• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作犬、拾うオレ、噛まれる

テツロー,紺の元カレから依頼された便利屋,27歳
佐竹紺,元カレをストーキングする会社員,24歳

その他の収録作品

  • 首輪は、どっちだ
  • あとがき

あらすじ

別れた恋人である予備校教師、貴史へのストーカー行為が止まらない紺。
ある日、紺のもとに宅配業者を装った怪しい男が現れる。
飄々としたその男テツローは紺のストーキングを阻止するために貴史が雇った便利屋だった。
テツローとの三日間に及ぶゆるゆる監禁&お仕置き生活の中、
今まで誰とも関わらずに生きてきた紺の秘密が次第に明らかになっていき…。

作品情報

作品名
犬、拾うオレ、噛まれる
著者
野原滋 
イラスト
香坂あきほ 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
ISBN
9784879198983
4.2

(168)

(96)

萌々

(39)

(23)

中立

(7)

趣味じゃない

(3)

レビュー数
16
得点
712
評価数
168
平均
4.2 / 5
神率
57.1%

レビュー投稿数16

ネタバレ無し推奨です!

当方、全く地雷無しなので軽率にお薦めしますが、色々地雷ポイントはあるのかもしれないけれど、ミステリー的な面白さもあるので気になったら是非読んで下さい!

受くんも攻くんも、ひと癖もふた癖もあるのですが、キャラが立ってて、行動含めて凄く興味深い二人です。

ストーカーとか監禁要素はありますが、言葉から想像するほどハードでは無いです。
一風変わった味付けと言いますか、奥深いエッセンスが足されているので読み進めていくうちにどんどんこの二人の関係に引き込まれていきます。

ちょっと変わった趣向ですが、現代モノです。
分類的には闇要素もやっぱりあるにはあるのでそちらが大丈夫でしたらぜひ読んでみてください!

1

是非ネタバレ無しで読んでもらいたい

野原先生の作品は『そらの旦那さま』シリーズを初めて読んでググっとハマってこちらを読みました。

旦那さまシリーズとは全然違うテイストのお話になっていて
普段溺愛攻めばかり読んでいるので新鮮な気持ちで読みました。

こちらの作品はネタバレ無しで読んだ方が面白いと思います。
私もネタバレ無しで読んだのですが
すーっとお話に入り込むことが出来てすっごく良かったです!!

元カレをストーカーする受けと言う設定の時点で
なんか斬新でわくわくしました。
読み進めると思っていた展開と違ってわー!となりました。
(語彙力がなくて申し訳ないです。)

とても読み応えのある作品で、この作品を知って良かった!と心から思いました。
これを機にもっと色々な作品に触れていければと思います(*´▽`*)

0

二回読みました

ちるちるさんの特集記事を見かけて、どんな話だったっけと思い再読。KindleUnlimitedで読めました。
途中、これ駄目だったやつだ…と思い出したのだけど、月日が経つとイケることもあるかと思い読了。

やっぱり私は、女性キャラが悲惨な目に合うBLは不快感を持ってしまう。男同士のイチャラブが見たいだけなのに、なぜそれと同時に不幸な女性の姿を見ねばならないのか…受けの元彼(というか…)がもうガチのマジでクズ過ぎて、真相がわかったところで救いになるようなものも感じられず、やりきれない気持ちしか残らない。
野原先生はほんわか〜とした作風というイメージなのに、ここまで嫌な人間を描ける引き出しの多さがすごい。

ミステリーとしては、最後の詰めが甘いというかなんと言うか。あそこまで証拠集めとか計画的に動いてたのに結局何がしたかったの…と思ってしまう。自分の正体をバラして、そこからどうしたかったのか、むしろストーカー行為よりそれからの方が大事なんじゃないかと思うのだが…。BLとしても、受けが攻めを好きになったポイントがよくわからず。攻めからは結局「タイプだった」って話で、何それ。
後半のお話ではラブラブなので、こちらはBLとして普通に楽しめる。二回読んでもタイトルの意味はよくわからなかった。

0

どんでん返しといえる展開

ずっと積んでて…こういう話だったんだ!とある意味衝撃。
表紙や口絵の鎖/手錠とか見てSMもの?とか軽〜く考えてたけど、全然違うじゃん!
非常に面白かったです。といっても萌えとかそういう感じじゃなくて意表をつかれる痛快さとしての面白さとでも言えばいいのか。

「犬、拾うオレ、噛まれる」
別れた元カレ・貴史をストーキングしている紺。その執拗なヤバさから始まる本作。
「被害者」の貴史から雇われて紺を懲らしめに来る男。
ここでは、紺の揺らぎない「ストーキング信念」みたいのが語られて、読者的にうわ〜っとなる。
同時になぜ「貴史を」ストーキングしてるのか、が明かされてくる。
その真実がゾクゾクする。非常にスリリングで、同時に紺の正当性に共感していく感覚。

貴史に雇われて紺を監禁するテツローは、法事という事で監禁を解いてしまい、結果的に貴史と紺は顔を合わせてしまう。
貴史の超絶なクズさ。
紺が襲われる緊迫感。

「首輪は、どっちだ」
本編後、紺と恋人になった後のテツロー視点。
ここでも紺はちょっと普通人とは違う。
便利屋稼業のテツローが、ちょっと怪我をする。それだけで夜逃げ同然にテツローから離れようとする。
ここは笑っていいのか悪いのか。
紺は、大切な人が死んでいなくなる悲惨を味わいつくして。
だからテツローが死んだら自分も死にたいと言う。
この紺の心境は、とてつもなく重く、深く、黒い。深淵といってもいい。
テツローはどこまでわかっているのか。
わかる必要もなく、消していけるほどの軽さで紺を救ってほしい。

1

度が過ぎる不幸と度を超えたクズ

野原さん初読み(たぶん)。
クセのない文章で読みやすい、といっても本作は一人称で語られるため視野が狭く、キャラクター造形のせいで抑揚の無い感じになっている。よって本来の文章は分からない。

主人公には、読んでいて欝々としてくるほどに不幸が押し寄せる。フィクション王道の不幸をこれでもか、と詰め込んで来る。
紺視点で感情が削がれていると語られるが、序盤からテツローに対する紺には感情の動きがみられる。徐々にその動きが激しくなる過程を描きたかったことは伝わってきた。

残念なのは、無表情無感情と思わせる語り口の序盤で、表情豊かな挿絵が挟まれていること。ある意味ネタバレ。ついでに重苦しい不幸を背負う主人公の話にしては絵柄が軽く合っていないように思えた。
問題のクズ男は、思想だけならそこらへんにいるような男だが、犯罪盛り盛り実行済みで、そこまでやるかと。よくもまあこんな男を創り上げたもんだ、書いていて気持ち悪くならないのかと感心した。
お互いに惹かれ合い、結ばれるまでの感情の動きは随分軽く、特に紺は過去と釣り合っていないように思えたが、その後紺に現れた変化にほっと温かい気持ちになった。

紺を描くことに重きを置いているため、事件自体は(胸糞なだけで)複雑さ皆無の普通のBLレベルのストーリー。ネタバレなしで!と煽ってハードルを上げない方が良い。

後半にテツロー視点が収録されており、明るい口調で進むおかげで気分が浮上する。前半に落ち込んだ気持ちを回復させてくれ、読後感を良くしてくれる嬉しい構成だった。
カップルの危機の話で、紺なら当然そうするよなぁ、という行動が描かれる。まだまだ不安の残る二人ではあるが、頑張って、と爽やかに見送りたい気持ちが生まれる終わりだった。

変な感想だが、もしまたこの二人に会いたいと思い続編など作られようものなら、さらなる不幸に襲われる未来しか見えない。もうこの先を描かれることなく、ただの一つの嫌な目にも遭うことなく、今の幸せなままで終わって欲しいと願った。それほどあらゆる不幸を詰め込まれた主人公だった。
テツローは、欲を言えば紺の酷い過去を相殺してくれるくらいの魅力が欲しいところだったが、終わってみれば紺とセットで愛着が湧いていた。もう少し後半で包容力を見せてくれると神作品になっていたかもしれない。

タイトルは誰の視点で付けられているんだろうか?「噛まれる」が何を示しているのか分からない。旧題よりは良い。

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP