VIVA LA VIDA!!

VIVA LA VIDA!!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

177

レビュー数
5
得点
125
評価数
30
平均
4.3 / 5
神率
66.7%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
シリーズ
アプレコミックス(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥730(税込)
ISBN
9784864422932

あらすじ

かき回そう、
ジンセイも、愛も。


「一緒に回した仲じゃんか」平々凡々な大学生・瑛人は、ある日コインランドリーで謎の男・ジョージに声をかけられ、同じ洗濯機で一緒に洗濯することに。
宇宙人のように破天荒で無邪気なジョージの言動にドン引きする瑛人だったが、もう会うこともないと思った矢先、なんとジョージが隣に引越してきて?!!

表題作VIVA LA VIDA!!

瑛人・大学生&レコード屋バイト
ジョージ ・無職・28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数5

VIVA!

ポップなストーリーと個性的な絵柄。
ラテンなノリを引き連れて、あびるあびいが戻ってきた!

コインランドリーで金を貸してくれ、という胡散臭さ。無いと言うと、なら一緒に回してという屈託のなさ。
確かにコインランドリーの機械が並んでる様子は宇宙船っぽいよね。そしてぐるぐる回る様は確かにターンテーブルに似ている。
そんな出会いの瑛人とジョージ。ジョージは男と付き合っていることを隠さない。
色んなタイプの友人に囲まれてる瑛人も、さすがにジョージみたいなヒトは初めてで。
興味津々の友人達に詮索されるより会わせちゃえ、と宅飲みに誘えば、懐深い楽しい奴らの中にすんなり馴染み。
そこに現れるジョージ最愛の彼氏「伴ちゃん」。爽やかイケメンで悪友共は皆納得だけど、瑛人だけがモヤる。
ジョージが幸せならいいけど、と思いつつ2人の不均衡な関係にジョージを想う心が揺れ…
ストーリーはよくある話と言ってもいいと思う。そこにサブカル的カルチャーと周囲のラテン的楽観さ、瑛人本人のヘタレ具合、ジョージの可憐さと健気さが乗って、正にマッシュアップ。
瑛人とジョージの恋は、伴ちゃんとの関係が無惨にぶった切られたその場ではじまるわけだけど、これはDJ技法だとどういうのかな、カットインかな。
失恋を慰めてそれから段々…というクロスフェードじゃない。そこが瑛人が漢気を出したところであり、VIVA!と応援したくなるところ。
背景やレコードのジャケットなどの小ネタもよく読むと楽しい。さっと読んだ後じっくり読むのが、私の本作の楽しみ方。萌x2寄りの「萌」で。

0

一言で言えば、めちゃくちゃ面白かった。

何度も読み返しています。

主人公カプの二人もさる事ながら、その周囲・友達が面白い。
関西弁を自由に操る合コン大好き外人、キラキラオーラを常に放ちながらも隙あらばBLネタを繰り出す腐男子イケメン、エロ耐性がゼロに近く何かと鼻血を吹き出す童貞くんなどなど、「宇宙人のように破天荒で無邪気なジョージ」と肩を並べることが出来るほどの濃い面々。
そいつらが集まって、時にはジョージも加わって平々凡々な大学生・瑛人を引っ掻き回す、ガヤガヤやる。そこがこの作品を生き生きとさせているところであり、見所です。

ジョージのやや中性的に感じさせるキャラクターが彼なら何でもありかも(衝撃下着含む)と思ってしまって、純粋に人間として可愛いと思えてしまう。
そしてジョージのギャップについて「人間もレコードみたいに開けて聞いてみないとわかんねぇもんなのかも…」という瑛人のセリフ。これが作品の中でピカイチのセリフだと感じます。
またコインランドリーを一緒に回した仲、ジョージというレコードを回す、そして瑛人の頭を心を掻き回すジョージの存在、そしたこれからも振り回されるだろうという予感といった「回す」というフレーズがところどころ散りばめられています。

ストーリーとキャラクターを引き立たせるセンス溢れる独特の絵がまたお見事というか、内容にピッタリです。この作品を別の作者さんの絵で描いたら魅力が半減どころか訴えてくるものが無くなってしまうように感じるほど、絵と内容が見事に合致しています。この作家さんでしか描けない作品だと思いました。

私がトピ立てした「ちるちるのランキング圏外だけど、心の琴線に触れた作品を教えてください」
http://www.chil-chil.net/answerList/question_id/4967/#IndexNews
で教えていただいたのが、こちらの作品です。文句なしの神です。教えてくださり本当にありがとうございました。

3

友達って最高

とっても個性的な絵柄のあびる先生。ものすごいインパクトのある表紙にスペイン語のタイトル。気になり過ぎて購入です!

まずこの絵柄。中の絵柄もかなり線が描き込んであって、細いピチピチパンツの脚の形とか、髪の毛の描き方とか、私はかなり好きです。驚く時の顔がホラーテイストなのも楽しかった。それぞれのキャラにぴったりな服装もとても洒落ています。タイトルの如く物語がはっちゃけて進んでいくので、絵柄の個性と相まって、最後まで勢いのある作品でした。

コインランドリーで知り合ったジョージが、強烈なキャラなのでこれがまた絵柄とぴったりなのですが、この絵柄が地味な瑛人にもよく合っている不思議。そして瑛人の友人たちが、これまた個性的な面々なのですが、彼らについての説明は決して多くは無いのに、それぞれのキャラが引き立っていて、台詞も見た目の描き分けもとても楽しめました。わいわい宅飲みしている彼らが本当に楽しそうで、学生の頃を思い出して【VIVA友情!】って気持ちになっちゃった(*゚∀゚*)イイネ!!

サブキャラたちが良かった分、ジョージにはちょっと辛口になってしまうのですが、時々オネェ?ぽくなったのが残念です。いや出会いの時からしっかり男なんですよ。一人称も「俺」ですしね。可愛い台詞の後の♡マークのせいかな!?

ところでタイトルの【VIVA LA VIDA】、日本語に訳すと「人生万歳」ですが、直訳だと「人生を生きろ」。ニュアンスとしては【人生を楽しもう】です。瑛人と友人たちが集まると、今時の若者のチャラそうなノリの中に、グッとくるひと言がちりばめられていて、こんな風に自分を愛してくれる人がそばにいてくれたら、本当に人生は楽しいものになるよね…とウキウキした気持ちになりました。だからジョージと瑛人との関係よりも、友人たちとの絡みが楽しかった。一○橋大学の「アウティング」のニュースに心を痛めた人や、「やっぱり友達って最高だよね」と思う人にお勧めしたいな。

2

外しませんね あびる先生

絵柄に抵抗がなければ是非おすすめですよ
ジョージ他みんな主役にしtr一本ずつ話が読みたいです

ジョージのカレシサイテー

2

ジャケ買い正解作家さんです。

表紙の通り、かなり個性の強い絵柄のキャラクター達がワイワイガヤガヤ平々凡々と生活を送ってる中に謎の男がやって来て。ストーリーは言ってしまえばありきたりな、先の読める展開ですが読んでいて本当に楽しい作品でした。
あびるあびい先生の作品は、サブキャラクターたちがとても魅力的で、それもまたわかりやすいストーリーを楽しませてくれる大きな要因のひとつかなと思います。
表紙に惹かれたら、買うべきです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ