獣始め 犬と蛇と三人婚

kemonohajime

獣始め 犬と蛇と三人婚
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×29
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

105

レビュー数
3
得点
77
評価数
18
平均
4.3 / 5
神率
38.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイSLASHノベルズ
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784799732922

あらすじ

自身の身体を与えて妖獣を使役する
一族に生まれた大学生のいつきは、
妖獣と初めて契りを交わす
「獣始めの儀」を迎える。
夫となるのは精悍な黒犬族の魁と、
見目麗しい白蛇族のキリエ。
発情して淫らに疼くいつきの身体は、
犬の姿の魁に背後から激しく犯され、
快感に溢れた蜜をキリエに吸われ
蛇の媚毒で泣くほどの快感を与えられる。
激しく濃厚な獣たちとの情交で、
いつきはどんどん淫らな身体になってしまい…!
そんなある日、初仕事を命じられて!?

評価・レビューする

レビュー投稿数3

あまあま3P

どエロいものが読みたい…と思い手にとってみました。
思惑通り、初っ端からエロエロです。
表紙・タイトル通り、3Pで獣姦もの。
でも無理やりとかはなくひたすら愛し愛されるので、あまあま好きにもイケるかと思います。

妖獣を使役する家系に生まれ、妖獣の子を成す『器』であるいつきの相手は白蛇のキリエと黒犬の魁。
所謂初夜的なものがあるのですが、父(同じく器であり、父の伴侶は銀という名の狐)の見る前で行われ、父もいつきの見る前で銀とおっぱじめるという、最初から飛ばしてる展開でした(笑)

キリエと魁は二人ともいつきを愛しているんですが、いつきを取り合ったりライバル視しないところが平和だな〜と。
いつきもどちらかに肩入れするでもなく、二人とも同じくらい愛しているので良い3Pができてました(*´ω`*)

いつきの妖獣を使役する事の葛藤や残忍な事件がある中、いつきの甘ちゃんっぷりに少々イラっときます。
妖獣二人が甘々で過保護なのが原因なんですよね〜。
最後にはいつきも覚悟を決めるが、「しっかりせぇ!」と喝を入れたくなる主人公でした(^^;;

最後はいつきが子を産み幸せ家族な様子が描かれてるんだけど、子供達が可愛すぎでした…(〃ω〃)
蛇の授乳、想像したらシュールすぎ(笑)

それはそうと、父と銀のその後や二人が起こした過ちが気になります!!
是非とも父編を〜。

1

獣姦はもちろん、蛇姦もあります

犯人は登場人物の少なさからすぐ分かるので、途中から主人公の人を見る目の無さにはイライラしました。
彼の立場からするとさ、家族を〇した凶悪犯を野放しにして、恋獣とアンアンしてるわけだから「嫌い」って言われてもしょうがないんだよ。
でもみんなも「悪人だよ」って教えてあげた方がよかったんじゃないかな。
自分たちでこんな甘ちゃんに育てたんだからこうなるの分かったよね?

最後はがっつり育児授乳シーンがあるので苦手な方はご注意を。

0

すべては愛ゆえに

終始エロでしたね(ノ´∀`*)どんだけヤるw
蛇と犬とに犯されまくるお話。

妖を従える家系に生まれた受。
一定の年齢になったらこうなることは知っていた。
そして運命の日。
目の前に現れたのは~というお話。

蛇姦、犬姦
息子は父の前で犯され
父は息子の前で犯される。
挙句、父は息子の目の前で卵を産むというね。
何でもありなのであります

ま、エロ読みな私にはホイホイなのでありますが。
なんか、救われない感じの父と銀の話とかも面白そうだよなーと思うのです。
銀が人型になったとこ見てみたい!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ