オトコ専門別れさせ屋。

otokosenmon wakaresaseya

オトコ専門別れさせ屋。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
21
評価数
10
平均
2.7 / 5
神率
20%
著者
柏木真 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
彗星社(星雲社)
レーベル
Glanz BL comics
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784434226540

あらすじ

「言ってなかったっけ? うち、男専門だから」
ホストをクビになった瑞希は、かつての上司・九条に「別れさせ屋」をやらないかと誘われる。
給料も良く、住む家も確保してくれるという好待遇に即OK。
――が、早速ターゲットに指定されたのは……お、男⁉
驚く瑞希に、ここは「男専門」の別れさせ屋だと告げる九条。
男を誘うなんて……ノンケの自分にそんなこと、できるわけない!
そんな瑞希に九条は、「だったら手本を見せてやる」とキス、
さらに慣れた手つきで愛撫をし始めて――!?

表題作オトコ専門別れさせ屋。

九条梓「男専門別れさせ屋」/佐伯真澄・バーテンダー
秋尾瑞希・元ホスト

その他の収録作品

  • 描き下ろし「5話のデートの時の話」
  • カバー下 オマケ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

"3人目"との『作戦』が楽しい。


あっ…
続くのねーー!?

大抵の方が思われるかと。(笑)どうやら続くようです。
絵柄も安定していて、どこかぬるっとした絵柄。淡々と読み易かったです。内容というより、関係として何だか不思議な感じ。主な登場人物が3名おりますが3Pでもなければがっつりどちらかとくっつく為、どちらか当て馬……というわけでもなく。あくまで主人公(ノンケ・どちらとも本番未だですが、受けポジション)を中心として、指導者(元々主人公ホスト時代の先輩・攻め)と、ターゲット(初めましてですが指導者からは是非仲間にと思われいる・攻め)。これからどうなっていくのか。そこは楽しみですね!

読んでいてアッ楽しいな〜〜!と思ったのが、指導者攻めから『アイツ(ターゲット)に嫉妬させる作戦だよ』と、ターゲットの目の前でくっ付いて見せた後、まんまとそれに嫉妬したか無理矢理ぽく手を出してきたターゲット。に、主人公が『(作戦効果ありすぎだろーー…‼︎)』と思っている(行動的には襲われている状態w)シーン。ここが第5話の幕引きとなるのですがここ楽しかったな〜。作戦どうのという話が。

どちらの攻めも何だか悪い人ではなさそうだし、だからどちらかとなれば主人公共々苦しいのかもしれませんがもう今時決着のつかない3人組♡でもいいと思う……。(笑)

取り敢えず言えるのは、主人公、確実にコッチの素質ありましたね。(笑)あれは持って生まれたものでしょう。
以上です。

ありがとうございました。

2

まだ続きますよ~!!

前作が好みだったので購入しましたが、まだ続きます!!
個人的に、1冊で完結せず続くのなら、巻数をふるなり明確にしておいて欲しかったので『中立』にさせてもらいました。内容だけなら『萌』くらいかも…。

作品の内容としては、ホストをクビになった瑞希(受け)が、元上司の九条(攻め1)に誘われて「男専用の別れさせ屋」をやる事になるというもの。初仕事で誘惑するターゲットが、ゲイでかなりモテる佐伯(攻め2)。
この3人での三角関係ものです。

攻め1の元上司が俺様で傲慢なタイプ。やる事なす事、何を考えてるんだ?…という感じで、私には全く理解出来ず…。この後の話で、内面が明かされるのかもしれませんが…。
攻め2がゲイタウンでモテモテの、軽いと噂される佐伯。しかし、それはあくまで噂だけの話で、実際には誠実で思いやりのあるいい男。受けの気持ちをおもんばかり、寸止めに甘んじるという辛抱強さも持っています。一番、キャラとしては好みでした。
受けがちょっとやんちゃなタイプ。やや優柔不断な面も…。
どう見ても佐伯の方がいい男だと思うのですが、どちらかというと元上司の方に惹かれている…?といった印象を受けます。しかし、この巻では二人の間をウロウロと…。優柔不断な感じがちょっとイラッと来ます。

基本的に展開がすごく早いです。「別れさせ屋」に勧誘されたと思ったら、次の瞬間にはターゲットの誘惑を命じられる。更にいきなりキスをされて触られ、といった感じで。そして展開は早いのですが、受けが二人の間をずっとウロウロしているので、ストーリーの進み具合としては遅いです。この巻のラストで、やっと攻め二人が顔を合わせて直接対決ー、という所なので! 
更にタイトルから期待していた「別れさせ屋」としてターゲットの男を誘惑する…というのは佐伯に対してだけ。受けが色々な男を誘惑するという展開を勝手に期待していたので、ちょっと残念なんです…。

と、気になる部分はありますが、二人から想いを寄せられ、その間で翻弄される受け、という三角関係にはキュンキュンするし、多くて濃厚なエロには非常に萌えます! 絵もキレイで、受けの表情が色っぽいのです。
しかし、この後も続くのがなぁ…といった所。

ほんと、完結しないなら巻数くらいふっておいて欲しいのです。結局はグダグダ言いながら、この後の攻め二人の対決が気になるので、続きも購入しちゃうと思いますが。

そんな訳で、総合的に見て、申し訳ないけど「中立」にさせてもらいました。
続きものは嫌だなぁ…という方は気を付けて下さい。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ