かわいくしててね

kawaikushitetene

かわいくしててね
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
3
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403524363

あらすじ

可愛いものが大好きで、愛猫のドナと過ごす時間が一番幸せな垣内は、歯に衣着せぬ物言いでオフィスの空気を凍らせる同僚の二本木が苦手だった。だが二本木の言い分には常に一理あることも確かで、自分を貫く彼に垣内は密かな憧れを抱いてもいた。何度も苦言を呈するうちに不本意ながらも仲良くなってしまったある日、二本木が猫好きなのに全く猫に好かれないと思い悩んでいることを知り…?

表題作かわいくしててね

二本木、オフィスの和を乱す垣内の同僚、27
垣内、可愛いもの好きのサラリーマン、27

その他の収録作品

  • 釣った猫には餌をやる
  • あとがき
  • 贅沢三昧

評価・レビューする

レビュー投稿数1

空気の読めない男vs空気を読みすぎる男

小学生男子が身近に居る方はよくお分かりだと思いますが、彼らは大抵アホです。相手の気持ちを考えるなんて芸当は難しすぎて出来ないし、そのうえ自分の主義主張だけは大きな声で訴える。
しかし、とても純粋です。たとえこちらがカチンとくるような事を言ってきたとしても、悪気は無いのです。思った事をそのまま口にしているだけで。

このお話は、そんな小学生男子のような攻めと、和を乱す事が苦手で気を遣いすぎるあまり振り回されがちな受けーという正反対コンビが織りなすラブコメディです。
攻めを「アホでかわいいなぁ」と見るか、「幼稚でイラつく」と見るかで評価が分かれるんじゃないでしょうか。

内容ですが、空気の読めないキツい発言でオフィスの和を乱す二本木と、その同僚のかわいいモノ好きで空気を読み過ぎる垣内。ひょんな事から垣内の飼い猫・ドナで、猫に嫌われる二本木が好かれる特訓をする事になり-・・・というものです。

この二人の関係ですが、二本木がキツい発言をするたびに、同期の垣内が苦言を呈するといった所。最初は二本木の事を嫌っていた垣内ですが、プライベートで彼と付き合ううちに、実は純粋で嘘のない続き所に惹かれていき、といった感じでしょうか。

見捨てる事無く自分に意見し続ける垣内に今までにない不思議な感情を持つ二本木。
対して事なかれ主義で、誰とでも適当に上手くやってきたのに、二本木に対してはズバズバ言えてしまう垣内。
垣内のアパートで二人が過ごすシーンが多いのですが、ここがすごくほのぼのします。かなり傍若無人で好き勝手にやっている二本木に対して、こちらも結構酷い事を言い返しながらこまごまと世話を焼く垣内。垣内が二本木を意識しはじめてからは、彼の言動に対していちいち内心で「可愛い」と感激しているのが笑えます。かなり不遜な図体のデカイ男が拗ねたりふてくされたりして、またそれを「かわいい」と思ってるんだから、アホなカップルだなぁと。

他、かなりしたたかな新人事務員も良い味出してました。この女子も好き嫌いが分かれそうです。

個人的には、この傍若無人ながら純粋な攻めと、その攻めを「かわいい・・・!」とやってるアバタもエクボ状態の受けが、ほのぼのしていて萌えたのですが、好き嫌いは分かれる作品じゃないかなと思います。
猫の描写がかなりされてるので、そちらでも陥落しました。
とりあえず、アホな小学生男子を「かわいいなぁ」と思える方は楽しく読めるんじゃないでしょうか。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ