タクミくんシリーズ 完全版 (4)

takumikun series

タクミくんシリーズ 完全版 (4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
3
平均
3 / 5
神率
0%
著者
ごとうしのぶ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
おおやかずみ 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
ISBN
9784041043059

あらすじ

あの「タクミくんシリーズ」を初めから、彼らの過ごした時間を追ってもう一度。ごとうしのぶ先生の20P超豪華書き下ろしを同時収録。

表題作タクミくんシリーズ 完全版 (4)

崎義一(ギイ),学園のアイドル
葉山託生,接触嫌悪症の高校生

その他の収録作品

  • 季節はずれのカイダン
  • 季節はずれのカイダン(オリジナル改訂版)
  • 虹色の硝子
  • 恋文
  • One Night, One Knight.
  • ギイがサンタになる夜は
  • Silent Night
  • オープニングは華やかに
  • 東風吹かば(書き下ろし)

レビュー投稿数2

高校2年の10月~1月頃のお話し

高校2年の10月~1月頃のお話し

今回は「季節外れのカイダン」がオリジナル改訂版と合わせて2作掲載されています。
担任の松本先生と生徒のお話しで、5年前の時計台での事故と新たな恋について描かれています。5年間写真を持ち歩いていた先生は切なかったです。

そして、「虹色の硝子」は治療のため祠堂を去っていく鈴木と一年生の徹(鈴木が思いをよせる相手)のお話し。
自分の病状を分かっている鈴木は、徹との関係など望んでいないのに、その思いに気づいてしまった徹は思い切った行動に出ます。
思いは通じだけど病には勝てなかった二人の恋に泣けてきました。

ギイと託生がメインの話は後半に多く出てきます。
ギイが後輩と仲良くしている姿を寮の窓から見てショックを受ける託生でしたが、結果は何てことない誤解(笑)
ギイの愛を疑っちゃダメですね。
今回も章三が二人の”破局の危機?!”を何度も救ってくれます。
あと元旦に年賀状を渡すために日帰り帰国するギイの行動力には感嘆でした。

0

しんどいのでちょっと

完全版で再読中。
デビュー作でもある一作が、そのまま載っているんですが、意外とそのままのほうが読みやすい・・・・・あれこれ盛り込んだ改訂版だとおなかいっぱいにも。シリーズものだからこそ、というのもわかりますが。さらに、もう一本の長いほうも人の生死がかかわるはなしで、明るくて軽いはなしをもとめている読者としてはしんどいのはちょっと・・・・・・しかも、オチが・・・・・・・これをラブとかロマンスとか思えない

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う