「セックスも出来れば言うことないだろ」「ありえねーだろ、俺とお前だぞ!?」

島くんとアキくんのないしょ暮らし

shima kun to aki kun no naisyo gurashi

島くんとアキくんのないしょ暮らし
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×221
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
199
評価数
48
平均
4.2 / 5
神率
37.5%
著者
らくたしょうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784865542295

あらすじ

腹黒エリートxお人好しSE!
おひとり様な親友2人のおためし同棲ライフ♡

理系気質で凝り性、お人好しなSE(システムエンジニア)・島(しま)。
エリートで爽やかなイケメンを装いつつ、本性は腹黒な俺様・アキ。
満喫していた『おひとり様』暮らしを同期に見下されてしまった2人は、3ヶ月限定のおためし同居生活をすることに!
しかし、島は酔ったアキに突然押し倒され、甘いキスでとろとろに蕩かされてしまい……!?
“やばい……セックスしたい”
ケンカップルな親友2人のラブラブないしょ暮らし、スタート!

表題作島くんとアキくんのないしょ暮らし

園部彰人,腹黒エリート官僚
島俊夫,お人好しで凝り性な理系男子SE

その他の収録作品

  • ふたりと一匹のしあわせ暮らし
  • あとがき
  • カバー下:からだのおとろえ・次の次の日

レビュー投稿数7

今の二人に会えた〜!

アキ、厚労省とかかなって勝手に思ってたのが、今回のウイルス世間の対応に追われてキレるアキと島くんの漫画をらくた先生がtwitterで上げてらしてうれしくなりました。状況は喜んじゃダメなんですけど。
らくた先生の作品で今のところいちばん好きです。特典ペーパー欲しさに紙書籍でも買い足しました。改めて眺めると表紙のアキがすごい美人でびっくりします。
毒舌家で大事なとこでは言葉足らず、怒りっぽいアキの外面版だったのかぁ。

島くんがすっごいふつーのエンジニアなとこが好きです。特に美人でもなく切ない過去もなく。
親友だったアキを意識し始めてひとり悩んで、アキが好きだ、て認めるところがじいんと来ます。認めてから今度は空回りで突き詰めることから逃げちゃったりする、そういうフッと思考停止しがちなとこも含めて、ただ良い人ではない普通な島が好きです。
最後までわかってから読み返すと、アキの掌に始めからいたんだなって。島がぽろっと同居を提案したときのアキの表情とか、ああー!なんとか誘導してたんだねー!!て不器用なアキにジタバタ悶えます。

腹黒エリートって帯にありますが腹黒なのは世間一般に対してで、こと島に関してはただの不器用で何もかも下手っぴなアキがすんごい可愛い。
島の体温に安心して2秒で寝落ちするアキ、後輩春日くんの煽りを思い出しては一人で壁に頭打ち付けるアキ、ごめんなさいをすぐ言えなくてめちゃくちゃ凄んでしまうアキ。どれもこれも滲み出ていてキュン転がります。
致死量のキュンは、島以外の友達の前で初めて酔っ払って「友人の話なんだけど」て相談し始める場面。(自分の話だよな)(自分の話かな?)(自分の話か…)て全員察してるなかで「どうしたらずっと好きだったやつに
素直になれるのかな…」
て零すアキが可愛すぎて!!!
その直後の「今日はもう帰るね…」てふらふらな一言も激可愛い。

素直になれなくて、強引なのに押せてなくて、わりと島のテンションに振り回されてるアキが本当に可愛いです。
苦手だったはずの犬の安村くんと島について語り合うオマケも超可愛いかったです。

えっちが先な二人ですが「カラダから始まる恋」とも少ーし違う気がします。気持ちの話は別で展開していて、ようやく気持ちが通じた後のえっちは、あまあまが濃くて苦しいくらいですが、
日常に馴染んでるえっちもめちゃくちゃえっちで…!そこもこの作品を好きなひとつです。

電子限定のオマケはやっぱり不器用なアキの誘い方が下手すぎてあざとくて悶えます。
何度も読み返してるお話です。
(早くアキのお仕事が落ち着く世の中になってほしいです…。)

1

言いたい事が言い合える関係て萌えます

前作でファンになりました(^^)

今作は親友同士の二人が、ひょんな事から(お試しで)一緒に暮らしてみる事になりというお話です。

前作でも思いましたが、キャラクターがとても魅力的です。
さわやかエリートを装いつつ、実は腹黒でかなりの意地っぱりな俺様・彰人に、凝り性で家電大好き、そしてお人好しな島。
親友同士で言いたい事を言い合える関係の二人で、互いに一人暮らしを満喫しています。自由で気ままな生活を気に入ってはいるけれど、たまに一人が寂しく感じる事もある・・・。

そんな事から、互いに気を遣わない二人で、同棲を試してみようという流れです。

ケンカップルな二人の、ポンポンと言い合う掛け合いみたいな会話も面白いのですが、更に中学生男子のような不器用な会話も可愛いのです!
なんと言っても、彰人の意地っぱりぶりがハンパじゃなくて。苦虫を噛みつぶしたような顔で「仲直りってどうやるんだ…」と言い出すシーンには胸がキュンとしました。
あと、島がデレる所。普段は色気皆無といった感じなのに、デレると急に可愛いうえに、色気が…!
そんな相手を見て、それぞれ互いに「可愛いな」とやってるんだから、バカップルですよね。

あと、萌えた所がエロ。
それ程濃厚というわけじゃないのですが、攻めの欲情を抑えきれない顔も、受けの涙目で快感をこらえている顔も、とても色っぽいです。受けが顔を火照らせて、涙目になってるのはいいですね(っ´ω`c)

なんにせよ、親友から恋人へというのは、当人達のこっ恥ずかしくて初々しい雰囲気が最高です。

6

ほのぼのきゅんきゅん、楽しかった!

親友を好きになる、っていいですね!
(受)島くんの葛藤とか素直になれない(攻)アキとか、、
読んでてほのぼのきゅんきゅんでした!
ニヤニヤが止まらなかった、
いやー、楽しかったです!。

らくたしょうこ先生、初読みでしたが
他の作品も気になります!
キャラが可愛いですね!ほんと、なんか楽しかったー!

4

キャラが魅力的で、2人の掛け合いが面白い!

よくあるお話のようでいて、キャラの魅力で一味違ったオリジナリティを感じさせてくれて、楽しく読めました!
リアルを追求しているわけではないのに、キャラがイキイキしているので存在感があるというか。
攻めの意地っ張りっぷりが凄いのですが、ヤキモチ焼いてまた意地張っちゃったり、ツンツンからの涙目の懇願とか、可愛かったです。
お人好しでいいヤツな受けだから一緒にいられるんだろうなー。
憎めないキャラの当て馬くんも可愛かったです。
攻めが元々ゲイだったのかどうかは少し気になりました。

4

仲良きことは素晴らしき哉

好きですわー、この作品。
読み直したけど、やっぱり良い。

気心の知れた友人同士だからこその距離感の心地良さ。
2人とも処世術としての外面の良さはあるものの、根本的に自分勝手。
めんどくさいおとななのです。
だからこそ素でいられる相手の有難さが分かる年頃。

大学時代のサークルの飲み会が発端となって島とアキの2人暮らしが始まるわけですが。
SEの島は女子からも「島」呼ばわり。一方、官僚になったアキは「園部くん」。庶民とイケメン王子の差を感じられます。ただイケメン王子も周囲が身を固めはじめる頃には「元イケメン王子」になっていくわけで特に女子たちから狙われるということもなく。
島の人当たりの良さは面倒を避けるため。
アキの外面の良さは長年培われた対人スキル。
いずれにしても2人とも素で何でも言い合えるのはお互いだけなのです。

再読だと島が一緒に暮らそうと言ったとき、酔った勢いでしたとき、アキはどんな気持ちだったんだろうと思うと追いがつおだしならぬ追いきゅんが来ます。1回目に読んだときは「軽いなー」とアキにちょっと嫌な感じがしたのですが、もう事情を知った身としては「ここぞとばかりに!怪しまれずに食らいつけ!」みたいな気持ちだったんだろうなとにやにやしてしまう。
だけどほぼ島目線なので、全編通して気持ちを伝えられないつらさとか切なさみたいなものはありません。気の置けない友達から気持ちいいこともする友達になって、他の人に同じことをされそうになったら嫌と気付く。「あれ?何でアキだけ特別?」という流れがメインになっているので、とにかく軽いノリです。
ケンカをしても今まで通り「めんどくさいからいいか」と思いつつ、どこか吹っ切れなかったり。アキに対しては「いつもの自分」を貫けなくなっていく辺りでこちらも気分が上がっていくのですが、同居解消のときにどかーんと落とされる。結局島は島…。そういえばケンカのときもアキのコンビニ徘徊やとんかつがgood jobだっただけで島は動いていなかったな…。島よ、君にはがっかりだ。

アキもアキで島の部下の挑発に乗せられそうになったときの反応が面白かったり、家を出て行くときの茶番劇も「島、気付いてやってよー」というくらい茶番劇だけど、エリートさまがそこまでしても失いたくない、手に入れたいと思うもの、それが眼鏡のおっさんというところが痺れるのです。

新しい家族のわんこを加えた「島くんとアキくんと安村のないしょ暮らし」も読みたいです。
そこで島の部下の春日にも春を!!

極めて神寄り萌2です。

4

そっちなんだよね♥

面白かったです!
なんか二人のキャラクターが独身男性にいそうで妄想しやすかったです。

口は悪いし、強引だし、イケメン&エリートなアキと言うキャラが結構タイプです。自分にだけ素顔を見せるイケメンとか最高でしょ。そして、ずっと好きな気持ちがあった相手なのに、好かれようと言うしおらしさや機嫌とりみたいなことはなく、要らないものが多すぎる!だのヤりたい!だのストレートすぎる態度。かと思えば、さりげなく寄りかかったり、チューしてきたり、何が食べたい!と甘えたりするのも何かしてあげたくなってしまいますよね。

アキはそんな気はなかったんでしょうけど、これはロックオンされた時点で勝負はついてましたね。

ケンカップルってやっぱ男同士ならではで面白いですね。

0

不安なことは起こらない。安心して読める。

ちるちるのインタビューで気になり、購入。

以下、ネタバレ含みます。
アキの顔が好みだったので、やはりそこが決め手でした。読み終わってみると、ストーリーはいまいち…というか、目新しさがなく、あっさりとした印象です。

表紙をめくって最初の主人公のモノローグが、

『ローストビーフ作りで最も重要なのは温度調節だ』

で、「!?」と思いましたが、何を表してるかというと、主人公が凝った料理を作るのが趣味で、独身生活を謳歌しているということだったんですね。なんのマンガが始まったのかと思いましたよ(笑)

親友のアキくんの裏表が激しすぎて笑いましたね。こういう人、大好き。外面だけはいいヤツっていますよね。それで、裏の顔の方を晒し出せるのは主人公の島くんだけ。すでにこの状況がおいしい!!

一緒に暮らせばいいじゃんという島の話にアキがのってきて、さらにお酒の勢いであれよあれよという間にエッチ。突然のアキのゲイ宣言も、唐突すぎて笑えます。しかもそこに大して疑問も抱かない島も島です。

恋人じゃないのに、抵抗感もなくキスしちゃうとこもほんと好き。
多くのBLマンガで、恋人じゃないのにエッチしてるとき、キスをしようか迷って、躊躇して、しないっていう描写多いと思うんですけど、私はキス大好きなので、このマンガはなんの迷いもなくしてるところも、好きなポイントです。

エッチしたあと、そのまま朝になってて逃げる!とかじゃなくて、寝ちゃわないで2人で反省会してるのも面白すぎる。悪びれない攻め。一貫性あって良い(笑)

2人とも喫煙者みたいなんですが、たばこ吸う描写はほとんどありませんね。でもこの2人にはたばこはあんまり似合わない気がするので、小出しにするぐらいなら、最初から喫煙設定いらなかった気もします。

そんなこんなですれ違ったり、喧嘩したり、うろうろしたあと無事くっつくんですが、最後の行ったり来たりが妙に冗長というか…ん?みたいな展開で…ここが一番難しいのはわかってるんですけどね(笑)

なんだかんだお互いが好きだったんでしょうね。王道な展開でした。
当て馬もそんななびきそうにないし、安心して読めました。
口悪いアキが、島のことになると軽率に照れるのかわいかった。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う