フローリストの恋は咲く

florist no koi wa saku

フローリストの恋は咲く
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×216
  • 萌19
  • 中立12
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
178
評価数
57
平均
3.4 / 5
神率
15.8%
著者
yoshi 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥629(税抜)  
ISBN
9784799727546

あらすじ

「そんなに伝わってなかったかな……君が好きだってこと」
フローリストの陽斗の店に来るたび、注文したバラを陽斗に贈りつづける美形の金髪青年・ルカ。
ルカの熱い視線が気になっていたけど、ただの客だと自分に言いきかせていたのに――。
偶然見つけたルカの経営するレストランに強引に誘い込まれ、男同士だというのに突然唇を奪われてしまって!?

表題作フローリストの恋は咲く

ルカ,金髪のレストランのオーナーシェフ,ハーフ
陽斗,フローリスト(お花屋さん)

同時収録作品社畜な俺と策士な後輩 / 本音を聞かせて(描き下ろし)

佐伯,リーマン,受の会社の仕事のできる後輩
宮原,毎日残業している先輩リーマン

同時収録作品瞳の奥の欲望

雅晴,絵描き
悠,攻に拾われた恋人にフラれたばかりの男

同時収録作品彼の性癖 俺の苦労

理人,頭がよく好奇心旺盛な幼馴染
徹平,恋人

その他の収録作品

  • 得手…不得手…?(描き下ろし)

レビュー投稿数16

とても美しい…。

この本は表紙ももちろんですが、中身のキャラ一人一人の線がとても美しく見惚れました♡♡♡
【フローリストの花は咲く】
この作品の第一印象「キレイ…しかも、一人がタイバニのバニーみたいでカッコいい♡♡♡♡」でした♡♡♡
自分でもビックリするくらい驚いています。しかも、お花(バラ)がキッカケで恋の話が始まったり続いたりするのが、おとぎ話の様で感動しました・・・♡♡自分もこんな恋愛したいなんて思っちゃいました♡♡♡

【社畜な俺と策士な後輩】
この作品は髭を付け加えたら「タイバニの虎徹」に似てるキャラが受けなので、どのシーンも可愛くてたまりませんでした♡♡♡♡♡特に、これの描き下ろし【本音を聞かせて】での回想シーンの笑顔とキスシーンはもうメロメロになりました♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

【瞳の奥の欲望】
芸術家が振られたゲイに一目惚れするが、「モデルをやってほしい」と言って自分の気持ちをごまかすといった話ですが、シリアスな感じと繊細な線の絵が何とも印象的な作品でした。

【彼の性癖 俺の苦労】
媚薬で…(^^;)という気持ちはありましたが、やっぱりおもらし・スカトロネタ、最高です♡♡♡♡♡♡
ヤバい♡♡♡♡♡♡と思いました♡♡♡

絵で見て買っている腐女子の方にはとてもオススメできる作品です☆☆ぜひ、買って見てください☆☆

3

金髪イケメン攻め

外国人攻めかと思ったらハーフ攻め。
金髪イケメンが攻めで大人しめな日本が受け、という作品です。

セレブな外人攻めは好んでよく読むのですが、等身大の男性同士という外国人(ハーフ)との恋は、以外と読んでいそうで読んでいなくて、新鮮で、またルカのイケメンぶりに萌えました。
お話はシンプルだし、一方的にアタックされている主人公というあまり苦みのない作品ですが、キラキラなイケメンに花を贈られる…というシチュエーションが、受け視点でみるとなかなかほわほわきて良かった。
幸せ感のある作品だと思います。
表現はソフトだし、絵もちょっとシリアス系なので合わないと読みにくいかも…と最初は思いましたがそんなことはなく読みやすかったです。

この作者さん、アンソロジーで何度か拝見していて気になっていた方なのですが、後半に収録されているのはアンソロジーに掲載されたものです。
そのせいか、まさにシチュエーションえろだけ読みたい!というような、良くも悪くもストーリーよりえろ、みたいなものが多かった。
もちろんアンソロを読むときは私はそういう気分で読むのですが、表題作品が良かったので、後半の短編はストーリー性が薄く感じてやや物足りない気分でした。

2

圧倒的画力のイケメンしかいない!

イケメンだらけでした。
イケメンという言葉が軽過ぎると感じるほどの美しいひと軍団。
こんな世界で道端の石として生きていくのも悪くないなと思ってしまいます。

表題作は一度読んだことがあるので今回2回目です。
花屋に勤める陽斗と毎回バラを一輪くれるハーフのルカ。
ルカがレストランのシェフなので食べ物!と期待したのですが、パスタだけでした。番外編では陽斗の作った食べ物ではない何かしか出てこなかった…。レストランがメインじゃないので、そこは置いておいて。
短い中に当て馬風が2人も登場するにも関わらず、すっきりまとまっていて読みやすかったです。
話の内容というよりも美しいひとを愛でる作品としておすすめします。

同時収録はリーマン残業ものと、恋人にフラれて拾われましたもの。
短いのでこの設定のパターン通りに収まっています。軽く読むにはおすすめです。

常々思っているのですが、画力が高いとか好みの絵の場合、同じ設定や同じストーリーのものに比べてどうしても基本点が高めになってしまうんだなあ。

1

今後を楽しみにしたいです

表紙は美しく爽やかなイメージですが、読んでみると、
意外とエロシーンが多めだな~という印象の1冊だと思います。
(エロエロというほどではないですが、しっかりエロ入りです)
そういえば、エロ系のアンソロに載っていた方でした。
4CPのお話が入っていますが、そのうちのひとつは既読です、
可愛らしい描き下ろしが読めて嬉しかったな。

yoshiさん、とにかく本当~に絵がお上手ですね。
表紙もとても美しいですが、中の絵の方が線の力強さがあって、
よりその上手さに惹きつけられました。
今は線が細い作家さんが多いので、
より際立って画力があるように感じて、印象に残りやすいのかな?
特に、弾力性が感じられる筋肉の描き方がとても好きでした。
着衣エロが多いので、
そんなにしっかりとは裸は拝めないんですが、
はだけて露わになる肌がとても肉感的で、そそられました~

ただ、絵で引き込まれる分、
内容でもグッと心を掴んでほしいのに…そこが、弱い…… (>_<)
絵の上手さって、
自身で作品のハードルを上げてしまうもの、なのかもしれませんね。
絵が素敵な分、当然内容も~と期待しながら読んでしまうもの。
この本は残念ながら、
展開が唐突だったり、エッチまでの過程が早急だったり、
キャラの内面的魅力や個性が、ちょっと弱く感じられたり…。
デビューコミックだし、
そんなに際立って悪いわけじゃないと思うんですけどね、
絵がいいだけに…!!って感じなんですよね。

でも、これで更に内容に磨きをかけると、
絵が素晴らしい分、作品の魅力がググッ!!と倍増☆☆☆
という可能性があると思います。
そうなるといいなぁ~2冊目3冊目に期待です(^^♪

yoshiさんの絵のタッチだと、
切ない系やシリアス系の作品の方がより映えるんじゃないかな、
そういうお話も読んでみたいです。

9

絵柄は綺麗なのだけれど

ちるちるさんの作家インタビューでお見かけして、絵柄もきれいでストーリーも面白そう!ということで手に取ってみました。短編集で、4つのCPのお話が収録されています。

表題作『フローリストの恋は咲く』
お花屋さんの陽斗。いつもは花は渡す(売る)側ですが、ある日花を買いに来たお客さんに一本の薔薇(陽斗のお店で買ったものだけれど)を渡されます。
それ以来何度か来店し、その都度薔薇を陽斗に渡す彼の真意が掴めず戸惑う陽斗ですが、ある日レストランで働く彼を見かけて…。
というお話。

う~ん、二人の間に育っていく恋心がいまいち分かりづらい。いつの間にかお互い好きになってて、その流れでエチして~、というあっという間のストーリー展開に置いてきぼり感を感じてしまった。

『社畜な俺と策士な後輩』
人が良くていつも仕事を押し付けられてしまうリーマンの宮原くん。そのせいでいつも残業続きなのですが、深夜働く彼のもとへやってきたのが後輩の佐伯くん。
「働きすぎ」という佐伯くんなのですが、どういう流れなのか「溜まってるだろうから発散相手になってあげる」と言って…。

???
となってしまった。後輩くんは人の良すぎる宮原くんが気になってた、というのはわからなくもないのですが、男に、それも突然襲われて行為を受けいれてしまう宮原くんの気持ちの流れに全くついていけなかった。

『瞳の奥の欲望』
同棲していた恋人に振られ、ついでに家も失った悠。途方に暮れていた時に「絵のモデルになってくれるなら」という条件のもと家に住まわせてくれるという雅晴。
初めは何とも思っていなかったのが、彼に見詰められると欲情を感じるようになってしまった悠は…。

初読みの作家さまだと思っていたのですが、これってPGに収録されてましたね。ああ、あの作家さんか!とこの作品を読んで気付いたという…。

『彼の性癖 俺の苦労』
幼馴染であり、今は恋人同士の理人と徹平。「実験」と称してお手製の媚薬やなんかを徹平に飲ませる理人で…。
くっついた後の二人、という設定で、まあ、媚薬を飲まされた徹平に、あんなことやこんなことをする恋人たちというストーリーで、ぶっちゃけエッチしかしてないお話でした(爆)。

2次で活躍されていた作家さま、だそうで、初コミックとは思えない画力の高さです。すごく綺麗。が、ストーリーが何ともあっさりし過ぎ、というか。
終盤に『フローリストの恋は咲く』と『社畜な俺と策士な後輩』のその後のお話が収録されているのですが、こういう「その後」だったりお互い恋心を持ったきっかけ、なんかを書き足して、もう少しストーリーに重みを出した方が良かったんじゃないのかな、と思いました。絵柄が綺麗なだけに、すごくもったいない気がします。

あと、表紙がすごく綺麗。帯を含めて紙質もいいし、絵はもちろんきれいだし。「リブレさん出版だったよね…?」という大変失礼な感想を持ってしまったほど。

絵柄は綺麗ですが、ストーリー展開にもうひとひねり欲しかった。「評価」は本音は中立なのですが、絵柄の綺麗さに☆ひとつおまけして、「萌」に。
次回に期待したいです。



8

ミステリアスな瞳はGOOD

 PG3で『瞳の奥の欲望』を読んでから気になっていた作家様です。調べてみたらまだコミックスはなくて、待望の初コミックスでした。絵が綺麗だなと思っていたのですが、この表紙は素晴らしく美しいですね!色彩も裏表紙の英字のタイトルもとても好きです。
 
『フローリストの恋は咲く』
 金髪のルカがものすごくカッコよくて、yoshi先生の描く印象的な瞳が素敵です。特にタイトルページのイラストの思わせぶりな表情が好きです。本当に絵が素敵な作家様です。だけどストーリーが平凡だし物足りないんです。二人の気持ちが通じ合うのも早すぎるし、体を繋げるのは更に早い!それまでにもっとジリジリしたり、きゅんとするエピソードが欲しいなと思いました。それは他の短編全般にも同じことが言えます。どれもなんだか物足りないのです。キャラの人となりが描き切れていないうちに、ラブモードに突入してしまうので、感情移入ができません。
 そんな中でとてもよかったのが『瞳の奥の欲望』です。
PG3で既読だった作品ですが、これはyoshi先生の描くミステリアスな瞳がミステリアスな主人公たちとマッチして、雰囲気のある作品になっています!
 絵が素晴らしく綺麗な先生なので、ストーリーをもっと頑張ってほしいなと思いました。
 ストーリーは『中立』ですが、絵柄があまりに好みなのと「瞳」に魅せられたので『萌』です。

3

一輪のバラから始まった恋

【フローリストの恋は咲く】

フローリストとは園芸を好み愛する者を意味しますが、お花屋さん・陽斗の恋のお話。
毎回一輪のバラをくれるミステリアスな外国人・ルカ。
戸惑ってショックを受けて、嫉妬して嫉妬されて。
恋愛のテンプレ通りの恋のお話ですが、短編なのが実に惜しい。
でも甘い顔をしながら強引に迫るルカと、戸惑いながらも顔を赤くして受け入れちゃう陽斗の可愛さを楽しませていただきました。


【社畜な俺と策士な後輩】

後輩くんに強引にいただかれてしまう先輩のお話。
なかなか腹黒いなぁ、後輩くん。
でも嫌いではないです。


【瞳の奥の欲望】

絵描きと途方に暮れている青年のお話。
モデルをしてくれるならうちにいてもいいと提示され、転がりこむ悠。
雅晴の視線にだんだん欲情し始めて…。
これ、一番好きかもです。
実は、雅晴は…という終わりで、あぁこのタイトルって、と納得。
隠されていたものが瞳に現れ、結果悠は欲情したのかしら。
短編のなかにギュッと萌えがつまっていました。


【彼の性癖 俺の苦労】

幼なじみのお話。
実験と称して毎回媚薬を盛られ…ついにはお漏らしまで。
屈折している恋人だけど、君を大事~に愛してるんだよ。た、たぶん。笑


【得手…不得手…?】

フローリスト~の番外編。
ルカのために頑張る陽斗。でも失敗ばかりで…。
ルカになにかしてあげたい、としてほしいことを聞く陽斗ですが。ルカが言ったのは…うん、王道だね。
一生懸命奉仕されたら、グッとくるものがありますよねぇ、ルカさん。
ほんわかラブラブした二人でした。


【本音を聞かせて】

社畜な~の番外編。
迫り続ける後輩くんにとうとう絆されちゃう先輩。
けれど、後輩くんのベタ惚れ具合がちょっとうかがえて思わずニンマリでした。


期待していた通り、絵はとても綺麗でした。
最後あとがきにある、エプロン姿の陽斗がとても可愛かったです。

3

色気がむわん!

yoshiさん、初コミックスとのことでおめでとうございます!
麗しい絵柄で少し厚めの唇も
いくらでも愛を語れそうな目もめっちゃセクシーです!

『フローリストの恋は咲く』
花屋の陽斗は、戸惑っていました。
美形な金髪青年が店で薔薇の花を一輪買い、
その場で陽斗へ贈るという日々が続き
その理由を聞けずにいましたが…。

陽斗はお花屋さんがとっても似合う可愛らしい青年なんですが
ルカがもうさすがハーフだけあって
気障な言動に全然嫌味が無いんです。
これは多少強引なことされても仕方ないわーとまで思ってしまって
非の打ちどころがないイケメンはやはり得だなぁww
更にレストランまで経営してるって…引く手数多でしょうに。
陽斗の、心から嬉しそうな仕事ぶりと花を大事にする優しさが
ルカにはシンプルに良いと感じたんでしょうね、きっと。
お互いの嫉妬もただの甘いスパイスで
ええどうもご馳走様でした!ww

『社畜な俺と策士な後輩』
仕事の出来る後輩×少し頼りないけど優しい先輩、
残業中のオフィスでそんなことシちゃって
防犯カメラとか大丈夫ですか!?と余計なお世話ですが。
読み切りなので心理描写が少ないような気がしてしまいましたが
迫力のあるオフィスHをありがとうございましたww

『瞳の奥の欲望』
同棲していた恋人と別れたゲイの悠は
絵描きの雅晴に拾われモデルをする事になりますが…。

その出会いは偶然ではなく故意的なものだったのに
薄暗いところは全く無く安心して読めました。
それにしてもシャツから見える腹筋と胸筋の美しさ…。

『彼の性癖俺の苦労』
幼馴染で恋人の理人は実験好きで媚薬まで作ってしまい
それを試させられる徹平はたまったものではないのですが
理人なりの愛情表現で…。
小スカがあるので苦手な方もいらっしゃるかもしれません。
理人のありあまる別方向の向上心というか情熱に
啼かされ続けそうな徹平、負けるな!

『得手…不得手…?』
表題作カプ、ルカ×陽斗の番外編。
陽斗が壊滅的に料理が出来ないお話ですが
ルカがしてほしいのは料理じゃなくて、って結局甘―い!!
慣れない口淫ってもどかしさもあるでしょうけど
その何倍も愛おしいんだろうなぁ。

『本音を聞かせて』
オフィスラブラブな(?)佐伯×宮原、再び。
酔って後輩に甘えちゃうとか宮原さん可愛いですけど
証拠動画撮られちゃったのは佐伯の思うツボですね!
宮原さんにもう少しおっさん&漢らしさがあれば
(そんなに年上じゃないのかもしれないけど)
ひたすらに見守りたいカプでした。

ストーリーとしてはわりとあるような流れでしたが(すみません)
絵柄が好みなので全体的に見応えがあり、
日本人っぽくない彫の深さがとにかくイケメン!!!
目の保養をさせていただきました☆
どこかタ○バニっぽさが…と思っていたら、ナルホドですねww

2

綺麗なお兄さん

表題作があっての数本の短編そしてその後の話という1冊でした
私的には表題作が一番好みだったように思います
攻め様が素敵でしたから(・´з`・)

画もきれい目で話も静かに展開していくのかと思いきや
からむシーンはエロくて、とてもおいしく読ませていただきました
(´∀`)けっこうなエロ
短編なために急な展開でからむシーンがすぐやってくるのですが
そこはそこで綺麗な画とエロの見せ方がよかったように思います

表題作では受け様のまたがパッカーンはエロかった・・・

1

表題作よりも

表題作の他に数点入ってましたが、そっちの方が好みでした。「瞳の奥の欲望」凄く短いんですが、受けを手に入れた攻めの絵描きが、これからどういう風に変わっていくのかが見たかったです。優しそうだけど凄く執着攻めになりそうで…。微笑んでも目はマジな感じがして興味をそそられる。 「社畜な俺と策士な後輩」 都合よく仕事を押し付けられてる先輩とそれを心配する後輩のお話。1ページ目はデキる男風に見えたのに徐々に可愛くなっていってて、描き下ろしはゴツゴツさまで消えてる気がする。でもこっち雰囲気の方が好き。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う