ずっととなりで(1)

zutto tonari de

ずっととなりで(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
2
得点
52
評価数
20
平均
2.9 / 5
神率
5%
著者
並榎雫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
シア・コミックス
シリーズ
ずっときっと
発売日
ISBN
9784403665776

あらすじ

愚劣な言動で傷つけた高校時代の同級生・尋と偶然再会し、
ずっと忘れられなかった想いを告げた羽村。
やっと恋人同士となり、
初めて二人で過ごす夏休みに浮かれる羽村だったが、
「尋は俺がアメリカに連れて帰るから」と言う男が現れ……!?
交錯する想いがはがゆい、センシティブ・ラブ♡

大人気「ずっときっと」の完結篇、第一弾!

表題作ずっととなりで(1)

羽村柚希
昭島尋

その他の収録作品

  • からだについて(描き下ろし)

レビュー投稿数2

続巻も同時にどうぞ

シリーズ3冊目にして、だいぶ攻めの羽村が成長してきました。
最初の頃なんて、キレやすいし、セフレはいるし、尋にたいする気持ちがいったいどの程度のものなのか?イライラもやっとしていたものですが尋の表情をわかるようになってきたり、カッとなる前に一呼吸置いてみたりと少し大人になってる!

3冊目は4冊目と同時発売と言うことで、読み手としては2冊分の長編なので、留学中の尋のことがたっぷり描かれていたり、陸上に取り組む羽村の日常が丁寧に描かれていたり、読みごたえがありますね。
前回ちらっと出てきたアレックスが日本にやって来て、尋を連れて帰ると言い出すのですがこのアレックスが尋の元カレなのかどうなのか。と言うモヤモヤも続巻をすぐに読めるので嬉しい限りです。

絶対に続巻も一緒に手に入れるべきですね。

2

波乱

「ずっときっと」「ずっときみと」の続編。
尋のアメリカでの暮らしがどんなものだったかがアレックスによって明かされていくので
羽村にとってキツい部分が多かっただろうなと思います。

羽村のことが好きだからこそ、彼の前では弱いところを見せたくない尋と
尋のことが好きだからこそ、どんな彼でもすべて受け入れたい羽村。
このふたりはなんでいつもすれ違ってしまうのだろうか…。
そこにアレックスが掻き回すような発言をするもんだから更に拗れてしまって…
そういうやり取りが多くて、読んでいて疲れてしまうんですよね(汗)
なので、アレックスがちょっと苦手だなと思ってしまう。
そして、いくらNYで親しくしてくれていたとはいえ幼い頃からの知り合いでもないんだから、さすがに距離感がおかしいし
羽村だけを悪者にしたい発言もひっかかるので
なんだかモヤモヤする部分が多いのです…。

なんだかんだ、自分が羽村推しだったことに気付かされる作品でした(笑)

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う