いじわる狐とハートの猫又

ijiwaru kitsune to heart no nekomata

いじわる狐とハートの猫又
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×212
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

158

レビュー数
5
得点
127
評価数
36
平均
3.7 / 5
神率
36.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784879190079

あらすじ

町外れの廃屋に棲むはちわれ猫のつむぎ。可愛がってくれたご主人様の家を主亡き後もずっと守り続けているうちに尻尾が割れ、人の姿をとれる猫又になった。
けれどその尻尾は短くて、猫又界では半端者とつま弾き。ある日のこと、山を切り崩すための調査で尾房と名乗る男がやってきた。大切な家が壊される!
――あの手この手で威嚇するつむぎだったが、尾房は少しも動じないばかりか「何か思い出すことはないか」とつむぎに迫り…。

表題作いじわる狐とハートの猫又

尾房清綱、つむぎの住む地を調べに来た調査員
つむぎ、亡き主人の家を守って暮らす猫又

その他の収録作品

  • 誘われ狐と猫の言いぶん
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

溺愛狐の神様とはねっかえり猫又の大恋愛

溺愛狐の神様とはねっかえりで可愛い猫又との大恋愛のお話しです。

尻尾の形のせいで、猫社会にも猫又社会にも受け入れてもらえない、ひとりぼっちの猫又つむぎ(受け)
優しい夫婦に飼われ夫婦が亡くなった後に、猫又になりながら夫婦と一緒に住んだ家を長い時間守っています。

そこに山を崩して住宅地を作る為に、調査員としてやってくるのが、攻めのきよ(清綱)です。
きよは実は狐の神様で、つむぎと前世で引き離された恋人同士でした。

しかし、つむぎは前世の記憶がなくきよの事も忘れてしまっています。
優しいきよはつむぎが思い出すのを待ってくれます。

猫又で少年の姿になれるも、猫の耳や尻尾がでるつむぎ。気が強い性格も仔猫が毛を逆立ててシャーシャー言ってるようで、とても可愛らしいです。

一方狐のきよは美丈夫な大人の男の容姿で、狐になると銀色の豊かな毛並み。
モフモフいいなと思いました。

お互いが動物の姿でまぐわう所もあるので、獣姦もありますがお話しが可愛いらしいので、エロ要素というより動物同士がイチャイチャしてるような感じがしました。

2

思慮深く、優しい一途な攻め

本編はほとんどが受け視点。途中、過去話のみ攻め視点。
その後のSSは攻め視点で書かれています。


山のすぐそばの廃屋に長らく一人で住み、亡くなった主人夫婦の墓を守ってきた猫又のつむぎ(受け)。
つむぎを拾い溺愛してくれた夫婦の墓を作り、墓と家を守ってきましたが、つむぎの脅しに動じない男・御房清綱(攻め)が現れます。御房は自分のことを覚えてないかと問い、思い出すように迫ってきます。主人夫
婦以外の人と会ったこともないつむぎは混乱するのです。なんとか追い出そうとするのですが、のらりくらりと言いくれてうまくいきません。

つむぎはとても素直で無邪気ですごく可愛い子ですが、考えなしなので追い出し作戦もことごとく失敗します。これがとても面白いのです。
夜中に「で~て~い~け~」と脅しても普通に返答され、「どんな酷いことをする?」「い~ろ~い~ろ~」」と間抜けな回答をするし、「きよと呼んで、親しい人にはそう呼ばれてる」と言われれば「し~ら~ん~が~な~」と知らない間に漫才のような会話になってるのです。思わず笑ってしまいました。
次の日には色仕掛けをしようとして、逆に襲われてしまうし。なんともまぬけでかわいいです。

御房にボロボロだった家を修繕してもらい、すっかり餌付けされ、つむぎは楽しくてこのままでいられないものかと思うのです。お稲荷さんを作っている時には御房がとても楽しそうに嬉しそうにでも泣きそうな顔をしているのですが、再読するとこの時の御房の気持ちが痛いほどわかって胸が痛くなります。

御房を追いかけてきたと思われる二人の子供が現れたことで、御房の目的を勘違いし誤解が生じます。そのすれ違いの途中、つむぎの中にあった奉玉が発動し、つむぎは自分の前世を思い出すのです。


前世のつむぎははづきといい、とても力の強い猫又でいたずらが大好きな困った妖でした。
善悪の区別のつかない子供が強大な力を持ってしまった状態で、ただただ無邪気で楽しいからと人々を困らせる。
御房は神社の神使で、いたずらの過ぎるはづきを捕まえるため日々奮闘していま
した。そんな御房とはづきが偶然出会い、何故かはづきは御房に懐き、逢瀬を繰り返すうちに二人は恋に落ちるのです。
善悪の区別がつかないため罪を犯し続けるはづきは、人間やそれを守る神社側からみるとすごく悪い妖なのに、はづきと親しくなった御房目線だととても無邪気でかわいい妖なのです。
御房が言い聞かせて悪事を働かないよう教育していくのですが、長い間の悪行に怒り狂っていた他の神使たちは話を聞かず、二人は悲劇的な別れをしなければならなくなるのです。
二人が楽しく過ごしているこの過去話は作者様があとがきで書かれていますが、本当に民話を読んでいるようでした。
その後の、御房がはづきを見つけるまでの長い長い謹慎や周りの神使たちへの説得はいつはづきがいつ転生するかもわからない中、本当に気が遠くなるような時間だったと思います。
二人が一緒にいたのはほんの半年ほどの短い間だけだったのに、ゆうに500年も待ち続けた御房の一途さには感動します。


彼らの結末はとても幸せなものになり、良かったと思わせてくれるものでした。
あんなに憎んでいたのに、よく他の神使たちが受け入れてくれたものだとは思いますが、転生し、主人夫婦に愛されて育ったおかげでちゃんと教育されめおり前世のような考えなし行動を取ることもなく育ったこともよかったんじゃないかと思います。
御房が見つけるまでの500年の御房が頑張った甲斐があったと思うと彼の努力が実ってよかったと思いました。

実に本編の‪1/4‬強にあたる過去話はかなり悲しい結末でしたが、初めから御房はつむぎに甘々なので、ちょっとしたいじわる風なかわいがりに過去を知らないつむぎは地団太踏で悔しがっていましたが、それも含めて甘くてかわいい話だったと思います。

3

無邪気って、可愛かったり怖かったり

電子書籍で読了。挿絵あり。あとがきあり。

お話の主人公、猫又のつむぎは「可愛がってくれた老夫婦の家が取り壊されない様に守る」という約束を貫き、彼らが亡くなったあともその家で暮らしているのですが、尾房清綱という男が宅地開発の調査のためにやってきます。一緒に来た役所の人間は調査を急かしていますが、尾房は急ぐ様子もなく家に滞在し、つむぎを見つけて自分を覚えていないか聞いてきます。おまけに、壊れていた家の修理をしてくれるわ、食事を作ってくれるわ……尾房に覚えがないつむぎは、困惑しつつも彼を追い出そうと何度も策を弄しますが全て空振り。尾房は怒りもせず、つむぎとの暮らしを続けながら「おまえが交わした約束は、本当にここを守るというものだったか?」と聞いてきます。尾房の言うことが解らないつむぎは、何故か彼にすまないと思う様になって……

今生と前世の記憶が入り交じってしまっているという所が、説得力があって「なるほどー」と思ってしまったのですが、それもつむぎの『お馬鹿』って言うよりも、無邪気な性格ゆえ。輪廻転生ものなので、つむぎの前世も描かれる訳なのですが、やっていることは強烈でもその根底は無邪気さが溢れているのですよ。
だからなのかなぁ、尾房のつむぎに対する感情は恋愛と言うよりも、『慈愛』とでも言うのでしょうか、無垢なものを守りたいと思う様な気持ちに近い様に感じました。

ハッピーエンドなのに私が切ない気持ちになってしまったのは、つむぎと尾房の過去のエピソードだけの所為ではありません。
お話のあちこちで、人間とその周辺に暮らす者達(このお話ではつむぎ以外の猫又でさえも)自然に対する畏怖の念をどんどん失って行っている様子が垣間見えたからなのです。
本筋から逸れた部分でも色々考えさせられて「野原さん、深いな」と思ってしまいました。

2

攻めの健気さに涙(´;ω;`)

作者さんもあとがきで書いておられますが、(ちょっぴり)いじわる狐であり、基本は溺愛です。特に含みや裏なんかは無く、ただただ受けを溺愛する包容力のある攻め。
結構切ない部分もありますが、物慣れた攻めと純粋無垢でちょっぴりおバカな受けの、やりとりにも萌えるこちらの作品。とても楽しく読めました。


内容です。
町外れの廃屋に住み、亡き主人達との約束で家を守り続けているつむぎ。彼は家を守り続けるうちに、尻尾が割れて猫又になった飼い猫ですが、その尻尾は猫又なのに何故か短くて半端もの。
そんなある日、山を切り崩す為の調査に尾房という人間が現れます。
大切な家を守る為、つむぎはあの手この手で尾房を追い出そうとしますが-・・・。

こちら輪廻転生ものになります。
なにやらいかにもワケありっぽい調査員・尾房に、主人に甘やかされて育てられ、一人になってからは山奥でずっと家を守り続けていたため、世間知らずで単純というかおバカな猫又・つむぎ。

つむぎが尾房を追い出そうとあれこれ頑張るのですが、これがまぁ子供騙しとしか言いようのない杜撰な計画ばかり。でも、一生懸命な所が可愛いんですね。
そして、そんなつむぎを大らかにあしらいながら、やたらスキンシップをはかる尾房。
この、つむぎが行動を起こす→尾房にあっさりいなされ、逆に(貞操面での)危機に陥る、という一連の流れが笑わせてくれます。つむぎ、浅知恵過ぎるよ・・・。

あと、伏線がしっかり張られており、つむぎと尾房の間には何らかの因縁があると最初から匂わせてあります。
始めから、つむぎへの愛しさを隠そうともしない尾房。真摯につむぎに向き合うんですね。
そんな尾房との生活を、心地良く感じるようになるつむぎ。でも尾房の意味深な「思い出して欲しい」という言葉や、自分が猫又になれた「本当の理由」を知ってしまい-・・・と言った所。

ここから話は前世に飛び、過去の二人の物語が語られます。
これが結構切ない・・・(つд`)
きっとつむぎは幸せで居られたと思うんですよ。尾房の愛に包まれて。
しかし、尾房の気持ちを思うとホント切ない。それでもつむぎを待ち続ける長い時間の中で、「愛しい」という気持ちを純粋に保ち続けた事に感動するんです。私だったら「愛しさ」はやがて「憎しみ」に変わっちゃうんじゃないかという気がして。
そしてやっと再会したつむぎは敵意剥き出し。まぁ、そんな態度ですら愛しげに見守るワケですから、彼の溺愛ぶりが分かろうというものですが。

ラストがちょっとあっさりし過ぎな気がして、若干物足りなさも感じます。あと、お話自体にもう一捻り欲しい気もしますが、再び巡り合う恋人達と言う、とても萌えツボを刺激される素敵なお話でした。

7

攻め様の長期戦粘り勝ち一本!

タイトルから対象年齢外かも と思いつつ、野原先生だし と手に取ってみました。すごく読みやすく、モフ、せつなさMAXな本をお探しの、BLまだあんまり読んでないという方にはとってもオススメしやすいと感じます。私みたいにスレた腐でも、落涙ものでした!モフが好きだし、もっとも好きなパターンだったからかもしれませんが。本編200pほど+後日談デロ甘ショート24Pほど。

とにかく攻め様が健気です。ひたすら受けを待って待って待って探しだします。偉大だわ、ここまで長く待てるなんて、すごい。受けはとにかく天真爛漫、純粋。その純粋さが徒となって、一度は攻め様と遠く離れてしまいます。このシーンで私は落涙。こういうのに弱いんだよなー。
その他登場人物としては、攻め様を慕う子ぎつね2匹、受け様と敵対してしまう大神使 などがいますが、ほぼほぼ二人でお話は進みます。
途中で時系列が少し変わりますが、すんなり分かりますので混乱なかったです。
とても読みやすいし、もっふり記載も楽しめるので、小説苦手なんだけど という方にもオススメしたい~と思いました!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ