白の純真 Prince of Silva

shiro no junshin Prince of Silva

白の純真 Prince of Silva
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
29
評価数
9
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥1,000(税抜)  
ISBN
9784813013112

あらすじ

名門シウヴァ家の若き総帥・蓮の恋人は、
幼い頃からの庇護者であり、代々シウヴァ家の
忠実な側近として生きてきた鏑木だ。
けれど、ふたりの関係を知ったガブリエルの脅迫によって、
鏑木はシウヴァを去ることとなってしまう。
その後、密かに戻って来た鏑木は、蓮を護るために水面下で活動し始める。
そんなとき、蓮に名門カストロネベス家の令嬢との縁談が持ち上がる。
鏑木は俺が結婚してもいいのか?
そう聞きたい蓮だが、肯定されるのが怖くて口にできずにいた。
好きなのに素直になれない……。
嫉妬とすれ違い、さらに謎の植物ブルシャを狙うガブリエルの陰謀に二人は翻弄され……。
蓮と鏑木の恋の行方は──!?

表題作白の純真 Prince of Silva

ヴィクトール・剛・鏑木,シウヴァ家側近
蓮,シウヴァ家総帥,18歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

まあ、シーツはしょうがないよね

ガブリエルの真の目的に見当を付けた蓮とヴィクトールは、ガブリエルの先手を打とうと密林へと謎の植物ブルシャの探査に向かうのですが、留守中に屋敷で起きた事件のため探査を一旦あきらめて戻ることになります。
今回タイトルの白は、蓮の交際相手として縁談が持ち上がるカストロネベス家の令嬢ルシアナを象徴する色。
蓮もヴィクトールも、お互いへの恋情で目が曇っているので、まんまと付け入られてしまいます。
最終的にガブリエルが入念に仕組んだ罠だったのは明らかになるのですが、この事でガブリエルを糾弾することもできないまま。
ガブリエルと蓮の因縁も徐々に明かされつつ、どんどん厚くなる第5巻。
次はとうとう2段組かも。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ