銀の謀略 Prince of Silva

gin no sakuryaku

銀の謀略 Prince of Silva
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×211
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
56
評価数
16
平均
3.7 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
発売日
価格
¥1,000(税抜)  ¥1,080(税込)
ISBN
9784813013068

あらすじ

名門シウヴァ家の若き総帥・蓮にとって、鏑木は側近というだけでなく、
幼い頃からの庇護者であり、いまでは誰よりも大切な恋人だ。
しかし、主と側近という立場上、ふたりの関係は誰にも知られてはいけないものだった。
初めての恋に舞い上がる自分とは裏腹に
どんなときも冷静な大人の恋人に蓮は苛立ちを感じ、
ときに鏑木の気持ちを試すような行動をとることもあった。
そんなある夜、蓮は突然鏑木から別れを告げられ……!?
蓮と鏑木を狙う罠。擦れ違う想い。いくつもの思惑が交錯するその行方は?

表題作銀の謀略 Prince of Silva

ヴィクトール・剛・鏑木・シウヴァ家側近
蓮・シウヴァ家総帥・18歳
修正依頼一時停止中

評価・レビューする

レビュー投稿数3

恋で身を亡ぼすタイプ

シリーズ4作目

モルフォ蝶を散らすガブリエル、鎖に絡め取られる蓮、というカバー絵を見てどんな企みが二人に襲いかかるのか不安になりつつ、うあっぱりガブリエルかあ…

大人の判断で身を引こうとしている鏑木を強引に道を踏み外させる蓮
とうとう根負けして受け入れちゃった鏑木でしたが…

蓮は社交の場でも鏑木ばかり目で追うとか、女の子と仲良くする自分に妬いてくれないと不安がるとか18歳かそこらで若くて経験不足とは言っても自覚も責任感もないところが読んでいてじれったくなりました。
ワキが甘いしがち恋にうつつを抜かした腑抜けた坊やの恋話はいいからビジネスシーンにもっと時間を割いてほしかったです。
それでいて一回り以上年上の恋人と同等でいたいというのいは思い上がりも甚だしい。
できないながらも精一杯やって不足を自覚しつつ努力を怠らない青年であって欲しかったです。
欠点ばかり目について魅力を感じられなかったです。

恋を失いボロボロになって飴と鞭ですっかりガブリエルに取り込まれた蓮はちょろすぎる。
失恋と仕事のストレスで失明とか悲劇のヒロインかよと突っ込みたくなりました。
恋愛脳丸出しの蓮が一緒に重荷を背負いたいとか責務を実感したとか言ってもあんたには無理、ベッドに入ってメソメソしていなさいとしか言えない
恋で身を滅ぼすのは親譲りだったんですね。

0

入念な罠

シウヴァシリーズ4作目。
銀=ガブリエルの謀略です。本性現してきました!

前巻で想いが通じ合い幸せ満喫していたら、またもや急降下。
ガブリエルに2人の仲を知られ脅された鏑木が、蓮に何も告げずにシウヴァを辞め去っていきます。
蓮の迂闊な行動(夜とはいえ外でキス)が原因の一つだから、もーなにやってるの!と蓮を叱りつけたくなる…(;´д`)
眠れない食べられないとボロボロな蓮は更に心因性で目が見えなくなる事態になったが、3週間ぶりに鏑木に会え身体を繋げたら目が見えるようなるという!
都合良すぎじゃ…と思ってしまったけど、それだけ鏑木の存在が蓮の全てなんだな…とも思えました。

鏑木は蓮に全てを告げ共にガブリエルの謀略を阻止するようなるのですが、キーとなるのかな?な物が登場。
それが前巻に出てきた植物・ブルシャ。
2人の仲が強固となってのこの展開にワクワクします!

それにしても、いくら人の目をかいくぐってるとはいえ鏑木がシウヴァの屋敷に何度も入り込むなんて、警備があまいんじゃないかと思っちゃう…(^^;;

0

恋人になったけど

このシリーズも最初の「碧の王子」がでてから既に3年以上経っているのね。
とりあえず購入して積んでいたのを、次巻の「白の純真」とまとめて引っ張り出してきた。
この巻では、ようやく恋人と呼べる関係になれて舞い上がっている蓮と、とうとう腹をくくった鏑木の前に、周到に張り巡らされていた謀略がいよいよ姿を現して…、っていうストーリー。
前の巻では鏑木が(BL小説ではお馴染みの)記憶喪失ネタでしたが、今回は、鏑木不在のストレスに蓮が失明します。
シウヴァ家の秘密や、蓮のじいさまがどうして娘の駆け落ちにそこまで激怒したのかなんて事も明らかに。
とりあえず、ようやくエロ多めです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ