ワンコ系部下のしつけ方

wankokeibuka no shitsukekata

ワンコ系部下のしつけ方
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌14
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
84
評価数
27
平均
3.3 / 5
神率
14.8%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックスmoment
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784801960329

あらすじ

アダルトグッズ会社で働く佐々木は、異動してきた新人社員・中村の教育係になる。
初対面から距離感ゼロでグイグイくる中村は、いわゆる典型的な体育会系。
佐々木はペースを乱してくる彼に対して苦手意識を募らせる。

しかし、異動早々張り切る中村は“男性向け商品"の開発にあたり、佐々木にモニタリングを頼み込む。
勢いに押され手伝うことになるも、目の前でジッと見つめられながらオ●ホを使用するのには抵抗が……。
そのうえ、なかなかイかない佐々木に痺れを切らした中村が手を伸ばしてきて―…! ?

恋に臆病な心はワンコ系部下の猛攻で再び熱を帯びるのか…?
Hから始まる大人のオフィス・ラブ。

描き下ろしマンガ8P収録

表題作ワンコ系部下のしつけ方

中村草太
佐々木悠

評価・レビューする

レビュー投稿数6

年下攻めはこれだから愛しい

千束さん初めて読ませていただきました。
アダルトグッズ会社勤務というだけでわくわくします!
更には体育会系世話焼きの年下が新人くんだとかいい!
遠慮の無さが憎めず可愛いんですよね。

主人公の佐々木は後藤部長と不倫中…。
この部長のゲスっぷりがいただけないんですが
良くない関係をずるずる続けてしまう心理というのは
寂しさからくるものなんでしょうね。
でも新人・中村に直球で好意を示されたら拒めるわけない!
あんなにかっこよくていいカラダしてるのにDTとは奇跡…ww
佐々木を守ろうとして頼れる様子がいいわ~…。

社員同士のモニタリングは実際あるのかとか
勃っている状態だと尿意があっても出ないって本当ですか?とか
ラブサプリって効果はやはりあるものでしょうか??とか
色々根掘り葉掘り聞きたくなりましたが
ストーリー自体は社員旅行の温泉までも安定の展開なので大丈夫!←

目元もとっても色っぽいんですけど
驚いた時ですら目を見開くところが無かったような…。
ある意味斬新だなと思ってしまいました。

千束さんは体格差がお好きとの事ですが
是非攻めくらいの体格の受けのお話を読んでみたいです。

3

設定よりもエロくはない

千束さんの2冊目のコミックス。
前作は電子で購入し真っ白けだったので、今回は紙で購入してみました。(ちなみに局部の形にトーンを貼ってそれを削った感じ)

舞台は、アダルトグッズメーカーシェアNo.1の商品開発部。
これだけでエロの香りがいたしますね。
そこの中村(後輩)×佐々木(先輩)の話です。
佐々木はゲイで、学生時代から上司の部長と体の関係をずるずると続けています。
佐々木自身はいまでこそ諦めてはいるものの部長が好きなので、ビッチ風ではありません。
どちらかといえば健気。
そして中村はタイトル通りの一途ワンコ(大型犬タイプ)。
設定自体だけとるとエロエロな雰囲気なのですが、千束さんの絵柄が硬めなのでさらりと読めます。
前作の年上×年下の方が個人的に好きですが、佐々木がちょっと頼りなくて可愛いので年上受けはちょっと苦手なわたしも気になりませんでした。

1

綺麗で丁寧でエロい

アダルトグッズ会社の上司と部下によるオフィスラブ。部長である当て馬の後藤との不毛な関係に悩む佐々木の前にワンコ系脳筋部下が現れて、といったかなり定番な設定のお話でした。
展開も既視感があり、良くも悪くも王道といった感じ。ややエロ度高めな、まさに最近のBLって感じの作品です。

作者さんのイラストがとてもキレイなので、セックスシーンもエロいのにしつこくなく割とサラッと読めます。表紙も美麗で期待を裏切りません。
ですが綺麗な絵のために表情が能面的で、全体的にキャラの心情が分かりにくい。それを補うためにモノローグも比較的わかりやすい説明臭さがありました。

ですが、全体的に佐々木の恋愛に対しての臆病さや、反して即物的な欲求など一つ一つ丁寧に描かれています。中村と距離を縮めていくのも、全体のバランスとして丁度いいスピード感でした。

綺麗な絵でほどほどにエロく、甘々でライトなものが読みたい方にはオススメです。

1

ひなたの匂いがしそうな大型犬

タイトルに偽りなくワンコ部下でした。しかも童貞。
受けにグイグイくる様とか中村、ステイ。って言いたくなる
天然なのかなと思えばちゃんと受けのことを見ていたり、色々狙ってたりとなかなか抜け目もないし、数年したらスパダリにクラスチェンジしそう
恋に臆病になっていた受けの心も徐々にワンコにほだされていって、上司との不毛な関係を終わらせてよかった
不倫関係にあった上司がいい感じにクズ
社内の女の子にきゃっきゃ言われてる攻めを見て嫉妬したり、ちゃんと好きと言えなくて不安になったり、でもエッチのときは積極的だったりと受けもエロかわいい
アダルトグッズのモニタリングは社員同士推奨っていう設定もいい。色々と妄想が捗ります
エロシーンは多め。でも序盤にオナホ(攻め作)を使う以外はおもちゃ類を使うシーンはなし
媚薬とか精力剤とかはあるけれど、アダルトグッズの社員ならガンガン使って欲しかったかもw
攻め以外とのエッチシーンもあり

1

エロ度高めでオススメです!

前作が神本だったので迷わず購入しました。作家買いです。

今回も最高でした。
勢いで身体の関係を持ってしまった先輩後輩リーマンが、三角関係やら、えっちなトラブルやらを乗り越えて、ラブラブに至るまでのお話ですが、まずキャラクターが魅力的です。

体育会系でポジティブなワンコ部下はまさに懐きやすい大型犬。先輩にあたる受けは恋愛に臆病な控えめ男子ですが、彼がまぁ色っぽい。滲み出る色気が、表情、立ち姿、挙句には手つきというか手の描写というか、そこかしこから溢れています。この作者さんは、こういう露骨ではない、でもゾクゾクさせる色っぽい男子を書くのが抜群にお上手だと思います。
そして三角関係の相手として上司が出てくるのですが、これが攻めのワンコくんとまるっきり違うタイプで、悪い男です。かっこいいです。

大人でズルい上司とずるずるいけない関係を続けてしまう受けちゃん、これだけ色っぽかったらそりゃまぁお声がかかるよねーと納得です。
決して悪人ではない、だけれども品行方正とは言い難いイケメン上司。受けちゃんが惹かれてしまうのもわかってしまう。だけれどもワンコくんのことも気になる……
この辺の葛藤は王道で、つまり恋愛モノの醍醐味ということです。キャラクターがそれぞれ魅力的に描かれているので、読者に食傷させません。
ワンコくんも上司もどっちもいい!美味しいとこどりして欲しい!と思いながら読み進めておりました。

さらにこのお話の素晴らしいところは、舞台がアダルトグッズ会社というところです。
えっちなお道具が次から次へと出てきて、受けちゃんがとろとろになっていきます。
エロシーンは文句のつけようもなく満点。受けちゃん尻が可愛すぎ。
大型犬ワンコくんとの体格差も良いですし、エロシーン目当てで読まれても充分満足出来ると思います。

そして物語が進むにつれて、ワンコくんが輝きだしていくのです。初めは能天気な可愛いワンコかな?と思ってたらとんでもない。愛する人のために牙を剥くことも出来る、誠実で一途な大型犬ですよ。
ワンコくんが上司に立ち向かうところは本当にかっこよくて、受けちゃん良かったね……いい男選んだね、と終始頷きっぱなしです。


アダルトグッズ、AV撮影、リーマンオフィスラブと、どの章を見ても胸踊る展開になっています。
汁気溢れるエロシーンは読み応えがあるし、物語も綺麗にまとまっています。次回作も絶対買います。

3

しつけいらず?

前作が面白かったので、電子(Renta)にて購入。
一冊丸ごと表題作です。

アダルトグッズ会社勤務のゲイの佐々木は、体育会系で苦手意識があった新入社員の中村のアダルトグッズモニターを引き受けます。
その時に中村とHしたのを機に、中村は佐々木への距離をどんどん詰めてきて…。

ワンコ部下×恋に臆病な先輩のお話。
佐々木は、既婚上司と身体の関係があります。
正直この設定や、中村と佐々木の気持ちが通じ合う流れはどこかで読んだことあるかな…という感じでした。
珍しいのがアダルトグッズ会社勤務で…って事かな?
ただこの会社でのミスの挽回の仕方に「はぁ?!」となりました。
部下の佐々木をAVに出演させようとした上司の後藤がクズすぎ!
パワハラとかで問題にならないのか…とモヤモヤ。

書き下ろしは自社製品の媚薬を中村に試そうと、コッソリ飲ませた佐々木。
すると中村は盛りがついた犬みたいにがっついてしまって…。
容量・用法は守りましょう、というお話でした(笑)

Renta限定おまけに5P漫画。
風邪をひいてしまい、中村に看病を頼んだ佐々木。
体温計が無いので持ってくるよう頼んでたが、持って来たのは会社で作ったは良いがお蔵入りだったア●ルビーズ風な直腸用体温計で…。
中村、実は看病する気無いんじゃね?と疑いたくなります(笑)
自身でも試してみれば良かったのに…( ̄ー ̄)ニヤリ

タイトルに『しつけ方』とありますが、しつけずとも中村は良いワンコでした。
佐々木はクズ上司と切れて良かったね…。
楽しく読めたのですが、ハマるまではいかなかったので『萌』評価で。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ