恋人は10歳年下の天才飛び級同級生…!

天才江崎少年の恋煩

tensai ezakishounen no koiwazurai

天才江崎少年の恋煩
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

213

レビュー数
3
得点
45
評価数
12
平均
3.8 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896443127

あらすじ

飛び級制度が小学生まで拡大された20××年。大学生・二郎の同級生でもある天才少年・江崎くんは”大人になる薬”を発明し、自らに投与する。
体の大きくなった江崎くんだが、もちろん”あの部分”もオトナになっちゃって…!!
表題作の他にも初ピアスシリーズ「三上くんのおもちゃ」の続編も収録!全カシオファンが大満足できる1冊ですv

表題作天才江崎少年の恋煩

江崎・大学生・
二郎・大学生・20歳

同時収録作品三上くんのおもちゃ

三上直己・高校生
菊池玉緒・高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数3

8年越しの「すき」。

表題作は天才少年・江崎くんが開発した薬で大人になったり、はたまた受けが若返ったり、そんなこんなでHしてしまう…という明るめのエロいお話です。
江崎くんの早く大人になりたい!という想いにキュンキュンしました。
年下攻め&年の差好きにはたまらんです。

付き合うことになったものの、キスは16歳、Hは18歳になるまでおあずけ。
カレンダーに印を付けながら18歳になるのをずっと心待ちにしてた江崎くん。
でも受けの二郎が待ちきれなくて、すこーしフライングしちゃうんですよね…!!萌え…
10歳も離れてると、やっぱり過ごしている環境とか考え方の違いとか、そういうギャップがあると思うので、そこは江崎くんも二郎もお互い不安になってしまう。そんな8年間を乗り越えたからこそのHシーンが!良い!!
そのあとちょっとした事件で二郎が若返りの薬を飲んでしまい、江崎くん(18歳)×二郎(15、6歳)で致すシーンがあるのですが…
年下攻め好きとしましては、絵面的には好みじゃないはずなんですけど、なんというか下剋上感?があってとても萌えました。追いかけても追いかけても物理的に縮まらない10歳の壁を、は続きるか飛び越えて追い越すことができた江崎くんの興奮が伝わってくるようで…
二郎が年だけでなく記憶も若返ってしまったので、何も知らない子にイケないことをしている感じがエロかったです。
オチも好きでした!

同時収録の「三上くんのおもちゃ!!」は前作「三上くんのおもちゃ」の続編ですが、前作読んでなくても面白かったです。
三上くんが俺様な自分勝手なキャラかと思ってたんですが、受けの玉緒のことになると意外と単純だったり素直だったりして、なんだ、可愛いところもあるじゃないか~と感じました。
普段クールな感じだけど、玉緒のこと大好きで頭の中お花畑なところが年相応でイイ。「ごめんなさい」のシーンは笑ってしまった。正直だな!
玉緒はフワフワしてて可愛い感じの子だけども、三上くんのことちゃんとわかっててうまーく導いてる良妻!かつえろかわいい。
ノリノリの2人のHシーン良かったです。

1

エロかわ

深いことは考えずに軽く楽しめる作品です。
エロシーンは体が大きくなってからなので、そこまで視覚的なショタはありませんが、色気あります。
発言の所々は子どもなので、そんなところが可愛いです。
受けは10個上なのですが、懐が広くて萌えました。
そんなことあるわけないだろー!と突っ込みながらも楽しめます。
三上くんのおもちゃの続編も、すごくまともな感じで、ラブラブでした。
淡白に見せて、実は受けのことを好きで好きで仕方ないという執着攻めを堪能できます!

2

さっくり、エロが楽しめます

カシオさんは時々ドシリアスな作品を描かれますが、今回はギャグもの?になるのかな。さっくりしたエロ可愛いお話でした。

内容は、というと。すみません、ネタバレしてます。






主人公は大学生の二郎くん。
成績如何で飛び級が認められるようになっている時代が舞台。
飛び級で、二郎くんの大学の同級生になった江崎くんは若干10歳にして天才。でも、寝食を忘れて研究に没頭してしまう江崎くんなので、二郎くんがお世話を焼く日々。

「子どもだから」と言われ続けた江崎くんの目下の研究は、「大人になれる薬」をつくること。
ある日、その研究が実を結び、大人の身体を手に入れる江崎くんですが。

というお話。

身体だけが急に大人になってしまった江崎くんは、自分の体の変化についていけない。
特にtnk。
そっちも大人の形になってしまった江崎くんは、二郎くんのtnkもみたいと言い出して。あれやこれやしているうちに催してしまった江崎くん、二郎くんに襲い掛かり…。

江崎くんのためになかったことにしてあげる二郎くんですが、当の江崎くんは二郎くんに惚れちゃってて。年齢差1続き0歳の彼らの恋のゆくえは?

江崎くんは天才なので、「大人になれる薬」も、反対に「若返りの薬」も作れちゃう。
18歳になるまではエッチはナシ、という事で恋人同士になる彼らですが、江崎くんが18歳になった時に、今度は二郎くんが若返りの薬を摂取してしまう。

江崎くんの発明はすごいものだし、二郎くんが若返りの薬を摂取してしまう過程は犯罪がらみなのだけれど、そういった細々したお話はほぼほぼなし。

身体だけ大人になっちゃった中身は子どもの江崎くん×20歳の青年である二郎くん。
正真正銘18歳になった江崎くん×15~6歳くらいの子どものビジュアルの二郎くん。

のエチシーンが、それぞれ楽しめるという、簡単に言っちゃうとそういうお話でした。

見た目は大人だけど実際は子どもがエチしちゃうとか、15歳くらいの見た目の子にいろいろ致しちゃう、という事に苦手な方はいらっしゃるかな、と思いますが、見た目がショタショタしていないことと、基本的にシリアス成分はないのでさっくり楽しめました。

個人的には二郎くんが若返っちゃったときのエチシーンが好き。
10歳も年上で、自分は二郎くんから見たらいつまでたっても子どもなんだろうなとしょぼんとしていた江崎くんが、子どもになっちゃった二郎くんに、庇護欲と征服欲を刺激されていろいろ致しちゃうのがちょっとツボでした。

後半半分は『三上くんのおもちゃ‼』
カシオ作品の『三上くんのおもちゃ』の続編です。
実は元ネタの『三上くんのおもちゃ』は未読なのですが、二人の関係性や立ち位置は問題なく理解できました。読んでいた方が楽しめるのかもしれませんが、未読でも問題なかったです。

高校3年生になり、進路を本格的に考えなくてはならなくなった三上くんと玉緒。
特に三上くんは成績が優秀な為、先生たちからも期待される日々。
そんな三上くんをサポートしたい玉緒だけれど、三上くんには「口出しするな」と言われて。

三上くんは玉緒にいじわるを言ったり無理やりなセックスはするくせに、玉緒のことが好きで好きで仕方がない、というのがちゃんと伝わってくる。
そして、玉緒の方もそんな三上くんの気持ちを理解している。

この、「いじわる」と「ラブラブ」、が両立しているのがたまらなく可愛くてツボに入りました。

三上くんのほうが玉緒を好き勝手に扱っているように見えて、実は玉緒の方が三上くんを手のひらの上で転がしてるんだよね。可愛らしいCPでした。

二つのお話が収録されていますが、どちらのお話もエロいけど可愛らしい、そんなお話でした。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ