紅の命運 Prince of Silva

kurenai no meiun Prince of Silva

紅の命運 Prince of Silva
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×29
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
57
評価数
15
平均
3.9 / 5
神率
20%
著者
岩本薫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
蓮川愛 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
発売日
価格
¥1,000(税抜)  
ISBN
9784813013167

あらすじ

カーニバルの日、エストラニオの影の支配者と言われる
シウヴァグループの若き総帥・蓮はエストラニオ軍の上級大佐で、
シウヴァを憎むリカルドに拉致されてしまった。
絶望し希望を失いかけた時、蓮の前に現れたのはガブリエルだった。
敵でありながら、思わせぶりな態度をとるガブリエルに蓮は翻弄される。
一方、蓮を救うため、身を隠していた鏑木がシウヴァに戻ってきた!
ガブリエルの真の狙いはなんなのか? 鏑木は蓮を取り戻せるのか?
少しずつ明らかになっていく過去と、絡み合う愛と憎しみ。
蓮の運命は!? シウヴァシリーズ、感動のフィナーレ!!

表題作紅の命運 Prince of Silva

ヴィクトール・剛・鏑木,シウヴァ家元側近,
蓮・甲斐谷・シウヴァ,シウヴァ家総帥,18歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

どちらかと言えばツンな鏑木が、ようやくデレる最終巻!v

最終巻を読み終えて思うことは、気持ちよく終われたなと!

一巻目の萌の詰まった始まりから、
正直言えば中弛みの感は否めなかったのですが、
この最終巻を読めて良かったなと!

前の『紫』のレビューにも書きましたが、
私的にはずっと蓮の片思いに読めて仕方なかったこのシリーズ。
ようやく鏑木と対等な恋人同士になれて、
そうそう、こういう感じ!と独りほくそ笑んでおりましたv

ガブリエルのくだりは、彼の本当のところが、
まだ描き切れていない気がして、もう少しおかわり欲しい!
機会があれば、もう少し彼を掘り下げたスピンオフを読んでみたいです!

この最終巻のテンションで、
シリーズ全体がもう少しきゅっとまとめられていたら、
私の中では神シリーズになったかもしれない。

ピンチあり、アクションあり、そしてラブもありありvの大団円!
面白かったです!
最終巻は「神」評価で!

0

シウヴァとガブリエル…

シウヴァシリーズ最終巻。
捕らわれた蓮と、リカルド・ガブリエルらがブルシャを探しにジャングルへ向かう事になります。
リカルドの蓮への仕打ちが痛々しく、ハラハラなシーンたっぷり。
以下、ネタバレ絡む感想で失礼します。


ガブリエルの想いが切なかったです…。
裏と表の顔を使い分け、酷い事をたくさんしてきたガブリエル。
マフィアのボスとして君臨しながらも、求めるものはいつも手が届かないという彼の愛憎が悲しい。
蓮がガブリエルに向ける想いに「分かる…!」となりました。
そしてその最期はガブリエルらしいというか何というか。
実は生きてた…なんて無いかな…無いだろうな…。

解決して戻った蓮と鏑木は皆にカミングアウト。
鏑木はシウヴァに復帰して皆には認められハッピーエンドです。
エロは解決した後の1回(というか1日というかw)だけですが濃厚でした(*´ω`*)

シリーズ通して思うのが、蓮川先生のイラストが本当に美しかった!!
巻全て並べるとその色使いも美しくてうっとり。
このシリーズはその美しさを堪能できる紙で読んだ方が良いかと思います。

2

全巻読み終え、やはり感無量です

長く続いたシウヴァシリーズの最終巻やっと読み終わりました。
シリーズを振り返り、南米やアマゾンの地を舞台にされた所にこのシリーズの特色があり、呪われたシウヴァ家の歴史や人々を惑わす植物プルシャの生息地の謎などエンタメ要素が満載のシリーズでした。ストーリー展開は王道でしたね。レンと鏑木もなかなか結ばれず、結ばれてからも二人の愛に色々な試練が…というジェットコースター的な展開に長らくハラハラさせられてきました。今巻では物語も佳境に入り、レンが史上最大の危機的状況に陥り散々な目に合ったので、最後は大円団でホッとしました。同性愛についてもファンタジーにせず、真に向き合った作品で色々考えさせられました。何気にミリタリー要素も濃くて好きなシリーズでした。

ガブリエルの行く末については、はっきり明示しなかった岩本先生の配慮が嬉しかったです。いくらレンの宿敵とはいえ、シリーズでずっと暗躍してきて、最後にああいう姿を見せたガブリエルは読者に強烈な印象を残したのは確かです。レンと鏑木のラブラブっぷりに満足しつつも、最後の一ページまで、ガブリエルの動向は気になりました。このまま永遠に明かされないで欲しいかも。ガブリエルは魅力的なサブキャラだったと認めざるをえないです。蓮川先生のイラストも美麗で目の保養になりました。

あとがきを読むと、遠くないうちにこのシリーズの続きが描かれるかもしれないようですので、楽しみです。

1

大団円 収まるところに収まりまりました

拉致され指輪も取られて勝ち目がない蓮。
これでヒーロー鏑木が助けに来てブルシャも先に見つけられガブリエルもヴェリッシモもやっつけられるなんて都合のいい急展開があるのか!?
などとちゃんと終われるのか不安になりましたが何とかいろいろ収まるところに収まってほっとしました。

モルフォ蝶の群生する景色を見たいとか、推測が正しいことを確認したいなどという欲求に従って悪人を麻薬の宝庫に案内することになる蓮が歯がゆかったです。

何を考えて何を目指しているのか全く読めなかったガブリエルが一番の悪党かと思っていたけれど
実は色々と複雑な思いを抱えていたことが分かって切ない気持ちになりました。
何かと非道なことをしていた男でしたが蓮に寄せる感情が特別で、決して得られないものを永遠に求め続ける姿が哀れでした。
彼らしい最後でしたが実はという逆転がありそうで怖いような期待するような複雑な気持ちです。
憎たらしいと思ってきたガブリエルでしたが、最後の最後にこんな思いにさせられるとはやられたと思いました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ