵だなと思いました。

◆練馬の王子様 / 用賀の騎士
 これすごく可愛かったなぁ。木下先生らしいハイスペックでちょっと強引な攻め、だけど、地方出身なことを気にしてて、あまり自分に自信がないところが意外で。むしろ受けの東条の方が、男らしい場面もあったり。女性相手のように、何かを貢いだり美味しいお店に連れて行ったりじゃなくて、自分でみっともないと思っているところをたまには晒すくらい、隙がある方がきゅんと来る。そう東条に言われて、乙女のような表情になった岡田が最高に可愛かったです。それでも彼が攻めなのが、またたまらないんですよね。

◆秋葉原狂騒曲
 受けの八田のオタク感丸出しの言葉遣いや態度が可愛かったです。見た目は可愛らしいのに、中身はしっかりオタク。攻めの佐藤も、一見いかにもオタクなんか馬鹿にしそうな堅物っぽいのに、相手によって態度を変えるようなことがまったくない人で、世の中彼みたいな人ばかりならいいのに、と思うくらい素敵な人でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う