どうして好きって言えないの?

イヤよイヤよも?

iyayo iyayo mo

イヤよイヤよも?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×225
  • 萌10
  • 中立4
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
8
得点
219
評価数
62
平均
3.7 / 5
神率
27.4%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
POEBACKS Baby comic(コミック・ふゅーじょんぷろだくと)
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865891744

あらすじ

イケメン腹黒転校生×校内一のプレイボーイ

ひねくれ者が恋をした。

いじっぱりで、素直じゃない、
高校生男子の甘酸っぱい初恋

小さくてかわいい男子が好きな榛名(はるな)は
来るもの拒まず、去るもの追わずのスタンスで後腐れない関係を築いてきた。
そんな榛名の前に現れた転校生の岡田(おかだ)。
自分の身長よりもはるかに高い180㎝越えの岡田(かわいくない男子)に
入学早々「ヤらせて」と言われたがタイプじゃないと一蹴。
しかし、その日から岡田の猛アタックが始まった。
榛名がセフレを誘っていると邪魔をしたり、お尻を揉んでくるボディタッチ攻撃。
タチしかできない榛名と、掘らせろと迫る岡田の攻防戦が繰り広げられる。
波乱の学生生活、いったいどうなる!?


他、バイト先の後輩と一夜の過ちを犯してしまう大学生や、
恋人に別れを告げられストーカー化してしまうアブナイ男子も同時収録。
読み応えたっぷりの文川じみデビューコミックス。

表題作イヤよイヤよも?

岡田(転校生・バイ)
榛名(可愛い男好きプレイボーイ)

同時収録作品こっち見てよ!

高田(高校生)※攻め受け設定ナシ※
柏原(高校生)※攻め受け設定ナシ※

同時収録作品めくるめく恋

郡司隼人(大学一年・コンビニバイト)
広瀬トオル(コンビニ店員・26歳)

同時収録作品アイノヤマイ

智也(大学生・明の恋人)
明(大学生・智也の恋人)

同時収録作品そんなところも♥

小松(高校生)
朝倉(高校生)

その他の収録作品

  • スキのうち①(描き下ろし)
  • スキのうち②(描き下ろし)
  • カバー下漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数8

アンソロの魅力がすごいよ。

ふゅーぷろとシャルルコミックス(『性癖BL』)のアンソロ作品を読んで気になっていた作家さまです。短編好きとしては要所要所でツボにクる作品ばかり。今どきの旬な感じも相まって、エロ楽しく読みました。

お互い惹かれ合っているくせに、ちょっとしたことで嫉妬して冷たく振舞ったり、身を引いたり…っていうのにムッチャ萌えるんですけど、プラス、お話のオチで少しだけ毒を感じさせるような作家さまの作風が好み。読み始めの頃は、絵柄や端々に見え隠れする毒っ気にふと既視感を覚えたりもしましたが、作品が進むにつれ絵がスッキリと綺麗になって、ストーリーも作家さまらしさが生まれているのではと思います。

個人的にハマったのは「めくるめく恋」と「アイノヤマイ」。どちらも攻めの隠れサイコっぷりにヤラレました。それから「そんなところも❤︎」はベタなエロシチュがながら(笑)、高校生二人の初々しさがけしからん!おしなべて短編ならではの切り取り方が秀逸です。どのお話も相思相愛が根底にあるエロなので、多少終わり方が不穏でも、全部ハッピーエンドに思えるところが一番の魅力かもしれません。

2

気に入りました☆

初見の作家さんでしたが、すごく好きな作風でした!
絵も綺麗だし、ストーリーも面白い。
ストーリー自体は、それほど珍しい設定ではありませんが、台詞や表情がいいですね。

表題作、攻受共に高身長なのがいい。
小柄な受があまり好きでない私としては。
榛名、チャラ男ではありますが根は良い子。
岡田もゆる~い雰囲気ですが、何気にスパダリ感がありますね。

同時収録作は、「そんなところも」だけあんまり好きじゃないかな~。

1

テーマ別アンソロジーまとめ本~。

色々テーマがあるので、それにそってストーリー考えるのも大変だね。

表紙はウブい感がして可愛い////
冒頭から転校生の岡田(攻め)が挨拶後、即榛名(受け)に「すげー好み ヤらせて」「…やだ」
このやり取りどう処理したんだ?
先生も生徒もフルでいるんですけど。

受けが風邪引いて学校休んでいる時に「あーセックスしてぇ~」w
さすがオナって下半身丸出しで風邪引くような奴の台詞だわwww

風邪引いて休んでいる間に攻めが3組の子(名前すら出てこない)と仲良くなったと聞いてイラついた受けは5組の田中にヤらせてやる。と誘う。

…え?お前タチ専じゃねーの?
攻めにヤられフラグ立ってんぞ??

結局本開く前から受けは素質あったんだよb(表紙参考)
ストーリー中受けが元タチ専だった素振り皆無。
その設定イラネ。

◆こっちみてよ!(ボコリ愛男子)
攻めの姉ちゃんの提案に腐女子認定。
ハードル高すぎるわ!
ラスト攻めの心の声(姉ちゃんには会わせないようにしよう…)
弟に腐女子バレとるがな!!

◆めくるめく恋(ネトラレ特集)
この作品だけ描き方が違う…初作品ではないらしいのに…。
こう言うの見るとこの時期作者に何かあったんじゃないかと勘ぐってしまう。

◆アイノヤマイ(ストーカー男子)
受けが合コン・お持ち帰りしたのは攻めの想定外だったが、未遂に終わって安心したってなんだよ!
ストーカーして見てたんなら止められたんじゃないの?
受けが立たなかったから未遂であっただけで…結果的には攻めの思い通りになったし、二人が幸せならいいか…。
攻め、絶体パソのデータ見られるなよ。

◆そんなところも(閉所H特集)
女子更衣室で同じロッカーに入って着替えを覗く受けと攻め。
攻め「全然見えねーじゃん」
受け「そんなことはとうでもいい」「覗くことに意義があるから」キリッ
攻め「あ そう」

何この、登山家が「そこに山があるから」的な発言www

こんな性癖のある受けも全て可愛く思えてしまう攻めこそ強者だ。
深く考えなければおねだりする受けや、バレないようにゆっくり出し入れする所はエロかった。

次は是非自由に描いてる作者の作品が見てみたいです。

1

ちゃんと素直♪

初コミックスとの事でおめでとうございました!!

『イヤよイヤよも?』『イヤってわりには?』『イヤって言うほど』
タチばかりだったヤリ○んの榛名が
転校生の、背が高く好みの真逆の岡田にソッコーで目を付けられ
“ヤらせて”攻撃が続く中
風邪をひいて休んだ時にお見舞いに来られ
キスだけでとろけさせられますが…。

貞操観念がなかなかのゆるさで
男子校ってこういうものかなと思ったり思わなかったり(どっちだ)。
岡田が強引なアプローチのようでいてチャラそうだけど
ちゃんと榛名を好きなのかなって信じそうになったのに
榛名が抱かせてくれなくて、言い寄られたからって他の男を抱くとか
どうなってんだおーい!!ってなりました…。
それを考えると榛名の方が
(またタチの方を試そうとしたけど未遂ってことで一応セーフ)
不本意ながらも徐々に岡田を好きになっていて
誠実なような気がしてしまいました。
岡田も最初は生意気そうな榛名を泣かせてやりたいって思ってたけど
可愛いとこもあるのに気づいて好きになってて良かったですけど…。

“5組の田中くん”が榛名にフラれたのに
岡田への当てつけで一瞬榛名に誘われ岡田に圧をかけられたり
榛名のピンチを目撃して慌てたり
保健室で岡田と榛名のHをカーテン越しに聞かされたり
気の毒な脇役このうえなかったです…ww
彼にもいつか幸せが訪れます様にと私は祈ります←

『こっち見てよ!』
高田は、何故か柏原に会う度にケンカをふっかけられ迷惑していましたが
姉のアドバイスどおり、気持ち悪いと嫌がられるように
試しに柏原にキスしてみますが…!?

他のヤツには笑顔で話してるのがムカつくとか
気になる理由はもうなんでもいいんですよこちとら(おい)。

柏原が、高田の顔が好み過ぎて殴ってしまうって
反射神経はどうにも出来ないかもですけど
可愛さ余って憎さ百倍的な??(違うな)
でもなんだかいちいち反応が可愛くて一番好きなお話でした☆

『めくるめく恋』
コンビニ店員のトオルが、バイトの大学生・郡司に懐かれ
酔ったところを食われてしまい
彼女がいるのに後ろでの快感を忘れられなくて…。

流れとしては好ましいんですが
彼女とのH描写があるし(郡司との事を思い出して早いですが)
ちゃんと別れたわけでもなかったので多少モヤりますが
郡司にもう捕まっちゃったのは明白なので
さっさと清算して欲しいと思いました(作文)

『アイノヤマイ』
智也に告白されて付き合い始めたのに突然「距離をおこう」と言われ
思い当たる節もありつつ納得のいかない明は
渡されていた合鍵を返すことも出来ず
智也が帰って来ない部屋で健気に待ちますが…。

明の様子を盗撮していた智也が病んでるのかもしれないですが
自分から告白して付き合ったとはいえ不安だったのかなって思うと
そんなに咎める気にはなれなかったです。
明も想像以上に思いつめた行動して
智也の事をちゃんと好きだったんだなー。
自分の部屋を撮っていたのなら
法的に問題ないのかなーと思って(どうなんでしょう??)
なにはともあれ納まるべきとこに納まって何よりです。

『そんなところも♥』
覗きを趣味とする親友の朝倉をつい手伝ってしまう小松は
朝倉に想いを寄せているからこそですが
女子更衣室のロッカーにやむを得なく二人で入り
つい手を出してしまいますが…。

なんかもうエロ漫画展開すぎたんですけど
小松は朝倉を好きだからおねだりされたらたまらないし
挿入出来たら天にも昇る気持ちだと思います。
朝倉があまりにも鈍くて前途多難かもしれませんが
体を許すってことはどういうことなのか
いくら朝倉でも小松の想いをわかってくれるんじゃないかな。
近いうちにでも!
とにかく朝倉のすべてを受け止めてしまえる程の
小松の愛に乾杯☆

全体的に「いや無理!!」ってところがありませんでしたし
煽る顔とか感じ過ぎてる表情とかエロかったので
楽しませていただきました!

5

プレイボーイの受け堕ち、光タイプ

ちょっと懐かしい感じのガッチリめの絵柄?と思いきや全然古い感じはしないです。
赤面や嫌がる顔など、表情の引き出しがすごい!ラブシーンの顔の色気は、今まで読んだBLの中でも随一でした。

内容としては、同時収録も含め平和めな感じ。(殴りあったり包丁出てきてますがそれでも平和なのがすごい)
馬鹿馬鹿しいくらいに平和であたたかい世界の中でいろんな面倒くさいことを考える男の子達がかわいいです。

個人的に、プロフィールにもあげているくらい「タチ専だったのに開発されちゃう受け」が大好きなので、本作は見事にヒットでした。
榛名の可愛さももちろんですが、岡田の余裕と愛ある包容力にもドキッとします。

2

Hシーン描写がすごくエロい

作者の「おバカくん」シリーズがお気に入りで、一冊にならないかな~と待ち望んでおります!こちらの本は初コミックスなのですね。発売されてすぐに読んだのですが、気持ちを新たに再読しても感じたことは同じでした。テーマアンソロ:『攻め喰い男子』『覆面男子』『ボコり愛男子』『ストーカー男子』のほかに、『NTR-ネトラレ-特集(BABY)』『閉所H特集(BABY)』に出ていた作品などを収録。5作品+表題作の描き下ろしが2つ(計8頁)です。表題作が75ページほどで全体の3~4割のボリューム。先のレビューで、みんみさんが1つ1つのタイトルをあげて書いてくださっています。

各話のなかでもさらに部分的に見ると、特にHシーンなどゾクゾクして引っ張られるものがあるのですが、本一冊としては楽々と進む感じが少々引っかかってしまう。そのHシーンはけっこう多めで、アングルなど含めエロ度は高めではないでしょうか。でも、Hシーンまでの運びがどうもついていけないというか...校内でもどこでもエッチするのがあたりまえ、という感じかな。私が個人的に、もうちょい葛藤とか恥じらいが感じられるのが好きなだけかもしれませんが(そのあとなら存分にエッチしてください)。でも、考えたらテーマがテーマですもんね。

■「そんなところも♥」初出:BABY vol.11r (閉所H特集)
20頁ちょっとの作品ですが、自分はこちらが一番好みでした。覗きが趣味なのは受けの子で、攻めはそれに付き合わされて女子更衣室へ潜入。別々のロッカーに入る予定が慌てて同じロッカーにふたり入ってしまいます。ぎゅうぎゅうだ…。ビジュアルにしても、攻め受けの特徴にしてもイイ感じです。


メモ:「装丁:野本理香」

4

なんだかんだいいますが

思ったより早く、思ったより簡単に篭絡されてしまいましたね。
そこが少々残念ではある。

小さい子が好き!かわいい子万歳!
学校でかわいい子とイイコトしまくりだったわけなのですが
ある日やってきた転校生に告白される。
もちろんゴツイ相手なんて冗談じゃない。
俺はかわいい子が好きなの!
ところが諦めない男は毎日毎日毎日。
これじゃ可愛い子を抱けやしない。ところがある日~な展開ですね。
好きだ好きだといわれて可愛い子との逢瀬邪魔された挙句
奴はその可愛い子と。。。ムキー
なんだかんだでエロエロに調教され、にゃんこになった
受は可愛かったです。
自分が可愛い可愛いと抱いてきた男の子のように足を開かされ
ゴツイ男に凌辱される様が良い。
ただ、やっぱり受に転身すると雌化しちゃうのが少々寂しかったかな。

個人的にはその後のケンカップルが好きでした。
エロはないけど好きを持て余して暴走しちゃうヤンキー受って
恐ろしく可愛いと思ってしまう。
ガツンガツンやられてしまえばいいのだww

他短編。
思ったよりインパクトはなかったかな。

3

アッサリめ短編集

ふゅーぷろのアンソロ常連の好きな作家さまだったんですが、1冊まとめてみるとなんかアッサリめに感じました。

♦︎イヤよイヤよも?♦︎シリーズ
アンソロ『攻め喰い男子』で、学校で人気のバリタチイケメンが転校生に食われちゃったのをきっかけに、『覆面男子』の2話目で受が攻に惹かれていき、3話目で晴れて両思いに♡というシリーズです。

受の榛名は元はモテ男のバリタチだったのですが、転校生の岡田は榛名をひと目見た瞬間「すげー好み、ヤらせて」とロックオンします。本人曰く、榛名に群がるどんなネコたちよりも榛名がオンナに見えて、ぐちゃぐちゃに啼かせたくなったとのこと。
いろいろあって榛名もすっかりほだされてお尻でしかイケないメスネコになっちゃいます^ ^

岡田は榛名のことが好きですが、セックスはするけど好きじゃないし恋人ではないと言い張る榛名。
紆余曲折を経て榛名も気持ちを自覚し、自分から乗っかって誘っちゃうくらい立派な受様になりましたとさ。
ラストの、離れていこうとする岡田に一生懸命な榛名が可愛かった〜^ ^
これぞツンデレ受!という受ちゃんでした。

♦︎こっち見てよ!♦︎
会えば殴り合いのケンカばかりするDKのお話。
実は攻の顔が受のどストライクで、見てられなくて恥ずかしくて殴ってたというオチ。
エロは擦り合いっこなので攻め受けは暫定です。

♦︎めくるめく恋♦︎
コンビニ店員の後輩×先輩
受が酔っぱらったところを攻が我慢できずセックスしちゃったふたり。
受は彼女持ちなんですけど、攻とのセックスが身体に染み付いちゃってひとりでアナニーしちゃう程になります。
最後まで受は彼女と別れるでもなく、宙ぶらりんな関係で終わるんですが、意外とそうなるように仕向けたのは攻だった⁈
この攻、ワンコと見せかけて実は策士⁈⁈

♦︎アイノヤマイ♦︎
『ストーカー男子』の作品。
攻が受に一目惚れしてからはじまった関係。
ですが、突然攻から距離を置こうと言われ戸惑う受。
家に帰ってこない攻を、いつでも挿れれるように…と身体を綺麗にしながら受は待ち続けます。
好きだと言ってきたのは向こうなのに、ゴミ漁ったり包丁持ち出すほどヤンデレになってしまう受。
でも、これは実は受の愛を確かめるための攻の演技だったのです。
攻を待ち続ける姿を監視されているとも知らず、すっかり攻に堕ちてしまった受けでした。
つまり攻も受もストーカーだったということでしょうか?

♦︎そんなところも❤︎♦︎
『閉所H特集』のDKカプのお話。
これ好きだったな〜。
女子更衣室を覗くのが趣味な受が、狭いロッカーの中で攻に犯されるシチュ。
女好きなのに、自分からおねだりしちゃう淫乱受がとっても良かった。
受に片思いの攻の露骨な好意も受が気づいてないという…

描き下ろしは、表題作カプの晴れて恋人同士になった後の映画館デート。
映画どころじゃなくなり、そのままトイレで立ちバック❤︎でした。
カバー下にもオマケ漫画アリです。

文川先生、ふゅーぷろでは他にもおバカな褐色受のシリーズもあるのですが、そちらは未収録でしたね。
これからもっと露出も増えるでしょうし、伸びしろがある作家さまだと思いますので今後に期待してます!

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ