天狗様の初恋おしながき

tengusama no hatsukoi oshinagaki

天狗様の初恋おしながき
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×210
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
73
評価数
19
平均
3.8 / 5
神率
15.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
大誠社
レーベル
LiLik文庫
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784865180497

あらすじ

かわいい幼児ともふもふのタヌキに懇願され、食堂で働くことになった大学生の柚留。
だがそこは、妖怪による妖怪のためのあやしい食堂で!?
しかも店主は驚くほど美形だけれど人間嫌いな鴉天狗・鐵で、「人間なぞと慣れ合うつもりはない」と不満な様子。
事あるごとに嫌味を言う彼を苦手に思っていた柚留だが、
持ち前の明るさを活かしながら働くうちに、意外な一面や過去を知り、惹かれていく。
そんな中、鐵を敵視する妖怪がちょっかいを出してきて――!?

表題作天狗様の初恋おしながき

鐵、妖怪のための食堂を営む店主・鴉天狗
鳴海柚留、アルバイトが続かない貧乏学生・人間20

その他の収録作品

  • 天狗様の秘密の逢瀬
  • 天之助の料理帳
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

天狗がかなりツンデレで人間くさい



何故か男にばかり言い寄られる大学生の鳴海柚留(受け)は、バイトをクビになった帰り道、幼児と犬がビラ配りをしているのを見かけます。小さいからか誰にも見向きもされず、大人に弾き飛ばされるのを見た柚留は放っておけず、その幼児と犬を安全なところへ連れていき、お腹がすいているという一人と一匹に持っていた賄い料理をご馳走します。
喜んで料理を食べた幼児・天乃介と豆太という狸(犬ではなかった!)は料理人を探しているといい、柚留にバイトをしないかと誘うのです。次の日、天乃介にもらった黒い羽根を手に「くろや」へと向かった柚留はそこが
アヤカシの世界で烏天狗が店長の店だと知り驚きます。店長・鐵(攻め)は人間嫌いで、追い返されそうになるのですが、天乃介と豆太の必死な仲介などがあり、雇われることになるのです。

柚留はアヤカシに特別いい匂いに感じられる一種のフェロモンが出ているらしく
(男にばかり言い寄られるのもそのせい)、それをごまかすために毎日おまじない
(額にキス)を鐵にしてもらうことになります。
鐵とはなにかというとすぐ口論になり険悪なままだったのですが、柚留がいないところでは褒めていたりする姿を偶然見かけ、少しずつ心許すようになります。
毎日おまじないをしてもらっていると何故かそこにハートマークが浮き上がっきて、それ以来鐵が気になって仕方ありません。

鐵はアヤカシのなかでも上級の神通力をもつ烏天狗でした。が、過去に禁忌を犯し、その罰として妖力のほとんどを奪われており、翼はあっても飛ぶことはできません。妖力を取り戻すための条件が店を繁盛させることでした。が、鐵を恨んでいる河童・浅葱の嫌がらせによりなかなかうまくいきません。そんな時に天乃介と豆太が連れてきたのが柚留でした。昔、友人が人間に恋をして裏切られ命を落としたことを恨みに思っていて相当
な人間嫌いだったので、最初は柚留に対する対応はひどいものでした。
天乃介たちが必死にならなかったら、そして柚留が負けず嫌いでなかったら話も始まらなかったし、ちょっと感じ悪すぎではじめは好感が持てませんでした。
柚留と同じく、柚留のことをほめているのを聞いて実際は気に入ってたのかと気づいたくらい。酒が入ったときには急に素直になってツンデレかーと思いました。


この話はたくさんのアヤカシが登場します。鐵と浅葱の師匠・九尾狐の柊はアクが強い人だし、ろくろ首の椿は「くろや」を心配して柚留にも優しくしてくれたり協力してくれたりと影に日向に動いてくれます。
天乃介はかわいいし、狸の豆田・狐の柊・猫の桜・狐のコン吉に雪丸とモフモフ天国でした。柚留の頭上を定位置にして、いつも柚留の頭によじ登る豆太を想像するのが楽しくて、できればその姿もイラストで見たかったです。

柚留が鐵のことを好きになってしまったことに気が付いたころ、柚留とキスをすると鐵の妖力を少し回復することが判明します。隙があらばキスしようとする鐵にはじめは役に立つならと受け入れるのですが、手駒と言われたことに傷つき、すれ違ってしまうのです。

天乃介と豆太の頑張りで仲直りしようとするも、浅葱によって邪魔が入りピンチに。二人がちゃんと自分の気持ちを言えたときはやれやれと言った感じでした。
とはいえ、浅葱についてはちょっと逆恨みに近く、嫌がらせはちょっと度を越していました。
根は悪い妖ではないし、気持ちはわかるけど、ちょっとやりすぎです。鐵が受けた罰も元の事件の重さから考えてもちょっと重すぎなように思い、鐵ばかりが貧乏くじを引いているように感じてもやもやしました。



結局、額のハートマークはどういう意味だったのでしょうか。
はじめは小さな斑点だったものが、だんだん形になってきたということから、鐵気持ちの度合いが表されているのかと思ったのですが。その辺りの謎解きは結局誰もしてくれませんでした。
唯一ちゃんと見えていた柊が最後に何か教えてくれると思ったのにちょっと残念でした。
アヤカシと人間との寿命についても語られていて、柚留の寿命が尽きるまでとなっていたのもちょっと気になりました。その辺りももう少し突っ込んで欲しかったな。
大学を卒業したらこのまま柚留は「くろや」に就職するのでしょうか。
本当にくっつくのは終わりの方なので、くっついてからの2人をもう少し読みたかったです。

0

脇役が良いです

可愛い表紙に惹かれて手にとりましたが、中身も可愛かった〜!
脇役の天乃介と豆太の可愛さったら!!
ちびっこともふもふは大正義(´∀`*)

主役の二人については、攻めの鐵が何だか惜しいキャラでした。
ツンデレにしてはツン要素高すぎで、客寄せがチャラい( ̄◇ ̄;)
鴉天狗の神通力を失ってるせいで天狗らしさもあまり無く、もう一歩…!といった攻めでした。

受けの柚留は危機管理低すぎー!
素直さが彼の美点でもあるけど、あやかしの世界にいるのに緊張感無さすぎかと(笑)

誤解により離れた二人を繋いだ桜の花びら。
些細な言葉を覚えていた鐵に、うるっときました。

あやかしと人間の恋は最終的にどうなるんだ?柚留の人間の世界での人間関係はどうなってるんだ?と、小さな事が気にはなりましたが、様々なあやかしが楽しく可愛かったので『萌2』で(*´ω`*)

0

妖怪好きにはたまらん

人間界とアヤカシ界の境目にある食堂で働くことになった受けに、客のアヤカシたちは人間界で食べたものの曖昧な記憶を語る。
果たしてそれは何の料理かという謎解きに始まり、攻めの烏天狗の過去、人間嫌いの理由、食堂に料理人不在の理由などの謎も少しずつ明かされていく、ミステリー展開。

個人的イチオシポイントは、出てくる妖怪の種類の多さ!
烏天狗を筆頭に、豆腐小僧、豆狸、小豆洗い、ろくろ首、百目、九尾の狐、カマイタチ、猫又、河童、すねこすり、子鬼……と、実に多くの妖怪が出てくる。
特に、豆腐小僧、豆狸、小豆洗い、すねこすりなんていう小物妖怪も、きちんと妖怪としての特性を生かしつつキャラクター化してくれたのがとても嬉しかった。
「こいつはあの妖怪だったか……!なるほど!!」と納得しつつ、見抜けなかったのが妖怪好きとして悔しくなったりしつつ。笑
非常に楽しく読みました。ここまで楽しませてくれた妖怪モノは、BL界には他になかった。しかもどの子もみんな個性がありつつ愛嬌もあって、可愛らしいのがまたすごいなと思いました。

攻めのトラウマも、妖怪モノならではの切なさ、愛おしさに溢れていてたまらない。
「妖怪好きなんだよねぇ」「実は妖怪マニアだよ」という方がいらっしゃったら、是非オススメしたいお話です。

2

もっと掘り下げてほしかった。

天狗、もふもふ、ファンタジー、健気な受、初恋・・・。
大好物でございます。
榛名さんのファンタジーは本当に私好みの設定ではあるのですが、毎回“惜しい”と感じてしまうのです。
タイトルにも入ってるくらいだから、攻はよっぽど力のある天狗なんだろうなぁ、と勝手に想像してたのですが、あまり天狗の要素がなかった。
過去の所業が原因で、物語の終盤辺りまで力を奪われた状態だったからなんですけど、どうも性格が俗っぽいせいか天狗どころか、人外っぽさすらなかった気がします。
他の方もおっしゃっているように、もう少し設定とかエピソードを生かしてほしかったところです。

でも、『くろや』は私も行きたいです。
天乃介と豆太を左右に侍らせてドナドナ食べたい!

1

美味しい料理とモフモフが堪能できる食堂が舞台

大好きなモフモフと好きな作家さん…ということで手に取りました。

縁あって妖の食堂で料理人として働くことになった、なぜか男からモテモテな大学生(柚留)と、その食堂の人間嫌いの店主(鴉天狗の鐡)との、アヤカシファンタジーです。

登場する妖の子供たちは本当に可愛いいし、モフモフは癒されるしで、その点は満足してます。
ただ、鐡が人間嫌いなせいか途中まで柚留と喧嘩ばかりで、いつになったら甘い雰囲気になるのか?とヤキモキしました。
おまけに、柚留は同じような敵の罠に何度もハマってるからイラッとするし…。
2人が恋に堕ちていくのも、いつの間に?という感じで。
それと、鐡が罰を受けてる過去の罪も、鐡は悪くないような気がして(命を失ったのは悲しいことだけど)罪と罰の重さが比例していないように思いました。
そこら辺が気になったけど、あとはひたすら可愛い妖の世界が堪能できて面白かったです。

2

鐵様、羽わたしにもください。

なぜかいつも同性にセクハラを受け、そしてバイトを辞めるハメになってしまう柚留。
そんなとき、幼い男の子と一匹の動物がビラ配りをしていた。
時間も時間だけに訝しく思った柚留は、転がってしまった男の子に近づく。
かわいい男の子と、一匹の動物──タヌキ。
柚留は『くろや』という店で料理人として働いて欲しいと懇願される。
新しいバイト先を探していた柚留は、渡されたビラ通りに店にいくのだが、なんとそこはアヤカシが住まう、異世界のお店だった──。

人間嫌いの鐵様。
人間である柚留を認めようとはしません。
けれど店の経営状態、そしてチビッコや従業員の懇願の目、何よりも柚留の料理の腕にしぶしぶ雇うことになったのですが。

無器用さんです、鐵様は。
そして鈍感です。朴念仁です。素直じゃありません。
柚留を認めてはいるものの、本人には天の邪鬼な態度。
でも時折素直で、柚留は鐵の優しい部分を知り、惹かれていくのですが。

魔除けのでこちゅーが甘ったるいわ。
はあとまあく、とひらがなで表記されるとなんともかわいいですね。
そんな記しが出るところに、鐵の無意識な恋を現している気がする…。

天乃介がちょーかわいい!
そしてイラストのタヌキ、いや豆太もちょーかわいい!
二人ともムギュムギュしたくなります。
最後、天乃介の料理帳にて、はあとまあくの説明のところにほっこり。
抱きしめたい~~っと悶えてしまいました。

わたしも『くろや』に行ってみたい。
鐵様、わたしにもその羽ひとつくださいな。

3

和風ファンタジー

大学生の柚留(受け)は、道路でタヌキを連れた小さな子供を見かけた。危ないので保護し、話を聞いてみると、その子供はある店で働いてくれる料理人を探しているという。ちょうどバイトを探していた柚留は、子供に勧誘されてその店を訪れてみたが、何とその店は妖怪が経営する妖怪のための料理店だった。
人間嫌いだという店主の鴉天狗・鐵(攻め)に嫌味を言われながらも、料理人として働きはじめた柚留だったが、鐵をめぐるいざこざに巻き込まれてしまい…。


ちみっこにモフモフにファンタジー、という個人的BL三種の神器につられて手に取りましたが、受けが攻めに惹かれるあたりの説得力が弱く、おでこのハートマークとか、攻めの過去とか、なぜ店の繁盛が攻めの能力回復につながるのかとか、色々よくわからない設定が多くてハマりきれませんでした。
受けが妙に男にモテる体質だという設定や、なぜ受けだけが妖怪を見ることができるのかといった美味しくできそうなネタも生かされずじまいで、もったいなかったです。

ちみっこ妖怪・天乃介とか、敵方の妖怪の手下などの小さな動物系の妖怪たちはとても可愛かった。料理上手な受けが妖怪たちを美味しい料理でトリコにしていくのも楽しかったし、脇キャラのキャラクターはよかったです。その一方、主役である攻めの印象が薄かった。最初は怒ってばっかりだし、女妖怪をたらしこんでばかりだし、BL的にはあまり萌えられなかったな。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ