僕らは嘘に気づかない

bokura wa uso ni kidukanai

僕らは嘘に気づかない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
115
評価数
30
平均
3.9 / 5
神率
30%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥628(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799732885

あらすじ

片思いの相手・武夫に「モテたいなら俺とHの練習しろ! 」とムチャな嘘をついた優弥。
ところが超天然な武夫にあっさり信じこまれてしまい――。
罪悪感にちくちく痛む心を見ないふりしていたのに、ある時、武夫が思わぬ行動に出て!?
新感覚のハイテンション・ラブコメ!!
超無口カレシ×つっぱしり受のすれ違いラブ
「ココロのとなり」ほか読み切りも収録。

表題作僕らは嘘に気づかない

優弥・武夫の親友で幼馴染みの大学生
武夫・大学生 

同時収録作品ココロのとなり

京野・大学生
虻川・大学生

同時収録作品愛しこの夜

池安・売れっ子小説家
樹・友達に失恋した男

その他の収録作品

  • おばかと嘘つき紙一重
  • ココロのあいだ
  • 少し後の話
  • あとがき
  • カバー下:思春期・思春期②

評価・レビューする

レビュー投稿数3

クセの強さがたまらない登場人物たち

らくたさんの「島くんとアキさんのないしょ暮らし」が面白かったので購入。
こちらも絵がきれいで、登場人物も愛せる子ばかり、ストーリー展開も読みやすくて楽しめました。

表題作と2話もの+短編が収録されていました。
恋愛下手、彼女ができてもすぐフラれるという友人にセックス指南する話はよくありますが、表題作もそういう中のひとつ。
この設定では攻め側が「おもしろ半分にからかってやろう」という気持ちや「興味本位」だったりするとえろす多めで描写する心理なんてありません状態に興醒めなのですが、受けにずっと片思いしていて…というパターンだと萌える。
イケメンで女子モテする優弥は幼稚園から大学生の現在まで武夫に片思い中。
ある日の飲み会で経験人数の話題になったときに「両手じゃ足りない」と大ボラを吹いて滑った武夫を慰めていたときに、武夫が実は童貞、しかもやり方がわからないと言い出した。
すかさず「おれとヤって覚えればいいじゃん」と言ってしまった優弥だが…。
という始まりで、おばかくんがひたすら面白いように騙されてくれます。
でも騙される=親友の優弥を信じているからなんですよね。自己嫌悪になった優弥の心理描写が切ない。一方で武夫が自分の気持ちに気付く過程はとってもおばからしくてあっけらかんとしているので、描き分けテクがすごいなあと思いました。
優弥は後ろめたさで素直になれず、武夫はとことん素直に突っ走る。もう余計なことを考えずに武夫について行っちゃいなよ、そしたら幸せになれるよという作品でした。
公園のシーンが笑えます。おすすめ。

同時収録は寡黙系コワモテ男子×妄想系ネガティブ男子の大学生CP。
水戸黄門か、と思うくらい2話とも流れが同じで「これが被せの笑い!」というくらいハマりました。1話目ではちょっと涙目になるくらいの切なさも味わえます。面白かったです。

短編は片思いしていた友人の結婚式帰りに変な男に捕まる話。
後日談もあって、ケンカップルは嫌いだけどこの2人の掛け合いはツボで、もう少し読んでみたかったなあ。

1

素直でおバカな受けが最強!

電子版で読みました。
童貞のおバカな受けが、幼馴染の口車に乗せられてHの指南を受けるというよくある展開ではあるのですが、絵柄が可愛くて、2人のキャラクターも良かったです。
攻めはだいぶ片想いをこじらせているので、そんな大胆なことをやったくせに、いざ受けが攻めに心惹かれるようになると、ヘタレていて、やっぱり受けの素直さが最強!で最後はやたら潔かったです。
笑えるしほっこりできるラブコメです。
同時収録作もすれ違いだけど愛があって可愛らしかったです。

1

ラブコメも好きです

無茶な嘘にコロっと騙されて恋人プレイまでいっちゃうおバカな受が可愛い!
攻は受が大好きで余裕かましたふりをしているけれど次第に騙している罪悪感で悩み始めて…そこからはもう攻のぐるぐる具合が可愛くて楽しくて思わず笑ってしまいました。
普段は何事も卒なくこなしそうなモテメンなのにフラフラ公園の砂場で意気消沈している姿がまた可愛い。
攻の泣き顔も非常に美味しかったです(*´ω`*)
ハイテンションラブコメの通り、収録作品もとても面白く、いろんな意味で可愛い男子達がわちゃわちゃしていて癒されます。
寡黙で女子から人気あるのに実際はぽや~んとしてる攻等。いちいち行き着く先が楽しくて笑えます。
可愛さにキュンしながら元気を貰える一冊でした。
著者様のこれからの作品も楽しみです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ