突然の、キス。

てくてく

tekuteku

てくてく
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
48
評価数
12
平均
4 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥759(税抜)  ¥820(税込)
ISBN
9784758075480

あらすじ

同じハイキング部の及谷先輩に。
地味で暗くて臆病なおれには、
人気者でかっこいい先輩は眩しすぎて、嫌になる。
だからもう放っといてほしいのに。
たくさん構われて、女の子より優先されて、
ついに自分の気持ちに気付いてしまった。
そんなときにまた、先輩から―――

表題作てくてく

及谷丞,ハイキング部の先輩,明るく目立つ高校3年生
岩田明央,ハイキング部の後輩,暗く地味な高校1年生

同時収録作品てくてく

野々村,ハイキング部,高校2年生,仲のよい友達
西泰成,ハイキング部,高校2年生

その他の収録作品

  • あとがき
  • もう一歩
  • カバー下:イラスト・漫画「黒髪ロンゲ率」「一歩前へ」

評価・レビューする

レビュー投稿数5

王道、2種

高校のハイキング部での2組の恋模様。しかもそれぞれ堂々の王道設定。

その1、高3の及谷先輩 x 高1の明央。
カッコよくて女子からもモテモテの人気者の及谷は、地味でちょっと根暗な明央が気になってちょっかいをかける。明央は気後れして逃げるけど、キスされたり優しく声をかけてくれる及谷の事で頭も心も一杯になって…
及谷は決して明央をからかっていたのではなく本当に好きだったのです、という実にハートウォーミングな「地味っこに王子様現る!」系の王道ストーリーでした。
萌え所は、自分に自信がなくて髪や眼鏡で顔を隠して縮こまって生きてる明央の、友達にだけ見せる小さな笑顔、そこに惹かれて色んな表情を見つけていく及谷。コンプレックスだらけでも取り繕わなくていいんだ、というメッセージが伝わってくるところです。
王道の王道たる所以。読んでて勇気や癒しが確実に湧いてくるところ。

その2、2年生同士の野々村 x 泰成。
こちらは、恋心を告白してしまったら今までの友情関係が壊れるんじゃないかと怖がってしまう「両片想い」ストーリー。
野々村は1年の時から泰成が好きだったけど、ずっと長く一緒にい続きたいから告白はしない、と決めていた。泰成はハイキング部内で及谷と明央が付き合うことになったのを間近に見て、野々村の存在がそういう意味で気になり始める。そうなると挙動不審になっちゃって、優しい野々村とギクシャク。2人を応援する及谷・明央に背中を押されて…
「両片想い」ってなんでこう萌えるんでしょ?

「もう一歩」
「そのつもりで」明央を家に呼んだ及谷。カッチンコッチンの明央に『嫌だったら』…まだしないと理性発動したけど、明央の「好き」もあふれてるから自然にHの流れに。細っちょーい明央のハダカが妙に色っぽい♡

5

地味っ子萌え〜

高校ハイキング部員の恋愛模様を描いたお話。地味メガネっ子一年生の明央が、幼馴染みの泰成の誘いで入部したハイキング部。たまたま部室にいた三年生のイケメンで人気者、及谷先輩からいきなりチューされちゃいます。

地味っ子に萌えているのは、及谷先輩。彼は出会ってすぐさま明央を構い倒しちゃうんです。メガネを外した方がかわいいのに、って言ってみたり、顔を隠すために長めにしてた髪を結んだら、ズッキュン♡ってしたり。明央の立ち位置はほぼ女子のやつです。。実は及谷、とある雨の日に明央を見かけていて、彼のことが前から気になっていたんですね。

前半は明央が可愛いくてしかたがない及谷のお話で、後半は明央の幼馴染み、泰成と野々村のお話。泰成は小柄で、子供の頃のトラウマから体格のいい男が苦手。だけど、身体はデカくても気の良い野々村とはウマが合う。及谷と明央のイチャぶりに当てられたせいなのか、泰成はいつも一緒にいる野々村を急に意識してしまう。

どちらも二人が気持ちを確かめ合うまでのプロセスにきゅんきゅんさせられる、王道なラブストーリーです。プラス、泰成と明央の友情も描かれているところは抜かりがありま続きせん。子供の頃、自分が守ってあげていた明央が、及谷とどんどん先に行ってしまう寂しさを感じる泰成。幼馴染み離れを実感する小学生の頃の回想シーンは、物騒だけど絵がカワイくってリピート読みしてしまう。ぷくぷくほっぺ。

後日談として及谷と明央の初エッチが描かれているんですけど、サラッとした中にエロさが…。そこ(エロ)は絶対外しませんよ、っていう先生の気概をそこはかとなく感じます(笑

個人的にキュン系にカテゴライズしているツトム先生は、絵が少年マンガっぽい(そして上手い)ので、いい感じに甘さを中和してくれていて好みです。うーん、この作品の電子版は表紙で損してたような気がする。

2

DK4人の恋模様

ハイキング部所属の男子高校生カプ2組のお話です。

1組目はイケメンモテ男の先輩×眼鏡地味男の後輩というカプ。
可愛いキャラに可愛いお話でしたが、攻めが受けのどこに惹かれたのかがいまいちわからず…。モテ男で、女の子にキャーキャー言われるのも嬉しいタイプのイケメンが地味男にハマるって、設定的にはよくあるけど、確たる「好きになった理由」がないと「んん?」と首をひねってしまいます。しかも、攻めが何のことはないシーンで受けを見かけたあと、初めて顔を合わせるシーンで即キスしちゃうって…ありえなさすぎでびっくり。
受けが攻めに惹かれるのは、突然キスされて、それから気になって、良いところをいくつも知って…と自然なルートをたどっていたのですけど。


もう1組は、やはりハイキング部の、でっかいヘタレくん×前作受けくんの幼なじみ、ややツンデレの元気っ子というカプ。
こちらは可愛くて、自然な結ばれ方の自然な2人でした。
幼い頃のトラウマ(悲壮なものではないです)で、身体の大きい人が苦手な受け。新しくクラスメートになった大きい生徒にビビっていたけど、そののほほんとした雰囲気に「あまり怖くな続きいな…」と思って仲良くなる、という話です。
同じクラブで同じクラスで、仲良しの2人なのですが、時々距離が近くなると、やっぱり大きいので怖い受け。その恐怖をなんとなくわかっていて気づかっている攻め。受けがやや気が強いツンデレなので、もうちょっと素直になればいいのに…とじれったかった。

個別の評価は先輩×後輩が中立よりの萌、同級生が萌×2寄りの萌くらいです。

2

あぁ可愛い(*´▽`*)

ツトムさんの描く世界観が好き。
ふわんとしたキャラクターが好き。
今回もこの上なく癒しBLでした☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆
オラ、心のトキメキがとまらねぇ!

前半戦
モッテモテのキラキラ王子攻。
カレが歩けばどこからともなく黄色い歓声。
柔和なキャラと優しい笑顔、恵まれた体躯がそれをなす。
そんな彼が目を奪われたのはなんと地味なおとおこの子。
綺麗な姿勢が目を惹いた。
運命の再会。そして突然の。
突然キスしといて「なんとなく」とか「したくなったから」とか
ダメだと思うの。いくら王子でもダメだと思うの。
でもそんな王子を好きになっちゃったんだからしょうがない。
なんだかんだでワンコよろしく受にラブ!ラブ!な王子が可愛かった。
もちろん受が可愛いのは言うまでもない。
地味っこなのですが、なんだおろーなあの小さな目が可愛いといいますか!
前が見上げちゃった姿が可愛いといいますか!
あのチマっとした感じがかわいいといいますか!
照れたり怒ったりな表情がかわいいといいますry・・(殴
好き好きがいっぱいですごく可愛いお話しでした。

続き後半戦
ハイキング部のもう一つのカップルですね。
某バレー漫画のキャラに似てるなーっていうのが第一印象。
しかしっ!私こういう攻に弱いんだよー
大きくて力持ち。意外とナイーブww
大きくてこわもてでみんなからちょっと距離を置かれてた
そんな自分に話しかけてくれたのがきっかけで仲良くなった。
大きい人が怖い。最初に出会った印象は「でかっ!」
でも話してみれば誰よりも優しくて心地よい存在。
そんなお互い。
ずっと恋愛対象として好きとおもってた攻と
前半カップルをみて好きを自覚した受。
無二の存在であるがゆえに、今の関係を壊すのが怖くて
お互いに好きなのに、、なもどかしさがおいしい。
ちょっと暴走気味の告白も
一世一代の告白が不完全燃焼に終わったのも
これまたオイシイイベントでした。
後半カプのその後の話がまた読みたいなーww
最初から最後まで、ほっこりオイシイ一冊です。
ぐぅカワv

4

2組の微笑ましい高校生の恋

大洋図書の雑誌「CRAFT」で2013年から掲載されていた作品に、
4月に電子書籍で発売された時に付いた描き下ろしを足して、
出版社が変わりコミックス化された本です。
今回の本にはカバー下にも、かわいらしい漫画が載っていました。

ちょっとお値段は高めですが、その分少し本は厚めで、
ハイキング部の高校生たち4人2組の初々しい恋のお話を、
たっぷりゆったり楽しむことができます♪

バレーボール漫画の「ハ○キュー!!」が大好きなわたしとしては、
ちょっと複雑…と思うくらい、
この本にはすごくそっくりなキャラが2人出ていました。
及○さん似の、明るくモテる高3の及谷先輩(表紙左)と、
東○旭さん似のヘタレでロン毛+ヒゲの高2の野々村くん。
ふたりがくっつくわけじゃなく、それぞれに可愛いお相手がいます。
見た目も性格もかなり似ているので、
ちょっといいのかな…と思ってしまったのだけど、
う~~ん、わたしが気にし過ぎなだけかなぁ? (^_^;)

お話は、
高校1年生のメガネで地味で暗い受けの明央(表紙右)が、
ひとつ年上の幼馴染みが作ったというハイキン続きグ部に入部すると、
その部の3年生という攻めの及谷(表紙左)から、いきなりキス☆
なんで!?
びっくりして平手打ちして拒否する受けだけど、
本当は嫌なわけじゃなくて…
でも、明るく人気者の攻めに自分なんか…という気持ちが強くて、
繰り返し攻めにアプローチされてもなかなか心は開けず…。
受けの視点の後には、
攻めが受けを見染めた瞬間も含め、今度は攻めの視点で、
それまでの出来事をなぞるように丁寧に描いていくのが、いい。

そして、その2人がくっついたのを知ると、
受けの幼馴染みの、体は小さいけど強気な泰成(多分受け)は、
高1の時から仲が良くて同じハイキング部の、
体は大きいけどヘタレな野々村(多分攻め)を急に意識するように。
実は野々村も、泰成にずっと片思い。
だけど気持ちはすれ違ってしまって、それを知った先のCPは……

告白のシーンで小柄な泰成が、
頭いっこは違う大きな野々村を壁ドンするのがとても可愛かったな♪

なんで、及谷がハイキング部に入ったんだろう?とか、
ちょっと不透明なところもあったけど、
ハイキング部で活動する4人は爽やかで可愛くて、
恋の影響を与えあう、2CPはとても微笑ましかったです。

エロ度はそんなに高くないですが、
及谷×明央の初エッチは、する前のお互いに緊張している雰囲気とか、
受けがすぐにイっちゃって恥ずかしがって…とか、
攻めが愛おしそうに受けを見る顔とか、初々しくてよかったです。

するすると読めるあっさりめのお話ですが、
高校生の微笑ましいほのぼのとした恋に癒されました。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ