この欲望の惑星で、それでも美しいものがあるとするなら―—

パーフェクトプラネット

perfect planet

パーフェクトプラネット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×217
  • 萌15
  • 中立8
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
15
得点
221
評価数
67
平均
3.5 / 5
神率
29.9%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
arca comics
発売日
価格
¥647(税抜)  
ISBN
9784864572989

あらすじ

遠い惑星で青年が出会ったのは、快楽を与える触手と、運命の人。超本格SF系BL誕生!

惑星「RED」探索艇隊員の金田は、禁止区域でRED固有の生物「アルゴ」と遭遇する。
発情期のアルゴに抵抗むなしく絡め取られ、穴という穴を責められて否応なしに快楽に溺れる金田。
なんとか彼を助けたいと考える白石、そして金田を巡る恐ろしい陰謀とは――?

表題作パーフェクトプラネット

白石星河(27歳)
金田純一(21歳)

その他の収録作品

  • エリア7
  • planet
  • Starlight Amulet
  • 突然のあとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

読む人を選ぶ

表紙から見て触手プレイであることはわかっていたので、そこは気負いなく読めたのですがモブ姦は痛々しくて見ていられない+攻めの星河の取ってつけたような感じが?という感じでした。

頭に銃口を突きつけられていたのをどう突破して厳重なセキュリティーの純一の部屋に入ったのかなとか色々思いました。そこは結構重要だったんじゃ?まあ、いろいろ言いましたがエロに特化している作品だと思います。

恋愛があると皆さん仰っていましたが、あるはあるけど、うーんと個人的に私は思いました。

読む人を選ぶ作品だと思います。

2

触手+モブレ カーニバル!

2巻が出たのでまとめ読みしました。
イイモ先生というと、『イノセント』の愛なき複数陵辱が衝撃的でした…
三部構成で、最初の2話が同人誌、3話目は短編として完結してますが2巻への序章といった構成です。

●「エリア7」
地球が植民星を作り、現地生物を調査(実験)する時代。
コロニーに着たばかりの純一は、発情期を迎えたアルゴ(触手生物)の雄の群れに拉致られ、アルゴは生殖を目指して穴という穴を…
大量触手による美少年愛玩の絵図を楽しむために存在する話です!

●「planet」
アルゴの生殖活動の対象にされた純一は、アルゴが持ウィルスによって不老不死に、さらに純一と交わった者まで不老不死になる。
ということで、「不老不死になりたいかー?」って強欲な奴等による純一の陵辱強姦カーニバルです…
ここに王子様登場!星河(ソンハ)が純一を助け出して逃げるって安心のラストでした。瀕死の重傷を負っても助ける星河と、身を捧げて星河の命を繋ぐ純一が健気!

●「Starlight Amulet」
逃げて新たな星に到着した星河と純一。
星河が大事にしているペンダントを現地生物の猿に盗られ、純一がそれを取り戻すって短編。
星河は地球に大事な人がいるかもしれないと落ち込む純一がかわいい。
ペンダントに込められた願いにホッコリさせられます。
そして、この新しい星で…2巻に続きます。

途中まで触手+モブレ祭で『イノセント』の宇宙版みたいでしたが、話が進むにつれて甘くなっていきます。

2

物足りない

萌えないというほど、萌えがないわけでもない。
愛がないというほど、愛がないとも思えない。
でも、何かが足りない。
そんな感想です。

絵はお上手です。カラーは特にきれいだと思います。モノクロだと、一気に簡素になるので、それがもったいないと思いますが、これは作風なのかもしれません。わたしの好みには合いませんが、もしかしたら作品には合っているのかもしれません。

ストーリーも、ありがちといえば、ありがちなんですが、よくまとまってると思います。けっしてヘタではないと思います。読みやすいし、わかりやすい。でも、何かが足りないんです。それは、わたしの好み的な問題かもしれませんが。

おもしろそうに思えるんだけど、どうにも物足りない。
それに尽きます。残念。

0

安心して読めました〜

イノセント繋がりで読んでみたのですが、この話もあまり読まないジャンルでした。
SFよりは日常にある話の方がよく読むのですが、たまにこういうのも読みたくなるんですよね。

触手で追い込まれて精神崩壊なんてよくありそうですけど、最後にちゃんとくっついて良かったな〜と思いました。
触手とか、モブとか少々苦手な部類ではあったのですが、イイモ先生の作品は読めるので次回もあれば読んでみようと思います!

4

可愛らしい男の子が触手であわわ……しかし、愛。

触手モノというのは、どちらかというとあまり興味無いゾーンでした。
そこに愛は存在しないと思うし、
本当にただの”エロ本”!!それだけが目的!!って感じがしてしまって…。

ですが、あったんですよ、ちゃんと愛が…。


タイトル通り、舞台は宇宙。
地球と酷似した惑星「RED」調査のため派遣された調査隊の一員、金田純一。生き物を大切にする、心優しい少年。
ある日、野外で捕獲した生物を飼育観察する「コロニー」にて、謎の植物「アルゴ」と出会う。
手のひらサイズのアルゴに可愛らしさを覚える金田。しかし、発情したアルゴに手足を絡め取られ、無理やりに引き込まれた先は、巨大なアルゴが夥しいほどに蠢いていて…。

そこから先は蹂躙の嵐です。
穴という穴を嫌と言う程犯され、ズタボロになりながらもやっとアルゴから解放されたと思えば、今度は女性のいない生活に欲望を溜め込んでいた船員、隊員達からも、激しく輪姦されてしまいます。
彼らには、ただの性欲処理以外にももう一つ金田を抱きたい理由があり、それは金田がアルゴに犯されたことにより生じたある特殊な”事情”が関係してきます。これがまた、ストーリーに深く関係してくるのです。

しかし、アルゴの感情も容赦もない責めはもちろんのこと、かつての同僚や上司達に否応なく乱暴に犯される金田くんは相当可哀想なのですが、
いやはや下衆な自分は、こういう無理矢理ヤられて悲鳴あげて涙ボロボロ流して嫌がってるのにイっちゃうシチュって何だかんだ言っても萌える!!…なんて思ってしまうのです←(ボカッ

そして、全ての始まりである、大量のアルゴに金田が犯されてしまったあの日、助けを求められながらも助けられなかったことを悔やむ白石星河(ソンハ)。凄く良いやつです。

人間的にどうしても弱かったりする部分を持ちながらも、目の前で苦しんでいる金田を放っておけない。他の隊員達が当たり前のように容赦なく金田を犯し続ける中、彼だけは金田の身を案じて、どうにか救い出そうとします。愛だ…。

金田くん健気すぎるから。こんな酷い目にあってるのに無理して笑って、自分を犯したアルゴを枯らしてしまったことなんか悔いて、でも白石の優しさに思わずその胸で泣いて…。
ほんといい子や…。

そして、金田くんが初めて自分から望んだセックス、良かったです。
強姦輪姦モノ正直かなり好きですが(すいません…変態で…(°_°)最終的に愛芽生えればヨシなので)、やっぱり愛あるセックスが1番です。両思いセックス後の心地よい余韻が、好きなんです(灬˘╰╯˘灬)♥。・゚

「RED」を脱出し、見知らぬ惑星に行き着いた2人。初めて、この惑星に足を踏み入れた最初の2人。まだ誰にも汚されていない、2人だけの場所。
生きていく術から探さなくてはいけないのに、お互いがいるだけで自然に笑えて、幸せだと思える、そんな2人の関係が素敵です。

…しかし、他の方々も仰っているように、ラストのあの手は一体…⁇やはり続きがあるということなのでしょうか?


今回触手モノということで、かなりエロエロ盛り沢山なお話だったのですが、それにしては絵が可愛すぎたかなー…という印象を持ちました。

もちろんそこは好みの問題ですが、私個人ですと、もう少し、描写は繊細に、しかし男らしさも忘れず大胆にかつ大事なところは細い線でこと細かに…!
…って感じの絵柄だともっと良かったな〜なんて(笑)なんか言ってること意味わかんないな…。

触手がだいぶ雑…と言ったら語弊がありますが、シンプルでエロ味に欠けてしまっているような(>_<)

…と、偉そうに上から目線で語ってしまいましたが、エロもあり愛もありなので、良いと思います。ちゃんとBがLしてSしております。
…あ、Sっていうのは、セックスのことです…すいません何か…。

とりあえず!受けが無理矢理に犯されて涙と涎でぐちゃぐちゃなシチュ好き!って人には強くオススメしたいです!
妹がそういうヤツなんで、私は今度妹にオススメしときます!╭( ・ㅂ・)و ̑̑







3

エロ特化って思い込みの軽率な判断は禁物

ハードエロを売りにしているものの中には容赦なく相手を犯すシーンがグロすぎてたまに気持ち悪くなってくるものがあるが、このコミックに関してはそんな嫌悪感は全然感じなかった。
見せ場がエロばかりだと内容はどこ?って先入観もあるだろうが、このコミックは触手の絡み以外にも一冊通してのストーリーがちゃんと成り立っている。

地球と酷似している惑星REDにて生物調査を行っている新人の金田は、生殖時に謎のウイルスを生成するアルゴ(触手)に襲われて身体が変化してしまった。
更に金田には、感染したウイルスの効能を間接的に得たいのと、女性がいない宇宙空間での欲求不満の捌け口として、同僚や権力者に犯されまくるという災いが降りかかってしまう。
そこで自我崩壊なんてなったらバッドエンドだが、居た堪れない気持ちにつき動かされた同僚のソンハに助け出されるって救い処もある。

イノセントのほうのエロ具合も読んでみて自分の許容範囲内だったってのもあるが、イイモさん=エロ特化なだけってのは言い難い気がする。

今や単にエロエロを見たいと思ったら様々なジャンルに溢れているから安易に読めるが、その中に愛情や攻め受けの感情を汲み取れるからこそBLっていいんだよな~ってのを再認識できた。
触手が絡んだエロ以上に、無事に結ばれた二人のエッチシーンのほうにグッときた位だもの。
何よりも、金田があれだけ酷い目にあったアルゴ(触手)に対して、情けを見せる優しい一面に驚いた。

この後、RED以上に地球に酷似した惑星に不時着した二人の身にきちんとした救いがあるかどうかは、出るかどうか分からない続き次第だな…。
意味不可な終わり方になっているが、続きが読めるなら、ぜひホッとできる終わり結末であってほしい。

4

えろだけでなく恋愛部分もよかったと思います

漫画でSFは苦手と思ってたんですが、こういうストーリーにすごく弱い・・・。是非続きがあれば読みたいと思いました。

設定はそこまで作り込まれてないし、展開も唐突なんですが、SF漫画でなくBL漫画として楽しむならこのくらいで丁度よいと思います。
そしてカップリングがすごく好きだと思えました。
二人で逃げて、果てのような場所で二人きりになってしまう…それでもいいというある意味でベタなストーリーがとても好みでした。

正直、前の作品を読んで今回もえろ(というか触手)目当てで買ったのですが、この子と性交したら不老不死になる→だから皆に襲われる、というえろいけど意味なくえろいわけでなく理由を付けているところがストーリーとえろさがバラバラになっていなくて良かったと思います。

ただ、触手好きの人のための…というのはちょっと違うかも?私は触手好きなんですが、触手でのえろはあんまりえろく感じられませんでした。

4

ただの触手プレイじゃなかった!!

最近この手のモブに容赦なく犯されて、
頭は拒絶しまくってるのに感じてしまう。
そんな狂気な漫画減ったよなと思ってた最中だったので
おもわずウホっ(*´Д`*)
どんだけモブに蹂躙させたいのwって話ですが
イイモ作品の「イノセント」でも同じ感想叫んでたw

お話はといいますと、惑星探査で宇宙におる受。
この植物、繁殖期は危ないから近づいちゃだめよといわれたそばから
繁殖期まっただなかの植物につかまりあまつさえ
一晩中犯されるという可哀想な展開。
そしてその植物によって身体を作りかえられた受。
受と合体すると不死の能力が備わるというミラクルな展開ゆえに
研究員たちはこぞって受を犯しつくすwww
そう、名も無いモブによるモブのための蹂躙大会なのであります。
スバラシイ!
心など打ち捨てて、ただただ蹂躙するためだけにな展開がイイ。
ベッタベタに甘いBLももちろんおいしいのだが
受の気持ちなんて無視して進むエロスな展開に拍手。

とはいえ、愛はある。
正直BLと呼ぶにはちょっと弱めかなと思うのですが
それが救いであるのならまぁ、ありかなと思うラストでした。
個人的に楽しめたのでOKです。
ともあれ、なんだろう・・・巻末のあのこま。
このお話って続くの?どうなの?

6

触手以外も結構入ってる

本屋に冒頭部分だけの冊子が置いてありまして、まんまとつられて買いました。触手好きだから。なぜか触手に意思があると思ってたら、ありませんでした。ですよね……(砂原糖子先生の触手本が大好きなので。普通は意思はないよね)

ただ、触手はエロいなーと思って楽しんだのですが、モブにやられるのはレイプかぁーとちょっとテンションが下がり、一応そこから救い出すおまけみたいな攻もいるんですが、本当にとってつけた様な攻でこれならとことん触手にやられてるだけで良かったんじゃあ……と思いましたね。(個人的な好みの問題だ)この攻が中途半端だったのがいただけなかった。

でもSFで珍しかったし、男性向けエロって感じではありましたが、いかにもBLって感じじゃなくて新鮮でした。たまに読むにはいいですね。

2

萌えませんでした。

男性向け&女性向け同人誌では時々見かけるモブ姦や触手をテーマにした本作は、かなり読み手を選ぶ作品なんです。
男性向けは見慣れたつもりなんで、BとLのモブ姦と触手は全然大丈夫、どんと来い!と思ったものの、やっぱりハズレでした。
全体的に作画は甘い。内容はほぼエロしかありませんが、エロく感じられないのは何故でしょうか。体位の見せ方と受けの表情、個人的には全然エロく感じてません。しかも攻めの扱いはモブとあんまり変わらない、影の薄い攻め様でしたね。
唯一気になるところは最後のコマ。これ、終わってないフラグ?はぁ。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ