愛になれない仕事なんです

ai ni narenai shigotonandesu

愛になれない仕事なんです
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×212
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
120
評価数
34
平均
3.6 / 5
神率
23.5%
著者
砂原糖子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
北上れん 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403524318

あらすじ

本名と塚原が付き合い始めて二年。相変わらず多忙な日々ながら着実に愛を育んでいたけれど・・・?

表題作愛になれない仕事なんです

塚原一頼、本名の後輩刑事、31
本名映視、警視庁薬物捜査係の刑事、34

その他の収録作品

  • 刑事と休日とソフトクリーム
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

脇役の少年時代に萌えた

前作から二年後。
公私ともにパートナーである彼らなんだけど、二年も一緒にいる感があまり感じられないなぁ‥‥と思いました。
確かに「あいつを失えば……」というところまでに到達してるけど、二年かかってようやくそこ?と。
でも本名だから、恋愛感情が増幅していくスピードが普通の人の三倍かかるのかもしれないです。

正直言うと、彼らのラブ面に関してはあまり萌えがなかったです。
前作はあまりにも酷い本名の恋愛音痴ぶりが愉快だったのだけど、恋人同士になって二年が経過してても未だに合鍵すら「ケジメだから」と拒んでいる本名に何だかなーと。
もう!本当は嬉しいくせに!みたいに素直じゃないツンデレキャラなら萌えるんだけど、本名はいい意味でも悪い意味でも裏がなくて、彼が嫌と言ったら本当に嫌なんだ、みたいなところが読んでてショボンとなってしまう。
まぁそこが正直者な彼らしいし、攻めからも「そのままでいてください」と言われているのだけど。

だけど事件をめぐる真相とそこで出てくる塚原の中学時代の先輩・光瀬が魅力的なキャラで面白かったです。
麻薬の強制捜査が失敗続きで、誰かが情報を流しているとしか思えない中、その被疑者として彼らの前に登場するんだけど、シロともクロともいえないキャラでその正体が知りたくて一気に読んでしまいました。

そして本編で一番萌えたのは、広瀬の少年時代。
くわしく書かれている訳ではないのだけど、塚原に片思いしていた(と思われる)広瀬。
演劇部の劇で、原作通りだけど劇ではしないはずだったキスを塚原にした瞬間を撮った一枚の写真から色々妄想が広がります。
(というか、男二人のキスシーンが原作にあるってBL劇なのか?)
演劇部でもない塚原を助っ人として連れてきたのは広瀬だというので、原作のキスシーンを知って、淡い期待を抱いて塚原に出演を持ちかけたのかなぁ?とか、萌える。

そしてヤク中の母親持ちの自分と仲良くしているせいで、警察官になりたいという塚原の夢が台無しになってしまう事を恐れたからこその縁切り提案とか、その健気さや胸中の葛藤を思うと……萌える。
そして友達の縁を切る際に「二十年くらい経って、もし偶然また会えたら」という台詞をどんな思いで言ったんだろう……とこれも萌える。
(でも、再会しても広瀬の中ではもう過去の事として消化してるっぽいのだけど)
あれこれ想像が膨らんで楽しめました。

二人のラブ面に対しては物足りないと先ほど書いたけど、続編の「刑事と休日とソフトクリーム」はそんな不満を補うような甘いイチャコラ話で、塚原にドライヤーしてやってる本名の姿が貴重だなぁと思わず和みました。



2

お喋りな男ってのもどうかと思うけど、あまり喋らないのもねぇ……

リアルタイムで読んでいた方は4年の開きがあるのですよねぇ。
今作が出版された(あるいは雑誌に載った)時には、さぞや狂喜乱舞したのではないかと。かなり経ってから続けて読んだ私としては、その時の『祭』に参加出来ずにちょっと残念です。
まぁ『萌本発見の目』がなかった自分が悪いのですが。

表題作は『刑事もの』として、ある驚きが隠されているお話なので感想のみ書きます。
『甘えっ子(あるいは無垢)』じゃないパターンの年下攻めが、自分について手の内を明かさないって言うのは、やっぱり張り合いたいからなんでしょうかねぇ……。
塚原のふるまいの気持ちは解るのですが、私だったらちょっと怒るかも。
「男は黙って……」っていうのは昭和の話だろーがっ!

ただ、見えないものをもっと見たいと思うのが人の心。
そのおかげか、本名の「塚原をもっと知りたい」という気持ちが盛り上がっていくのは面白かったです。
前作では『ケンカップル』的だったのに、本名がどんどん『おかあさん(世話を焼くというのではなく、包み込んじゃう的な)』になっていっている様に見えるんですもの。
こういう年上受け、好きです。

同時収録は、ぜーんぶ『ファンサービス』とでも言うべきお話。
最初から最後までいちゃラブしていて、目の保養になりました(文章だけど)。

0

恋愛オンチだった受けの愛情を感じる

タイトルを見て、
「恋愛」から「愛」なのねー♪とワクワクしながら読みました。

付き合い始めてから2年。
それなりに付き合いを重ねた小慣れ感も出ててなかなか面白かったです。
取り立てて目に付いた変化は主にベッド上に関することでしょうか。
受けの照れる素振りも減り、互いに互いを高め合って、一緒に楽しむ姿が良かったです。

情事後に変にベタベタしないのも、このカップルらしくて好き。
攻めの髪を受けが乾かしてあげるのに萌えました!( ´͈ ᐜ `͈ )
(ここ最近、年上受けが年下攻めを可愛がってるのを見るのがツボですv)


と、概ね楽しんだのですが、
普段の関係が前作と変わりないのは残念でした。
2年は長いようで、事件に追われる2人にはあっという間なんでしょうかね。

公私ともにパートナーをしていて濃い関係だと思うのですが、
信頼しあっているような絆を感じられず(;ω;)
すれ違ってても萌えるというより、なんだかなぁ…と残念な気持ちです。

「恋愛」から「愛」へのステップアップを期待したのですが、
攻めの性格では中々難しそうですね(;´Д`A
どうでもいいことはお喋りなのに本音は中々口にしない男。
今回の事件で受けと攻めの意見が分かれた時、
うそぶいて誤魔化すような態度が読んでて寂しかったです。

その点の変化で言えば、受けは良かったです。
以前なら絶対しないだろうなことも、攻めのことが気になって行動してみたり。
相変わらずデートの仕方は下手だけど愛情を感じられる部分が沢山ありました(^^)

ラブラブなシーンはじっくり楽しめて大満足!
プラシーボ効果による大胆エッチや、
温泉浴衣エッチまでー!!(∩´///`∩)♡♡♡

シチュ様々ですごくエッチかった・・・////

0

やっぱり前作から読めば良かった~

前作読んでなくても問題なく読める、というレビューを見て、今作品から読みました。結果、お言葉通り問題なく読めました!でもやっぱり前作から読めば良かったよ~と後悔しております(もちろん悪いのは私です)。

クールビューティー系の先輩受けと、正義感と冷静さを兼ね備えた優秀な後輩攻めの組対刑事バディものです。派手なドンパチはないですが、事件を絡めたストーリーは読みやすいし、伏線の張り方や回収も特に気になるところはありませんでした。
でも、攻めのかつての先輩で今回の事件のキーパーソンである光瀬と攻めの過去については、もう少し掘り下げてもらいたかった気がします。万引きをするような不良少年を「優秀な人」と認めて行動を共にする仲にまでなってるわけですが、攻めにそんな風に慕われる過去の光瀬の人としての魅力というものが回想からはあまり伝わってきませんでした。
あとはやっぱり、今は公私ともに安定した関係を築いている二人ですが、そこに至るまでは紆余曲折あったと思うので、まずは前作を早めに読みたいです。

0

続編でした(^^;;

北上先生の絵柄に惹かれて購入しましたが、前作読んでませんでした…!
でも出来上がったCPの話好きだからいいや〜と思い読んだけど、問題無く読めます^ ^
勿論、前作読んでた方が楽しめるんでしょうが。
全く内容知らなかったから、好物の年下の敬語攻めでラッキーって感じです(笑)

塚原の過去に何らかの関係があった人物が、参考人として現れます。
彼がどういった人物か分からず、本名と一緒になって翻弄されてしまった…(^^;;
事件の緊迫した様子と、塚原と本名のお互いを想いながらもすれ違ったりする感じがうまく絡み合ってたように感じます。

公も私も一緒なCPですが、なあなあにならない所が良いですね。
あと北上先生のイラスト!
口絵も各イラストも眼福でした( ´∀`)

1

どうなることかと 少々びびりました

れん先生の挿絵目当てでget。
カラー口絵は 薄闇の中 ベッドに腰掛ける二人。
(彼シャツと上半身裸。筋肉美~)
最後に、温泉に入る二人の図があり、受けさんがちょっと照れっ 
としてる顔が可愛い。34歳のはずなんだが。
前作よりちょっと受けさんの線が細くなったように思います。
が性格は相変わらず ツンツン系。

前作読んでるのは間違いないのですが、詳細を思い出せず、
ちょっと楽しさが半減してる気がする。悔しい。
前作未読の方で、警察ものがお好きな方は、前作からぜひどうぞ。
本編P177ほど(雑誌掲載分) 書き下ろしショート70Pほどでした。

本編の攻め受け以外の登場人物は
光瀬:ン百万の腕時計の保有者 ということで捜査線上に上がってきた人。
   製薬会社臨床開発部の社員。
武村:光瀬の運転手?
あと、攻めのかーちゃんがちっとだけ 出てきます。

地雷になるかも と思われる要素としては クスリ、ヤさん でしょうか。
そんなに手ひどいものではないと思いますが
ちびっとでも嫌だという方はお止めになった方がよいかもです。

シリアスで、くすっと笑うところもなく、どうなる、これやばいんちゃう?と
私はドキドキでした。
ツンツンさんで既に出来上がっている二人であったためか 
甘さの盛り上がりが控えめ で、なんだか少々物足りなかった・・
今の気分に合わなかっただけな気がしますが、そのためすいません、
評価萌 でお願いします。

先生、光瀬と武村のお話って 出てこないんでしょうか。
メインカプより、その二人気になりましたー
れん先生、光瀬の挿絵が素敵でした。武村も見てみたいです。
先生の強面わんこを見てみたい。

0

かなりシリアス調です

前作の「恋愛できない仕事なんです」から、なんと4年ぶりの続編です。

前作はシリアス部分がありつつも軽快で、ラブとのバランスの良い作品という印象でした。本名が塚原に騙くらかされて、彼シャツ姿にさせられたり、いつの間にか素股をされる羽目になったりというあたりが(個人的に)萌えに萌えたものです。

しかし、今作はかなりのシリアス寄りです。二人が刑事として追っている事件で、参考人として浮上した男が塚原の過去の知り合いで・・・という内容です。これに絡んで、飄々としていてどこかつかみ所の無かった塚原の過去にも触れられています。全体的に暗くて重いです。すれ違いもわりと深刻です。
前作の本名は強気というイメージが強かったのですが、今回は女々しく感じる・・と思っていたら、読み返すと前作でも割とウジウジしてました(^^ゞ
まぁ、刑事としてなのか、プライベートなのかと分からなくなっちゃう気持ちは良く分かるので、イラついたりとかは無いのですが。

重くはあるのですが、二人の関係に更に深く踏みこんであります。続編なので、もう一歩深い部分を読めるというのが醍醐味で、嬉しいですよね。

そして塚原が思っていた以上に本名の事を大切に思っているのには萌えました。
あと、意外なオチにびっくりさせられました。すっかり騙された・・・。

こんな感じで本編はシリアスですが、続編はコメディ調で甘々です。かなりイチャついてます。本来の塚原といった感じで、甘いセリフをこれでもかと言ってます。こちらで糖分補給出来ました!
浴衣エッチが最高です!!

ところで、イラストの二人が若すぎる気がするのですが。好きな漫画家さんですが、ちょっと雰囲気が変わってます。特に本名が可愛くなりすぎている気がします。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ